The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

旅&映画好きにオススメ*今すぐ出かけたくなる旅映画10本

SPONSORED LINK

「好きな映画のジャンルは?」と聞かれたら

私は映画が好きで、どの国のどの時代のどのジャンルの映画も割りと好んでみます。しかし、とりわけ好きな映画のジャンルがあります。

それがロードムービーです。

ロードムービーとは、旅の途中で出会う色々な出来事によって、物語の主要なプロットが構成されている映画ジャンルを指します。

ということで今回の記事では、本当におすすめしたいと思える旅映画を10本厳選して紹介したいと思います。

記事を読まれた方が何か1つでも気になる映画を見つけられれば、幸いです。

f:id:eno1081:20180408010801p:plain

1、男と女とアメリカ西部*『パリ・テキサス』

最初に紹介するのはこちらヴィム・ヴェンダース監督の代表作『パリ・テキサス』です。私の非常に好きな映画の一本です。

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]

 

4年前に失踪した男トラヴィスがふっと帰ってきて、息子と妻に再会するというのが大まかな話の流れになります。

何処までも続く荒野、そこに佇む一人の男とその息子、非常に画になります。

この映画の良いところは本当に胸がぐぅっとなる…

ぜひ最後まで見てほしいのですが、男女の再会シーンは本当に「上手い」という言葉しか出てこない印象的なものになっていました。

ちなみにヴェンダースという監督はそもそもドイツ出身の方。

彼の撮影するアメリカは、カッコつきの異国の「アメリカ」のように感じます。そのためカメラに捉える景色一つ一つが丁寧で、貴重なものを記録しようとしている慎重さを感じます。

また妻役を演じるのはナスターシャ・キンスキー(絶世の美女)。個人的に彼女が一番美しいと思う映画はポランスキーの『テス』です。

テス  Blu-ray スペシャルエディション

テス Blu-ray スペシャルエディション

 

旅ということを抜いても好きな映画。まだ見たことのない人には、ぜひ見てほしい作品の1つです。

2、今すぐ飛行機に飛び乗ろう*『LIFE!』

次にお勧めするのは、比較的新しい『LIFE!』という映画です。

これは、非常に面白かった…!

LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)
 

主人公はLIFE誌という雑誌の写真管理部門で日々こつこつ働く冴えないサラリーマン。

年中机に座って、ずぅっとフィルムを相手に仕事をしています。

そんな彼のもとにLIFE誌の廃刊という悲しい知らせが…!

人生の転機というのは、どこにあるのかわからない、そんなことを考えさせられる映画でもあります。そして、一歩外に飛び出すと、見たことのない場所に行くことができる、世界の面白さを痛感する内容です。

この映画の良い点は、とにかく旅に出たくなる!

今までずっと同じ場所で働き続けてきた男が、どんどん見知らぬ土地に足を運んでいくんです。もう世界の色が、男の表情が、ぱっと変わっていくんですよ。

見ていて、とても明るく楽しい気持ちになれます。

ちなみに監督兼主役のベン・スティラーは『ナイトミュージアム』などでもお馴染みの方ですよね。

ナイトミュージアム (字幕版)

ナイトミュージアム (字幕版)

 

ただ個人的にベン・スティラーの映画の中で好きな物を挙げるならば『ズーランダー』になります。

ものすごく馬鹿馬鹿しいコメディ映画ですが、笑えます。『LIFE!』を気に入った方はぜひどうぞ。

ズーランダー (字幕版)

ズーランダー (字幕版)

 

3、旅先のロマンスに憧れる*『恋人までの距離』ビフォア・シリーズ

女性にお勧めしたい旅映画を挙げるのであれば、やっぱり『恋人までの距離(ビフォア・サンライズ』から始まるビフォア・シリーズではないでしょうか。

このシリーズ大好きです。 

最初はブダペストからパリへの長距離列車の中で、ふと目が合う若い男女。そこから二人でウィーンの街へ降り、ずっと会話をしながら夜が明けるまで過ごします。

そんな二人の様子や会話を、ただカメラの長回しで追うという屋や斬新なスタイルの映画で、続編にあたる『ビフォア・サンセット』と続々篇にあたる『ビフォア・ミッドナイト』でも同じ手法が使われています。

この映画の良い点は、静かにうっとりロマンチック…!なところです。

旅先でこんな風に出会って、恋愛関係になって、再会して、結婚してなんてことがあるのかしら。

奥手な自分にはあまり想像できない大人の恋愛という感じですが、ちょっと憧れるものがあります。

ちなみに第一作ではイーサン・ホークとジュリー・デルピーが若い!9年間隔で続編が出ているので、二人が歳を重ねていく姿を見るのも楽しみの一つです。

ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト ブルーレイ トリロジーBOX(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト ブルーレイ トリロジーBOX(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

 

ちなみに監督のリチャード・リンクレイターは『6才のボクが、大人になるまで』という映画も評価が高いですよね。旅とは関係ありませんが、こちらもお勧めです。

6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 

4、バカンスとは何ぞや*『緑の光線』

女一人旅に関する記事を量産している人間としては、外せないこちらの一本。エリック・ロメール監督の代表作『緑の光線』です。

緑の光線 (エリック・ロメール コレクション) [DVD]

緑の光線 (エリック・ロメール コレクション) [DVD]

 

私はフランス映画好きなのですが、その中によく「バカンス」が出てくるんです。フランスの夏の長期休暇のことを指すのですが、皆「バカンス」になると凄く嬉しそうなんです。

この映画の主人公の20代の女性は恋人もいませんし、人づきあいも良いわけではないので、そんな楽しいバカンスを一人で過ごすことになります。

男性からのお誘いもあるんですが、気が乗らず断ってしまいます。そんな彼女が、あてもなくバカンスを海や山でぼんやり一人で過ごす様子が描かれています。

この映画の良い点は、笑えることです。

ハッキリ言って、滅茶苦茶面白いです。

笑えると言っても、わっはっはという大笑いじゃありません。ロメール監督の映画はどれも非常にユーモアに富んでいると思うのですが、失笑の堪えきれない腹からのくつくつとした笑いを専門としています。

1986年のヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞受賞作品でもあり、ロメール監督の代表作といえるので、単なる映画好きの方にも、単純にお勧めです。同じく代表作ともいえる『海辺のポーリーヌ』なども面白いですよ。

エリック・ロメール コレクション 海辺のポーリーヌ [DVD]

エリック・ロメール コレクション 海辺のポーリーヌ [DVD]

 

ロメール監督の映画はレンタルショップなどにはおいていないことが多いのでTSUTAYA DISCASの使用をお勧めしておきます。

5、子どもと大人の逃避行*『パーフェクト・ワールド』

ロードムービーといえば、外せないのがこちら。クリント・イーストウッド監督『パーフェクト・ワールド』です。

パーフェクト・ワールド(字幕版)
 

冒頭、刑務所からの脱獄犯が家宅侵入します。

そこにいた一人の少年を人質としてとらえ、逃亡します。最初は人質だったのですが、少年の生い立ちを聞きながら、時間を共にするごとに、いつしか愛情が芽生え…というストーリーです。

この映画の良い点は、渋い男の美学です。

ストーリー自体はありきたりなものなのですが、語り口が静かで淡々としているので、最後まで飽きずに見ることができます。

大人になりきれない大人と子どもが共に旅するロードムービーには外れがないと個人的には思います。

イーストウッド監督の作品は多く見ていますが、結局これが一番好きです。ハードボイルドな世界観が好きという方にはぜひおすすめです。

6、男が探し求めた先にあるものは*『ユリシーズの瞳』

個人的に「旅」をテーマにした映画といえば外せないのがテオ・アンゲロプロス監督の作品。

ユリシーズの瞳 [DVD]

ユリシーズの瞳 [DVD]

 

全ての作品が候補に挙がっても良いのですが、男が幻のフィルムを求めて旅する本作を選びました。

ロードムービーの面白さというのは、自分が見れない景色をスクリーン上で見ることで、旅の疑似体験ができるという点にあると思います。

その意味でボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で動乱のバルカン半島を彷徨させる、この度の模様は映像が非常に新鮮で、目を奪われるものがあります。

この映画の良い点は、旅が壮大であることです。

もう一つアンゲロプロス監督といえば、子供たちが会ったことのない父親を求めてアテネからドイツを旅する『霧の中の風景』という代表作もあります。

霧の中の風景 [DVD]

霧の中の風景 [DVD]

 

こちらもお勧めしたいところなのですが、ちょっと内容が暗すぎる かなと悩み、今回は補足に留めておきます。

アンゲロプロス監督の作品はレンタルも無いと思いますので、需要も低いかと悩みましたが、一人でも多くの人に知ってほしいという思いで今回紹介させていただきました。

個人的に、この監督の作品を見るか見ないかで映画に対する考え方がぐるぅっと変わってしまうのではないかというくらいに衝撃的な映像世界を拝むことができます。

機会がありましたら、ぜひ見てほしいです。

7、歌って踊ってハッピーに*『プリシラ』

次にお勧めしたいのは、とても楽しいミュージカル映画『プリシラ』です。

プリシラ [DVD]

プリシラ [DVD]

  • アーティスト: ガイ・グロス
  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/03/10
  • メディア: DVD
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

見たことがあるという人も多そうなので、迷いましたが、やっぱり好き!ということでお勧めに挙げておきます。

この映画の良い処は、とってもハッピーになれるということ!

悩み事なんて全部吹き飛んでしまうくらいウキウキとした気分で映画を見終えることができます。

ちなみに十代のころレンタルショップに通い詰めていた私はすっかり店長さんに顔を覚えられてしまっていて『プリシラ』をレンタルするとき

「お、いいね!この映画、当たりだよっ!」

と笑顔で言われたことを未だに覚えています。

ちなみにその後、その店は私のバイト先になりました。

本当に私が店長さんだとしても同じ言葉をかけてしまうと思います。沢山の人に見てほしい映画です。

8、あの人の面影を求めて*『シルビアのいる街で』

こんな機会もなければオススメできないので挙げておきます。ホセ・ルイス・ゲイン監督の『シルビアのいる街で』。

シルビアのいる街で BD [Blu-ray]

シルビアのいる街で BD [Blu-ray]

 

これはロードムービーなのかという疑惑もありますが、あてもなく主人公がフランスの古都ストラスブールを歩いている姿が美しい情景となって、どこか異国を旅している気持ちになります。

うっおり溜息をつきながら映画に浸ることができるおすすめの一本だと思います。

この映画の良い点は主役がイケメンという点です(ええっ!?)

特にストーリーはありません。

そこがまたいいんです(力説)!

数年前に出会った女性の面影を求めて、思い出の地を彷徨う青年の姿を捉えただけの静かな作品なのですが、時々また見たくなります。

何度もぼんやりと見たくなるスルメ映画的な良さがあります。

ちなみにゲリン監督の他作品はレンタルでは見ることができないのですが、この映画はレンタルがあるというのもお勧めの理由の一つです。

アート系の映画が好きという方には、非常にお勧めです。

9、ロードムービーの金字塔*『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』

やはりこれは外せないです。

非常に有名な作品なので勧めるまでもないかもしれません。

余命はあと少しと診断を下された二人の男が、海を見るためだけに車を盗み、走り出す逃亡劇。

この映画の良い点は、とにかくカッコいいということです。

これだけ印象的にレモン(そしてテキーラ)を撮影した映画って他にないです。

個人的にはドイツ映画というのがポイントで、街の風景を含めてお国柄を風刺した笑えるシーンなども必見かと思います。

もし見たことがないという方がいらっしゃれば、とりあえずレンタルショップで借りてみてください。おすすめです。

10、時代を超えた面白さ*『或る夜の出来事』

最後に紹介するのはこちらはフランク・キャプラ監督の『或る夜の出来事』です。

或る夜の出来事 (字幕版)

或る夜の出来事 (字幕版)

 

1930年代の白黒映画。

そんなもの今更見たって面白くも何ともないでしょうと思われる方もいるかもしれませんが、ぜひ一度見てほしいと心から思います。

一人の令嬢と失業中の新聞記者が、或る夜、夜行バスに乗り合わせる。縁もゆかりもなかった二人が、ふとした旅路で出会い心を通わせるというロマンスの面白さは、この時代からずっと変わらないのです。

この映画の良い点は、やっぱ映画好きだなって思えるところです。

ぐんと時代を超えて、ロマンチックな旅をする、そんな感覚で楽しめる映画です。

ちなみに、この映画は当時、アカデミー賞では主要5部門でノミネートされ、5部門とも受賞するという快挙を成し遂げた(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞)作品でもあります。今見ても、本当に面白いです。

まだ見たことがないという方で、白黒映画に興味があるという方にお勧めです。

まとめ

ということで今回は「旅」という括りで好きな映画を紹介してみました。

個人的にはあまり知られていなかったり、紹介されていない映画も織り交ぜながら、自分の好きな映画について語ってみました。

ちなみに旅映画といえば『イントゥ・ザ・ワイルド』を紹介する記事が多いです。逆にあえて紹介する必要もないかなと思い、今回は除外させていただきました。

若さゆえの無知や過ちを描いた、非常に痛々しい一本だと思います。

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

 

もう一本『モーターサイクル・ダイアリーズ』も同様の理由で選びませんでした。

こちらは若きチェ・ゲバラの南米大陸1万2千キロ縦断の旅を映画にしているもので、バイク好きとしても惹かれるものがある一本です。

ああっ!こういう旅したいっ…!と心から思います。

ただ割と早々にバイクが水没してしまうのが印象的でした。 

スタンド・バイ・ミー』も悩みました。この映画も大好きなのですが、既に見ている人がほとんどかもしれないと思い、控えさせていただきました。

子ども時代の冒険って、凄く大きな意味を持つんですよね。そして大人になってしまうと、もう二度と、同じ体験はできない。 夏になると見たくなります。

『ストレイト・ストーリー』や『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『ダージリン急行』など、他にも幾らでも候補に挙げたい作品はあったのですが、終わりが見えないので10本を紹介したところで終りにしました。

旅は映画と相性が良く、いくらでも作品は挙げられます。

そして映画そのものが異国の風景を見るための窓のような側面があり、1つの疑似的な旅を約束してくれるものだとも考えています。

勿論映画の好みもありますので、自分にとってベストだと思える映画に出会えるのが何よりです。

この記事を読んで少しでも「この映画見てみたいな」と思えるものがあれば、幸いです。

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

補足

ちなみに私はいつも映画はレンタルショップで借りたり、直接映画館で見に行ったりしています。

レンタルショップにないようなものはTSUTAYA DISCAS頼り一択です。ここにも在庫がない場合は、どこのレンタルでも入手できないので諦めて、ソフトを購入します。

 

宜しければ参考にしてください。