The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

ロッテルダム観光はオランダ旅の穴場?個性的な建築が並ぶオランダ第二の都市の魅力

SPONSORED LINK

オランダ旅の穴場?ロッテルダム観光

ヨーロッパ旅行後「オランダのロッテルダムに行ってきたよ」と母に伝えたところ

「ロッテルダム…?アムステルダムじゃなくて?

という返事が返ってきました。

確かにオランダといえば首都アムステルダムの印象が強いかもしれません。

でもロッテルダムもなかなか魅力的な都市でした!

f:id:eno1081:20170808001823j:plain

▲こちらはアムステルダムで撮影した一枚。いかにもヨーロッパといった自転車と運河の街でした。

f:id:eno1081:20180204231818j:plain

▲こちらはロッテルダムで撮影した一枚。個性的な建築が際立つビジネス街という感じでした。

ということで今回は、ヨーロッパ旅行をする際に訪れる都市の候補地として、ロッテルダムを挙げたくなる記事を書けたらと考えています。

旅の参考にしてもらえれば、幸いです。

ロッテルダムはどこにある?

最初に確認しておきたいのが、ロッテルダムの位置情報。

地図で確認すると、ロッテルダムはアムステルダムよりも南にあり、ベルギーから移動しやすいことがわかります。

f:id:eno1081:20180309122542p:plain

早速、高速バス(FLIXBUS)でチケットを予約!片道11~15€の安さで国境を渡ることができました。

この日は天気が良く、バスの中から空を仰ぐと、分厚い雲があまりにも近く、目を見張るほどでした。

初めての場所に行く期待と共に、バスに揺られること2時間。

f:id:eno1081:20180204231421j:image

2時間であっという間に別の国に行けるなんて、日本ではなかなか考えられない体験です(ちなみにパスポートのチェックもありません)。

さぁ、到着しました、初オランダ・ロッテルダムです!

ばーん!

f:id:eno1081:20180204231557j:image

わぁ…!すごく滑り心地よさそうな滑り台って感じですね…!

それでは以下、ロッテルダムの魅力を3つのポイントに絞ってお伝えしたいと思います。

ロッテルダムの魅力1*個性的な建物の数々

ロッテルダムの魅力の1つに、並び立つ建物が近代的でユニークという点が挙げられます。

先ほど紹介した駅もなかなか印象的なのですが、駅から少し歩くとこんな建物が…!

f:id:eno1081:20180204231702j:plain

うわぁ~…!!!

なんだか時空のゆがみが生じてうっかり見えてしまった未来都市の一風景って感じですね…!(どういうこと?)

なかなかフォトジェニックな一枚を撮ることもできます。

f:id:eno1081:20180204231742j:plain

そして、観光客が少ないからでしょうか?

見てください。
f:id:eno1081:20180309143839j:image

ゴミが落ちていないっ…!!?

そう。パリやブリュッセルに比べると、圧倒的にゴミが少なく、治安が良いと感じました。

f:id:eno1081:20180204231818j:plain街のいたるところにオブジェがあります。

歩いていて面白かったです。

f:id:eno1081:20180204231845j:image

住み心地が大変気になる*キュービックハウス

ゲストハウスで一泊した翌日、ロッテルダムの個性的な建物の1つとして有名な「キュービックハウス」も見に行きました。
早朝、だれもいないビジネス街をただひたすらに歩きました。

日曜日だったからでしょうか?

2キロほど歩いたのですが、街に誰もいなくて

f:id:eno1081:20180204232615j:plain

う、嘘だろ…

誰も…いない…そんな…

f:id:eno1081:20180204232652j:plain

 

誰か…

誰か、誰か…f:id:eno1081:20180204231922j:image

誰かいないのかぁーーーっ!!!

という感じの世紀末的な恐ろしさを体験することができました。知らない間に世界滅んで、取り残されたパターン。

リアル『オープン・ユア・アイズ』ですね、見たことのない方はぜひ。

オープン・ユア・アイズ [DVD]

オープン・ユア・アイズ [DVD]

 

さて、とことこ歩くと見えてきました、噂の「キュービックハウス」がこちら!

おぉ~!

f:id:eno1081:20170806151935j:plain

ちなみに抽象的な森をイメージした建物だそうです。森…どこが…?(黙れ)

このキュービックハウス、じつは宿泊施設だそうで、調べてみたところ1泊1万円ほどで寝泊まりすることが可能なようです。

住み心地が気になるので、機会があったら泊まってみたいなとも感じました。

f:id:eno1081:20180204232718j:image

ロッテルダムのシンボルタワー*「ユーロマスト」

さらにロッテルダムのシンボルタワーといわれる「ユーロマスト」にも足を運びました。

ほほ~う!これもなかなか奇抜な形のタワーです。

f:id:eno1081:20170806164030j:plain

タワーは登ることもできるようです。

私は高所恐怖症と金欠の残念人間でしたので、上りませんでしたが時間がある方は、ゆっくりと観光して時間をつぶせる場所だなとも感じました。

f:id:eno1081:20170806164316j:plain

緑の豊かな、港の美しい、超モダンなビジネス街

ロッテルダムは、凄くモダンなビジネス街といった様相なのですが、気づくと、このような緑に囲まれた美しい公園に足を運んだりしています。

f:id:eno1081:20170806165323j:plain

また港町なので、こういった風景も目にすることができます。

f:id:eno1081:20170806161944j:plain

高層ビルより一際高い橋もあります。

ロッテルダムは、ヨーロッパの内陸部と海をつなぐ河川沿いにある港町。たくさんの船が行き来しています。

f:id:eno1081:20170806153857j:plain

フォトジェニックな風景を撮るのにも最適です。

早朝の河川沿いを散歩するのは、本当に気持ちが良く、この街に住んでいたら、毎日ランニングをするだろうなぁとぼんやり思いました。

f:id:eno1081:20170806155242j:plain

ロッテルダムの魅力2*ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

ヨーロッパの楽しみといえば、美術館巡りです。

ロッテルダムに至るまで、既に多くの美術館を巡っていたのですが、ここロッテルダムの「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」は凄く内容が充実していて、行ってよかったと心から思えました。

f:id:eno1081:20180204233514j:image

荷物を入れるためのロッカーが既に作品になっています。

f:id:eno1081:20180204233736j:image

な、なんだこりゃぁという巨大オブジェが入り口にあるのですが

f:id:eno1081:20180204233258j:image

実は、よく見るとコート掛けなんです…!

f:id:eno1081:20180204233318j:image

こういうの個人的には大好きです。

また、有名どころでいえば、ダリやマグリットなどのシュールレアリスムの作品が所蔵されています。

f:id:eno1081:20180204233121j:image▲サルバドール・ダリ、"Couple aux têtes pleines de nuages"、1936。1930年代におけるダリの最も傑出した作品の1つ。このカップルの中にダリは、彼自身と彼の妻でありミューズであるガラを見ています。しかし実は、この輪郭は、もう一つ由来があり、19世紀の画家ジャン=フランソワ・ミレー『晩鐘』から借用したものだと解説がありました。

ちなみにミレーの『晩鐘』もオルセー美術館で実物を見ることができました。

f:id:eno1081:20180204233054j:image▲こちらはルネ・マグリット、『複製禁止』"La reproduction interdite"、1937。我々は肩越しに、男を覗き見ている。彼は鏡を見ているが、その鏡は後方から男の正確なイメージを映し出している。マグリットはこのような矛盾したイメージの巨匠で、その作品の多くに興味をそそるような、謎めいた題名をつけている。彼はこの絵画を「複製禁止」と呼んだ。彼のパトロンであった英国の詩人エドワード・ジェイムスの肖像。ちなみに絵の中の本だけが、正確に鏡に映し出されている…と解説には書かれていました。

マグリットのこちらの作品は、以前日本で開かれていたマグリット展では見ることができなかったので、非常に嬉しかったです。

他にも所蔵作品が多く、時代も千差万別で、非常にバラエティに富んでいました。

例えば、このような展示法も。

f:id:eno1081:20180204233222j:image

中世から20世紀の作品にいたるまで、バラバラに無造作に常展示しています。
f:id:eno1081:20180309143722j:image
面白いですねぇ…!

他にも地下に印象派画家の下絵が置いてあったり(下はセザンヌ)

f:id:eno1081:20180204233357j:image

レースで作られた世界地図があったり
f:id:eno1081:20180309143605j:image
f:id:eno1081:20180309143638j:image

こんなユニークな作品があったりと、飽きることがありませんでした。

f:id:eno1081:20180204233334j:image

ちなみに『バベルの塔』展と時期がかぶっていて、ブリューゲルのこちらの作品は見れませんでした。大々的に宣伝されていたのが印象的でした。

f:id:eno1081:20180204233426j:image

f:id:eno1081:20180204233452j:imageこの旅ではいろんな美術館を廻りましたが、本当にここは一押しです。
f:id:eno1081:20180309143652j:image

ぜひ美術館巡りが好きという方には足を運んでほしい場所とお勧めしておきますね。

f:id:eno1081:20180204233016j:image

ロッテルダムの魅力3*世界遺産キンデルダイクに行ける

私がロッテルダムに来た一番の理由。

それは、世界遺産キンデルダイクでした。ロッテルダムからウォーターバスに乗って20分ほどで風車が並ぶ絶景の世界遺産を見に行くことができます。

f:id:eno1081:20170806184245j:plain

キンデルダイクは心から訪れてよかったと思える場所でしたので、ぜひロッテルダムの街巡りと合わせて足を運んでほしいです。

 

www.nekopajamas.net

ロッテルダムの超近代的な街並みとキンデルダイクの大自然にという二刀流。

滅茶苦茶おすすめです…!

f:id:eno1081:20170806184849j:plain

まとめ

ということで今回の記事では、ロッテルダム観光の魅力をまとめてみました。

内容は

  • ロッテルダムはブリュッセル(ベルギー)から高速バスで2時間ほどで行ける
  • ロッテルダムは個性的で近代的な建物が多い
  • 治安は良い(街歩き心配なし)
  • 絵画好きならボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館は超おすすめ
  • 世界遺産キンデルダイクにも行ける

といった感じでしょうか。

近代的なビジネス街、個性的な建築、充実した美術館に、港町と世界遺産の風車。

アムステルダムほど観光地化されているといった都市ではありませんが、だからこそ魅力がある面も大きく、個人的にはロッテルダム&キンデルダイクでは、非常に楽しい時間を過ごすことができました。

ちなみにアムステルダムにも日帰りで行きました。

ゴッホ美術館が最高に良かったです!

www.nekopajamas.net

ロッテルダムに行こうと思っていなかった人も、少し気になったという記事になっていれば幸いです。

それでは、最後まで読んでくださり有難うございました。

f:id:eno1081:20180204231627j:plain

補足*食事やゲストハウスの感想

ちなみにロッテルダムでは日本食が恋しくて、ゲストハウス近くの日本食屋さんに入りました。

わぁ~!鳥居があります…!
f:id:eno1081:20180204233643j:image

ちなみにお店の名前は「wagamama」でした。

f:id:eno1081:20180204233606j:image

我儘ってローマ字表記にすると、すごくかわいいんだなと思いました。

焼き鳥丼とビールを飲みました。うまうまです。
f:id:eno1081:20180204233701j:image

フランスやベルギーに比べると、滅茶苦茶美味しい!!!という驚きはなかったです。少し高いような気もしましたが、普通に美味しく頂けました。

宿泊したのは「King Kong Hostel」というゲストハウスでした。

駅近でした。

f:id:eno1081:20180204232431j:image

予約が遅くて空いておらず、男女兼用の安い大部屋に泊まったのですが、これはちょっとしんどかったです。

というのも、カーテンがついていないんです…(日本や台湾のゲストハウスは大体各ベッドの横にカーテンがついていて、プライバシーを守ることができます)

f:id:eno1081:20180204232505j:image

トイレが綺麗で広かったので着替えには困りませんでした。

f:id:eno1081:20180204232529j:image

ただもう二度と男女兼用の大部屋は宿泊しないと思います。

年齢的にもちょっと厳しいかな…?

f:id:eno1081:20180204232042j:image

あと沢山ゲストハウスに宿泊しましたが、ここのタオルはシミがついていたのも、少し印象が良くなかったです。

f:id:eno1081:20180204232223j:image

ゲストハウスの評判が気になり、情報を検索するという方もいると思いますので、参考にしてください。

ちなみにこの後に泊まったケルン(ドイツ)のゲストハウスは凄く良かったです。

ケルン旅の感想は以下の記事から、ご覧いただけます。

www.nekopajamas.net

 

オランダ一人旅に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

オランダ行きの航空券を検索