読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

一人旅を「寂しい」と思える心を、忘れてはいけないのかもしれない

一人旅は好きですか?

十代から二十代の前半にかけて、私は無類の一人旅好きを公言していました。

私が旅好きになったきっかけは、10代のときに出かけた青春18きっぷの一人旅です。

1週間の旅行で四国、九州へと横断し、鹿児島を目指し、北上して帰路に就くという安旅は予算三万。

リュックサック一つにすべてを詰め込み、電車の時刻表を片手に出かけた勢いだけの一人旅は、私にとって今でも思い出深い旅の一つです。

f:id:eno1081:20110907141333j:plain

f:id:eno1081:20110908061530j:plain

f:id:eno1081:20110907053020j:plain

このとき私が気づいた一人旅のメリットは

  • 一人旅は、思い立ったらすぐにどこへでも出かけられる。
  • 服装や化粧に気を使う必要がない。
  • 予算を制限し、安宿やゲストハウスに泊まることが出来る。
  • 自分の好きな場所にどこへでも行くことが出来る。
  • 新しい出会いがある。
  • 時間の使い方が自由(寝坊してもOK)。

というものでした。

それから味を占めた私は、北海道から石垣島、果てはカンボジアに至るまで、合計すれば、おそらく20は下らないほどの回数、一人で旅行に出かけたと思います。

ところが。

此の頃、一人旅に行く機会が減りました。

(といってもここ半年の話になります)。

これは私にとって、ちょっとした事件でした。

というのも、それまでの私はどこに行くにも躊躇うことなく一人でGO。

一人旅が大好きで仕方ない人間だったからです。

自分の気持ちに訪れた小さな変化。

それは昨年の夏、タイに一人で旅行に訪れたときのことでした。

いつものように飛行機に乗り、窓の外の景色を眺めながら、私はぼんやりと「このままでいいのかしら」と考えていました。

タイでの旅行は、いつもと違い少し豪華なホテルを予約しました。

広々とした部屋、鏡張りの大きな浴槽、窓から見える夜景。

それらをぼんやりと眺めながら、また私は「このままでいいのかしら」と考えていました。

一人旅には多くのメリットがあります。勝手気ままな私はその多くのメリットに魅了されてきました。けれども、また欠点があるのも事実なのです。

それは

寂しい

という一抹の気持ちです。

具体的にあげると、

  • 食事をする際に少し寂しい
  • テーマパークのような家族連れやカップルが多い場所は少し寂しい
  • ツアーの一人参加の写真撮影時も少し寂しい
  • 素晴らしい場所や景色に出会ったとき、その感動を分かち合える人がいない

という欠点があります。

小さいころからグループ行動が苦手で、単独行動をこよなく愛してきた私は、一人でいるのが好きな人間だと自分のことを認識していました。

それでもこうして旅を重ねるうちに気づかされるのは、やはり人間は、どうにも群れを形成して、その中で生きていく習性を生まれながらに備えた動物なのだなということです。

一人旅は、欲張りなもので、多くの景色を経験を得ることが出来ます。けれどもそれを、分かち合う人がいるか否かというのは、とても重要なのかもしれません。

複数人旅の魅力は、恋愛の魅力と少し似ている

一人旅と同じく、複数人の旅にも魅力は沢山あります。

例えば

  • レンタカー代を折半できる。
  • お互いの写真を撮りあうことができる。
  • 海外では特に治安の面で安心。
  • 食事をとるとき、楽しい。
  • 素晴らしい経験や景色を共有できる。

といったものです。

箸が転げ落ちるだけでも楽しい時期というのがありますが、大人になってもやはり、気心知れた友人とお酒を飲んだり、談笑したり、それだけで笑えるのが人間の面白い処。そこに旅という要素が加われば、笑顔の数も増えていきます。

しかし一方で

  • ハプニングに見舞われた時、喧嘩になりやすい
  • 予定を合わせなくてはいけない
  • 好きな場所に自由に行くことが出来ない
  • 互いの予算を考慮しなくてはならない

といったデメリットもあります。

複数人旅に、即効性はありません。

自分がコントロールできる部分も限られてきます。好きな場所にフラフラと行くことなんてできず、必ず相手と相談しなければいけません。

旅が好きで行きたい場所や見たい景色が多くあるのであれば、一人旅の魅力はやはりとても大きいと私には思われます。

そして、そんなことを考えているうちに、私の頭に浮かんだのが

恋愛

というキーワードでした。

旅というのはよく、人の人生に例えられるものです。

人生という名の旅路という具合に。

だからこそ、それを恋愛に例えることもできるように思われます。

一人旅の魅力と複数人旅の魅力、それは独身の魅力と結婚の魅力、逆にデメリットと等しく同じのようにも思われます。

一人旅の気楽さ。

それはお金と時間を自由に使え、誰にも何も相談することなく、自由にどこにでも行って、なんでもできる、利便性にあります。時折感じる寂しさに気づきながらも、それに蓋をして旅を楽しく過ごすことも、十分にできるでしょう。

まさに独身貴族さながらです。

複数人旅の楽しさ。

経験を分かち合い、同じ景色を見ながら、互いに感想を語り合い、ハプニングも協力して乗り越える。一緒にいることで、予算や行き先について悩んだり、時には喧嘩をしたり、お互いを煩わしく感じることもあるけれど、それを上回るメリットを感じることも多くある。

まさに夫婦生活と同じですね。

人間の幸福度と結婚について

さて以前、読んだ興味深い話の中に、結婚における人間の幸福度についての話がありました。それは人間の幸福度は

  1. 相思相愛の仲が良い円満な夫婦
  2. 独身
  3. あまり仲が良いと言えない夫婦
  4. 夫婦喧嘩、DV、相手の浮気、離婚などのトラブルを抱えた夫婦

という順に決まるというものです。

この記事を読んで衝撃だったのは、独身の位置が意外に高いということでした。

しかしこの結果は、よく考えれば妥当なのかもしれません。

独身であることは最上の幸福を得ることが出来ないが、人間関係が引き起こすあまりに悲惨なトラブルや悲しみを回避できる。その意味では常に安定した幸福度を保つことが出来ます。

同じように一人旅もまた、旅を楽しむためのスタイルとしては安定した喜びや楽しさをもたらしてくれるものだと私は思います。

無暗に「一人旅は寂しい」と考えるのは、あまりに安直であるし、複数人で出かけるたびだから必ず楽しいというわけでもありません。

一人ならもっと自由に気ままに過ごせる時間があるのですから。

けれども一方でタイ行きの飛行機に乗りながら私が思った「このままでいいのかしら」というぼやきは、決して無視してはならないものだとも同時に思います。

一人旅を「寂しい」と思う。

それは、とても大事な気持ちなのかもしれません。

もし「寂しい」という気持ちを忘れてしまったら、そのとき私は、人生における最上の喜びに手を伸ばすことを無意識のうちに諦めてしまっているともいえます。

引き出せば、手元につかむことが出来る「寂しさ」。

それは決して悪いものではなく、多くの人と出会いたい、自分の考えや気持ちを共有したいという欲求を高めてくれる大事な引き金なのかもしれません。

また繰り返し春が来て、今年もベランダから見える景色に、桜が舞うのでしょう。季節は繰り返しても、私自身は十代の頃とはモノの見方も捉え方も変わっていく。

今年も多くの場所に出かけたいと考えています。

一人旅も多くするでしょう。

でもその旅のどこかに、必ず「寂しい」という気持ちを忘れないようにしたい、そんなことを思います。雑談でした。

*関連記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net