The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

関西ソロツーリング*昼間のナナガン(大阪港第三突堤第七岸壁)にリベンジ行きました

大阪でかっこよく愛車が撮影できるスポットといえば?

ナナガン(大阪港第三突堤第七岸壁)といえば、大阪ツーリングスポットとしては愛車がカッコよく撮れると有名な場所。

私は前回、加太ツーリングの帰り道、よろよろと疲れた体を引きずるように初めてナナガンに足を運びました。

しかし和歌山からの日帰りで非常に疲れていたこともあり、ロクに写真も撮らず退散してしまったんですよね。

ちなみに、下がこのとき一枚だけ撮影した写真。

f:id:eno1081:20170525122359j:plain

橋の綺麗な赤色も逆光で黒く塗りつぶされてしまっています落胆)!

ふぅん、こんなもんか。

一度行ったらもういいや。

そんな気持ちであとにしたナナガンですが

どうにも諦めがつきません!!!

写真撮りたい。 

もっと素敵な写真、撮りたい(むらむら)!!!

ということで私、後日改めてナナガンに訪れてみることにしました。

ナナガンは快晴の日中に行くと◎

選んだのは空が青く、太陽がにこにこと笑うような快晴で絶好のツーリング日和♡

一度訪れていたこともあり、スムーズに撮影場所にたどり着くことができました。

写真を撮影してみると
f:id:eno1081:20170530213548j:imageうーん!ばっちり♡(やったね!)

前回の写真と比べてみると、差が歴然です。

f:id:eno1081:20170525122359j:plain

ちなみにバイクは端に向かってセンターを向けるのではなく、自分側にセンターをもってきて駐車した方が綺麗な写真が撮れますね!
f:id:eno1081:20170530213612j:image

こうやって改めて写真を見てみると、夕日や朝日を狙うよりも、天気の良い日中に行くのがいいんじゃないかなと個人的には思います。

夜はあまりバイクを運転したくなくて訪れていませんが、もう少し運転が上手になったら、ぜひライトアップした橋と写真を撮ってみたいものです。

ちなみにここは、周りにトラックや倉庫がたくさんあるような場所です。

女性は一人で訪れると、少し怖いと思うかもしれませんが、案外広々とした開放的な場所ですよ。
f:id:eno1081:20170530213634j:image

私は田舎の山育ちで、あまりこういう風景を見たことがなく、 新鮮でした。
f:id:eno1081:20170530213654j:image

ナナガンだけを楽しむのは、勿体ない!

さて、ナナガンを後にし、大阪の海沿いを走る見通しの良い道路が多い舞州ツーリングを開始します。

今回は近場のツーリングスポットを探して、ずっと気になっていた大阪舞洲ゆり園に足を運ぶことにしました。

yurien.com

大阪湾から250万輪のゆりを見ることができるという素敵スポット。

ちなみに入園料は大人1200円と少し高めでしょうか。

しかし名前にユリがつく方は無料になったり、上方温泉一休の入浴券付きで1500円になるなどいろいろキャンペーンを行っているんですよね。

私が行ったときはユリの開花が遅れているという理由で、無料で入園することができました。

f:id:eno1081:20170530214007j:image

あまりきれいな景色は見れないのかしらと諦め半分で足を運んだのですが、これが思ったよりも素晴らしい景色を見ることができて、大満足♡ 
f:id:eno1081:20170530213806j:image確かに咲いていないユリが多くありましたが、大阪湾から広大な海をこんなにも開けた場所で見れるということに大変感動的な気持ちになりました。
f:id:eno1081:20170530213841j:image

大阪にもこんな場所があったんだというのは、ちょっとした発見でしたね。
f:id:eno1081:20170530213517j:image

家族連れにもカップルにも、おひとり様だって楽しめる場所だと思います。
f:id:eno1081:20170530213905j:image

さらに無料入場券も一枚プレゼントでいただきました。 

サービスの良さに感動♡ぜひ満開の時期にもう一度足を運びたいと思います。
f:id:eno1081:20170530213947j:image

大阪舞州ゆり園のバイク駐輪事情について

大阪舞州ゆり園は、車の駐車料金は700円。

ですがバイクは無料で入り口付近に駐輪することができました!

これはかなりお得ですね、バイクに乗っていてよかったと思いました。天気の良い日に大阪湾を見ながらバイクを走らせるのは非常に楽しいものでした。

ぜひ大阪でツーリングの目的地を探している方は、大阪舞州ゆり園に足を運んでみてください。おすすめです!

f:id:eno1081:20170530213933j:image

ちなみに2017年の開催期間は5/27~7/5だそうです。参考にしてください。

大阪舞洲ゆり園 大阪湾に咲く、250万輪のゆり 海とゆりの競演

最後に*バイクは初心を忘れないことが大切

さて大阪湾をじっくり楽しんで、温泉でも行こうかしらと勢いよく走り出した私。

いただいてしまいました。

f:id:eno1081:20170531171517j:plain

人生初の青切符です。

バイクに乗ったばかりのころ、スピードを出しまくるバイク乗りに眉を顰め

「なんて野蛮なのかしら(ぷんぷん)」

と原付に抜かされるほどの低速走行をしていた私。

人間って、浅はかですね。

たった一か月でバイクの楽しさに味を占めて運転に慣れた私は

「まあ、ちょっと大丈夫でしょ」のノリですっと赤信号を進んでしまいました。

そんな私に神様はきっと

「アンタ、阿保ちゃう?このままやと、あかんで」

とお灸を据えてくださったのでしょう。

ちなみに赤信号無視は2点、反則金は7000円になります。ゆり園無料だと浮かれてましたが、がっつり七倍のお金がお財布から消えていきました。

バイクは危険な乗り物だということを忘れずに、安全運転します。

すごく反省しました。

まとめ

ということで今回はナナガンの写真撮影についての感想と、ついでに舞州のゆり園の紹介記事を書いてみました。

そして人生初の青切符を反省したいという個人的な願いが込められています。

本当に戒めにしないといけませんね。

皆さんもツーリングの楽しさに浮かれず、安心安全でバイクライフを楽しみましょう。それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

f:id:eno1081:20170530213736j:plain

▼購入しようと思っていた夏用のジャケット。ですが違反金でお金が飛んでしまったので、メルカリの中古ウェアを探しています。お金、大事にしたいです。

 

ツーリングに関する記事はほかにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net