The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

TOEIC700点越えは狙い目!勉強に役立つおすすめ参考書を紹介

SPONSORED LINK

TOEIC700点台は案外狙い目!?

私事ですが、こないだ友人と話をしていたら

「私、今年はTOEIC700点目指す」

と語ってくれたので、つい色々とアドバイスをしてしまいました。

恥ずかしながら、私もまだまだ勉強中の身です。

でも700点越えということなら、試験中にちょっぴり居眠りしても取れる自信があります。

色々と語れることもあるでしょう!

ということで今回は、私が留学せず独学の勉強で、どのようにTOEIC700点を越えられるようになったか、まとめてみたいと思います。

勉強の何かしらの参考になれば、幸いです。

留学なしでも取れる「良い点数」

ここにたどり着いた方にはもしかすると

「留学していない僕(わたし)にはTOEIC高得点なんて無理」

と思われている方もいるかもしれません。

本当にそうでしょうか?

実際、私の周りには1年留学したけれどもTOEIC500点~600点という人もいます。

一方、留学経験なしの完全独学で900点以上を取得しているという強者もいます。

で個人的に思うのが

TOEIC700点台

は、とても狙い目だということです。

というのも実は700点台というのは、ある程度、受験勉強の要領できちんと学習をすれば、だれもが取ることのできる丁度いいラインなんです。

でも世間一般的になんだか

ちょっといい響きがする点数

なんですよね。

なので仮に

  • 英語が苦手
  • 勉強嫌い
  • 留学経験ない

といった人でも十分チャンスがあると私は考えています。

ということで、この記事を読んだ、多くの人にTOEIC700点台の壁を越えてほしいというエールのつもりで記事を書きたいと思います。

TOEIC700点をとるまでに使用した教材

この記事では私が700点越えるために使った参考書を使った順に、勉強法を説明しながら紹介したいと思います。

1、最短で目標点数へ*『新TOEICテスト 直前の技術』

まずはこちらの本を紹介したいと思います。

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

 

『新TOEICテスト 直前の技術』は、非常におすすめの参考書、いや必読書です。

TOEICについてまだ何も知らなかった頃、私がノー勉・初見で受けたテストは500点台でした。結果を受けて、最初に買った参考書です。

この参考書を三回ほどやるだけで、テストの形式をつかむことができました。

何より英語がよくわからない状態でも

(これが答えかな?)

と検討がつくようになるのです。

書いてあることは、TOEICテストの形式に慣れてしまえばごく当たり前の”効率が良い解き方”にすぎません。しかし

  • TOEICに関する知識がまだ何もない
  • 目標点数には程遠い実力だが、できるだけ早く点数を取れるようになりたい

という方には胸を張ってお勧めできます。

ちなみに、わたしが使っていたころと違い、新形式になったとはいえ、問題の大枠に大きな変更はありません。

所謂テクニック本から有用なものだけを取り出し、自分の武器にすることができれば、前に進むスピードをうんと早めるための促進剤になります

何冊も買い込むのは危険ですが、一冊これといったものを所有し、使い切る姿勢は大切です。 

▶CD付 [完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

2、まずは基本単語を知る*『システム英単語』

私はまず受験後、すっかり忘れてしまった英単語の復習からはじめました。

使用したのは、受験で使用したシステム英単語です。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

今もなお多くの受験生から支持を集め続ける受験英単語帳界のキングです。

ちなみにこの本の単語を全部覚えるというのは

  • TOEIC700を目標とするのには少々効率が悪い

です。

なので第1章~第3章までを頑張って覚えてください。

英文をよむための基礎

になります。

基礎ということは、英文読解の土台ですから絶対に必要な単語を覚える作業だと考えてくださいね。

▶システム英単語 (駿台受験シリーズ)

3、付け焼き刃で構わん*『出る単特急 金のフレーズ』

システム英単語の単語を大体覚えたら、経済関係の単語や広告に使われるような単語を覚えていきます。

ここで使うのが、TOEIC受験者から支持の熱い特急シリーズの英単語帳『出る単特急 金のフレーズ』です

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

『システム英単語』では取り逃がしてしまうビジネス英単語を、ざっくりとおさえるつもりで目を通しておきましょう。

ちなみにここでのポイントは

  • 全部の単語を覚えようとしないこと

です。

ざっくりと把握するという気持ちが大切。

あくまで『システム英単語』を土台にし、『出る単特急 金のフレーズ』で武装するというイメージで語彙力を固めていってください。

※この順番が逆だと得点には結び付きません。あくまで基礎をシスタンで身に着けてから、経済用語を足すように注意してください。

4、TOEICリスニング360問・文法640問(アプリ)

以上に加えて、簡単な
  • リスニング問題(PART1、PART2)
  • 文法問題(PART5)
の演習を積みましょう。
使えるのがこのアプリシリーズです。
TOEIC®テスト文法640問1

TOEIC®テスト文法640問1

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360
TOEIC®テスト文法640問2

TOEIC®テスト文法640問2

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360
TOEIC®テストリスニング360問

TOEIC®テストリスニング360問

  • LATIKA, Inc.
  • 教育
  • ¥360
これには相当お世話になりました
全問正解になるまで何度もやるというプロセスで、すべてやりつくしました。

とにかく素晴らしいのは

  • 操作が物凄くスムーズで寝る前や通学時の勉強に最適
だということです。

また問題数も豊富で、やりこもうという意欲がわく内容になっていました。

とくにリスニングの勉強をしやすく、聞き取ることができなかったフレーズを何度もすぐに聞き直せるというアクセスビリティの良さに惚れこみました。

問題集を一冊買うより、うんと安い値段で済みますので、まだ使ったことがないという方は、ぜひ試しに使ってみてください。

5、『TOEIC公式問題集』

ここで受験者が絶対に勝っておかなければならない教材を使い始めます。 

TOEICの『公式問題集』です。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

 

何故、公式問題集が必要なのか?

わたしは初回受験の際、TOEICの問題を一切解いたことがないという状態でテストを受験しました。

何も知らないので最初に

「あ、このテスト書き込み禁止やねんな」

と驚くことから始まりました。

更に補足すると私は高校生の頃、文系科目のなかで英語が一番苦手で嫌いでした。

大好きなのは国語と世界史。

一方で英語は極力、勉強しなかったです。

でも大学での研究が進むにつれて、英語の資料が読めないのは死活問題でした。

英語学習のきっかけになれば、と実力チェックのつもりで、お金だけ払って受験したんですね。

その結果

  • どんな問題が出てくるかわからないので常に戸惑う
  • 解き方の要領が全くわからない

  • リスニング長すぎて疲弊

  • 知らない経済用語に戸惑う

  • やる気ゼロのまま試験終了

結果は、500点台

正直悔しく、伸びる余地があるなと思いました。

その後、今まで話したように紹介した参考書を使って勉強し、上記で紹介した書籍をざっと終えて、最新の『TOEIC公式問題集』を一冊だけ購入したんです。

そして

  • すべて満点をとれるようになるまで繰り返し解く

という勉強をしました。

その結果、次に受験したときは無事に700点を越えることができました。

これは非常に効果のある勉強法でした。 

同じテキストを繰り返しすることの意味

このような勉強方法を勧めると 

  • 「同じ問題解くと、答え覚えてるだけで、意味ない気がする」

と答える人が少なからずいます。

確かに

  • 「この答え、確かCだったな」⇒丸する、終わり

こういう状態をであれば、勉強ではなくただの作業です。

解くときは常に

  • 選択したあと、何故これが答えなのか自分に解説できるようにする

  • 何故他の選択肢は×なのかも解説できるようにする

のがポイントです。

自分が先生であって、生徒でもあるそんな状態で解きます。

ちなみに解説なので

「この答えは、品詞の識別の問題です。問題文のかっこの前は自動詞になっているので、選択肢の中で副詞の形をしている、つまり語尾がlyになっているCが正解だ」

くらいできると良いかなと思います。

けれど文法が苦手という人もいると思いますので、まずは単語です。

「この単語の意味は?」と自分に問いかけた三秒後に「退職」という感じで答えます。

この勉強法を、わたしは

セルフエデュケーション

と勝手に命名しています。

(え?)

ちなみにセルフエデュケーションをすると、勉強時の独り言が止まらなくなるという欠点もありますが

自分を正解に導けるのは、自分だけ

自分にとっての最高の教師になれるように頑張りましょう。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

  • 作者: Educational Testing Service
  • 出版社/メーカー: 国際ビジネスコミュニケーション協会
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

※公式問題集は常に最新のものを買うのをお勧めします。

 

 

まとめ

以上をまとめると、私がTOEIC700点を取るまでにした勉強法は以下のようになります。

  • Step1、小手先のテクニックを覚えて、試験形式を把握する。
  • Step2、単語帳を使って、必要最低限の語彙力を高める
  • Step3、持ち運びの楽な軽い演習テクスト(アプリ)をやりこむ
  • Step4、公式問題集をやりこみ、単語・文法の復習+形式に慣れる

この中で一番時間がかかるのは、2と4です。

けれど、しっかりと時間を必ず結果を出せると考えて、堪えましょう。

新形式や昔の形式などの違いもあるかもしれませんが、700点を超えるという目標でしたら、

  • 難しそうな問題はぱっと飛ばして、解けそうな問題をガンガン解き、最後までマークする

というモチベーションを保てれば大丈夫です。

ちなみに700点台の英語力というのは

  • 一人で海外旅行に行っても困らないというレベル

が、妥当な表現だと思います。

実際、知り合いをを見ると、やはり900点を超えている人はできるという印象を抱きます。

現在は800点台どまりで私も頑張りたいと思うのですが、どうにもTOEICは英文を読んでいても楽しいと思えません。

内容は架空の広告ばかりですから有益な情報を全く見出すことができず、好奇心が向かないのだと思います。

英検の英文は読んでいてどれもワクワクするので、最近は一級取得の方に力を入れたいと思っています。

なんにせよ目標に向かって、挫けずに頑張りたいところです。

いろいろな理由で700点を越えないといけないという人もいらっしゃると思います。

そういった方が少しでも目標に近づくための手助けになれていれば幸いです。

それでは、最後まで記事を読んでくださり、有難うございました!f:id:eno1081:20180411002825p:plain

英語に関する他の記事

www.nekopajamas.netwww.nekopajamas.net