The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

グーグル・サーチ・コンソールを使うと、自分の書いた記事の検索順位がわかると初めて知った話

自分のブログ記事が意外と検索上位だった衝撃

当ブログを真剣に更新し始めてから、約1年が経ちました。記事数50を超える前までは、途中でやめてしまおうかと考えたこともあったブログ更新。

しかし投稿してから半年後、石垣島旅行に関する記事や台湾旅行に関する記事が、思っていた以上に読まれていたことに気づき「100記事更新するまで絶対にブログを続けよう」と自分の中で誓いを立てていました。

さて、そんな私はバリバリの初心者ブロガー。

なんとなくふわふわとブログを更新してきたこともあり、結構当たり前のことを知らなかったりします。

その一つが、グーグル・サーチ・コンソール(Google Search Console)というグーグルさんが提供している無料サービスの使い方です。

面倒くさいから、まあいっか。

そう考えて、登録したまま半年以上一回も見ていなかったグーグル・サーチ・コンソール。

しかし最近、思った以上にブログにハマっていることもあり、もっと本格的に好きなトピックだけにテーマを絞った自サイト作成したいと考えるようになりました。

そこで情報を調べなおしたところグーグル・サーチ・コンソール(Google Search Console)を使えば、自分のサイトの検索順位がわかるということを知りました。

興味本位で当ブログの検索順位を確認すると、これが個人的にはすごくびっくりするものでした。

例えば「台湾」×「ひとり旅」という検索キーワードの順位を見ると

f:id:eno1081:20170411165112p:plain

ん…?1.5…?

ほぼ1位ってこと…??????(半信半疑)

いやそんなことあるかよ、と思いながら半笑いで検索してみると…

f:id:eno1081:20170411165809p:plain

本当に1位に出てきた!!!!(激震)

このときの私の驚きと言ったら、本当にこれこそ

「聞いてください、新曲…『beyond description~言葉にで・き・な・い~』です!どうぞ♡♡♡」

という感じでしたね(どういう感じだよ)。

だって今まで日陰で細々と誰か読んでくれてたら嬉しいな、はてなスターが1個ついてる嬉しいな、と小さな喜びを積み重ねてきていたわけです。

それがこんな簡単に自分のブログが検索されて、読まれているとわかったら、逆に怖くなりましたよ、ほんと。

個人的に恐縮したのは「哲学史」というキーワードで過去記事(西洋哲学史の簡単まとめ(ギリシア哲学~近代哲学まで) - The Cat's Pajamas)がかなり上位に表示されていたことです。

この記事は自分のためのまとめ記事と思って書いたものでしたがおそらく、文字数があまりに多いためグーグルさんからの評価の対象になっていたようです。もっときれいに書き直そうかしらと反省もしました。

この機能を使えば、どんな記事がどんなふうに検索されて読者の方に読まれたのか一目瞭然なのですね。すごいです!グーグル・サーチ・コンソール♡

で、使うの遅すぎだよ、自分。

意外と簡単だったグーグル・サーチ・コンソールの使い方

個人的に驚いたのが、使い方が思った以上に簡単だったことです(勝手にすごく難しいものだと考えていました)。

登録してあることが前提ですが

  1. 「グーグル・サーチ・コンソール」のページを検索して開く
  2. 左端の「検索トラフィック」➡「検査クエリ」を順にクリックする
  3. チェックボックス「検索順位」というところにチェックを入れる

たったこれだけなんで、検索順位を見ることが出来ます。お手軽でした。

ちなみに検索順位だけでなく、実際にクリックしてくださった数も見ることが出来ます。

CTRを見ると改善しなくてはいけない記事がすぐにわかる!

さらにすごいのは「CTR」というところにもチェックを入れると、検索画面を見た人のうちどれくらいの人がタイトルに興味を惹かれてページをクリックしてくれたかがわかるのです。

調べてみたところ主に

  • 検索順位1位のページ・・・CTRの平均は31.24%
  • 検索順位2位のページ・・・CTRの平均は14.04%
  • 検索順位3位のページ・・・CTRの平均は9.85%
  • 検索順位4位のページ・・・CTRの平均は6.97%
  • 検索順位5位のページ・・・CTRの平均は5.5%
  • 検索順位6~10位のページ・・・CTRの平均は3.73%

ということになるそうです(2014年Caphyon社調べ)。

なのでこの平均を下回っているページは、タイトルや見出しの説明を改善する必要がありということなんですね。

逆に下の「めぞん一刻」というキーワードで検索されている記事のように、検索順位が18位以下にもかかわらず、CTRが12%以上もあるものもあります。

f:id:eno1081:20170411172858p:plain

平均のCTRが3.73%であることを考えると、その4倍の集客率があるということですから、タイトルや記事内容の説明が◎と判断していいということですね。

『めぞん一刻』にみる男女の求める理想の愛について - The Cat's Pajamas

こういう分析をすることで、少しでも多くの人が自分の書いた文章を読んでくれるように工夫することが出来るようになるんだなとしみじみしました。

まとめ

ということで、今回はグーグル・サーチ・コンソールに感銘を受けたという話でした。この分析結果を生かして、今月中には別サイトの作成に取り掛かりたいと思います。その意味でも最初につくったのが雑記ブログでよかったとも思います(色々なトピックをためすことができるので)。

同じようにブログを営んでいらっしゃる方で、まだちゃんと使ったことのないという人は、一見の価値アリかもしれませんよ。

私ももっとちゃんと勉強をしようと反省しました!!!またいっぱい本を読もう。

これからはじめる SEO内部対策の教科書

これからはじめる SEO内部対策の教科書

 

それでは最後までお読みくださり、ありがとうございました☆彡

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

f:id:eno1081:20170411174110p:plain