The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のカンボジア*シェムリアップ観光ならば、絶対におすすめしたいベンメリア遺跡の魅力

カンボジア観光の中で一番満足した遺跡

私は一週間、シェムリアップに滞在し、できる限り多くの遺跡を見てきました。

その中でも一番よかったのがベンメリア遺跡でした。今回は、ベンメリア遺跡がほかの遺跡に比べてよかったと感じた点をまとめてみたいと思います!

1、観光客が多くない!

前回の記事にも書きましたが、乾季のアンコールワット(ほかにはアンコールトム、タプローム、バンテアイ・スレイ)は人だらけ!

どこを歩いても、人、人、人!暑さよりも人の多さに参ってしまうような場所でした。

kinako18.hatenadiary.com

それらの遺跡と比べて人が少なく感じたのが、このベンメリア遺跡です。

私が行ったタイミングが良かっただけかもしれませんが、静かな森の中で遺跡を鑑賞するような楽しさがありました。

遺跡の中にはきちんと木でできた橋のようなものがあり、かなり中まで入って遺跡を見ることができます。

本当に探検気分!私はツアーで行きましたが、もし個人で行く機会がもう一度あれば、ベンメリアにはぜひもう一度訪れたいと心から思いました!

f:id:eno1081:20160302190040p:plain

2、中心部から遠すぎない!

私はこの日、ベンメリアと合わせてタイとの国境付近にある世界遺産プリアヴィヒア遺跡にも足を運びました。

ただ後から知ったのですが、ホテルの交通網を使ってもプリアヴィヒア遺跡には遠すぎていけないが、ベンメリア遺跡なら行くことができたという点です。

プリアヴィヒア遺跡はとても遠いので、日帰りで一日つぶれますが、ベンメリア遺跡だけでしたら、かなり余裕をもって過ごすことができると思います。

遠方にある遺跡の観光に便利な現地ツアー

シェムリアップに来たばかりの人は、遺跡が多すぎて混乱するかもしれません。

そんな方にとにかく覚えておいてほしいのは、遠すぎて車でしかいくことができないプリアヴィヒア遺跡とコケー遺跡をセットにして、現地ツアーで申し込むのが大正解だということです。

ちなみに現地ツアーは、他記事でも紹介しているVELTRAさんがおすすめです。私は前日に行きたい遺跡を検索して、予約をしたりしていました。使い勝手がよく、ガイドさんも親切で日本語が上手で、個人旅行には大変お勧めできます。

*現地ツアーの利点と感想については下の記事なども参照してください。

www.nekopajamas.net

ホテル(ゲストハウス)のツアー情報も要チェック

他にも、ホテルのトゥクトゥクさんに頼めば、ツアーより安く行ける場合がありますね。

もしホテルに格安のツアーやトゥクトゥクの貸し出しなどのサービスがある場合は、それを使ってベンメリアに行けるか確認するとよいです。

ツアーを申し込むよりも安く済む場合があると思います。

ちなみに私はホテルのトゥクトゥク一日貸し切りで、バンテアイスレイ+大回りコースが30ドル、小回りコース(主要遺跡以外)+ロリュオス遺跡群で20ドルで回ることができました。ツアーを使うよりも安上がりだった記憶があります。

参考にしてください。

3、植物の生命力が凄い!

タプローム遺跡もガジュマルの樹木が遺跡を侵食する姿が印象的でした。

f:id:eno1081:20160302190103p:plain

しかしそれ以上にベンメリアの遺跡は木々に覆われ、その姿かたちを変えてしまっています。

f:id:eno1081:20160302190128p:plain

f:id:eno1081:20160302190343p:plain

上野でボッティチェリの展示会を鑑賞したときにも感じたことなのですが、私はいつも美術品の修復はいったいどの程度まで許容されるべきなのかと考えてしまいます。

これは遺跡にもいえることで勿論、アンコールワットをはじめとする遺跡群はもともとあのままの姿で残っていたわけではありません。

多くの方の力に支えられて、修復され、あのような形を取り戻したといえます。

けれど、例えばベンメリアのような原型を失っているがゆえに人々を魅了する遺跡というのも存在するのですよね。

朽ち果てて、誰にも手を付けられていないからこそ、魅力的な遺跡ベンメリア。廃墟好きの方にはたまらない場所だと思います。

4、写真で見るより何十倍も迫力があって広い!

ベンメリア遺跡の良かった点は、思ったより広かったということです。

迫力に感動してシャッターをバシバシと切りましたが、絶対に実物の方がよいなと断言できます。

観光していると写真で見た方がいい場所と写真より実物がいい場所と二極化しますが、ベンメリアは後者ですね。

行く前に、知人から写真を見せてもらったので

「ふうん、めっちゃ木が生えてるわ」

くらいの認知だったのですが、実際見てみると大迫力で、思わず「わぁ」と声が出ました。

想像以上に高さがあったというのもあると思います。この写真もわかりにくいと思いますが、落ちてる瓦礫一個の大きさが、私たちの体半分くらいです。

f:id:eno1081:20160302190152p:plain

シェムリアップの遺跡には想像以上に小さかった遺跡も多くあったのですが、ベンメリアは見ごたえがあり、ツアーでなければもっとゆっくり色々な場所を見たかったなという気持ちがいっぱいでした。

f:id:eno1081:20160302190309p:plain

シェムリアップに来た方は、アンコールワットを見て帰るだけではもったいないです。

入場料はアンコールワット遺跡群のチケットとは別に5ドルいります。

時間がないという方は、例えば

アンコールワット1日券(20ドル)、ベンメリア(5ドル)で二日過ごしても良い

と思いますね。

それくらいお勧めです。ぜひベンメリア遺跡に立ち寄ってから、シェムリアップを去るように強く進めておきたいと思います。参考にしてください!

*世界遺産プリアヴィヒアもお勧めです。

www.nekopajamas.net