The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

英単語を覚えるのが苦手な受験生へのアドバイス:エビングハウスの忘却曲線

前回の記事で、”95%仮説”というキーワードから英長文読解における単語学習の重要性を説明しました。今回は、わかっているけれど覚えるのが苦手、何をしたらいいのかわからないという受験生に向けてアドバイスをしたいと思います。

kinako18.hatenadiary.com

 1、エビングハウス忘却曲線を知る

受験生の多くは英単語学習の重要性をすでに知っているかと思います。ただ私が見ていて感じるのは、彼らの多くは自分の記憶力を過大評価(もしくは過小評価)しすぎているという点です。ここで知ってほしいのが以下の話になります。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列(られつ)を、被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、調べました。その結果を、グラフ化したのが「エビングハウス忘却曲線」です。

画像の説明

このグラフから人間は、一度完璧に覚えたものでも、一日経つとその7割を忘れてしまうということがよくわかります。つまり学校の単語テストなどで100点を取っていたとしても、復習をしないと1週間後には20点しか取れないということです。また逆に、一度覚えた20%のことは、1か月後も覚えているということも重要です。

この2点から新出単語学習の重要なポイントを2点指摘できます。それは

①次の日、1週間後、1か月後と間隔をあけて、必ず復習を繰り返すこと

大量の英単語を一気に覚える

この2点です。①の理由は語るまでもありませんが、多くの人が見落としがちなのは②の考え方です。一日に10個とか20個、少しずつという学習よりも、最低50個できれば100以上の単語を一気に学習した方が効率的です

何故なら一気に100の単語を覚えれば、それだけで20の単語を私たちはマスターすることができます。しかし10の単語を毎日では一週間毎日学習を続けても、14の単語しか覚えることができません。

繰り返しますが、英単語を学習するときは、時間の間隔をあけて復習し、必ず大量に覚えること。この2点を受験生は必ず頭に入れておいてください。それでは以下、単語学習についてまとめていきます。

2、英単語帳や単語アプリを駆使する

個人的なおすすめはシステム英単語帳』です。受験生、これ一択で良いと思います。英語の点数を挙げたい学生は受験生でなくても、第4章以外の単語をとりあえず馬鹿みたいに覚えてみましょう(国立志望難関私立志望の学生は、第4章も覚えましょう。覚えない理由がありません)。

長所:例文が短くてわかりやすい。雑学が面白い。派生語やイディオムも詳しい。最後にまとめてある同義語が役立つ。

短所:連携アプリに良いものがない。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

 個人的には『ターゲット1900』もおすすめです。しかしこちらは、本ではなくアプリを勧めます。私は最初にこのアプリを見つけたとき、凄い時代になったものだなと感心しました。

このアプリの利点は、音声を聞きながら素早く大量に英単語が学習できるという点です。スマートフォンインターフェイスを活かし、かなり学習しやすいスタイルになっています。受験生で英単語を学ぶのであれば、ダウンロードして一切損がないアプリだと私は思います。

 ちなみにこのアプリのお勧めの使い方は

1、学びたいセクションの単語の「英単語を覚える」をタップ

f:id:eno1081:20150917125714j:plain

2、100個の単語を秒速でめくりながら一通り全部見る

3、逆からめくり、単語を一通り全部見る

4、2~3を何度も繰り返しながら意味を覚えていく

5、メニューに戻り「覚えた英単語を確認する」をタップ

6、英単語を見ながら秒速で単語の意味を言う

7、言えなかったら答えを確認する

8、6~7を繰り返す

9、次の日もう一度「覚えた英単語を確認する」をタップ

10、英単語を見ながら秒速で単語の意味を言う。言えなかったらマークをつける

以上です。あとはマークを付けた単語を「単語帳」という項目で寝る前などに確認していけば自然と覚えられます。この「単語帳」がとても便利です。何がすごいかというと、カードを並べたみたいに一度に多量の英単語を確認することができます。意味がぱっと浮かばない単語があればタップし、すぐに確認しその場で覚えるだけでOKです。例文単語の音声発音も聞けるので、リスニングの勉強にもなります。

f:id:eno1081:20150917125652j:plain

さらに覚えにくい単語はマークをつけて、それだけ一括して覚えることもできます。一度覚えても油断してはいけません。マークは保持しておき、1か月後2か月後もう一度復習することをお勧めします。

f:id:eno1081:20150917125808j:plain

もう一つターゲット関連でお勧めしたいのが『ターゲットの友』というアプリです。最初にこのアプリを見つけたとき、凄い時代が来たものだとまたしても感動しました。

 このアプリの良い点は、ホーム画面の犬を育てるという育成アプリを兼ねているので、モチベーションがあがりやすいという点にあります。キャラクターデザインが可愛いです。受験生に進めると、問題が4択なので効果を感じられないという声がありました。しかしそう答える前に、せめて自分のワンコを以下の状態になるレベルまで上げてみてから言ってください。

英単語の学習において大切なのは、自分のモチベーションをいかに上げていくかです。そのため形に残る方法で学習を積み重ねていくのがモチベーションアップの秘訣になります。その手段としても、単に単語帳をめくるよりもこのようなアプリに記録を残していくという学習方法を私はお勧めしたいと思います。

また単なる暗記が嫌いという学生は、英単語の語源に注目するという方法があります。もしtwitterをやっている学生であれば、『英語たん』というボットをフォローすることをお勧めします。歴史や国語が好きな学生であれば、とても楽しく豆知識を入手することができます。お勧めです。

twitter.com

3、単語カードを使う

最近私が英検対策のために行っているのが、百円均一にある「単語カード」を使用するという古典的な方法です。私がこの方法を始めたのは、以前に書いた”外国語大好きおじさん”の単語学習法が、単語カードを使って行われていたことにあります。

かなり古典的な方法ですが、最初に述べたポイントを効果的におさえることができるという点で、やはり効果がある学習法だと最近感じております。

 長所は、単語の順番をランダムにすることができるということ、一度に大量の単語を覚える学習法に向いているということ、苦手な単語だけを集めて復習ができるということ、使い方次第でモチベーションと達成感が得られやすい点です。短所は、単語カードを作らないといけないことです。使用法も含めて、無事英検1級に合格できた時には、この学習法の効果の有無についてまとめたいと思います。

まとめ

英単語を覚えるという機械的な勉強に楽しみを見出すのは、簡単ではありません。大切なのはこのような自分の本心に気付き、如何にモチベーションを上げる方法を考え出せるかだと思います。

1、大量の英単語を一気に覚えること

2、復習を時間を空けて何度も繰り返すこと

3、数字で目に見える成果を積み重ね、自信とモチベーションにつなげること

この三点をポイントにしてみてください。ちなみにここでいう英単語を覚えるというのはあくまで英語⇒日本語を1~3秒ですぐにこたえられる状態を指します。10秒悩んで答えが出たという単語は、覚えていないも同然という割り切りをもって、学習してください。

多くの受験生に春が訪れることを心から祈っています。