The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

初心者女性ライダーが「買って良かった♡」と思う必要最低限のバイク用品を6つ紹介

バイクを買うだけでは、バイクには乗れなかった

今回の記事では、初心者ライダーの視点からバイクに乗るために必要最低限だと考えるバイクグッズを紹介したいと思います。

今まさに教習所に通っていてバイクを購入する予定のある方、バイクライフに憧れを抱いている方、もしくは私と同じように初心者ライダーとしてバイクに乗っている方の参考になれば幸いです。

1、フルフェイスヘルメット

見出しにも書きましたが、バイクはバイクを買うだけでは乗ることができません!乗るためにはバイクに乗るための装備が必要となってきます。

その最たるものがヘルメットです。

ヘルメットの購入には非常に悩みました。ネットのレビューを見たり、バイクグッズのお店に足を運んだり、色々検討した結果、私は結局フルフェイスのヘルメットを購入しました。

使用する前は、フルフェイスのヘルメットは重く、圧迫感があり、視界も狭いという偏見を持っていました。

けれども実際に使用してみると、重さは気にならず、視界もシールドを付けているのを忘れるくらいに良好で、しっかりと守られているため風の抵抗を受けず、爽快に走ることができます。

フルフェイスヘルメットは高くない

私が使っているのは『アライ・フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION 』というフルフェイスヘルメットです。Amazonでお値段は21000円ほどでした。

ジェットヘルメットでもアライやショーエイのヘルメットでしたら、3万円以上する者も沢山あります。そう思うと、かなり良心的な値段だと思いました。

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ L 59-60cm

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ L 59-60cm

 

ちなみに店頭で買うと30000円くらいのものをAmazonだと10000円安く買うことができました。バイクグッズはやはりAmazonで買うに越したことはないですね。

この値段を高いと思われる人もいるかもしれませんが、命を守るためにずっと長く使うものだと考えれば大した値段ではないと思います。

アライのフルフェイスヘルメットHR-Innovationの紹介

このヘルメット、とても気に入っていています。

過去記事でも紹介しているのですが、中がふわふわとしたクッションのようになっていて大変付け心地が良いです。

しかも中のチークパッドは取り外し可能で洗うことができます

(取り外せない部分もヘルメットごと丸洗いすることが可能だそうです)。

f:id:eno1081:20170513155235p:plain

▲内装はこのような感じで、赤色がアクセントになっていてお洒落です。

f:id:eno1081:20170513155207p:plain

他にもAmazonでは同じ値段のショーエイのフルフェイスヘルメットが人気でした。Amazonでのレビューが非常に高いので、実物を見ずにAmazonで購入しようか迷ったほどなのですが、実際に店頭で着用してみてサイズが合わず、私はアライのヘルメットを選びました。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

 

ショーエイのヘルメットのMサイズの方がアライのMサイズよりも少し小さいという印象です。

女性のおしゃれとフルフェイス型ヘルメットについて

女性ライダーの方の中にはフルフェイスのヘルメットを被ったときのメイクや髪形が気になるという人もいるのではないでしょうか。

個人的な感想としては、フルフェイスのヘルメットをかぶっているときも化粧はできます。ただしアイメイクと口紅のみです。

パウダーメイクはチークパッドを汚すことになってしまうので、お勧めできません。

髪形については、ロングにして縛るというのが最も楽だと思います。傷みやすい毛先を出さないようにヘルメットの中に収納するのがおすすめです。一案としては三つ編みにして、ヘルメットの中に収めると非常にすっきりするでしょう。

またヘルメットを脱いだ時に前髪がペタッとなるのが気になる人は、キャップを1つカバンに仕込ませて置き、バイクに降りたとき素早く被るというのがおすすめです。私はこれで大分、髪形の悩みから解放されました。

お洒落をするためにフルフェイスを避けて、万が一の事故でお洒落のできない顔にでもなってしまったら洒落になりません。制限があるからこそ、楽しめるお洒落もあるはずです。

よろしければ参考にしてください。

結論*バイク初心者はとりあえずフルフェイスヘルメットを買おう!

バイクを初めて購入するときは、バイク屋さんにバイクを引き取りに行く前に、ヘルメットを購入してしまいましょう!

バイク屋さんによっては、店頭でヘルメットを割引販売してくれるというところもあると思いますが、流されず、ヘルメットはアライかショーエイのものをできるだけ安くネットで買うのがおすすめです。

参考にしてください。

2、ライディンググローブ

ヘルメットと同じくらい必要とされるのがライディンググローブです。これもバイク屋さんにバイクを引き取りに行く前に購入しておきましょう

私は『KOMINE(コミネ) グローブ GK-183 プロテクトメッシュグローブ-ブレイブ(BRAVE) ブラック/レッド XL06-183』を使用しています。

3000円くらいでした。

f:id:eno1081:20170513175922p:plain

拳の部分にプロテクターがしっかりと入っていて、安心感があります。ごつさもなくスマートな見た目になっているのが購入の決め手でした。

f:id:eno1081:20170513180114p:plain

特にレディース用のグローブを探している方は、この手袋のMもしくはLを購入すれば問題ないでしょう。

ただお金がある人は、ずっと使える皮のグローブを購入した方が賢いのかもしれません。ただこのグローブ自体は大変気に入っていて、万人にお勧めできます。

参考にしてください。

3、ツーリング用スマートフォンホルダ―

これはツーリングの必需品ではないでしょうか。

バイク屋から家に帰るまでの道のりに不安があるという方は、事前購入をして、バイク屋で取り付けを行ってしまうと楽だと思います。

私は幸い中古バイクを購入し、初めからバイクについていました。もし、付属品としてついていなかったら一番最初に購入していると思います。

今のところ困ったことは特になく、幅の調整もできるので、iphone5SとHonor8というサイズの違うスマートフォンにも問題なく使用することができました。

走行中にズレたりしたこともありません。

2000円ほどで買える定番バイクグッズですので、非常にお勧めです。

デイトナ(DAYTONA) バイク用スマートフォンホルダー 〈リジットタイプ〉 79350

デイトナ(DAYTONA) バイク用スマートフォンホルダー 〈リジットタイプ〉 79350

 

ちなみにツーリング時はGoogleマップを使用してナビ代わりにしています。

電池の消耗が激しいので、必ず充電コードと携帯充電器を一緒に持っていき、折り返し地点で温泉に入り、その間に充電するようにしています。

携帯充電器に関しては、過去記事でもAnkerの商品をお勧めしています。この充電器は海外旅行の際にも非常に重宝します。まだ手元にないという方は、一度使ってみることをお勧めします。

4、ライダースジャケット(プロテクター込)

基本的に、ヘルメットとグローブさえあればバイクには乗れます。

ただバイクに乗るのであれば、プロテクターの入ったジャケットを使用することを強くお勧めします。プロテクター入りのジャケットは一見、ライダースジャケットとは思えないようなスマートなものも多いです。

  • 着脱もすぐにでき、手間がかからない
  • とても自然にプロテクターを装備することができる

という利点があります。

巷では、夏用のプロテクター入りのジャケットを1枚購入し、冬は夏用ジャケットの上に防寒着を羽織ると一石二鳥と言われています。

コミネのメッシュジャケットは1万円未満で購入が可能です。レディースサイズもあります。

値段もお手頃で、レビュー数が多く、安心感があります。

レディース用のライダースジャケットを求めて

ただ私自身は、コミネのジャケット購入に踏み切ることができませんでした。

理由は、デザインがお洒落とは言い難かったからです。

バイクに乗るのにお洒落なんて気にするなよという声もありそうですが、やはりバイクに乗るなら少しでも安全にスタイリッシュに乗りたいと夢見てしまうのが女の性。

随分と納得のいくレディース用のジャケットを探し、レビューを漁りました。

その結果、私は女性用のバイクグッズを数多くそろえている『ロッソスタイルラボ(Rosso StyleLab)の オールシーズンフェイクレザージャケット BROWN M ROJ-57』を購入しました。

こちらのブランドのジャケットは定価だと25000円以上するのですが、型落ちしたものがAmazonで10000円以下で販売されていました。

レビューがほとんどなく購入はとても悩みましたが、折角なら自分の好きなデザインのジャケットを買おうと購入を決意。
f:id:eno1081:20170601114901j:image

非常に気にいっています。

色は焦げ茶、中は赤色の布地がアクセントになっていてお洒落です。バイクを降りて歩いていても、一見ライディングジャケットには見えません。

f:id:eno1081:20170601115251j:plain

コミネのように背中にでかでかとブランディングロゴが入っていることもありません。肩、肘にプロテクターが入っているので安心感があります。

f:id:eno1081:20170516201751j:plain

ちなみに脊髄と胸にはポケットがあり、上の写真のような薄いスポンジがプロテクターとして入っていました。別売りのプロテクターを買って、入れることができます(この点はコミネのライディングジャケットと仕様が同じです)。

別売りの胸部プロテクターを購入するべきか否か

私はこのジャケットにさらにコミネの胸部プロテクターを購入して装着しています。「バイク乗りの胸のプロテクターは車でいうシートベルトのようなもの

という言葉をホワイトベース教習所の動画(youtubeで人気のライディング講座動画チャンネル)で聞いて、思わず購入しました。

女性はレディース用の胸部プロテクターを購入することをお勧めします。

間違えてコミネのプロテクターを購入してしまいましたが、無理やり胸ポケットに入れることができました。

f:id:eno1081:20170516201853j:plain

立派な鳩胸で少しバストアップできたような錯覚に陥るので気分はいいです。

まあ、レザーもフェイクですし、バストもフェイクなんですけどね(真顔)。

結論*プロテクターはあればあるほど良いことしかない

最初、バイク屋にバイクを取りに行ったとき、私は全くの普段着でした。そこからジャケットを購入し、胸部プロテクターを装備するだけで走行時の安心感は桁違いのものでした。

結局プロテクターを付けると風の抵抗が減るので、運転も楽になります(走行時は重さはあまり気になりません)。

教習所では普段着の上にプロテクターを付けるという装備の仕方でしたが、日常的にバイクに乗るようになると、周りから見た服装も気になるところだと思いますので、やはりプロテクター入りのジャケットを購入するのがおすすめです。

 女性は諦めず、レディース用のバイク用品に拘ってもいいと思います(ただしファッション>安全性になってしまうと、本末転倒だとも思います)。

私は夏用のジャケットも「ロッソスタイルラボ」のものにしようと考えています。参考にしてください。

5、膝用プロテクター

次に紹介するのは、膝に着けるプロテクターです。

正直、なくてもバイクには乗れるものです。私も最初は購入しておらず、脚は全くのノーガードでバイクに乗っていました。

そんな私にベテランのバイク乗りの方が「脚のガードがなさすぎる」と口酸っぱく助言してくださったその日、ガードレールに足を引っかけて負傷してしまいました。

f:id:eno1081:20170521195445p:plain

山道で10㌔出すか出さないかの低速でガードレールに掠っただけですが、火傷をしたように皮膚がただれてしまいました(勿論、見えないところは青あざだらけです)。

もし速度をもっと出していたら、と考えると血の気が引きました。

ちなみに履いていたズボンはびりびりでした。耐久性が高い本革がいいといわれる理由がよくわかりました(この一件以来、ジーンズ以外の服装でバイクに乗ることはなくなりました)。

自分の認識の甘さを痛感し、これは神様からの助言をいただいたと反省して、すぐに膝用のプロテクターを購入しました。

 私が買ったのは『ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ひざプロテクター ニーガード ブラック フリー(左右セット) 』です。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ひざプロテクター ニーガード ブラック フリー(左右セット) RR10069

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ひざプロテクター ニーガード ブラック フリー(左右セット) RR10069

 

非常に軽く、取り付けも手軽で、持ち運びも簡単です。

私はかなり細身の体型ですが、ベルトで調整でき、サイズもぴったり合います。女性でも迷いなく購入して大丈夫です。
f:id:eno1081:20170601130400j:image

旅先ですぐに着脱が可能で、リュックにしまうことができる点が気に入っています。後ろにでかでかとMADE IN CHINAと書かれているのですが、色々と調べてみるとコミネのプロテクターも国産ではないようなので、あまり気にしないことにしました。

プロテクターを付けずむき出しの状態と比べれば、安全性は桁違いです。

Amazonで一番人気の高いコミネのプロテクターと悩みましたが、女性が使用できるか不安もあったため、最も気軽につけられるタイプのこちらのプロテクターを購入しました(男性であれば、コミネのプロテクターを購入したと思います)。

また膝用プロテクターの入ったジーンズを購入するのも◎だと思います。

私はこちらの商品の購入を最後まで検討していました。

コミネ(Komine) バイクパンツ ジーンズ L/32 07-732 WJ-732R
 

ただ自分のサイズに合ったジーンズかどうかという点で不安が残り、購入を回避した次第です。

特に、バイクの運転に不安な初心者が転倒する際に負傷する可能性が高い膝のガードになりますので、私のように馬鹿なことをやる前に、こちらも早い段階で購入することをお勧めします。

6、ライディングシューズ(もしくはブーツ)

最後に紹介するのは、ライディングシューズです。

こちらも先ほど紹介した膝プロテクターと一緒に購入しました。バイクは別に運動靴でも走ることができます(実際、私は教習所にいる間、ずっと運動靴でバイクに乗っていました)。

ただ安全性を考えると、きちんと踝の守られているタイプの靴を履いた方がいいのではないかと思い直しました。

私が買ったのは、Amazonで非常にレビューの高かった『エルフ(elf) ライディングシューズ Synthese13【シンテーゼ13】』という商品です。値段も一万円を切るお値段でした。

固定はマジックテープで行うので靴紐を原因とするような事故を防ぐことができます。踝までプロテクターが入っているので、安心感があり、底が厚く、先端に硬さがあるので、シフトチェンジの負担を減らすことができます

靴のサイズはいつも自分が履いているサイズで◎でした。

本当はもっと丈の長い皮のブーツを買うとよいと思うのですが、これから夏ということ、バイクを降りた後、歩くことが非常に多いという点から、こちらの商品を購入しました。

山道も普通に歩くことができますし、今の時点では不満はありません。

どうしてもライディングブーツを買うのにためらいがある、もっとお洒落な靴が欲しいという方は底の厚いバンズ(VANS)のようなシューズブランドのスニーカーを使用しても良いかもしれません。

 参考にしてください。

まとめ

今回は自分が女性ということで「初心者女性ライダーが買っておくべき必要最低限のバイク用品」と題して紹介をさせていただきました。

ただ必要なものは性別に関係ないような気もしますね。

  • ヘルメット
  • グローブ
  • 各部のプロテクター

をしっかりと揃えることができれば、バイクライフも快適なものになると思います。 個人的にはもっと女性用のバイク用品を充実させてほしいところです。

特に女性にとって大切なヒップ(骨盤)を守るプロテクター付のインナーがあればと思います。

バイクはお金がかかる趣味ですので、できるだけ安くと思ってしまう気持ちもあります。私も本当はもっと安全性の高いグッズをお金を払って買うべきだと思います。

またバイクに乗るときの服装ですが、どんなに暑くても安全性の高い生地の服装でバイクに乗るとよいと思います。

とりあえずお金と相談し、自分の身を守るためと考えて、必要最低限の装備は揃えておきましょう。これからバイクに乗る方の参考になる記事であれば、幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

おまけ*そのほか+αで購入したバイクグッズ

必要最低限とは言えませんが、バイクライフを楽しむために私が購入した商品をほかにも紹介しておきます。

ツーリングマップル

ツーリングマップルは、ツーリングの予定を組むときに手元に一冊あると楽しみが広がる本です。自分の住んでいる地域のマップルを一冊持っておくと、土地勘もつくのではないかと思います。

ちなみにツーリングマップルには小型版と大型版(R)があります。私は持ち運びも可能なサイズの小型版を購入しました。

ツーリングマップル 関西 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

ツーリングマップル 関西 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

 

本屋で見たところ、大型版はリング式でとじられていて、文字のサイズが大変見やすい印象でした。ただ持ち運びのために解体するのが面倒と感じ、私は選びませんでした。

ツーリングマップル R 関西 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

ツーリングマップル R 関西 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

 

地図を読むのが好きな方、ツーリングに行くテンションを挙げたい方にはお勧めです。

ただ実用方面でいえば、私はこちらの方をよく使っています(笑)

にっぽんクルマ旅 関西 (旅行ガイド)

にっぽんクルマ旅 関西 (旅行ガイド)

 

昔コンビニに置いてあったのを思い付きで購入したのですが、こんなに役に立つ日が来るとは思いませんでした。マップルよりも写真が多く、地図がシンプルなので結果的にこちらを見ていることの方が多いですね。参考にしてください。

ライディング事始め

良くも悪くもすぐに座学に頼ってしまう私。とりあえず最初のライディング本として、こちらも購入しました。

ライディング事始め

ライディング事始め

 

Amazonで非常に高レビューだったため、気になり購入しました。届いてみると非常に絵柄も古い本でしたので、一瞬少し後悔したのですが、書かれていることに目を通すと、非常に参考になることばかり書かれていました。

一冊、家に置いておいても良い本だと思います。

雨除け用のバイクカバー

アパートの駐輪場にバイクを止めているのですが、屋根がついていないため、こちらのバイクカバーも購入しました。

シルバーのものは何だかカッコ悪いと考えて、ブラックの布地のものを購入。値段(3000円ほど)の割にはしっかりとした作りになっています。

ディスクロック

こちらは出かけ先の防犯用に購入しました。掌に乗るサイズです。

以前、お話しした人の中に「3回バイクを買って3回とも盗まれたから、バイクに縁がないのだと思って乗るのをやめた」という方がいらっしゃいました。

中古バイクなので盗難の心配はないと思いたいですが、出かけ先の不安を解消するために購入しました。こちらも1000円で安心を買えると思えば、安いものだと思います。

ユニカー(Unicar) ディスクロック ミニ BL-20

ユニカー(Unicar) ディスクロック ミニ BL-20

 
コミネの着脱式プロテクター

教習所で使用するタイプの胸部・脊髄プロテクターも購入しました。

ただこちらは結局、一度も使用していません(笑)

実際、着用してみると胸のあたりのふくらみに少し違和感があります。私が貧乳なのが原因だと思うのですが、ふくらみが不自然でぷかぷかと浮いているような印象です(男の人がデザインしたのではないでしょうか)。

脊髄プロテクターがしっかりとしているので安全性は高そうなのですが、結局、肩や膝のプロテクターを単体で買う必要があり、プロテクター入りのジャケットばかりを使用しています。

結構厚みがありますので、冬場に防寒着の下に着用するとよいのかもしれません。

また機会があれば、着用してみたいと思います。

フクピカ

バイクを磨くのに使える定番品。アパートの駐輪場に止めていることもあり、洗車はできないので重宝しています。

フクピカ12枚入り4.0 00468

フクピカ12枚入り4.0 00468

 

日々使うバイクはやっぱり一番良い状態にしてあげたいと常々思っています。

「よしよし♡」と愛情を込めながらバイクを拭いていると、まるで愛する男性の頭をなでているような幸せな気持ちになります(全部妄想)。

ちなみに私はレッドバロンでバイクを購入したので、月1で空気圧のチェックとチェーンのオイル入れを無料でしてもらっています。

バイクのメンテナンスについてもっと詳しくなれたらと思う気持ちがある一方、使えるサービスは使っておこうという気持ちです。

折角の愛車ですから大切にしていきたいですね。

※色々と書きましたが、この記事はまた随時更新していけたらと考えています。私自身ももっとバイクが楽しくなるグッズを見つけていきたいです。

バイクに関する記事はほかにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net