読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

英検準一級に一発合格するための3つの大前提について

英検準一級に一発合格するために

そういえば、今日は英検の試験日です。今回が初受験という方も多いと思います。一回試験を受けるのに6900円と考えると、できることならば一発合格したいところですよね。けれども、英検準一級の倍率は約15%と案外厳しいものだったりします。私がこれまで出会った人の中には、4回受けているけれど、一度も一次試験に合格できなかったという方もいらっしゃいました。

そこで今回は自分の経験を踏まえて、英検準一級に一発合格するまでに自分がしたことを、まとめてみたいと思います。ただ勉強法をまとめてもつまらないので、この記事では大前提と銘打って、一発合格を目指すためのポイントを3つ語りたいと思います。当たり前のことを言ってるだけかもしれませんが、これから英検準一級の取得を目指すという方、参考にしてもらえれば幸いです。

f:id:eno1081:20160612133647p:plain

前提1、一発合格しか狙わない(+自費)

以前、塾で教えていた生徒の中に、英検2級を5回受験した生徒がいました。彼女は一冊の問題集をやり切ることができないまま、毎回「また落ちると思う」と言いながら受験し、その通り落ちては、また受験し…というパターンを繰り返していました。

さて、指摘するまでもないことですが、英検受験にはお金がかかります。

5800×5=29000円。結構なお値段ですね。

これは高校生に顕著ですが、受験代は親に負担してもらうことが当然であり、勉強にお金をかけるのはむしろいいことと考え喜んで親がお金を出し、その結果本人が何回受験しても構わないと考え、子供が本領を発揮しないパターンが非常に多いです(これは大学受験にも同じことが言えます)。

しかし、客観的に見て、これほどのコストと時間の無駄はないと思います。

いいですか。

毎回スコアが出るTOEICと違い、英検には合格か不合格の二つしかありません。どうせ受験するなら、初めから一発合格だけを狙ってください。受験費は、高校生であれば、お年玉などの自費、大学生であればバイト代から出す。何故なら、試験に落ちることで損したお金があまりに勿体ないと思えるから。よほど優秀な人でない限り、人間というのはある程度のプレッシャーがなければ、底力を発揮できません。自分に程よいストレスをかけながら、目標とメリハリをもって受験に挑めるようにすることを、お勧めします

前提2、問題集1冊と単語帳を最後までやり切る

英検受験を決めたら、さっそく2冊の本を買ってください。一つは、英検用の単語帳。迷うことなくこちらの単語帳一択でOKです。そしてこの単語帳に出てくる単語を覚えるという作業を、必ず最後までやり切ってください

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

 

 もう一つ必要なのが問題集です。色々あって迷われるかと思いますが、 書籍はすべて旺文社のもので揃えるとよいですよ。個人的には「集中ゼミ」一冊で良いと感じました。

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

 

 分厚い本が嫌いという方は、7日間完成予想問題ドリルもお勧めです。

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

 

繰り返しますが、この単語帳+問題集のセットを必ず最後までやり切ってから受験して下さい。問題集をやらずに受験することになったときは、すでに試験代をドブに捨てたようなものだと考えてください。さらに思い出してください。受験するなら、必ず一発合格。むしろ問題集を一回やり切るだけでは足りないのでは?と焦り、最低でも三回やるのが当然だと考えてほしいところです。

前提3、現在の自分のレベルを知っている

自分の実力を過信もせず卑下もせず、ただ冷静に知っている。これは大きな強みになります。例えば、英語は一般的に、聞く・読む・書く・話すの4技能が必要だといわれますが、このうち自分が、どれが得意でどれが苦手かを知っているだけでも、勉強方法は大きく変わっていきます

自分のできない部分を直視することはとても勇気がいります。けれども、それを直視できれば克服するための具体的な戦法を立て、精進し、自信に変えるというプロセスをとれます。英検準一級を取りたい!と思うのは、良いことです。一歩一歩階段を昇っていくようなイメージを持ちましょう。やみくもに進む前に、自分の英語の実力を知っておくということは、とても大切です。

オススメは、自分の語彙力を知っておくという作業です。Weblioの語彙力判定などが手軽ですね。これで5000を切るレベルでしたら、大学受験用の英単語帳から英単語を覚え始めても良いかもしれません。

uwl.weblio.jp

最後に

いかがでしたでしょうか?こんなことわざわざ言われなくても、当たり前だと思った人もいれば、少し耳が痛いと思われた方もいるかもしれません。何にせよ、中途半端にやるよりは、最善の策を練り、万事を尽くしてから戦場に赴いた兵の方が勝機を逃さず、ほしいものを手に入れられるということです。皆さんも受験するだけで満足せず、ぜひ合格証書をその手につかんでください。

ちなみに私は今年、英検1級に挑戦を考えています。目標は秋に一発合格です。そのために片道1時間の通勤時間を使って単語帳とにらめっこしている日々です。空き時間を利用すると、メリハリができて勉強が捗りますので、通勤電車も悪くないと思い始めてます。このブログで、一級合格の報告ができることを楽しみにしてます!

www.eiken.or.jp

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

 

 

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

 

 

英検準1級過去6回全問題集〈2010年度版〉 (旺文社英検書)

英検準1級過去6回全問題集〈2010年度版〉 (旺文社英検書)

 

 

kinako18.hatenadiary.com