The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

台北の桃園国際空港で長時間トランジットを乗り切る!使える無料サービス一覧

SPONSORED LINK

台湾の桃園空港で長時間待たないといけない時は?

今回の記事では、台湾にある桃園国際空港でのトランジット(乗り換え)を快適に過ごせる無料のサービスや、休憩所の場所をまとめたいと思います。

桃園国際空港は、トランジットのためによく利用される空港です。

そのため乗り換えの飛行機を待つ利用者のために、いくつか無料のサービスが用意されています。

f:id:eno1081:20180729150151j:image

やむなくトランジットで長時間、桃園国際空港で過ごすという旅行者は参考にしてください。 

ちなみにこの記事は2018年の旅情報になります。

1、無料wifi サービス

まず便利なのは、無料のwifiサービスです。

空港に着いたら、スマホを出してwifiに繋いでみてください。

  • Airport free wifi

という表示があると思います。

その表示をクリックするだけで、すぐに無料でインターネットを利用できます。

パスワードも必要なく接続がスムーズなのは、魅力的でした。

速さは普通といった具合で、ネットサーフィンをする程度なら特に問題ないと感じました。

ただ極めて個人的なページ(宿の宿泊やブログのログインなど)にアクセスしようとした時は、上手く繋がらなかったとメモしておきます。

2、無料で利用できるPCサービス 

仮にwifiの接続が悪くても、至る所に無料で利用できるパソコンが設置されています。

皆、wifiを利用するため使用している人はほとんどいませんでした。f:id:eno1081:20180729150057j:image

もし、wifiの速度に不満があれば、利用すると良いと思います。

3、無料の休憩所を利用

他にも桃園国際空港には、 無料の休憩所が多くあります。

中でも第1ターミナルと第2ターミナルでそれぞれ1番快適だと感じた休憩所を行き方も含め、まとめておきます。

第1ターミナルの4階の無料休憩所

長時間のトランジットのため、人目を気にせず横になりたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合にオススメなのが第1ターミナルの4階中央にある無料の休憩室です。f:id:eno1081:20180802012523j:image

色々と検索して情報を調べたのですが、ここのラウンジが一番快適だという口コミが多数ありました。

実際利用してみると、横になれるベンチもあり(ベンチのすぐ下にコンセントの差込口もあり)、薄暗くて人が少なく、仮眠には最適のように思いました。

飛行機の時間をチェックするボードも置いてあり、安心感がありました。

シャワールームも中にありました。

欠点

この休憩所は、とても快適な作りになっていておススメです。

ただ2つだけ欠点があります。

それは

  • クーラー効きすぎて寒い
  • 場所がわかりにくい 

ということです。

1つ目の冷房がききすぎているという問題は、私が寒がり&夏だから仕方ないといえるかもしれません。

もしこの休憩所で休むことを念頭において長時間のトランジットを組んだ方は、くれぐれも風邪をひかないようご注意ください。f:id:eno1081:20180802012554j:image

場所がわかりにくいので、この休憩所の行き方もまとめておきます。

第1ターミナルで1番快適な休憩所の行き方

まず、飛行機から降りたら、フリーのガイドを1冊もらっておきましょう。

私は何も考えずに歩き続けて、反対の方向に行ってしまい、相当迷いました。f:id:eno1081:20180802012633j:image

ややこしいですが緑ではなく、青いほうの冊子に詳しい案内が書いてありました。

さて、目指すは第1ターミナル3階のA6もしくはB6付近にある案内所です。

斜めになっている道を進みます。f:id:eno1081:20180802015307j:image

まっすぐ進み、下の階段を昇ります。f:id:eno1081:20180802013447j:image

すると細い通路になっています。

休憩所が並んでいて、真ん中の休憩所だけ無料のラウンジになっています。f:id:eno1081:20180802013528j:image

宜しければ、下の図を参考にしてください。

f:id:eno1081:20180802012719j:image

ちなみにトランジットで日本や他国から着ている場合、最初の位置は3階だと知っておくとわかりやすいです。

ネットで検索すると、2階の休憩所を紹介されている方もいるのですが、最後まで行き方がわかりませんでした(検疫検査の前にあるのかもしれません)。

実は穴場?な第1ターミナルのB8付近の休憩所

個人的に穴場だと感じたのは、3階B8付近にあった休憩所です。

有料のマッサージ屋の横に隠れていてわかりにくいのですが、3つだけのんびりと座れる椅子が置いてあります。f:id:eno1081:20180802012801j:image

他に何かがあるわけでもないのですが、のんびりと仮眠をとりたい方には良いかもしれません。

f:id:eno1081:20180802012826j:image

上のアートギャラリーという看板の裏スペースになります。

f:id:eno1081:20180802014739j:image

第2ターミナルでおすすめなのは、桃花源空港図書館

ネットを探したところ、先ほど紹介した第1ターミナルの無料ラウンジを紹介していました。

でも、第2ターミナルでのんびり出来る所はないの?と思い、探してみました。

結果、私が腰を落ち着けたのが、第2ターミナルD2とD3付近にある、桃花源図書館です。

f:id:eno1081:20180802012953j:image

図書館といっても少し本が置いてある程度のスペースなのですが、ゆったり座れるソファがありました。

f:id:eno1081:20180802013015j:image

個人的に良かったのが、作業スペースになる机やライトがあったことです。f:id:eno1081:20180802013106j:image

キーボード付きのiPad Air2を開いて、作業することができました。

f:id:eno1081:20180802013043j:image

またこの部屋は、冷房が強すぎなかったので、ずっと居ても寒さに震えることがありませんでした。

待ち時間の間に何か作業をしたいという方におススメです。 

f:id:eno1081:20180802015216j:image

Cエリアのゲート付近の休憩所は広くて椅子が多い

あまりに暇だったので、ぐるりと航空内を回っていました。

個人的にABCDの中でも特に、Cにあるゲート付近には綺麗で広い休憩所が多いと感じました

例えばC1はこちら。

f:id:eno1081:20180802013139j:image

少し歩いてC2がこちら。f:id:eno1081:20180802013201j:image

さらに歩くとこんな休憩スペースもあります。

f:id:eno1081:20180802013223j:image

Cゲート付近は、色々なコンセプトで各ゲート付近の待合所を作っているようでした。f:id:eno1081:20180802013253j:image

4、無料のシャワーを利用できる

空港内には無料で利用できるシャワーもありました。

最も多くシャワーがあるのは、先ほど紹介した第1ターミナルの無料ラウンジスペースです。

f:id:eno1081:20180802013322j:image

シャワーは無料で利用でき、アメニティを借りると有料になるようです。

鍵はラウンジの外に一旦出て、左隣にある施設のカウンターに声をかけます。f:id:eno1081:20180802015357j:image

ただ生憎、私が使用しようとした時は大変混み合っていて、鍵をすぐに貸せないということでした。

第2ターミナルの穴場?はD1付近ランニングマシーン裏

そこで、代わりに私が使用したのが、ランニングマシーンのあるD1付近のエリアです。

ここは穴場だと思います。f:id:eno1081:20180802013746j:image

このランニングマシーンの裏手の奥に、鏡でダミーになったようなシャワールームが1つだけあります。

f:id:eno1081:20180802013807j:image

目立たない場所なので、人が全然来ません。

中はこんな感じでした。f:id:eno1081:20180802013841j:image

シャンプーとボディーソープもありました。お湯もすぐ出ます。

ただシャワー室の鍵が上手くかかっているのか不安になる作りでした。

というか壊れてたのかな?

f:id:eno1081:20180802013901j:image

不安で、ものすごい速さでシャワーを浴び、服を着たので、女性の方にはあまりお勧めできないかもしれませんね。

ちなみに、このシャワー室のすぐ近くに1台だけ、ふかふかのソファが置いてあります。f:id:eno1081:20180802014007j:image

眠りをテーマにしたコーナーのようで、電気を暗くすることができました。

コンセントもあります。f:id:eno1081:20180802014029j:image

人も来なくて、仮眠にはぴったりの場所でした。 

f:id:eno1081:20180802014647j:image

宜しければ、参考にしてください。

5、無料のランニングマシーンやマッサージ機もある 

先ほど述べたように、D1付近には、無料のランニングマシーンがあります。

気になる方は、使ってみるのも良いかもしれません。

f:id:eno1081:20180802013746j:image

他には数カ所、無料のマッサージ機がありました。

f:id:eno1081:20180802014138j:image

専用コインを取りに行かなければいけないようで、面倒には感じました。

ただあまりに時間が余ったので、飛行機に乗る前の休憩に利用。

あまり期待していなかったのですが、これがとても良かったです!

カバンを背負って移動していたので、肩がほぐれ、本当に癒されました。

ちなみに専用コインは、マッサージ機が置いてある隣のショップなどに声をかけると貸してもらえます。

時間がある方は、ぜひ利用してみてください。

無料で映画が見れるという噂があったけど… 

ちなみにネットで情報を拾っていると、無料で座椅子に座りながら、のんびりと映画を見れる部屋があるとのことでした。

ワクワクして探し回ったのですが、見つけることができませんでした。

ちなみにCゲート付近に以下のような場所があり、ワクワクして向かいました。

f:id:eno1081:20180802014238j:image

シネマとあって期待しましたが、ここでは特に映画は見られませんでした。f:id:eno1081:20180802014329j:image

もしかすると、第1ターミナルの2階にあるという休憩所がそうなのかもしれません。

既に中に入り、後は飛行機に乗るだけの状態ならば、あまり2階の休憩所に拘らない方が良いと思います。

私みたいに、ぐるぐると彷徨ってしまうことにもなりかねませんからね。

4階の休憩所は無料で使えるの?

ちなみに空港の4階には、スタバがあるフードコートがあります。

吹き抜けになっていて、とても目立つ場所です。

f:id:eno1081:20180802014514j:image

私は最初、ゆっくりできる休憩スペースを求めてここに入ったのですが、この階は基本的に有料サービスをメインとした休憩所が揃っている場所です。 

飲食以外では立ち寄る理由はないと感じました。

f:id:eno1081:20180802014621j:image

6、無料の給水機がある

私は利用しなかったのですが、至る所に無料の給水機がありました。

ただこちらは、自分でボトルは用意しないといけません。

飛行機の中は乾燥しやすく、飲み物を欲しくなる場面が多いです。

また、旅行先によっては飲料水が高いということもありますので、空のペットボトルなどを上手く利用して、飛行機に乗る前に水を確保しておくと良いかもしれません。

7、24時間営業しているレストランがある

他にも、24時間営業しているレストランがあります。

マッサージ機の利用やランニングマシーンなどは、深夜は使うことができないようでした。

でも、24時間営業しているレストランがあれば、夜中に到着してトランジットを過ごさないといけない場合にも、食事をとることができます。

下の画像は、営業している店のリストになりますので、宜しければ参考にしてくださいね。
f:id:eno1081:20180802015545j:image

ちなみに私は24時間やっている店ではありませんが、Cゲート付近で小籠包を頂きました。

f:id:eno1081:20180802015632j:image

アジア圏の旅行ではありませんでしたが、少し得した気分です。

台湾のトランジットも悪くないなと思いました。

 

まとめ

ということで、今回は台北の桃園国際空港でトランジットを過ごす方の参考になる記事を目指しました。

わかりにくい休憩所の場所について、もう一度最後にまとめておくと、第1ターミナルに関しては

  • 快適なのは、4階の無料ラウンジ
  • 行き方は、A6もしくはB6付近にある案内所横、斜めになっている道を進み、階段を上る
  • 無料シャワーがあるが夜は混む可能性大
  • 冷房が効きすぎてやや寒い

です。

第2ターミナルに関しては

  • D2付近の図書館が作業スペースとして使いやすい
  • D1付近のランニングマシーン裏にシャワーとソファあり
  • Cのゲート沿いはベンチが多い

です。

私は9時間ほどトランジットで過ごして、悲しいほどに歩き回りました。

もうこの1日で桃園国際空港を観光したんだ、という具合です。

自分自身が迷った点も含めて、情報をまとめたつもりです。

空港に置いてあるガイドブックを見ても、よくわからない部分を捕捉する情報もあるかと思いますので、旅路の参考にしていただければ幸いです。