読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅の北海道*新千歳~積丹~小樽~札幌の爆走ドライブの感想【初日】

北海道、爆走してきました

このブログでも度々書いているのですが、私は一人旅をするのが趣味で、気が向いたら弾丸でパッと旅行に出かける癖があります。以前の訪れた石垣島でのドライブ旅行があまりに楽しかったこともあり、北海道にも常々ドライブに出かけたいと考えていました。行くなら、この夏!と実際に決行した北海道ドライブ

今回はその経験から、反省点をまとめ、これから北海道にドライブ旅行に行く方のアドバイスにかえたいと考えています。

f:id:eno1081:20160807111622p:plain

1、北海道ドライブはルート選びが最重要

まずは新千歳空港で、予約していたレンタカーを受け取りました。覚えておきたいのは、空港では直接レンタカーを借りることができないので、レンタカー会社の車に乗って、少し離れた場所で、レンタカーを借りるという手順を踏むということです。初日から車を借りる予定のある方は、早目の空港到着を予定しておくとよいかもしれませんね。

さて、北海道ドライブ旅行を計画する際に悩むのが、そのルートです。なんせ北海道はあまりに広い!折角の北海道旅行なので、すべての観光地に行きたい気持ちはわかりますが、これから旅行に行かれる方は、あまり欲張り過ぎないことをお勧めします。

というのも、欲張り過ぎて、自滅した女がここに一人いるからです。

私がこの日辿ったルートは、新千歳、支笏湖、ニセコ、神仙沼、ニセコパノラマライン、積丹、小樽、札幌です。運転することが目的だったので、楽しい旅ではありましたが、最後は時間が足りず、小樽の滞在時間は約5分(ほぼ通過)。始終運転というハードな旅になってしまったので、同乗者がいる方にはお勧めできないルートだなと強く感じました。

隣のトトロを思い出すような緑に囲まれた高速道路を、一気に駆け抜ける楽しみは十分に味わうことができるので、家族旅行というよりも、支笏湖、ニセコ、神仙沼、ニセコパノラマライン、積丹というコースは個人旅行のツーリングなどでおすすめしたいところですね。

f:id:eno1081:20160803130416j:plain

ちなみに私は、事前に購入していたこちらのガイドブックを参考にしました。最初はネットで調べるっだけでよいかなとも思いましたが、結果的に購入して大正解でしたので、これからドライブされる方は、何か一冊ドライブの指針となる本を購入することを強く勧めます

るるぶドライブ北海道ベストコース'17 (るるぶ情報版ドライブ)

るるぶドライブ北海道ベストコース'17 (るるぶ情報版ドライブ)

 

2、神仙沼の神秘的な風景に驚く

 個人的に印象的だったのが、途中で通りかかった神仙沼の風景でした。というのもこの日は霧がすごく、沼付近に訪れたあたりから途中で視界が真っ白に。

こんな風景を延々と見ながら走っていたのに…。

f:id:eno1081:20160803130527j:plain

f:id:eno1081:20160803130551j:plain

急にこうなる。

f:id:eno1081:20160803144352j:plain

ツッコみどころが多すぎる天気の変わりよう。まあ、気にせず沼の入り口に。

f:id:eno1081:20160803144426j:plain

で、この後何に驚いたかというと、いつまで歩いても沼につかず、いつまでも霧の中の鬱蒼とした森の小道を歩き続けたということです。

f:id:eno1081:20160803144436j:plain

f:id:eno1081:20160803144448j:plain

f:id:eno1081:20160803145419j:plain

なんていうか気分はもう、完全にヘンゼルとグレーテルという感じでした。しかも一人だし。

どこまで歩くんだろうね?って誰にも相談できない。こういうとき一人旅、ほんま嫌だって思った(素直)と、思い始めたあたりで、視界が開けます。

お、お、おおおっ………

f:id:eno1081:20160803145508j:plain

上手く言えませんが、世紀末っていう言葉が強く頭に浮かんだ瞬間でした。

f:id:eno1081:20160803150042j:plain

さらに進む、進む、延々と続く真っ白な景色。

徐々に太陽が出てきたのか、視界が明るくなってきました。

f:id:eno1081:20160803150219j:plain

初めてこういう景色を見たこともあり、とても貴重な体験をすることができたように思いました。

f:id:eno1081:20160803150011j:plain

さらに驚いたのは、帰路でいきなり、天気が快晴に向かったことです。ぱあっと驚くような速さで霧が晴れ、あたりの風景が一変したことを幻想的でした。改めてみると、同じ場所とはとても思えないですよね。

f:id:eno1081:20160803150608j:plain

ニセコ方面に向かう方は、ぜひ足を延ばしてみることをお勧めします(とても歩くので、スニーカーで行くのが好ましいですよ)。

3、山から海、積丹(神威岬)へ向かう

私はこのままニセコパノラマラインを通り、積丹方面へと向かいました。今、思えばこれが失敗だったのかなとも思うのですが、どうしても行きたかったんですよね。積丹方面へ向かう海沿いの道をひたすらに走る。

トンネルやカーブが多く、家族連れの方にはとてもお勧めできる道じゃないと思いましたが、個人的には色々な形の岩場を見れて、海沿いを爆走できて満足しました。少し天気が陰ってきたのが、残念で、積丹に着いた頃には、強風が吹き荒れている始末。以前、石垣島に旅行に行った際に訪れた波照間島のことを思い出しました。

f:id:eno1081:20160803165446j:plain

この神威岬も驚くほど歩く!そんなところまで行って大丈夫?というくらいに先の方まで歩けます!

f:id:eno1081:20160803165936j:plain

何回サイア人になるの?というくらい髪を逆立てながら、岬の先端へ。

f:id:eno1081:20160803170507j:plain

途中、このような看板がたくさん立っていて、やはり落ちてしまう人がいるのかしらとぼんやり思いました。

f:id:eno1081:20160803170355j:plain

もう少し晴れている日に来たかったなと素直な感想を残しつつ、いざ札幌へ!

4、小樽~札幌はJRが望ましい

いきなり結論から言うと、小樽、札幌を旅行する際は、車ではなくJRを使うのが正解だと思います、というのもレンタカー返却の時間がなく、小樽にほとんど立ち寄れなかった私は、後日、改めてJRで小樽に向かいました。すると列車の窓越しに、きれいな海が見え、それはそれは美しい景色を見ることができたのです。

車での旅は便利な面もありますが、費用の面や町歩きを考慮すると、この二つの街を新千歳から観光する際には、車を借りる必要はないと思います。

まとめ

最後は小樽から札幌まで高速走行ということもあり、とても疲れた一日でした。そして何とも消化不良気分に…。この区間をレンタカーで走る方は、あまり欲張らず、場所を絞り、のんびりと観光にあてた方が正解だと思います。景色も山道海沿いが多く、もっと開けた草原のような風景が見たいという気持ちが強くなりました。

ということで急きょ、明日もレンタカーを借り、札幌から美瑛・富良野に向かうことに。次回は、札幌から美瑛方面に向かったドライブについて、語りたいと思います。

予告すると、二日目の札幌~美瑛・富良野ドライブは絶景の連続、大正解でした!

f:id:eno1081:20160804173901j:plain

ちなみにこの旅行から、カメラをiPhoneではなく、リコーのGRⅡというコンデジに変えました。こうやって改めて上のような写真を見てみると、やはり美しさが桁違いですね。

もうちょっとちゃんと使いこなせるように、しっかりと説明書を読もうと感じる旅でもありました。カメラ、奥深いです。

kinako18.hatenadiary.com

まっぷる ドライブ 北海道 ベスト '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる ドライブ 北海道 ベスト '17 (まっぷるマガジン)

 

 

ことりっぷ 富良野・美瑛 札幌・旭山動物園 (旅行ガイド)

ことりっぷ 富良野・美瑛 札幌・旭山動物園 (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 *(石垣島旅行記は下からどうぞ ↓↓↓)

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com