The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

映画(理論)に関するオススメ本5選【上級編】

SPONSORED LINK

映画で哲学してみませんか?

本や絵画や演劇に比べると、とても歴史の浅い映画という文化。たかだかた100年の歴史の中で、映画はそれを先行する様々なジャンルの学問と結び付けられ、論じられてきました。

今回は「映画に関するオススメ書籍ー上級編ー」ということで、哲学の知識と合わせて、映画を知ることができる本を紹介したいと思います。

①ヴァルダー・ベンヤミン『複製技術時代の芸術』

最初にお勧めしたいのがこちらの一冊ベンヤミン「複製芸術時代の芸術」です。

映画がまだ無声映画だった時代です。

映画を論じたベンヤミンのこの論考は、同時代のアドルノと比べると、その後のメディア文化の発展を予期するような視野の広さをもって、映画という新しい文化を擁護しています。

実はとても短く、読みやすい論考なので導入としてもおすすめできる一冊です。

ちなみにベンヤミンと合わせて、多木浩二氏のこちらの読本もお勧めしておきます。

ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読 (岩波現代文庫)

ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読 (岩波現代文庫)

 

ちなみに同時代に書かれたアドルノの映画評とはこちら。

ホルクハイマーとの共著で、映画だけでなく当時のサブカルチャー(ジャズを含め、その他のアメリカ文化)を全面的に批判した内容になっています。

こちらもとても有名な一冊ですので、読んでみて損はないと思いますよ。

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)

  • 作者: ホルクハイマー,アドルノ,Max Horkheimer,Theodor W. Adorno,徳永恂
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/01/16
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 89回
  • この商品を含むブログ (79件) を見る
 

②ロラン・バルト『映像の修辞学』

フランスの現代思想家ロラン・バルトの映画論。

バルトは映画を愛していた人ではないのですが、映画に関して、とても興味深い論考を残しているので、引用されることがとても多い方ですね。とくに読んでおきたいのは「第三の意味」という論考です。そのほかにも面白いものがありますが。

映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)

映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)

 

 こちらと合わせて『明るい部屋』という写真論を読むことをお勧めします。

明るい部屋―写真についての覚書

明るい部屋―写真についての覚書

 

ちなみにバルトは、本当に面白い。この人は哲学というジャンルに収めるのは、少し違う気もしますね。

『恋愛のディスクール』とか『零度のエクリチュール』とか、休日の昼間に紅茶とかすすりながら、カフェで読むと、自分に酔えます。

恋愛のディスクール・断章

恋愛のディスクール・断章

 

③アンリ・ベルクソン『創造的進化』・『笑い』

正直これは映画論ではないんです。

ただ映画と哲学というジャンルにおいては、隅に置くことができない本。

ベルクソンは自分の哲学を語るために比喩的に映画を使用し、批判的見解を述べていくわけですが、決して映画そのものを批判しているわけではありません。

創造的進化 (岩波文庫 青 645-1)

創造的進化 (岩波文庫 青 645-1)

 

ちなみに薄く読みやすい一冊としては『笑い』が読みやすく、映画に関しての記述もありますのでお勧めです。

確か下で紹介する長谷正人氏の本に、この『笑い』を引用した論考があった気がします。こちらを先に読んでいた方が楽しめるかもしれませんね。

笑い (岩波文庫 青 645-3)

笑い (岩波文庫 青 645-3)

 

④ジル・ドゥルーズ『シネマ1』『シネマ2』

映画と哲学といえば、ドゥルーズの『シネマ』でしょうか。

1は運動イメージ、2は時間イメージと扱う題材が異なっています。とても分厚く、各所で引用されたり論じられたりするこの本は、一度は読んでおきたいと思っても、なかなか手が伸びない本でもありました。

私もすべてをきちんと理解しているわけではないのですが、全体を通し読みした印象としては案外読みやすい、という雑感を抱いております。哲学というよりも、一つのエッセイとして楽しんでしまってもよいかもしれません。

シネマ 1*運動イメージ(叢書・ウニベルシタス 855)

シネマ 1*運動イメージ(叢書・ウニベルシタス 855)

 

ただ既存の映画の題名や監督を知らないと難しいと思います。

興味がある方は、とりあえずさらっと全体を通し読みするとよい気がします。こういうのを熱く詳細に語れる大人になるのが夢です。

シネマ2*時間イメージ (叢書・ウニベルシタス)

シネマ2*時間イメージ (叢書・ウニベルシタス)

  • 作者: ジルドゥルーズ,宇野邦一,江澤健一郎,岡村民夫,石原陽一郎,大原理志
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 2006/11/15
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 125回
  • この商品を含むブログ (74件) を見る
 

⑤スタンリー・カヴェル『目に映る世界ー映画の存在論についての考察』

現存するアメリカの哲学者スタンリー・カヴェルの映画論

30年代、40年代の映画の輝きを論じている点が非常に興味深く、映画というメディアを考察するにあたり、さまざまな材料を提供してくれる一冊になっていると思います。

読みごたえはありますが、ドゥルーズやベルクソンを読むよりも、ずっと口当たりの良いです。

映画好きによる映画評として消化することができます。オススメです。

眼に映る世界―映画の存在論についての考察 (叢書・ウニベルシタス)

眼に映る世界―映画の存在論についての考察 (叢書・ウニベルシタス)

  • 作者: スタンリーカヴェル,Stanley Cavell,石原陽一郎
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 2012/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る

 

原題に立ち戻り、他にも映画を論じる知識人をあげるならば、フレドリック・ジェイムソンの名前が挙がります。

映画を論じるというよりも、映画を材料にするという側面が強いように思われ、個人的にはそれほど思い入れがない人でもあります。

カルチュラル・ターン

カルチュラル・ターン

  • 作者: フレドリックジェイムスン,Fredric Jameson,合庭惇,秦邦生,河野真太郎
  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (25件) を見る
 

ジェイムソンの映画論が訳されたのも注目に値しますね。

ジェイムソンの英語はとても読みにくく、私のような人間ではとても処理できないので、邦訳が出てくださることは本当にうれしく感じます。

映画理論に関する本は?

ちなみに哲学という視点から少し離れ、映画理論という視点から映画を読むのであれば、必読本としてあげたいのがこちら『映画理論集成』シリーズです。

有名どころの映画に関する理論が収録されています。

映画理論集成―古典理論から記号学の成立へ

映画理論集成―古典理論から記号学の成立へ

 
「新」映画理論集成〈2〉知覚・表象・読解 (知覚/表象/読解)

「新」映画理論集成〈2〉知覚・表象・読解 (知覚/表象/読解)

 
「新」映画理論集成〈1〉歴史・人種・ジェンダー (歴史/人種/ジェンダー)

「新」映画理論集成〈1〉歴史・人種・ジェンダー (歴史/人種/ジェンダー)

 

こちらにも目ぼしい理論が紹介されているので、併せて読むのをお勧めします。

アンチ・スペクタクル-沸騰する映像文化の考古学〈アルケオロジー〉

アンチ・スペクタクル-沸騰する映像文化の考古学〈アルケオロジー〉

 

アンドレ・バザン『映画とは何か』

こちらも比較的読みやすい本だと思いますので、お勧めに挙げておきます。正しくは映画批評なので理論として紹介するのは気が引けますが…

映画とは何か(上) (岩波文庫)

映画とは何か(上) (岩波文庫)

 

この本を読む前に前提として知っておきたいのが、フランスの映批評家アンドレ・バザンの存在です。

前知識がないと興味がわかないと思いますので、山田氏の『トリュフォー、ある映画的人生』もおすすめしておきます。

長編小説を一冊読むくらいの分量があるのですが、映画好き、とくにフランス映画に魅せられている方は、読まない理由がない一冊です。

トリュフォーに関する本というのは邦訳のものを含め沢山あるのですが、山田氏のトリュフォー本は、一冊の小説のように情感に満ちており、こちらの涙を誘います。

トリュフォー、ある映画的人生 (平凡社ライブラリー (422))

トリュフォー、ある映画的人生 (平凡社ライブラリー (422))

 

トリュフォーを見守るヌーヴェル・ヴァーグの精神的父親、アンドレ・バザンに惚れちゃってください。

そのうえで「映画とは何か(上)」の「写真映像の存在論」「完全映画の神話」「禁じられたモンタージュ」「映画言語の進化」あたりは有名ですので読んでおいても良いと思います。

読んでも良くわからないという方は野崎歓さんの『アンドレ・バザン:映画を信じた男』という本を読むとしっくりするかと思います。

アンドレ・バザン:映画を信じた男

アンドレ・バザン:映画を信じた男

 

ちなみに『映画とは何か』というタイトル本がやたらとあるのは、どれもバザンの映画評を意識しているわけですね。

それくらい有名な世界的な映画批評(理論)の元祖、と考えてください。

映画とは何か 映画学講義

映画とは何か 映画学講義

 

自分の評論に自信のある方じゃないと、このタイトルを銘打つことはできないでしょうね。

どちらも読みましたが、個人的には面白かったです。ただマニアックに映画を好きな人じゃないと惹きつけられない本だなとも思います。

映画とは何か: フランス映画思想史 (筑摩選書)

映画とは何か: フランス映画思想史 (筑摩選書)

 

次に、エイゼンシュテインの『映画の弁証法』を挙げておきます。

映画とは何か(上) (岩波文庫)

映画とは何か(上) (岩波文庫)

 

 映画における長回しを語ったバザンとは異なり、モンタージュの有用性を論じたエイゼンシュテインの論考。

どちらも今読むと、新たな発見がある古典だと思います。

映画の弁証法 (角川文庫)

映画の弁証法 (角川文庫)

 

日本人でおすすめの映画本を書いているのは?

ちなみに日本人で映画に関する本を書かれている方を挙げるならば、蓮見重彦さんの文章は一度読んでみると良いかもしれません。

蓮見重彦氏の映画本は山ほどあるのですが、個人的に好きな一冊が『ハリウッド映画史講義』です。

というのも50年代のアメリカ映画を中心に論じた日本語の本って凄く少ないと思うんですよね。サミュエル・フラーやサム・ペキンパー、ジョセフ・ロージーなど、個人的にはこの時代の映画監督に興味があるので、とても参考になりました。

蓮見氏の本は、それこそ沢山ありますので、自分の好みにある一冊を見つける楽しさがあると思います。

ただ文体が独特ですので、やや好みは分かれるかもしれません。

ハリウッド映画史講義―翳りの歴史のために (リュミエール叢書 (16))

ハリウッド映画史講義―翳りの歴史のために (リュミエール叢書 (16))

ちなみにもう一冊オススメしても良いのであれば、こちら。

光をめぐって―映画インタビュー集 (リュミエール叢書)

光をめぐって―映画インタビュー集 (リュミエール叢書)

 

ビクトル・エリセやテオ・アンゲロプロスやゴダールやベルトルッチやらへのインタビューが収録されています。

内容もとても興味深く、貴重なものだと思います。まだ読んだことがないという方は、ぜひ一度お手に取り下さい。 

眉をひそめて映画を見るのが嫌い!

という方には、少し倦厭されてしまう記事だったかもしれませんね。

もう少しわかりやすそうな本ないの?

という方には長谷正人『映像という神秘と快楽―”世界”と触れ合うためのレッスン』がおすすめですよ。

長谷正人氏の文章は本当に読みやすいです。すっと頭に入ってきて、色々なことがどんどんと知りたくなる魅力に満ちています。

映画に関する本って正直少しマニアックで

「僕の言ってることわからないの?(笑」

という無言の圧力を感じるものも多いんですよね。

けれども長谷氏の本は、高校生の現代文のテキストに選ばれていたのも頷けるくらい明快です。

映像という神秘と快楽―“世界”と触れ合うためのレッスン

映像という神秘と快楽―“世界”と触れ合うためのレッスン

 

ということで、今まで映画をただの娯楽と倦厭されていた方には、新しい発見を与えることができる本があったかもしれませんね。

できるだけ多くの人に映画の魅力を、知ってもらえれば幸いです。

それでは、最後まで読んでくださり、有難うございました!

映画に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

 

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com