The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

台中で有名な小籠包のお店で「ヒトリ、寂シクナイノ?」と店員さんに真顔で問いかけられた話

SPONSORED LINK

私はもともと一人旅が好きで、十代のころは国内へ、二十代のころは国外へ思い立ったらすぐに旅行に行くのを趣味にしています。

勿論、友達と旅行することも好きなのですが、私としては一人旅と団体旅行では楽しみ方はまるで違うと考えているのです。

簡単にまとめると

  • 団体旅行は緩いスケジュールで一緒に行く相手との仲を深めることが目的
  • 一人旅は、多少ハードなスケジュールで旅行先を端から端までマイペースに楽しむことが目的

となります。

例えば、私は温泉などに行くと、とにかく全部の湯につからなければ気が済まない面倒なタイプです。なので一人で旅行に出るときは多少ハードでも自分の行きたい場所にガンガン行きまし、温泉を一日4つほど巡ります。

女一人旅が好きという人は、一人で作業したり、マイペースに動くことが向いているのかもしれません。

最近ではよく「男に生まれたかったなあ」と思うのですが、治安や性犯罪を気にせず、好きな場所にヒッチハイクや旅行に行ける特権に憧れや悔しさを感じるからということは大きいです。

つまり私はこれまで女一人旅ということをかなりポジティヴにとらえていたのですが、この台湾旅行で、ふと自分の旅の在り方を問い直すきっかけがあったんです。

それは、台中で有名な小籠包のお店、沁園春にお邪魔したときのことでした。

f:id:eno1081:20160330140803p:plain

このお店は台中にある有名店。

お昼時に並ばなくても余裕で入り、食事をとることができました。立地も駅へと続く大通りをまっすぐ行った先にあるので、地図があればすぐに見つけることができます。

来店すると、さっそく店員さんに

「アナタノ、オカアサンは、日本人デスカ?」

と聞かれたので

「はい、日本人ですよ」

と答えたところ、写真付きのメニューを持ってきてくださいました。

日本語を話せる若い店員さんが多く、観光客慣れしている印象でした。素晴らしいです。蟹入り小籠包と、人気があるという謎のスープを注文すると、お茶もサービスでもってきてくれました。

f:id:eno1081:20160330141231p:plain

ちなみに以前の記事にも書いたのですが、台湾はとても親日な国なんです。

日本人とわかると「勉強シテマス!」と日本語を早速使ってみようという店員さんが、にこやかに話しかけてきてくれたりします。

kinako18.hatenadiary.com

見たところ国内で日本アニメの需要が高いらしく、電車に乗ると男子高生がスマホで日本のアニメ(たぶん、あれは『ハイキュー‼!』)を並んで見ていたりします。

道で迷子になったときに助けてくれた台湾人の方が『ちびまる子ちゃん』や『ドラえもん』を見て何十年も育ったと仰っていたので、私たちの世代であれば、日本のサブカルチャーに対する感覚はあまり変わらないのかもしれません。

このときも二人の店員さんとお話していたのですが、彼らは日本に来たことがないけれど、日本が好きでいつか旅行に行きたい!と語ってくれました。

そんなことを考えていると、料理が到着。これが滅茶苦茶おいしかった。

f:id:eno1081:20160330141855p:plain

台湾で食べたものの中で一番おいしかったものは?と聞かれた真っ先に「沁園春の蟹小籠包!」と即答するくらいに美味しかった。

で、美味しい料理に舌鼓を打っている私のところに、日本語で対応してくださった男性店員さんがいそいそ近づいてきて

「オイシイ?」

と尋ねてきたんです。

私はとっても幸せな気持ちだったので、満面の笑みで

「美味しいです!」

と即答したんです。そんな私に店員さんは、また尋ねました。

店員「ホントニ~?」

私「はい!」

店員「楽シイ?」

私「すっごく楽しい!」

店員「ホントニ~?寂シクナイノ?」

私「え……?」

店員「ヒトリ、寂シクナイノ?」

f:id:eno1081:20160330143038p:plain

「…」

すごくおいしいけど、一人だと量が多すぎて飲みきれないスープを前に、私は考えました。

ホストの世界では、女性に聞いてはいけない質問があるといいます。それは彼女の仕事や年齢、彼氏の有無について根掘り葉掘り尋ねることです。

何故なら、現実世界の辛さを忘れさせ、お客を夢の世界へと導くのがホストの仕事だからです。

でも、彼は違います。彼は、ただの台湾にある小籠包が美味しいお店の青年でした。

私「すごく、楽しいですよ。小籠包も美味しいし!」

店員「…」

私「台湾の方もすっごく優しいから、うれしいです!」

店員「でも、寂シクナイノ?」

私「全然、寂しくないですよ!」

店員「デモ、一人デ、カメラ、パシャパシャ…」

f:id:eno1081:20160330142525p:plain

「…」

一人ではなかなか食べきれない小籠包を前に、私は考えていました。

確かに最近、旅行に行った時の写真の量が増えました。今まで、それを寂しいと考えたことはありませんでした。インターネットの発達によって、自分の日常をいともたやすく公開できるようになった今、こうして自分の旅行経験を誰かに伝えることができます。友人や家族とはLINEでいつでも連絡をとれます。

しかし一方で、すぐ隣にいる誰かと感動を共有することの素晴らしさを、見失ってしまうこともあるかもしれません。

でも、私は違います。

私は一人旅を好きで選んでいるし、本当に寂しくなんかなかったのです。

私「写真撮るのも、好きだから楽しいですよ!」

店員「ホント?アナタ、寂シクナイノ?」

私「(まだ聞くんかい…)」

店員「アナタ、独リボッチ…」

私「そう、ですね…」

店員「彼氏、イナイノ?」

私「いない、ですけど…」

店員「一緒ニ旅行、彼氏、イナイ」

私「…」

店員「寂シイヨ」

f:id:eno1081:20160330144421p:plain

皿に流れ落ちる黄金色の肉汁を見つめながら、私は思い出していました。

一人で石垣島に行ったとき、川平湾のグラスボードに乗っていたのが、私と一組のラブラブカップルだけだった時のことを。

年端のそう変わらない女の子が、船底に見える鮮やかな色をまとった小魚に向かって「見て見て!かわいい~♡」と言いながら、彼氏のジャケットの裾を引っ張っている向かい側、私はほぼすっぴん黒髪一本縛り、700円のダサい屋台のおばちゃんがつけているのと同じウェストポーチをつけ、どろどろになった真っ黒のスニーカーを履きながら、無言で一枚だけ写真を撮り、夕飯に飲むオリオンビールのことを考えていた唯一、一人旅のむなしさを感じてしまったあの瞬間のことを。

ちなみにこれがその時の写真なのですが、

悲しいことに、魚が一匹も写っていませんでした。

f:id:eno1081:20160330145419p:plain

ちなみにこのとき、私は一瞬で、それこそ海底に沈んでいくように思考を巡らしていました。

f:id:eno1081:20160330145419p:plain

思えば二十代になって、海外に一人旅に出るきっかけになったのは、失恋でした。

あのときフィリピンで一人でおいおいと号泣しながら、あまじょっぱい熟れたマンゴーを食べていました。

私はその人と付き合っている自分に、全く自信が持てず、失恋してからはそんな自分をさらにダメにするように泣き続けていました。

「ヒトリ、寂シクナイノ?」

まるで記憶喪失だった人間が自分は何者かを思い出すように、色々な思いが走馬灯のように脳裏を過っていきました。

もうあんな恋愛はしない。

男性に夢中になってしまうような、自分の弱さをさらけ出してしまいたくなるような恋愛は、絶対しないようにしよう。

それから自分の女々しい部分を嫌うように、スカートをはくのをやめて、ズボンばかりを好むようになりました。毎日ヒールで通学していたのが嘘のように、汚いスニーカーを履きつぶし、洋服は年に数回ユニクロで調達するのみ、クリスマスは論文に追われて失念、誰もいないつけ麺屋さんで麺をすすっていたときラジオの内容で初めて「メリークリスマス!」と聞くほど、何もかも投げやりでした。

「ヒトリ、寂シクナイノ?」

こないだ招待された結婚式で、幸せそうに笑っていた友人のことを思い出しました。

彼らは旅を趣味にしていて、色々なところに二人で訪れたことが、一番の思い出です、と語っていました。

カンボジアで出会った一人旅の女性は、一人旅は大好きだけど、イタリア人の彼氏と旅行に行くときは色々な国に行ける、と教えてくれました。

旅の思い出を、この小籠包の美味しさを、今この瞬間に分かち合える誰かがいればいいのに。そう思うことの方が、もしかすると自然なことなのかもしれません。

 「ヒトリ、寂シクナイノ?」

聞かれて迷うことなく、寂しくない、と即答していた。

そのことがもしかすると本当に寂しいことなのかもしれない……。

そのとき店員さんが口にした一言で、私の思考は一気に、闇の深海から光導く現実へと浮上したのでした。

f:id:eno1081:20160330145419p:plain

店員「モッタイナイヨ。オ姉サン、美人ナノニ…!」

私「すいません、小籠包もう一つお願いします」

f:id:eno1081:20160330140803p:plain

沁園春

立地☆☆☆☆

味☆☆☆☆☆☆☆

接客☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

ということで女性一人旅の方には、素晴らしいCPを誇り、日本語で接客対応ができ、さらには女性が喜ぶポイントをばっちり心得ている安心接客で出迎えてくれる沁園春にぜひ、足を運んでみてください!!!

寂しさを繰り返し問われ、闇落ちする可能性があるかもしれませんが、自分の在り方を問い直す良いきっかけになるかもしれません。

4travel.jp

台中に行くことがあれば、もう一度行きたい美味しさ。

色々書きましたが、私はやっぱり一人旅が大好きなんです。

けど未来の旦那と子供と一緒に行けるように気合を入れて、この春まずは脱ユニクロします(反省)。

台湾の女一人旅に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

台湾行きの航空券を検索