The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅の石垣島*日本の最南端波照間島、船酔いが酷過ぎてほぼ記憶がない話

日本の最南端波照間島へ

竹富島、西表島を巡った私は最後の離島めぐりに波照間島へ行くことを決めました。

日本の最南端って格好いいじゃないですか!

ただ私はこの日が唯一、石垣島旅行の中で一番辛く、後悔する一日を過ごすことになってしまいました。

それは私が想像以上に船に酔いやすい人間だったからです。

海をなめてはいけない

それまで快晴だった石垣島。この日も晴れではあったのですが、風が強い一日だったため船の揺れがひどく、夕方の便が欠航になるほどでした。

西表島の帰りの船も揺れたので、まああれくらいなら大丈夫だろうと軽い気持ちで、早朝の便に飛び乗ったのですが、

あかん、えらいもんに乗ってもうたで(似非関西弁)

ガタガタガタガタガタガタガタガタガタブルブルブルブルブルブ

という感じで、強烈な船酔いに襲われてしまい、全身から汗が噴き出て、両足は震え、船を降りた直後、道の傍らで横になる始末。

勿色々な情報を事前に見ていったので船酔いの危険性は考慮していたのですが、私が声を大にして言いたいのは、あれはもはや船じゃないということですね。

船の形をした世界最恐のジェットコースターに1、2時間乗り続けた…

そんな気持ちでした。

波照間島の日帰りは無謀

さらに失敗したのは石垣島に変えるための、夕方の便が欠航になり、あまり島をゆっくり見て回ることができなかったことです。

波照間に行く際は、泊りのつもりで行った方がよいかもしれません。

自電車はお勧めしない

さらに失敗したのは、波照間は竹富島のようには自転車で回ることが難しかったということです。

坂が多く、道はどこまでも続き、体力を消耗します。

借りるのは自転車ではなく、バイクを借りるかレンタカーの二択

ちなみに私は電動自転車を借りましたが、途中で電源入れ忘れていても気づかないほどに微力な電力と強烈な坂道に参りました。

町の風景も竹富のようには観光地として徹底しておらず、本当に島の生活を見に行くつもりで行った方がよいです。サトウキビの収穫風景などがみられます。

関西ならば、暴風警報発令しているレベルの強風

さらに大変だったのが、この日はものすごい強風で天気があれていたことです。

せっかくなので最南端へと自転車で走りましたが、途中私はあまりに辛くて

「やだっ!もう帰る!」

と一人で叫び、来た道を逆走しましたが、逆風が強く、吹き飛ばされるという恐怖を感じ、そのまま風に導かれるように最南端を目指しました。

走り続けること数十分たどり着いた日本の最南端

f:id:eno1081:20160213154148p:plain

暴風?快晴じゃん

と思った方もいるかもしれませんね。

写真じゃわかりませんが、写真撮っているときの私の髪の毛、完全にサイア人と化しています。

波も激しく、のんきに石垣島を回っていた私は、島の獰猛な一面を見た気がして、少し戦きました。

この石垣島旅行があまりに楽しく、老後に住もうかとのんきに考えていた私でしたが、きっと島に住んでいる人は、このようないろいろな島の一面を知ったうえで、色々と苦労されながら生活している面もあるのだろうなとも思いました。

f:id:eno1081:20160213154548p:plain

最後にニシ浜ビーチへ。ここも川平湾と同じく、写真写りの良さを感じる場所でした。泳ぐことができたら、もっと楽しかっただろうなと心底思いました。

f:id:eno1081:20160213154730p:plain

帰りの船で意識を失いかける

そして訪れた二度目の乗船。

ガクガクガクガクガクガクガクガクブルブルブルブルブルbルbル…

きちんと酔い止め薬を飲んでも、胃液がこみあげ、とっさにビニール袋をかばんから出し、握りしめ、震え続けていたほどでした。

私の様子があまりに悲惨でしたので隣に座っていた女性が心配してくださり、背中をさすってくれたように思うのですが、正直時間の感覚を失うほどに辛かったです。

ただ彼女は全く平気だったようでした。

要注意なのは、とにかく車酔いする人、ジェットコースター苦手な人です。どうしても波照間に行きたい場合は、風のない快晴を選んで船に乗るべきです。

ちなみに私は沖縄のホエールウオッチングに参加したときも、開始三十分で吐いてしまいました。船に酔いやすい体質なのだと思います。

ただそんな私でも竹富島と西表島にはいくことが出来ました。参考にしてください。

夕食は石垣島でイタリアン

美味しいものはたくさん食べたので、四日目にはイタリアンなんかもいいな思っていたところ宿のお姉さんに勧められたこちらのお店SOLEMARE。18時に予約なしで訪問したところ、お客さんがいなかったので貸し切り状態で、一人カウンターで食事をとることに。

f:id:eno1081:20160213155258p:plain

とりあえずおすすめだといわれた前採3種と手打ちのパスタを注文。こんな感じで看板があり、注文する前に順番に説明してくださいます。

f:id:eno1081:20160213155626p:plain

とっても優雅です。

f:id:eno1081:20160213155354p:plain

ごらんのとおり最初は水で我慢していたんですが

f:id:eno1081:20160213155515p:plain

結局白ワイン頼むという…。前菜はとろとろのちゅら豚が一番おいしかったです。石垣島を一通り食べ歩き、少しイタリアン食べたいなあと思った人には、ぜひおすすめしたいお店です。

f:id:eno1081:20160213155748p:plain

お店の方が最後に外まで出てきてくださり、見えなくなるまで見送ってくださった接客も印象的でした。

石垣島、最後の食事に選んでよかったです。

最終日はまっすぐに空港へ

四日間で充実した石垣島旅行を過ごすことができ、最終日は飛行機に遅れないように宿を出て、午後の便で帰阪しました。

今まで訪れた国外含めるどの観光地と比べても、もう一度行きたいと心から思えた国内観光地でした。訪れたことない方、一人でも二人でも三人でも、ぜひ訪問することをお勧めします。最後まで読んでくださり、有難うございました!

f:id:eno1081:20160213160027p:plain

石垣島旅行に関する記事はほかにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net