読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女性の一人旅にオススメ!石垣島旅行記三日目*西表島ドライブ

三日目は西表島へ

下記で私は竹富島をプッシュしていますが、西表島もとても良かったですよ。

kinako18.hatenadiary.com

 ただ西表島は、予算と相談する必要があります。船代は往復3980円、それだけで済めばいいのですが、基本的に何かしらのイベントに参加しないとこの島を十分に楽しむことはできないので追加予算が必要になります。アクティビティの案内を事前に見て、予約しておくとよいかもしれません。さらに西表島は、船着き場が北と南に二つあり、参加するアクティビティによって、北と南どちらで楽しむかを決めるという流れになっています。滝を見てビーチで楽しむのであれば、北の上原港へ。マングローブクルーズと由布島を楽しむのであれば、南の大原港というところでしょう

f:id:eno1081:20160213140949p:plain

ただ私は生粋の欲張りで、せっかく来たのにどちらか一方は嫌だし、高いお金を払ってアクティビティに参加しても、なんだか窮屈だなあという気持ちがありました。そんな私、石垣島のドライブでレンタカーの味を占め、西表島でも思い切って車を借り、北も南も楽しんでしまうことにしました。ここで大事なのは、どこでも乗り捨てすることができるレンタカーを事前予約しておく故音だと思います。西表島は、石垣島のように一周する道がありません。そのため借りたお店での返却となると、来た道に戻り、レンタカーを返しに行かなければならなくなるからです。しかし私は当日レンタルのため、そのようなオプションをつけることができず、南、北、南と西表島を走りまくりました。正直、かなりの強行突破なので、マネすることを全くお勧めできませんが、楽しかったので由としています。以下、一日の流れをまとめたいと思います。

始発の船に乗って西表島大原港へ

一番早い船に乗って、西表島に向かいました。二つ港がありますが、レンタカーを借りる際は大原港からスタートし、上原を目指すとよいです。ちなみに上原港と大原港では値段が違い、大原ー石垣の方が安いです。また美ら宿さんのカウンターでチケットを事前に買うと少しだけお安くなりますよ。8時から空いているレンタルカーのお店を探して車を借りました。偶然に電話がつながったティンクレンタカーさんに迎えに来てもらい、軽自動車一日レンタル免責保証付きで4500円をゲット。

港に戻り、仲間川のマングローブクルーズの最初の船に乗ります。ツアーに参加しないで体験できるアクティビティは限られており、そのうちの一つがこれになります。1540円で、マングローブを堪能することができます。朝日を浴びながら、クルーズがスタート!

f:id:eno1081:20160213141026p:plain

朝は潮が満ち満ちており、木の根っこはほとんど見ることができません。台風で増水した川のようにも見えます。この時間にマングローブを見ておくことで、昼のマングローブと比較し変化を知ることができたのも個人的には良かったです。

f:id:eno1081:20160213141137p:plain

船から降りて、長寿のサキシマスオウノスキを鑑賞。凄い迫力。

 

f:id:eno1081:20160213141249p:plain

f:id:eno1081:20160213141329p:plain

十分にマングローブクルーズを楽しむことができました。

www.iriomote.com

車を走らせて、由布島へ

大原港から車で15分~20分のところにある由布島へ。島へ渡るのに、必ず乗るのが水牛車で、せっかく訪れるのであれば、潮が満ちている午前の時間に行った方が、よいかもしれません。牛たちには名前があり、道すがら案内の方が牛の家系図について語ってくれます。ちなみに私が乗ったのは、ゴンタという小柄な水牛と、裕次郎という巨体の水牛でした。

f:id:eno1081:20160213142035p:plain

由布島はこじんまりとしていますが、完成されたバリバリの観光地という感じでしたね。私的にはあまりに商業的な色合いが強いと引いてしまうので、若者は島の中をバリバリ駆け巡るアクティビティを選んだ方が楽しいかもしれないと感じました。小さなお子様連れの夫婦や、お年寄りには優しい観光地ともいえるでしょう。個人的には、蝶々園の蝶が一番きれいでした。

f:id:eno1081:20160213142505p:plain

私はこの後、北へと強固突破し、12:30から滝の見れるトレッキングのイベントに参加しようと考えていたので30分ほどで島を一周し、再び水牛に乗りました。水牛車の出発時刻もきちんと頭に入れておくのが良いと思います。施設への入場料も含めて1400円でした。

由布島 | 亜熱帯植物楽園

北上し、マリユドゥ・カンピレーの滝へ!

ここから車を飛ばし、強行突破したので声を大にして言えないのですが、12:30から始まるこちらのイベントに参加しました。以下、1800円です。

www.urauchigawa.com

事前に調べた結果、個人手配でレンタカーを借りた場合、西表島で1000円前後で参加できるアクティビティは、今まで紹介した3つ(仲間川マングローブクルーズ、由布島、マリユドゥ・カンビレーの滝)と判明したので、それを全部こなしました。はっきり言って、スケジュールに無理があり、昼食を抜かないといけないのでお勧めしません。とりあえず、今後西表島に行く方の参考になればと思い、記載します。

仲間川のマングローブクルーズが込み合っていたのに対し、こちらのコースのクルーズは車で移動しないとたどり着けニア場所にあるので、がらがらでした!しかし山の奥深くに入ることができ、リアルジュラシックパークといわんばかりの植物を沢山見ることができました。

f:id:eno1081:20160213143610p:plain

30分ほどのクルーズを終えると、船を降ろされ、個人でトレッキングとなります。ガイドさんはなしなので、安い値段で散策することができるのですが、これが思った以上に大変でした。とにかく滝が遠い!!!本当にこの道であってるの…と良い意味でも悪い意味でもハラハラドキドキの散策を楽しむことができます。

もはや道じゃなくて川の場面もちらほら。

f:id:eno1081:20160213144102p:plain

周りの木々はこんなのばかりで、太陽光を遮るので少し薄暗い。

f:id:eno1081:20160213144210p:plain

絶対にタオルと飲み物、靴は履き心地の良い運動靴(もしくは長靴)が鉄則です。かばんもリュックかウェストポーチ限定ですね。やっと見えた最初の滝マリユドゥは、こんな感じです。結構遠くに見えますが、異郷の風景という感じで、前に見た映画『アバター』を思い出しました。

f:id:eno1081:20160213144316p:plain

そこから更に歩くこと15分で見えてくるのが、カンピレーの滝。人が誰もいない貸し切り状態を堪能しました。

f:id:eno1081:20160213144523p:plain

岩場を渡り歩いて、どこまでも無制限に渡り歩けるような感じです。開放感!

f:id:eno1081:20160213144710p:plain

かなり大変なトレッキングでしたが、再び大原港まで戻り、車を返さなくてはならない私には時間がありません!足早に山道を引き返し、少し早めの便で船に乗りました。この送迎を兼ねたマングローブクルーズは、朝の仲間川のものとは違い、水が引いていたため、木の根っこをしっかりと見ることができました

f:id:eno1081:20160213145039p:plain

時折、カヌーで川を下る人もちらほら。楽しそうです。ただとても大きな川なので、漕ぐのも大変だろうなと見ていて思いました。

f:id:eno1081:20160213145209p:plain

さらに欲張り、星砂の浜へ!

このトレッキングで疲れ果てた私でしたが、まだ力尽きるのは早い。海を見に行こうということで車を走らせ、噂の星砂の浜へ。竹富島のニシハマビーチと同じくらいよかったと感じたのがこの浜辺でした。

f:id:eno1081:20160213145529p:plain

海がきれいすぎて、魚が透けてます。西表島に行くなら必見です。近場に、月が浜という浜もあるのですが、そちらではなく星砂の浜に行ってください。西表島でレンタカーを借りてよかったと心から思った光景でした。

f:id:eno1081:20160213145751p:plain

足元一面に水槽が広がっているイメージです。どんな場所でシャッターを切っても絵になります。靴を脱いで、海を渡りどんどんとすすめば、色々な景色が見えてきます。

f:id:eno1081:20160213145934p:plain

これも時間帯を図っていくのが良く、(例えば海を渡る水牛車など)満ち足りている海を見たければ午前に、引き潮で海の中を歩きたければ午後に、その場所を目指すのがいいです。

f:id:eno1081:20160213150153p:plain

小さな青い魚が足の周りに泳いでいます。グラスボートに乗らなくても、海上から写真が撮れるほどの美しさです。本当に、素晴らしい!

f:id:eno1081:20160213150342p:plain

西表島に行く際は、ぜひ足を運んでもらいたいと思います。

最後に、西表島ドライブを振り返って

西表島のドライブは石垣島のドライブよりも交通量が少なく、だだっ広い海が見える道路を一人で独走することができました。制限速度はありますが、初心者のためそんなに速度を出さなくても、十分に楽しむことができました。また費用はすべて合計して

レンタカー・・・・・・・・・・・・・・4500円

仲間川マングローブクルーズ・・・・・・1540円

由布島・・・・・・・・・・・・・・・・1400円

マリユドゥ・カンピレーの滝・・・・・・1800円

計9240円

色々なツアーがありますが、北も南も楽しめるツアーはなく、どれも1万円を超えるのが相場だと思えば、レンタカーは快適な旅を約束してくれるかもしれません。あまりに交通量が少ないので、道の真ん中で車を止めて、写真を撮ることも可能。

f:id:eno1081:20160213151020p:plain

夕食は、一人焼肉デビュー

大抵の場所には一人で行くことができますが、一人焼肉だけはしたことがなかった…。けれど昼食抜きで、車を走らせたので、夜はがっつり食べようと心に決めて、人気の焼肉屋さん「わたなべ」でご飯を食べました。おひとりさまメニューがあり、カウンターも団体席と離れていて落ち着きがあって、全く一人だということが気になりませんでした。むしろコンロを独り占めとか、贅沢過ぎると始終ニヤニヤ(気持ち悪い)。

f:id:eno1081:20160213151322p:plain

焼きしゃぶしゃぶというのを好奇心で注文しましたが(左のお肉)、正直あまりお勧めできません。断然、特上タン(右のお肉)を注文することを勧めます。絶品でした。白ご飯と合わせて、小腸(モツ)を注文。もつ鍋は大好物だったのですが、焼きモツを食べたことがなかった私、大満足でした

f:id:eno1081:20160213151738p:plain

tabelog.com

次回は、焼き肉で有名なやまもとというお店に伺いたいと思います。今回は事前予約をしていなかったため、入店できませんでした。石垣島に行く方は、事前に予約しておくとよいかもしれませんね。

tabelog.com

最終日に波照間島に行った記事はこちらからどうぞ!

kinako18.hatenadiary.com