The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

絶対に得する海外旅行用クレジットカードはどれ?*年会費&保険内容を完全比較

SPONSORED LINK

本当に海外旅行にお勧めのクレジットカードはどれ?

今回の記事では、今後海外旅行に出かけるときのために持っておきたいクレジットカードをピックアップしたいと思います。

というのも、自分がクレジットカード増やしたいんです。

でも、ネットで情報を探していると、正直よくわかりません!

とにかく情報量が多すぎます。

サイトによって勧めているカードもバラバラなんです。

私が非常に天邪鬼な性格ということもあり

本当に選ぶべきカードって結局どれ…???

という疑問から暇な週末でしたので、ネットに名前が挙がっている旅行に特化しているというクレジットカードをピックアップし、年会費と付帯保険の内容を全部調べてExcelで表にし、比較してみました。

f:id:eno1081:20180421173827p:plain

自分のこういうところ地味に偉いと思っています(自画自賛)

折角調べた情報なので、クレジットカード情報をまとめておきたいと思います。これから旅行のためにカードの申し込みをしようと考えている方の参考になれば、幸いです。

f:id:eno1081:20180421201213p:plain

旅行用のクレジットカードを選ぶときのポイント

まず簡単に海外旅行用のクレジットカードを選ぶときのポイントをまとめてみます。

ポイントを3つに絞ると

  1. 年会費
  2. 保険は利用付帯(カードを使うと保険◎)自動付帯(カードを持ってるだけで保険◎)か
  3. 傷害(疫病)保険の金額
  4. できれば世界中で使える「VISA」か「Mastercard」

です。

年会費はできるだけ安い方が嬉しいですよね。

そして保険内容を見るときは、必ず死亡保険ではなく傷害(疫病)保険の額をチェックしましょう。

病気やケガなどの医療費は、旅行中に一番使われる可能性が高いと言われている部分です。カンボジアでは猿にかまれて200万円の治療費がかかった中国人の話を聞いたりもしました。

f:id:eno1081:20180421202648p:plain

▲(迂闊に触ると痛い目に遭うぜぃ…)

持っているカードの付帯保険を全部足したとき500万円以上あれば安心(アメリカは1000万)と一般的には言われています。

ちなみに死亡保険の額は足せません

でも、他の項目はカードを持っていればいるほど合算されていきますので

  • 無料のカードを2~3枚持てば、あっという間に500万円の旅行保険をゲット

することができるんです。

ということでまず、年会費無料のカードをチェックしてみました。

年会費無料のクレジットカード

年会費無料で旅行特化でよく名前を挙げられているカードを比較してみました。

すると、このような結果になりました。

f:id:eno1081:20180421201917p:plain

この結果から考えるに、個人的には

の2つが狙い目だと感じました。この2つを見ていきましょう!

「エポスカード」の魅力

まずは旅行系のクレジットカードで、必ずと言っていいほど勧められているのが、この「エポスカード」です。

自分で調べてみても、このカードは

  • 入会費・年会費は永年無料
  • 最短即日発効
  • 居酒屋や娯楽施設などの優待割引が豊富

というのが大きな魅力だと感じました。

また旅行好きにとっては、上記の表からもわかるように

  • 海外旅行保険で最も重視しなくてはならない疫病保険の額が高い(270万)

という点が最も注目に値します。

ちなみに死亡保険の額は低めですが、この項目は自分が持っているカードの中で一番学の高いものが適応されますので、もう1枚他のカードを持っていれば、何も問題ありません。

 そのうえ、無料だというのが一番のポイントかもしれません。

エポスカードのHPをチェック

「楽天カード」の魅力

もう1つ気になったのが、こちらの「楽天カード」です。

 楽天カード

このカードの魅力は

  • 入会費・年会費永年無料
  • 楽天ポイントが貯まりやすい

という点にあります。

今まであまり意識していなかったのですが、公共料金の支払いをクレジットカードを通して行ったり、ポイント管理をきちんとすることで、大分得することができるかもしれません。

また、上記の表で見たように「楽天カード」は旅行保険も充実しています。先ほど紹介した「エポスカード」と合算すれば既に

  • 死亡(楽天カード分:2000万
  • 疫病(270万+200万:470万
  • 傷害(200万+200万:400万
  • 携行品損失(20万+20万:40万
  • 救援(100万+200万:300万
  • 賠償(200万+200万:400万

となります。

これで短期の海外旅行だったら、一先ず最低限の旅行保険を無料で準備できるということになるかと思います。

クレジットカードが、利用付帯の旅行保険の場合

また「楽天カード」は利用付帯保険なので

  • 国内で航空券の支払いを行えば、旅行開始から3か月
  • 国外で長期滞在をするときは、途中で支払いをすればそこから3か月

といった形で保険を利用できます。

(基本的にどのカードも保険適用期間は3か月です)

利用付帯というとマイナスのイメージを持つ人もいるかもしれませんが、逆にいえば、保険適用開始時期を自分でコントロールできるということです。

上手く利用すれば、他のカードの自動付帯が切れてから、プラス3か月保険を適用させることができます。そういった意味で

  • 長期海外旅行の予定なら、利用付帯のカードをもつメリットは大きい

と個人的には思います。

その意味でもあえて同額の保険が適用される「横浜インビテーションカード」や「Rexカード」よりも「楽天カード」を勧めさせていただきました(何よりこのカードは楽天ポイント面で、日常使いの汎用性が高いと思われます)。

補足*「リクルートカード」は?

ちなみに、ネットでよく紹介されている「リクルートカード」。

リクルートカード(Recruit Card)

表にも記したように、こちらは疫病・傷害保険の額が100万円も他のカードより少ないです。

HPなどに旅行傷害保険最大2000万円とありますが、あくまで賠償保険の額なので気を付けましょう。また、以前はポイント還元率が非常に高いという点で魅力的だったようですが、2018年春を機に還元率が下がり、改悪との話題になっています。

ただしこのカードには「ショッピング保険(購入した商品の破損・故障の際に使える保険)」が200万円あるというのが魅力的かとも思いました。

参考までに記しておきます。

年会費3000円以下のクレジットカード

次は、年会費を少し上げてカードを検討してみましょう。年会費と保険内容を表にしてみると、このような感じになりました。

f:id:eno1081:20180421202247p:plain

ネットで評判の高い三井住友系列のクレジットカードを比較してみたところ、旅行保険の内容だけ見るならば

  • 三井住友系列ならクラシックカードではなく、アミティエ(女性限定)かクラシックカードAを選んだ方がいい

とよくわかりました。

ちなみに私自身、ずっと学生からの延長で三井住友VISAアミティエカードを普段から利用しています。

三井住友VISAアミティエカード

デザインがピンクで可愛らしいのが特徴です。

特に不満もなかったのですが、こうやって表にしてみると、他のカードに切り替えた方がいいのかな…と悩んできました。

個人的に魅力的だと感じたカードを以下、まとめてみます。

「マイレージプラスセゾンカード」の魅力

とても気になるのが「マイレージプラス カード」です。

このカードは

  • 年会費1500円
  • 疫病・傷害保険が300万円
  • マイルが貯められる

というのが魅力的です。

このカードは、年会費は1500円かかります。が、疫病・傷害保険が300万円になります。

この点は今、私が持っているアミティエカードと比較すると200万円も違うんですね。ただもし自分が25歳以下なら、次のカードを選ぶと思います。

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス」の魅力

このカードは本来3000円の年会費が必要なのですが、25歳までなら無料で使うことができます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

それでいて保険額は、年会費1500円の「マイレージプラス カード」と変わりません。

年齢の制限はありますが、もし自分が該当している場合は、迷わず選んでよいかと思います。

「ミライノカードGOLD」の魅力

このカードは今回調べて初めて存在を知りました。

f:id:eno1081:20180421193331p:plain

年会費3000円ではありますが、旅行保険の充実という点で「ミライノカード GOLD 」は良く旅行特化型クレジットカードとしてお勧めされています。

やはりその理由として

  • 傷害・疫病保険が500万円

というのは大きいと思いました。

ただこちらのカードの欠点はJCBのカードであるということです。日本国産ブランドのため、海外では使えないという情報も多くあります。

そのためこちらのカードは海外保険と日常使いがメインになりそうです。

年会費5000円以上のクレジットカード

最後にちょっと格上のカード内容を見てみたいと思います。

旅行にお勧めとよく紹介されているクレジットカードの年会費と保険内容を比較してみました。その結果は

f:id:eno1081:20180421202343p:plain

このようなものになりました。

この中から選ぶとしたら、セディナゴールドカード一択かもしれません。

「セディナゴールドカード」の魅力

セディナゴールドカード」は年会費と保険内容から、非常に魅力的なカードだとわかりました。

f:id:eno1081:20180421194603p:plain

まとめると

  • 初年度無料(年会費6000円)
  • 死亡保険(利用と自動を合わせて)1億円
  • 傷害・疫病保険300万円

のカードになります。

ポイントサービスも充実していて、ラウンジサービスなどもついてくる。このカードがあれば、わざわざ1万円のクレジットカードを発行する必要もないように思いました。

また、死亡保険が1億ですので、他の無料クレジットカードなどと組み合わせれば、海外旅行保険としては充実した内容になるかと思います。

まとめ

ということで、内容をまとめると

とまとめておきます。

組み合わせとしては色々考えられると思いますが

に加えて

  • 死亡保険や傷害・疫病保険が高額の有料クレジットカードを足す

というのがベストだと思います。

旅行保険内容としても「楽天カード」と「エポスカード」という無料のクレジットカードの旅行保険は優秀だと解る結果になりました。

▶楽天カード

▶エポスカード

とりあえず無料という点に安心もできますので、海外旅行の前に、この2つのカードを発行してみるというのが一番手堅いようにも思いました!

迷っている方の参考になれば、幸いです。

また本記事の作成は2018年4月になります。

時期によって情報が異なるということもあるかと思いますので、必ず各クレジットカード会社のHPにて情報の確認をするようお勧めいたします。

それでは、最後まで読んでくださり、有難うございました。