The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

関西ソロツーリング*初めて琵琶湖を一周した初心者ライダーの感想と反省点

関西ツーリングの定番と言えば、琵琶湖一周♡

私は以前からバイクを購入したら行ってみたいと思っている場所がありました。

それが琵琶湖です。

琵琶湖と言えば、滋賀県にある国内最大級の湖。この琵琶湖を一周するツーリングコース(通称ビワイチ)をやりたいと以前から考えていました。

ということで実際、2か月ほど前に琵琶湖ツーリングを決行した私。

これがなかなか反省点の多い旅になりましたので、これから琵琶湖を一周したいという所人者ライダーさんに向けて、感想をまとめていきたいと思います。よろしければ参考にしてください。

1、琵琶湖一周、日帰りツーリング

さて今回私は琵琶湖をバイクで一周したわけなんですが、日帰りで行ったんですよね、仕事との兼ね合いもありまして。

その結果、一日に350㌔ほど走行することになったのですが、さらに欲張りな私は以下のようなコースを念頭において走り出しました。

f:id:eno1081:20170613175831p:plain

見てもらったらわかるのですが、これは琵琶湖周辺にある観光地を網羅するコースになっています。ざっとまとめると

  • 白髭神社
  • メタコイヤ並木
  • 奥琵琶湖パークウェイ
  • 彦根城
  • 八幡堀
  • 琵琶湖大橋

と言った観光地をつなぎました。

「だって折角行くなら、色々みたいんだもん♡」

という浅はかな考えでスタートしたソロツーリング。案の定、後半はほぼバイクに乗りっぱなしでほとんど観光地を巡ることができませんでした(ちーん)

何を考えたのやら、時計回りで琵琶湖を一周

基本的に、島を巡るときは、時計回りでドライブするとよいと言われますよね。これは左走行で海沿いを走ることができるからです。

同様に湖は反時計回りで走るとよいと言われます。同じ理由で湖沿いを走ることができるからです。

しかし何を考えたのか、このときのわたしは「時計回り」で琵琶湖を一周することにしました。

というのも、どの情報を見ても「琵琶湖は反時計回りで走る」って書いてあったんです。そうすると天邪鬼のわたしのような人間は「だったら時計回りで走ってみようかな」と思ってしまうんです。馬鹿ですね、ほんと。何とも気の毒な性格ですね、ほんと。

はい。非常に、後悔しました。

実際は走ってみて、琵琶湖は反時計回りで走った方が面白いと判断しました(キリッ)!やっぱり湖を見ながら走った方が(特に湖北は)気分が良いです。時計回りで走るメリットもないですしね。

ということで

ツーリング

時計に逆らい

走ろう琵琶湖を

ということで、参考にしてください。

2、琵琶湖に行くなら「メタセコイヤ並木」がおすすめ。

今回、琵琶湖に行くにあたって私はどうしても行きたい場所がありました。それが「メタセコイヤ並木」です。

私が持っているこちらのドライブ情報誌。

この表紙を飾っている写真が、メタコイヤ並木、素敵ですね。

にっぽんクルマ旅 関西 (旅行ガイド)

にっぽんクルマ旅 関西 (旅行ガイド)

 

ちなみに「メタセコイヤ並木」は琵琶湖沿いにある場所ではありません。

なのであらかじめグーグルマップの目的地にセットしておくことをお勧めします。思ったよりも並木道の距離が中くて、ツーリングに最適な場所だと思いました。

うーん!新緑が美しいですね♡♡♡

f:id:eno1081:20170710173935j:plain

ツーリングだけでなく、恋人とのドライブにもお勧めできますね。

例の如くバイクから降りてパシャパシャと写真撮影会。

f:id:eno1081:20170710174111j:plain

(わー♡楽しいー!)

なんてことをやっていると、気づけば私の周りは同世代のカップルばかり。いやいや気にしない、私にはバイクしか目に入らないと思いつつも、汗まみれのぼさぼさ頭ジャケットフル装備の自分がどうしようもない女のように思われてきて、少しだけしょんぼりしていました。

すると、どこからともなく

(謎の声)「娘よ…」

f:id:eno1081:20170710175437j:plain

(謎の声)「そう、肩を落とすでない…娘よ…」

f:id:eno1081:20170710175437j:plain

突然聞こえた謎の声に、私はハッとしました。

「この声は、もしかして…」

(メタセコイヤ並木の精霊が私に話しかけているの…!!!?)

それまで灰色だった空が不思議と明るくなり、キラキラと木漏れ日が指すのをただ見つめながら、私はそっと耳を澄ましました。

f:id:eno1081:20170710175437j:plain

(精霊様)「娘よ…諦めるのはあまり早計じゃ…そなたはまだ若い…そなたはこれからもっと多くのものを見て、成長していくのじゃからな…」

私「はい…精霊様…」

(精霊様)「ただしバイクが恋人などと言って、現実から目をそらしちゃぁいかんよ…フォフォフォ」

私「それも、そうですね。えへへ」

(精霊様)「どんなものにもその人に合ったペースというものがある、それはバイクと同じじゃよ」

私「恋愛が…バイクと同じ…?」

f:id:eno1081:20170710181238j:plain

(精霊様)「そうじゃ。スピードが早ければいいというわけじゃぁない。だからといって、立ち止まっていては、どこにもたどり着けない。わかるかね…娘よ…周りとの比較じゃぁない、自分に合ったペースで、進んでいくことを止めないこと、それが大切なんじゃよ…」

私「…」

(精霊様)「フォフォフォ…」

f:id:eno1081:20170710175437j:plain

(精霊様)「いつかまた…愛する人と…この並木道に遊びに来ておくれ…フォフォフォ」

私「あ、精霊様っ…!?」

f:id:eno1081:20170710174339j:plain

すっと光が失われた並木道の真ん中で私は立ち尽くしていました。

私「…(今のは、夢?幻?それとも孤独が見せた妄想?)」

ううん、そんなの、なんでもいい。

いつかまたこの場所に戻ってこよう。

今度は愛する人と共に。

できれば秋の衣替えの季節に、また違う美しい景色を探そうと心に誓いながら。

私はまたバイクに乗って、ゆっくりと自分のペースで前へ前へと走り出したのであった。

3、ツーリングは天気に大きく左右されるもの

さて、実際行ってみると、琵琶湖一周は思ったよりも長かったです。

色々な道を走りましたが、その中でも湖の北側がのどかでツーリングに最適だなと思いました。

ただ私はこの日、雨に見舞われてしまいました。

そのため引き返して温泉に避難。

なんとも苦労する羽目になりました。やっぱりツーリングは雨が降らないと確信できるくらいに天気の良い日にするのが一番です。

写真もなんだか灰色ばかり。

f:id:eno1081:20170710173819j:plain

走っていても寒くて寒くて、ぶるぶるぶると震えていました。

思えば、この日は早朝5時からバイクにまたがり、下道で滋賀へ。

実はバイクを買ってから一度も高速に乗ったことのない私。

FTRは車体が軽いので、80㌔も出すとガタガタしてきて、風にあおられて不安になるのです。

「まあ、相棒。のんびりいこうぜ」

ということで、トコトコと新緑の中を走り続けていたのです。

しかし、天気は生憎の曇り空。

ジャケットを羽織っているにも拘らず、信じられないくらいの肌寒さにガタガタと震えながら、ようやくたどり着いた白鬚神社が、思ったよりも物哀し気に湖の中にぽつんと1つそびえたっていたのが印象的でしたね。

このときは空は青いんですが、気温が低くて。

思わぬ寒さにガタガタ震えている私に白鬚様が

「はて。君は、一体に何をしに、この地に来たのかえ?」

f:id:eno1081:20170710173423j:plain

と問いかけているようにも思われるほど、体が冷え切っていました。

メタコイヤ並木を見たときは、奇跡的な晴天に。

けれどもまたすぐに曇り空。

途中でカモそばを食べて暖をとりましたが、このころにはもう雨がぽつりぽつりと。

「何でこんな日にツーリング決行しちゃったんだろ」と思っているとカモ肉が

「君は、まったく無茶な子だな、さ、たんとお食べ?」

f:id:eno1081:20170710173127j:plain

と優しく声かけてくれているかのようにも思われるほど、心が弱っていました。

最後は雨に降られながらも琵琶湖を一周。

逃げるように背を向けて帰阪する私に、まるで琵琶湖が

「君には、まだ早かったんじゃあるまいかい?いつかまたリベンジしたまえ」

f:id:eno1081:20170710173655j:plain

と余裕の笑みを漏らしているようにも思われ、私はただひたすら敗北感に身を任せながらバイクを走らせ、家路につきました。

で、反省した。

珍しく、反省した。

  • 走行距離をもっと考慮すること
  • 天気をしっかりと確認すること
  • 観光地を欲張り過ぎないこと

この三つの大切さをひしと感じるツーリングになりました。

まとめ*ツーリングは計画が大切

また琵琶湖一周は思ったよりも満足度が低く、走行距離だけを無駄に重ねてしまったようにも思えました。とても疲れて、いつも以上に色々と妄想を重ねてしまったようにも思います。天気、やっぱり大切ですね。

もし自分が滋賀県民だったり、もっと琵琶湖が近い距離にあれば日帰りでもよいかもしれませんが、やはり自分の住んでいる場所から琵琶湖を日帰りで一周するのは無茶だったようです。

今度は反時計周り、晴天、観光地ではなくあくまで湖沿いを走ることをメインに、ツーリングをしてみたいと思いました。

これから琵琶を一周するという初心者バイク乗りの方は、とにかくペース配分に気を付けて、無事一周してきてくださいね!