The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

女一人旅のバンテアイ・スレイ遺跡*ツアー要らずで楽しむ方法

SPONSORED LINK

バンテアイ・スレイの東洋のモナリザ

今回紹介するのは、シェムリアップから少し離れた場所にあるバンテアイ・スレイという遺跡です。

旅の後半は、自由気ままに回ろうと決めていた私。

最初に向かったのは、バンテアイ・スレイ遺跡でした。宿泊先のトゥクトゥクさんにお願いして、びゅんと目的地に到着。

シェムリアップからさほど離れていない場所にある遺跡なので、とてもアクセスが良く、わざわざツアーにお金を払わなくても行くことができたのが、魅力的でした。

今回はそんなバンテアイ・スレイ遺跡の良さを紹介したいと思います。

1、周りの自然が豊か!晴れの日に行くと◎!

今まで見てきたほかの遺跡群と異なり、入ってすぐの入り口が、きれいに整備されているのが印象的です。

f:id:eno1081:20160304140839p:plain

ほかにも、バードウォッチングができるようになっているため、いくつか景色を見るためのポイントがありました。

f:id:eno1081:20160304140918p:plain

ここらへんには人がほとんどいないので、絶景貸し切り状態です。

f:id:eno1081:20160304141000p:plain

繰り返しますが、アンコールワットはとにかく人だらけ!そしてバンテアイ・スレイもまた観光客に人気の遺跡の一つだそうで、遺跡の周りはたくさんの人で賑わっていました

f:id:eno1081:20160304141214p:plain

けれども少し遺跡から離れれば、美しい自然の風景が広がっています。

ツアーではのんびり何もない景色を見ることなどできないためか、観光客も少なく、のんびり遺跡周辺でハイキングを楽しむことができました。

f:id:eno1081:20160304141034p:plain

2、入場料はアンコールワット遺跡群と同じ!

バンテアイ・スレイの遺跡そのものは、案外こじんまりして、1時間あれば十分に鑑賞できると思いました。

そのため

  • ほかの遺跡とセットにするのがおすすめ

です。

ここで大切なのは、

  • バンテアイ・スレイの入場料はアンコールワット遺跡群のチケットの中に含まれているという点

です。

そのため、アンコールワット遺跡群の中に含まれているほかの遺跡群と一緒に行くと、お得です。

私はこの日、アンコールワット遺跡群の大回りコースの遺跡とセットにしてもらい、トゥクトゥク運賃30ドルで済みました。

もしツアーに参加していたら、もっとお金が必要だったと思います。

3、東洋のモナリザはとっても小さい!鑑賞用の望遠鏡などがあるとgood!

お目当ての「東洋のモナリザ」は遠すぎてあまりよく見えませんでした(笑)。

  • 「東洋のモナリザ」はとっても遠くにしか見えないので、それなりの準備をしていくことをお勧めします!

ツアーに参加しなくても、英語表記の説明が置いてありましたので、ほかの遺跡群に比べると情報量が多いと思います。

また日本人のツアーも時折見かけますので、そのガイドさんの話を横耳で聞くというのもありです(笑)

思った以上にこじんまりした遺跡ですので、周りの風景を楽しむ余裕をもつと充実すると思います。

f:id:eno1081:20160304141543p:plain

小腹が減ったのでちょっと一休み。

マンゴーとパイナップルセットで1ドルでした。

東南アジア旅行の素晴らしい点は、フルーツが本当においしい!ということですね。

f:id:eno1081:20160304141701p:plain

毎日のようにココナッツミルクを飲んでいたのも良い思い出です。

安くておいしいものが食べられるというのは、本当に大きな魅力だと思います。

4、学校の勉強よりも先に、モノを売ることを覚える子供たち

もう一つ、印象的だったのは

  • バンテアイ・スレイの周りには、観光客にモノを売ってる子供が本当に多かった

ことです。

ちなみに最初話しかけられたとき、ビビッて断ってしまったのですが、その子ガイドブック1ドルで売ってくれるって言ってたんです。

でも怖くて断ってしまいました。

なのに、後からそのガイドブックが欲しくなってしまって…!

観光案内の窓口に行って、幾らかと尋ねると10ドルって言われました。

買っとけばよかった…!

と思いました。

東南アジア旅行の難しさは、値段交渉にあります。

そういった交渉が好きな人もいると思うのですが、私は億劫になってしまうタイプで、言い値をすぐに払ってしまう人間です。

しかしカンボジアの旅ガイドなどをネットで調べると、いかに値切るかが大切かと切々と説明されていますよね。

甘い考え方かもしれませんが、ある程度の寛容さをもって、1ドル2ドルのお金を出すという気持ちがあっても良いのではないか、と彼らの暮らしを見て思うところがありました。

f:id:eno1081:20160304142045p:plain

 まとめ

ということで今回の記事では、バンテアイ・スレイ遺跡に遊びに行った感想をまとめてみました。

まとめると

  • バンテアイ・スレイ遺跡は観光中心地から割と近い(1時間ほど)
  • アンコール遺跡群のチケットで入場可能
  • ツアーに頼まなくても、トゥクトゥクさんに連れて行ってもらえる
  • アンコール遺跡群の大回りコースと合わせて観光すると、時間が有効活用できる
  • 東洋のモナリザは望遠鏡がないと見えない
  • 周りの景色がとても美しい(自然豊か)

となります。

個人的には行ってよかったと素直に感じましたし、アンコール遺跡群のパスで入場できるので、お金の節約にもなってよかったです。

非常に整備された観光地ですので、他の遺跡と比べても、満足度は高いと思います。

周りに出店もありますので、フルーツを買えるのも楽しいですしね。

ぜひ、足を運んでみてくださいね!

カンボジア一人旅に関する他の記事

 

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

 

東南アジア カテゴリーの記事一覧へ戻る

 

カンボジア行きの航空券を検索