The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のタイ*バンコクの三大寺院と世界遺産アユタヤ遺跡を観光した感想

バンコクの定番観光名所にいざ行かん!

今回は一人旅バンコク旅行の三大寺院や世界遺産アユタヤ遺跡の感想をまとめたいと思います。これからバンコクに行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

1、バンコクへの超弾丸旅行

今回の一人旅、旅に出る2日前まで、航空券もホテルも予約していなかった超弾丸旅行でした。

二日前でも航空券とホテルの予約はできました!すごいですね!

今回はあまり時間がなかったので、エクスペディアで3泊4日のホテル+航空券を購入しました。割引で一泊分ホテルが無料になりました。

ただ今回初めてエクスペディアを利用したのですが、家族旅行や恋人との旅行で、良いホテルに泊まりたい人が少しでも安く宿を抑えるためのサービスだなと思いました。

お盆直前だったこともあり、全体的にお値段が少し高く、予約できた航空券もトランジットでずいぶん時間をロスしてしまうものでした。元値が高いホテルは食事もオプションも値段がかかりますしね。

やはりいつも通りBooking.comで一人旅用の安いゲストハウスを予約すればよかったなと少し後悔しました。

いつでも思い立ったときに旅行ができるというのは、個人手配のメリットですが、できるだけ早く準備を行い、状況に応じたサービスを利用して予算削減に努めたいものです。

 2、三大寺院とアユタヤ遺跡に行くなら、ツアー参加が◎

初めてのバンコク旅行ということで、観光名所の定番・三大寺院(「王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)」「ワット・ポー(涅槃仏寺院)」「ワット・アルン(暁の寺)」)巡りと世界遺産アユタヤ遺跡が今回の旅の目的でした。

購入したガイドブックを見ながら、寺院へのアクセスについて色々と検索。できることならば自力でと考えましたが結局、色々な情報を比較検討した結果、これらの観光地へのアクセスは地下鉄(自力)では困難と判断しました。

さらに決め手となったのは、王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)の入場料が500バーツ(日本円で約1500円)と少し高額だった点です。

それならば、全ての寺院の入場料と送迎込みの半日オプショナルツアーをVELTRAで約4000円で申し込むことができます(私が参加したツアーは、1人参加でも料金は複数参加と同じでした)。

試行錯誤した結果、オプショナルツアーの遺跡巡りは午前中に終わるものを選び、午後は自分で好きな場所を敢行するという旅程を組みました。

個人的に、この選択は大正解でした

ツアーは団体行動ですので自由が制限されるような窮屈な場面もあります。けれども3泊4日のような時間に余裕のないツアーでしたら、時間を有効活用し、現地のガイドさんの話を聞いて、のんびりと受け身の姿勢で、観光に興じるというのもアリだと思います。

バンコクは市街の外に出なければ、地下鉄でどこでも行けます。

ショッピングや文化施設への観光は一人でもスムーズに行うことができます。これからもし一人旅でバンコクに行くけれど予定の立て方がわからないという人がいましたら

  • 午前に三大寺院のオプショナルツアー(昼食付き)
  • 午後にバンコクの街巡り

 というセットで計画するのをお勧めします。

*ちなみに私が空港で買ったガイドブックはこれでした。サイズの小さい方が持ち歩きやすいですね。

まっぷる タイ・バンコク mini '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる タイ・バンコク mini '17 (まっぷるマガジン)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/07/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 3、アユタヤ遺跡観光

初日は世界遺産アユタヤ遺跡の観光ツアーに参加しました。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

最初に訪れたのは、ワット・ヤイ・チャイ・モンコンという場所です。三角形の愛らしい形をしているのが、何とも特徴的ですね。

f:id:eno1081:20160810111358j:plain

敷地内の涅槃仏に、カンボジアとの文化の違いを感じます。三大寺院巡りの際にも、涅槃仏を拝見することができました。タイに来て初の涅槃仏、威風堂々たるその姿に少し戸惑うほどでした。

f:id:eno1081:20160810105656j:plain

ワット・マハタート

次に訪れたのは「ワット・マハタート」という遺跡です。ここは、木の根に埋まっている仏頭があることで有名です。この仏頭は、戦争の際にビルマ軍によって切り落とされたものが、時の流れとともに気に取り込まれ、奇跡的に現代まで残ったものなのだそうです。

f:id:eno1081:20160810120842j:plain

カンボジアで遺跡巡りをした時のことを思い出しました。

f:id:eno1081:20160810115238j:plain

f:id:eno1081:20160810115540j:plain

少し休憩ということで、ココナッツアイスを購入。ちょっと甘めのお味でしたが、美味しかったです。

f:id:eno1081:20160810121339j:plain

ワット・プラ・シーサンペット

アユタヤ遺跡、最後に訪れたのは「ワット・プラ・シーサンペット」です。アユタヤ王宮内にあった重要な寺院で、バンコク王朝におけるエメラルド寺院のような存在だそうです。

f:id:eno1081:20160810124424j:plain

f:id:eno1081:20160810125010j:plain

余談ですが、東南アジアでは野良犬をとてもよく見かけます。日本では、飼い犬として首輪をつけられた犬が多いので、なんとも新鮮な気持ちになります。

f:id:eno1081:20160810123527j:plain

ツアーガイドのおばさんが、野良犬に餌付けしていました。公園のハトにパンくずを与えるような感覚で、かばんから骨付き肉を取り出し、わんこに向かって投げるおばさん。

幸せそうに、そのお肉を貪るワンコ。よかったね。

f:id:eno1081:20160810123353j:plain

人生初の象乗り

このツアーでは、アユタヤ観光だけでなく、象乗りもセットになっていました。生まれて初めて象の背中に乗りましたが、とてもエキサイティングな経験をすることができました。

f:id:eno1081:20160810130612j:plain

タイに行かれる方には、問答無用のお勧め体験でした。

f:id:eno1081:20160810130811j:plain

最後にバンコク市内のホテルでランチをいただき、ツアーは終了。そのあとは一人で、街歩きを敢行しました(詳しい内容は、下の記事からどうぞ)。

www.nekopajamas.net

4、三大寺院巡り

二日目は三大寺院巡りの午前ツアーに参加しました。

ワット・アルン(暁の寺)

最初に訪れたのは、ワット・アルンです。改装中だったのが、少し残念でした。

f:id:eno1081:20160811100128j:plain

事細かな装飾の美しさが目を引きます。空の青色とよく合います。機会がありましたら、夕暮れ時にも訪れたいと感じました。

f:id:eno1081:20160811101109j:plain

 ワット・ポー(涅槃仏寺院)

二つ目に訪れたのは、巨大涅槃仏で有名な「ワット・ポー」です。奈良の大仏を凌ぐのではないかと思える圧倒的な存在感(ちなみに奈良の大仏は、座高約15m。ワット・ポーの涅槃仏は全長46mでした)。

f:id:eno1081:20160811104841j:plain

一度でいいから、こんな感じで世界を俯瞰してみたいものですね。

「まあ、とりあえずそんな感じで頼むよ」

f:id:eno1081:20160811104920j:plain

という感じの余裕ある適当なセリフが似合いそうですね。

足の指一本分が、人間の頭と同じくらいです。

f:id:eno1081:20160811105254j:plain

宇宙を模しているという足の裏が、とても神秘的でした。

f:id:eno1081:20160811105352j:plain

ちなみにこの涅槃像がある本堂は、通路に沿ってお賽銭を入れられる仕組みになっています。お金を払って、コインをもらい、順番に入れていく仕組みになっています。私は最初に気づかず、後から引き返すことになりましたので、入り口で受け取っておくといいですよ。

f:id:eno1081:20160811105832j:plain

王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

最後に訪れたのが、王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)です。ここは観光客がとても多くて、ディズニーランドのようでした!

f:id:eno1081:20160811114037j:plain

押し合いへし合い、群衆が一様に入口へと吸い込まれていく図。

f:id:eno1081:20160811113831j:plain

入場券が、ちょっと高いです。

f:id:eno1081:20160811114422j:plain

中に入ると、どどーん!!!

f:id:eno1081:20160811115610j:plain

という効果音が似合いそうな建物がたくさんありました。カンボジアとタイは隣国ですし、文化も似ているなと思うのですが、やはりタイは豪華主義。どんと大きく、煌びやかなものが多いイメージですね。

f:id:eno1081:20160811120847j:plain

よいしょ、よいしょ。

f:id:eno1081:20160811120119j:plain

とにかくここは三大寺院の中で、一番人が多かったです。雪崩のようでした。

時間帯にもよるのかもしれません。

f:id:eno1081:20160811121803j:plain

人ごみは少し疲れましたが、充実した半日を過ごすことができました。

f:id:eno1081:20160811123020j:plain

まとめ

振り返ってみて、改めて思うのは、ツアー参加にして今回は正解だったのではないかということです。半日でスムーズに観光できるというのは、やはり利点ですね。今回は午前中の観光でしたが、次回機会があれば、ライトアップされた寺院を見てみたいと、思う場面がいくつかありました。

バンコク観光は、ショッピングや食事という近代的な楽しみ方もありますが、定番の寺院巡りも外せないと個人的には思います。

ぜひうまく時間を活用して、充実したバンコク観光を行ってください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

f:id:eno1081:20160811120148j:plain

*ちなみに私が今回使ったオプショナルツアーはVELTRAというツアーサイトを利用しました。一人旅のオプショナルツアー利用に関しては、以下の記事もご参照ください。

www.nekopajamas.net

*バンコク観光に関する記事は、こちらもどうぞ

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

 

*カンボジア旅行のまとめはこちらからどうぞ 

kinako18.hatenadiary.com

*台湾旅行のまとめはこちらからどうぞ

kinako18.hatenadiary.com