読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

英検準一級に独学で一発合格するための勉強法とおすすめ参考書

独学で英検準一級に合格する方法

英検準一級の試験を一回受けるのに6900円

と考えると、できることならば一発合格したいところ。

けれども、英検準一級の倍率は約15%と案外厳しいものだったりします。私がこれまで出会った人の中には、4回受けているけれど一度も一次試験に合格できなかったという方もいらっしゃいました。

ということで今回は自分の経験を踏まえて、英検準一級に一発合格するまでに自分がしたことや心構えをまとめてみたいと思います。

当たり前のことを言ってるだけかもしれませんが、これから英検準一級の取得を目指すという方、参考にしてもらえれば幸いです。

f:id:eno1081:20160612133647p:plain

英検は「一度で合格する」という覚悟が大切

以前、塾で教えていた生徒の中に、英検2級を5回受験した生徒がいました。

彼女は一冊の問題集をやり切ることができないまま、毎回「また落ちると思う」と言いながら受験し、その通り落ちては、また受験しというパターンを繰り返していました。

さて、指摘するまでもないことですが、英検受験にはお金がかかります。

5800×5=29000円。結構なお値段ですね。

これは高校生に顕著ですが、受験代は親に負担してもらうことが当然であり、勉強にお金をかけるのはむしろいいことと考え喜んで親がお金を出し、その結果本人が何回受験しても構わないと考えているパターンが多いです。

これは大学受験にも同じことが言えますよね。

しかし、客観的に見て、これほどのコストと時間の無駄はないと思います。

いいですか。

毎回スコアが出るTOEICと違い、英検には合格か不合格の二つしかありません

ならば、初めから一発合格だけを狙ってください

受験費は、高校生であれば、お年玉などの自費、大学生であればバイト代から出しましょう。

試験に落ちることで損したお金があまりに勿体ないと思えますよね。

よほど優秀な人でない限り、人間というのはある程度のプレッシャーがなければ、底力を発揮できません。自分に程よいストレスをかけながら、目標とメリハリをもって受験に挑めるようにすることを、お勧めします。

問題集1冊と単語帳を最後までやり切ること

英検受験を決めたら、さっそく2冊の本を買ってください。

一つは、英検用の単語帳。

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

 

そしてこの単語帳に出てくる単語を覚えるという作業を、必ず最後までやり切ってください。覚えていないのに試験を受けても意味がありません。

私は合わせてこちらのアプリを併用しました。

私は今英検一級の単語の暗記に努めていますが、アプリを利用すると実にスムーズに勉強を行うことが出来ます。

音声と合わせて単語を覚えることが出来、さらに単語カードなどを作成する必要もありません。個人的には必需品だと考えています。

もう一つ必要なのが問題集です。

色々あって迷われるかと思いますが、 書籍はすべて旺文社のもので揃えるとよいです。個人的には「集中ゼミ」一冊で良いと感じました。

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

 

 分厚い本が嫌いという方は「7日間完成予想問題ドリル」もお勧めです。

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

 

繰り返しますが、この単語帳+問題集のセットを必ず最後までやり切ってから受験して下さい。問題集をやらずに受験することになったときは、すでに試験代をドブに捨てたようなものだと考えてください。

さらに思い出してください。

受験するなら、必ず一発合格

むしろ問題集を一回やり切るだけでは足りないのでは?と焦り、最低でも三回やるのが当然だと考えてほしいところです。

現在の自分のレベルを知り、戦略を練る

自分の実力を過信もせず卑下もせず、ただ冷静に知っている。

これは大きな強みになります。

例えば、英語は一般的に、聞く・読む・書く・話すの4技能が必要だといわれますが、このうち自分が、どれが得意でどれが苦手かを知っているだけでも、勉強方法は大きく変わっていきます

例えばリーディングが得意という自信があるのであれば、単語の暗記と長文読解で満点を目指し、リスニングとライティングをカバーする。その逆もまたしかりでしょう。

自分のできない部分を直視することはとても勇気がいります。けれども、それを直視できれば克服するための具体的な戦法を立て、精進し、自信に変えるというプロセスをとれます。

英検準一級を取りたい!と思うのは、良いことです。

一歩一歩階段を昇っていくようなイメージを持ちましょう。

やみくもに進む前に、自分の英語の実力を知っておくということは、とても大切です。

オススメは、自分の語彙力を知っておくという作業です。

Weblioの語彙力判定などが手軽ですね。これで5000を切るレベルでしたら、大学受験用の英単語帳から英単語を覚え始めても良いかもしれません。

uwl.weblio.jp

勉強の流れ

勉強方法はいたってシンプルです。

  1. 単語帳を利用して単語を暗記する
  2. 「集中ゼミ」を三回解く

以上。

いやいやそんなの勉強法でも何でもないという方もいらっしゃるかもしれませんが、特別なやり方なんて何もないんですよ。

ただそれぞれにコツがあります。例えば単語の暗記

  1. 一度に大量に覚える(50~100個ほど)
  2. 1か月などの具体的な期間を決める
  3. 単語の派生(語源)や例文を調べる
  4. 形容詞はプラスとマイナスイメージに分ける
  5. アプリを使って苦手な単語をカテゴリー分けして繰り返し暗記する

といった工夫をします。

特に私は単語の語源が好きで、必ずチェックをします。それから大量に繰り返し覚えるという方法を好みます。本だけで暗記するのではなくアプリを使うことで、音声も聞きます。

問題を解くときも

  1. 一度目に説くときはざっくりと説く
  2. 一度目は解答をよく読み、理解に努める
  3. 二度目、三度目で理解の確認を行う
  4. 知らない単語があれば、必ず調べて覚える

といったプロセスを組みます。きっちりとやることが大切です。

最後に

この記事に書いてある内容はわざわざ言われなくても、当たり前のことだと思った人もいれば、少し耳が痛いと思われた方もいるかもしれません。

何にせよ、中途半端にやるよりは、最善の策を練り、万事を尽くしてから戦場に赴いた兵の方が勝機を逃さず、ほしいものを手に入れられる

皆さんも受験するだけで満足せず、ぜひ合格証書をその手につかんでください。

ちなみに私は、英検1級に挑戦を考えています。

目標は一発合格です。

そのために片道1時間の通勤時間を使って単語帳とにらめっこしている日々です。空き時間を利用すると、メリハリができて勉強が捗りますので、通勤電車も悪くないと思い始めてます。このブログで、一級合格の報告ができることを楽しみにしてます!

この記事でお勧めした書籍 
英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

 

 ▲単語帳は一冊持っておくと心強い。アプリと合わせて購入が◎

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

 

 ▲このテキストを使用して勉強するのが英検は一番効率が良い。この一冊だけで合格することが出来たということもあり、信頼度が高い。

【CD付】7日間完成 英検準1級予想問題ドリル 新試験対応版 (旺文社英検書)

【CD付】7日間完成 英検準1級予想問題ドリル 新試験対応版 (旺文社英検書)

 

 ▲時間があまりになく、とりあえず対策をしたいという方のピンチヒッターはこれ。

英検準1級語彙・イディオム問題500 (旺文社英検書)

英検準1級語彙・イディオム問題500 (旺文社英検書)

 

 ▲語彙・イディオム問題集はおすすめできない。英検1級対策用に購入したが、このようなテキストを利用するのは、どうしても不安な人の最後の総仕上げ。

2017年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

2017年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

 

▲過去問をいきなりやるのは一番効率が悪い。最初は集中ゼミや短期七日間ドリルで概要を掴み、それらのテキストを何度もやって、問題を覚えてしまったくらいの状態で、実力試しに使うと◎。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net