The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

海外一人旅ならタブレットを持っていけ!私がPCではなくiPadを勧める理由

SPONSORED LINK

バックパッカー旅行に相応しいサブ機はどれ?

今回の記事では、旅行(移動の多いバックパッカー)の持ち物紹介記事の一つとして

  • 海外を「一人旅」するなら、サブ機は絶対に持って行った方がいい

という話をしたいと思います。

  • これから人生初のバックパッカー旅行をする予定だ
  • 荷物の選び方はさっぱりだ
  • サブ機って本当に必要?

という方の参考になれば幸いです。

なぜ「一人旅」にサブ機がいるの?

先ほど述べたように私は

  • 海外を「一人旅」するなら、サブ機は絶対に持って行った方がいい

と思っています。

なぜ「一人旅」を強調するかというと単純に

  • 自分以外の誰かの携帯を使うことができないから

です。

指摘するまでも無いですが

二人旅なら、装備は一人旅の二倍になります。

仮に一人が携帯をなくしても、もう一人いれば何とかカバーすることができますよね。

この点一人旅で頼れるのは自分の持ち物だけです。

私自身、これまで海外旅行をしながら

  • 携帯1台だけを頼りにするのは少し(というかかなり)不安

と思うことが多々ありました。

バックパッカースタイルの旅行を個人で計画する人はおそらく

  • 次の旅行先の宿の予約
  • 旅行先の治安、観光地レビュー、切符の買い方をチェック
  • グーグルマップで地図確認
  • グーグルマップ(オフライン)で現在地の確認
  • バスや列車のチケット予約

など旅行に必要な情報や予約を携帯電話(ネット)を通して行います。

このようにベッタリ携帯に依存しているわけですから

  • もし途中で携帯電話が紛失・破損・盗難などに遭ったら…

と思うと、体の芯からガクガク震えるほど不安になりますよね。

こんなとき

  • スマホ以外のサブ機があれば、安心度はかなり高い

と思います。

また一人で必死に情報を集めるわけですから

  • スマホを使い続けると、目と手が疲れる

という地味な悩みもあり、別の形のデバイスをサブ機として購入したいと常々考えていました。

私がサブ機として購入したのはタブレット

ということで色々と健闘した結果、今年の旅行から、中古で購入したiPad Air2を旅行のお供に加えることにしました。

実際にヨーロッパ周遊に使用した後でも、とても満足しているので

  • ノートPCではなくあえてタブレットを旅行に持っていく利点

を以下3点に分けて説明したいと思います。f:id:eno1081:20180821163428j:image

1、タブレットはとにかく安い

第一に私がサブ機としてタブレットを選んだ理由は

安いからです。

言うまでもありませんが、タブレットはノートPCに比べると安いです。

私は旅行直前にこちらの

  • i Pad Air2(中古)16GBをAmazonで17420円で購入

しました。

MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

 

中古ですが、状態の良いものを選んだので新品とあまり変わりません。f:id:eno1081:20180821164341j:image

iPadAir2は2014年発売のものなので安くなっているんです。

でも最新のProと比較しても

  • 重さは同じ最軽量
  • 機能性は抜群(指紋認証付き・動作はサクサク)
  • 何も不満がない

というのが感想です。

厚みをB5の50枚ノートと比較してみました。f:id:eno1081:20180821164501j:image

大きさも比較しました。f:id:eno1081:20180821164616j:image

このような商品を中古とはいえ2万以下で買える時代になったのかと思うと、十代のころと比べて確実に時代が変化しているのを感じます。

私のような小娘でもそう思うのですから、年配の方にとっては本当に眩暈を覚えるような時代なのかもしれませんね。

旅行の費用は安く済ませたいのが当然

さて、旅行に出かけるとなると

  • 旅行するならできるだけ安く済ませたい

と思うのが当然ですよね。

もし旅行用にサブ機を買うとしてノートPCを検討しても

  • 予算2万で済ませることは絶対に無理

というのは誰にでもわかることだと思います。

勿論、ノートPCとタブレットじゃ全然性能は違います。

でも先ほども指摘したようなスマホが必要となる場面は

  • ほぼすべてタブレットで代替可能

だと個人的には思います。

(少なくとも私はそれほど機械に詳しくなく、特別に高度な処理をPCで行うこともないので持ち歩きようには必要ないと考えています)

それどころかノートPCを町中で開いて歩くことはできませんが、タブレットなら気軽に持ち歩くことも可能です。

スマホの代替であれば、むしろ

  • 要領が少なく機能性に乏しくてもタブレットの方が使い勝手が良い

とすら個人的には考えています。

文章を書くならキーボード購入がおすすめ

でも

(タブレットじゃ文章が打てないし)

と思う人もいるかもしれません。

私もそう考えたので、iPadAir2用のキーボードを購入しました。

写真を見て一目ぼれしたものだったのですが、実物は想像よりも良品です。

閉じると大きめの手帳のようになっています。

f:id:eno1081:20180821163903j:image

開くとこんな感じです。f:id:eno1081:20180821163921j:imagef:id:eno1081:20180821163943j:image

PUレザーの全面カバーはかなりしっかりしていて、完全に本体をカバーしてくれます。

ちなみにキーボードはマグネット式で簡単に取り外しができます。

f:id:eno1081:20180821164059j:image

そして軽いです。
f:id:eno1081:20180821164114j:image

電源を付けると、ライトが光ってお洒落。

ゴムバンドがついているのでキーボードの落下防止になっているのが地味に良いです。

何よりタイピングが非常にスムーズで驚きました。

f:id:eno1081:20180821164008j:image

ちなみに透明の保護シートもついてきて3000円ほどです。

いやはや正直、本体もケースも

安すぎだろ

と絶句するコスパの良さでした。

見た目も好みなので、外でもじゃんじゃん使いたくなります。

本当にお勧めですのでこれからiPadAir2を買う方は勿論、キーボード付きのケースを探しているという方に超オススメです。

2、旅の荷物選びに「軽さ」は最重要項目

それから、私がタブレットを選んだ理由は

  • 軽いから

です。

あくまで持論なのですが

  • 日本出発時の旅の荷物は1gでも軽い方が良い

というのは(特に女性)バックパッカーが心に刻んでおくべきだと私は考えています。

以下、少しだけその理由を説明してみましょう。

なぜ女性の一人旅は「危険」なのか?

女性一人旅というと「危険」というイメージを持っている方も多いと思います。

私個人の考えとしては

単に「危険だ危険だ」と繰り返すことには全く意味がない

と考えています。

そうではなくて

  • 何故、女性は危険な目に遭いやすいのか?
  • どういう危険な事があるのか?
  • またそれは、どんな原因(行動)が想定されるのか?

を最大限に想定し、できるだけ「危険」な目に遭わないよう心掛けるという行動に繋げるまでが大切だと思っています。

いいですか。

想像してみてください。

スリ、ぼったくり、強姦あるいは追い剥ぎのターゲットを探している人の前に

客観的に見て、どう考えても重そうなバックパックやスーツケースを一生懸命運びながら、不安げにうろうろと彷徨っている小柄なアジア人女性が現れたとします。

ハッキリ言って

カモでしかないでしょう。

女性の一人旅を推薦してる身として、こんなことを書くと読み手の不安を煽ってしまうかもしれませんが

  • 常に最悪の事態を想定し、なるべく予防線を張る

というのは絶対に必要な姿勢だと私は考えています。

だからこそ私はどんなに見た目がダサくてもバックパックを海外旅行には勧めています。

  • 両手が自由
  • 手からすぐに離れるスーツケース(⇒置き引きの危険)
  • 空港でのロストバゲージ防止
  • いざとなったら自力で目的地まで歩ける(これができない状態だと、変なタクシーを捕まえてしまう、あるいは知らない人の車に乗ってしまうという危険に身を投じる可能性が高くなる)

というのは非常に重要な点です。

重さに関しては

  • いざ何かあったときに走って逃げられるくらいの重さ
  • 客観的に見て、不自由に見えない量の荷物

という状態を目指すと良いでしょう。

つまり

荷物はできるだけ軽くするのが正義!

そのうえで

  • サブ機であれば、軽量のノートPCやタブレットを選ぶ

というのがポイントになってくるわけです。

昔のiPadと今のiPadは全然違う

最近のiPadは本当に軽くて

  • iPad mini(304g)
  • iPad Pro9.7インチ(444g)
  • iPad Air2 (444g)

という重さになっています。

重さ重視ならminiという選択も勿論、アリです。

ただ私はできるだけノートPCに近しいスタイルで利用したかったのでAir2にしました。

キーボードを付けたので1000gを少しだけ超える重さになってしまったのですが、それでもケース付と考えたら軽量のノートPCより軽いくらいです。

仮に文章を打つ予定がなければ、キーボード無くても不便はないですしね。

ノートPCなら1000g以下

逆にどうしてもノートPCに拘るなら

  • 1000gを超えるPCを選ばない

という基準を設けると選ぶのが楽になるかもしれません。

この点を満たしている機種といえば、こちらのMacBookが断トツ人気でしょう。

  • 12インチ
  • 256GB
  • 921 g

ただ中古でも予算13万が妥当な線かと思われます。

もし私が

  • 短期のバックパッカーではなく留学や仕事で海外に滞在
  • 日本に帰る予定が未定なほど長期で海外放浪する

なら確実にこのPCを選ぶと思います。

1つの場所に移住するというスタイルでしたら、破損や盗難の心配が減るからです。

移動が多く安宿を渡り歩くバックパッカー旅行で、常に13万のPCを持って歩くのは盗難と破損で不安が煽られる気がします。

(単に私が心配性なだけかもしれません)

その人の経済状況にもよるかもしれませんが

  • 比較的、紛失・盗難に遭ったとき精神的ダメージが少ない値段のサブ機を選ぶ

と、不安は少なくて済むかもしれませんね。

旅先での不安はどんなことでもトラブルを引き起こす種になりやすいので、少しでも不安要素を増やさないのもポイントだと思います。

 

3、タブレットはとにかく手軽

私がタブレットを選んだもう一つの理由は

  • 起動するのが手軽で使い勝手が良いから

というものです。

私自身よくあることなのですが

  • わざわざ外出先にノートPCを持って行ったのに結局あまり使わない

というケースがあります。

これは面倒くさがり屋に限ることなのかもしれませんが

  • PCを起動することすら面倒

と、どこかで感じているんでしょうね。

その点タブレットなら

  • ケースを開けばすぐに使える

というのは最大の魅力だと思います。

わざわざ荷物を増やしたのに結局あまり「使わない」といったことにならないのは、PCよりもタブレットなのではないかなと私は思いました。

雑誌系の情報に触れやすいのも魅力

また「本音レビュー*Kindle Paperwhiteで大後悔!購入3日後にメルカリで売った話」という記事に以前書いたのですが、タブレットを利用すると

  • 電子書籍でカラーの雑誌やガイドを比較的快適に読むことができる

のも良い点です。

www.nekopajamas.net

もし旅先で「この国のガイドブック欲しいな」と思ったら電子書籍で購入して、すぐにぺらぺらと読むことができます。

最近は

  • 美容院でも雑誌読み放題サービスと契約したタブレットを利用

している店舗も多いですよね。

携帯だと雑誌系は文字が小さくて読みにくいです。

でもタブレットなら画面が大きいので、これが比較的楽です。

特にiPadは動作が非常にスムーズなので、読むときのストレスも少ないです。

日常生活でも活用しています。f:id:eno1081:20180821163446j:image

単純に電子書籍をもっと日常に取り入れたいという方にもタブレットはお勧めですよ。

まとめ

ということで今回は、一人旅の装備としてのタブレット購入を勧めてみました。

理由は

  • スマホ紛失時のサブ機は重要
  • 旅の荷物はできるだけ軽い方が◎
  • タブレットは圧倒的に安い
  • (値段が気になるなら)中古選択もあり
  • キーボードつければ、文章も打てる
  • いざ紛失破損しても高価なノートPCより精神的ダメージ少ない
  • 電子書籍も読みやすい

というものでした。

また軽さについてはカメラ選びも同様で、私は一眼レフよりも軽めの高級コンデジをお勧めしています。

宜しければ「旅行の御供に一眼レフではなく、高級コンデジ(GRⅡ)を購入した話」という記事も併せて参考にしてください。

www.nekopajamas.net

ただ、こういったものは色々な選択や拘りがありますし、数年後には状況も変わっていると思います。

あくまで1つの例として参考にしてくだされば、幸いです。

それでは最後まで読んでくださり有難うございました!

MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

旅の持ち物に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net