読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

「留学していたんですか?」と聞かれる私が人生の中で唯一した独学発音勉強法

留学をしたことのない私

f:id:eno1081:20170213185854p:plain

実は、英語の教員免許を取得しています。

けれども大学で英語を学んでいたわけでもありません。さらに言えば、長期留学したこともありません(2週間フィリピンに行ったのが最長です)。子供のころに英会話教室に行っていたとか、英語の偏差値がずば抜けて高かったというわけでもありません。

私の英語学習は、ほとんど独学によるものでしかありません。

そんな私が母校での教育実習に行ったときの話をしたいと思います。

教育実習で一番驚いたこと

私の母校では、授業はすべてオールイングリッシュでした。昔は訳読の授業ばかりだったことを考えると、この変化はとても驚くものでした。この時すでに私は、将来教師になることはないだろうと考えていたのですが、将来何があるかわかりませんし、大人の事情で免許は欲しかったんです。ですので、必死にできる限りの力を使って、英語で授業を行いました。

そして迎えた教育実習の最終日。

生徒にもらった色紙には、こんなメッセージが書かれていました。

そこには私の想像していなかった言葉がたくさん並んでいたのです。その内容は

「発音が良くてかっこよかったです」

「発音が良すぎて、とても感動しました(笑)」

「英語の発音がとても上手だったので僕もあのような発音ができるようになりたいです」

「先生の授業はとてもわかりやすく、発音が良くてびっくりしました」

「先生の英語の発音の良さを聞いたときは、驚きました!」

という私の英語の発音をベタ褒めするメッセージがほとんどだったんです。

この事実に、私は

ええええええええええええええええええええええええ??????????(笑)

驚愕しました。

それまで私は生まれてから一度も自分の英語の発音が良いとは夢にも思ったことがなかったので、あまりの驚きに笑いが止まらなくなってしまったんです。

なんとその中には

「先生の英語はめっちゃ外国語がきれいでアメリカ人なんじゃないかと思うくらいやばかったです!」

と書いてくれた子もいたのです。なんだか罪ですね、私はこのメッセージを読んで少し泣きました。これは椅子から転げ落ちるのではないかというくらい良い意味でショッキングなメッセージだったのです。

塾でアルバイトをしていた私は、リーディングや文法に関する知識を山ほど頭に詰めていました。けれども、英語の発音には全く自信がありませんでした。ですから、このときの生徒の言葉は、あまりに衝撃的だったと同時に嬉しいものでもありました。

このとき私は自分の認識と他人の認識というものには、大きなギャップがあるという事実をまざまざと体験したのです。

私が人生の中で唯一した発音の勉強

私は長期の留学経験ゼロです。内気な性格で、外国人の友人がいるわけでもなく、それまで人前で英語をまともに喋ったことすらありませんでした。

ましてや英語科でも教育科出身でもない。教育実習は私にとって、完全に自分のフィールドではない場所に足を踏み入れる経験でした。卑屈な考えかもしれませんが「よっぽど書くことがなくて、優しい生徒たちが、同情してくれたのかな(ほろり)?」とも考えました。

けれども最近、たまたま人前で英語を発音する機会に恵まれると、上司に「発音綺麗ね!留学経験あるなら、そういうのもっとアピールした方がいいわよ!」と褒められることになりました。

いやいやいやいやいやいやいやそんな馬鹿な!

となったところで、ふっと思い出したのが例の教育実習でのメッセージです。もしかするとあのとき生徒たちが褒めてくれたのは100%お世辞だけではなかったのかもしれません。

そして私が今までにやった発音の勉強を振り返ると、たった一つしか答えがありませんでした。それが、これです。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

これが、私がまともに行った唯一の英語発音勉強です。

ということで以下、このテキストを使って私がしたことをまとめてみます。

①発音記号を一通りマスターする

繰り返しますが、私は長期の留学経験がありません。英語の勉強も専門的にしてきた人間でもありません。ただ上記で紹介した英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるを使って、英語の発音記号は一通り覚えました。

『英語耳』めちゃくちゃわかりやすいです。

それまで発音記号をさっぱり知らなかった私でも、読みやすく、一通りの発音の基礎的な知識を得ることができました。英語に少しでも興味がある方は、やっておいて損がないと思います。

②発音の仕方を覚える

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるで一通りの発音記号を覚えた私は、さらに本を読みこみ、一人で発音の勉強をつづけました。ただCDを聞いて本を読みながら、何度もその音を発音するだけです。100回とは言いませんが、おそらく少なくとも50回くらいは繰り返し本を眺めて、CDを聞いて、発音するという作業を行ったと思います。

③とにかく発音する

 一度発音の基礎を知ると、英語を読むときの舌の使い方が変わりますので、英語を読むのが面白くなります。受験で英語を学習したという人も、改めて発音を学ぶことで、新しい発見がたくさん見つかると思います。

とにかくひたすら英語を読む、それだけで口が英語に慣れてきます。この作業が英語習得の近道なのではないかと最近思います。

留学は絶対ではない

留学すれば、英語ができるようになる。そう思っている方も多いと思います。

けれども私としては必ずしもそうではないという考えです。実際に私はTOEIC800点を取得していますが、すべて独学ですし、特別な授業や講習にお金を払ったり、高いお金を払って長期留学をしたことは一度もありません。

勿論、留学には、語学を学ぶだけではないメリットもあります。異国の文化に触れ、新しい価値観に出会い、知らない景色を目に焼き付けること、そこにロマンがあるとも思います。けれどもたった1年や2年、留学しただけで英語がネイティブ並みにぺらぺらになる、そんなのはただの都合の良い幻想だと思います。

だからこそ私は、自分の力で限界だと思うところまで学び、そのご褒美として外国に行きたいと昔から考えてきました。最近、海外に行きたいという気持ちがとても強いのですが、あともうひと踏ん張りしたいところです。

語学学習の方法は人それぞれですし、色々な考えがあると思いますが、参考にしてください。私もまだまだ精進していきたいと思います。

そして独学での英語学習に行き詰まっている方は、ぜひ英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)を一読することをお勧めします。

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

 

今回の記事は、近頃あまりに英語をターゲットにしたビジネスが多く、あっさりと大金を払ってしまう消費者が多すぎるのではないかと疑問に感じたからです。大金を払う前に低価格と積み重ね学習をすることで、得られるものを信頼しても良いのではないでしょうか。

最後まで読んでくださり有難うございました。

*英語学習に関する過去記事は、以下のものをどうぞ。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net