読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

【格安独学のすすめ】TOEIC790点をとるまでにしたオススメ勉強法+気になる実際の英語力(レベル)は?

TOEIC790点をとるためにした勉強法*

この記事では、わたしがTOEIC790点を取るまでに行った勉強法をまとめたいと思います。ここにたどり着いた方には、英語の勉強に励み、TOEICのスコアを上げようと日々努力されていると思います。「留学していない僕(わたし)にはTOEIC高得点なんて無理」と思われている方もいるかもしれません。

けれど、本当にそうでしょうか?

実際、私の周りには1年留学したけれど、TOEIC500点~600点という人も沢山います。一方、留学経験ほぼなしの完全独学で900点以上を取得しているという強者もいます。私自身はというと、留学経験ゼロ+英語を専門としていないという状況で学生のうちにTOEIC790点を取ることができました。

TOEIC700点台(もっと言えば730点以上)

これは、一見難しそうにみえて実は誰でも取れる大穴というのが私の見解です。

というのも、ある程度の勉強(そうあくまで勉強なんです)をすれば、だれもが確実に取ることのできるラインでありながら、ちょっといい響きがする点数だと私自身、身をもって感じているからです。

そして、できれば迷いなくお金と時間をかけず、最短の方法で目的にたどり着きたいと願うのが、人間誰しもがもつ自然な欲求だと私は思います。

この記事を読んだ、多くの人にTOEIC700点台の壁を越えてもらいたいです。

TOEIC790点をとるまでに使用した教材

1、『新TOEICテスト 直前の技術』

『新TOEICテスト 直前の技術』は、TOEICについてまだ何も知らず、ノー勉・初見で受けたテストが500点だった私がまず最初に買った参考書です。正直ここに書いてあることは、TOEICテストの形式に慣れてしまえばごく当たり前の”効率が良い解き方”にすぎません。しかしTOEICに関する知識がまだ何もない、目標点数には程遠い実力だが、できるだけ早く点数を取れるようになりたいという方には胸を張ってお勧めできます

難易度★

分かりやすさ★★★★★

内容の濃さ★★★

ちなみに、わたしが使っていたころと違い、新形式になったとはいえ、問題の大枠に大きな変更はありません。

テクニック本は鵜吞みにしては バカを見る

けれども、そこから有用なものだけを取り出し、自分の武器にすることができれば、前に進むスピードをうんと早めるための促進剤になる。何冊も買い込むのは危険ですが、一冊これといったものを所有し、使い切る姿勢でいても良いと思います。 

2、『システム英単語』+『出る単特急 金のフレーズ』

英語の勉強において欠かせないのが、英単語の攻略です。わたしはまず、受験英単語を復習することからすべてを始めました。使用したのは、わたしが受験をしたあのころ(遠い目)から今でもなお、多くの受験生から支持を集め続ける受験英単語界のキング『システム英単語』です。

 全部覚えるというのは、TOEICを目標とするのには効率が悪いです。ですが、子の英単語帳の第1章~第3章までは、英文をよむための基礎として、身に着けておくべきです。

ここに加えるのがTOEIC受験者から支持の熱い特急シリーズの英単語帳『出る単特急 金のフレーズ』です。『システム英単語』では取り逃がしてしまうビジネス英単語を、ざっくりとおさえるつもりで目を通しておきましょう。ちなみにここでのポイントは全部の単語を覚えようとしないこと!ざっくりと把握するという気持ちが大切。

あくまで『システム英単語』を土台にし、『出る単特急 金のフレーズ』で武装するというイメージで語彙力を固めていってください。

※これが逆だと得点には結び付きません。注意してください。

 

内容の濃さ★★★★

お勧め度★★★★★

 

内容の濃さ★★★

分かりやすさ★★★★

3、TOEICリスニング360問・文法640問(アプリ)

以上に加えて、まずはとっつきやすいリスニング(PART1、PART2)、文法(PART5)の演習を積みたいところですね。そんなときに使えるのがこのアプリシリーズ。これには相当お世話になりました。全問正解になるまで何度もやるというプロセスで、すべてやりつくしました。

とにかく素晴らしいのは、操作が物凄くスムーズで寝る前や通学時の勉強に最適だということです。また問題数も豊富で、やりこもうという意欲がわく内容になっていました。とくにリスニングの勉強をしやすく、聞き取ることができなかったフレーズを何度もすぐに聞き直せるというアクセスビリティの良さに惚れこみました。

問題集を一冊買うより、うんと安い値段で済みますので、まだ使ったことがないという方は、ぜひ試しに使ってみてください。

TOEIC®テスト文法640問1

TOEIC®テスト文法640問1

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360
TOEIC®テスト文法640問2

TOEIC®テスト文法640問2

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360
TOEIC®テストリスニング360問

TOEIC®テストリスニング360問

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360

お勧め度★★★★

難易度★★

使いやすさ★★★★★

4、『TOEIC公式問題集』

これまで紹介したどのテキストよりも、重要で、受験者が絶対に勝っておかなければならない教材がこれ。TOEICの『公式問題集』です。わたしは初回受験の際、TOEICの問題を一切解いたことがないという状態でテストを受験、撃沈したことがありました。そのあと、最新の『TOEIC公式問題集』を一冊だけ購入し、すべて満点をとれるようになるまで10回以上繰り返し、この問題集を解きました

このような勉強方法を勧めると「いや同じ問題解くと、答え覚えちゃってて、意味ない気がするんだよね~」と答える人がいます。

はっきり言って、甘いです。

「この答え、確かCだったな」

という思考プロセスで終わるのではなく

「この答え、確か…品詞の識別の問題で、問題文のかっこの前は動詞になってるから、必用なのは副詞でしかなく、選択肢の中で副詞の形をしているのは語尾がlyになってる単語だから答えはCだな」

というかんじで、自分に自分で解説を行えるという条件下で正解を導き出せるというプロセスを大事にして下さい。わからない単語もすべて同様です。「この単語の意味は?」と自分に問いかけた三秒後に「退職!」という感じで答えるのです。ちなみにこの勉強法をわたしは「セルフエデュケーション」と勝手に読んでいて、あらゆる勉強に応用します。ちなみにセルフエデュケーションをすると、勉強時の独り言が止まらなくなり、通学電車の中で、完全に怪しい人という冷たい目で見られることもありますが、そんなのお構いなしですよ。

そう…自分を正解に導けるのは、自分だけ。

大切なのは解答でなく、そのプロセスであることを絶対に忘れないでください。

お勧め度★★★★★

内容の濃さ★★★★

TOEIC790点をとるまでにした勉強法のまとめ

以上をまとめると、私がTOEIC790点を取るまでにした勉強法は以下のようになります。

Step1、小手先のテクニックを覚えて、使えるようにする。

Step2、単語帳を使って、必要最低限の語彙力を高める

Step3、持ち運びの楽な演習テクスト(アプリ)をやりこむ

Step4、公式問題集をやりこみ、単語・文法の復習+形式に慣れる

この中で一番大切なのは、Step2とStep4だと思います。単語の学習は欠かすことができません。けれども単語ばかりやっていると嫌になるので、実際の問題を解き、その中で復習しながら定着力を固めるというのが大切なのではないでしょうか。

TOEIC790点、初めて取れたときはうれしかったですね!やったぁ♡って小躍りしました。

f:id:eno1081:20161108190819p:plain

そしてこの後、わたしのTOEICの点数はどうなったのか?

一年後、今度は800点をとるぞ!という気持ちでテストに臨みました。その結果…

 

 

 

 

 

 

795点を取ることができました♡

f:id:eno1081:20161108182214p:plain

790点取ったときは、小躍りした私。このときも勿論「やった♡5点アップしちゃった♡♡♡」と可愛く小踊りしたはずがなく軽く舌打ちしましたね

あと5点で800点とか、ほんまに嫌すぎる。

そしてTOEIC熱はいつしか冷めてしまったのですが、こないだふと思い出したようにTOEICを受験しました。新形式のTOEIC問題を受けてみたかったというのが大きな理由でした。昔のようにあれやこれやと対策をすることもなく、初めてTOEICを受験したあの日のように何も持たず、何も勉強せず、新形式について何も知らないまま、おもむろに受験地に赴いた私。そんな私の元に帰ってきたTOEIC(新形式/ 最新)の点数は、それはもう驚くべきものでした。

なんとわたしのTOEICの点数は、またしても790点だったのです!

f:id:eno1081:20161108182319p:plain

f:id:eno1081:20161108182438p:plain

なんということでしょう。

かつて私を歓喜させ、達成感という名の喜びを与えてくれたTOEIC790点。しかし今ではまるであの頃が嘘のように、その数字は私を脅かし、落胆させ、自信の喪失を増長させるものとなりました。

790点という良くもなく悪くもない半端な点数。この点数はまさにできないわけじゃないがイマイチ突き抜けることのできない私という人間そのものを象徴し、嘲笑っているかのようにも思われるのです。同じ点数のはずなのに、受ける心象はこれほどにも異なる。人間とはなんと欲深い生き物なのでしょう。

思わずこんな画像まで作ってしまいました。

f:id:eno1081:20161108183807p:plainちなみに、ここまで790点を取ると、物凄く堂々とできるというか、本当に自分が790点の人間なんだなっていうか、まあそれが実力なんだなっつーわけでしゃーないっす。

しかも地味に気になるのは、リスニングとリーディングのスコアが完全に逆転してしまっているところですよね。新形式のリーディング量に完全に圧倒されてしまった感が目に見えて伝わってきます。

もう少し改善の余地があると信じ、次は確実に800点を超えたいと考えています。

最後に:TOEIC790点の実力とは?

ちなみにこないだ事もあろうに飲みの席で知り合った男性に「実は俺、TOEIC790点持ってるんだ★(どやぁ)」と言われて、その瞬間、昔見た海外ドラマ『LOST』のなかでロト6の呪いの数字によって人生を脅かされていた登場人物ハーリーのように

「うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああなんでまたその数字あああああああああ」

って発狂しそうになった私の英語力ですが、一人で海外旅行に行っても困らない程度というのが、妥当なところではないでしょうか。実際、知り合いなどを見ると、やはり900点を超えている人はそれなりにできるという印象を抱きます。でもどこまで行っても、まだ足りないという気持ちを抑えることはできないのかもしれません。精進したいところです。

*追記

この記事を書いた数週間後にTOEICの点数が返ってきました。無事800点を取ることができました。やはりリーディングが下がっていることに悔しさを感じる一方、リスニング力があがってきたようにも思います。リスニングをこのまま50点ほど伸ばし、リーディングを1年前と同程度のばすことで、今年中に900点突破を目指します。このブログで成長過程を報告できるようにしたいと思います。

f:id:eno1081:20170109194250p:plain

*独学での語学学習に興味がある方はこちらの記事もどうぞ

www.nekopajamas.net