ストレングスファインダー診断結果【徹底分析】日本人に多い資質1位はどれ?

ストレングスファインダー診断結果を徹底分析

今回の記事では

  • ストレングスファインダー2.0

の診断結果について、データをまとめつつ、分析を行いたいと思います。

ちなみに、ストレングスファインダーとは

  • 米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツール

です。

Webサイト上の177個の質問に答えて、自分の強みを把握することができます。

データを重視するメンタリストDaigoさんやパレオな男さんなど研究志向の人が、自己分析ツールとして積極的に薦めているなど、評判や信ぴょう性も高く根強い人気があります。

今更ながら私自身この度、ストレングスファインダーをやってみたのですが

  • 一般的に多い資質は何なのか?
  • 日本人ならではの傾向はあるのか?
  • 男女別の傾向は?

といった多くの疑問点がありましたので、色々とデータを漁ってみました。

以下すべて日本語にして表にまとめましたので、自分の診断結果と合わせて参照するとまた違ったものが見えてくると思います。

宜しければ、診断結果分析の参考にしてください。

※参考データURLはこちら

※また表に関しては、下記サイトで提供している無料配布pdf(色分け分類表)を利用させていただきました。とても使いやすいので、ストレングスファインダー診断後に利用することをおすすめします。

>ストレングスファインダー診断結果分類シート|自分コンパス

1、ストレングスファインダー診断結果(日本人の傾向)

以下、ギャロップ社が発表した2018年の診断結果統計における日本人のデータです。

左にあるのは、資質の4分類色分け表になります。

※1597人の回答者が上位にもつ資質を多い順に並べたものになります。

以上から日本人の特徴として、4つの分類(実行、影響、人間関係構築、戦略)のうち

  • 赤(人間関係構築能力)が高い人が非常に多い

ことがよくわかります。

以下、多い資質と少ない資質のトップ5を別に分析していきましょう。

日本人に多い資質トップ5

日本人に多い資質のトップ5をまとめてみると

  1. 最上志向
  2. 調和性
  3. 学習欲
  4. 個別化
  5. 共感性

という結果になりました。

  • 日本人に一番多い資質は「最上志向」

なんですね。

日本人に少ない資質トップ5

逆に、日本人に少ない珍しい資質トップ5は

  1. 自己確信
  2. 指令性
  3. 規律性
  4. 競争性
  5. 信念

の5つでした。

以下世界のデータとも比較してみましょう。

2、ストレングスファインダー診断結果(世界の傾向)

こちらがギャロップ社が発表した2018年の診断結果統計における世界のデータになります。

※20002953人の回答者が上位にもつ資質を多い順に並べたものになります。

日本人のデータと横並びに並べてみると、違いが非常によくわかりますね。

左が世界、右が日本人のデータになります。

明らかに日本人は、上位に赤色(人間関係構築能力)が多いと判断できるでしょう。

さらに特筆すべきは

  • 日本で1位の「最上志向」が、世界水準では19位(12.8%)

という驚くべき点です。

これは非常に面白い結果だな、と個人的には感じました。

3、世界と日本のデータを比較分析

世界水準で多い資質TOP5と日本におけるTOP5を並べてみました。

まずは、世界水準で多い資質TOP5です。

( )内は日本のランキングと比較

  1. 達成欲(15位)
  2. 学習欲3位
  3. 責任感(16位)
  4. 親密性(13位)
  5. 戦略性(14位)

次に、日本のTOP5です。

( )内は世界のランキングと比較

  1. 最上志向(19位)
  2. 調和性(6位)
  3. 学習欲2位
  4. 個別化(13位)
  5. 共感性(9位)

世界水準でトップ5に入っている強みのうち、日本人は学習意欲(2位)以外どれもランクインしていません。

また、日本で4位と5位を占めている「個別化」と「共感性」も世界水準では13位と9位とそれほど多い資質ではないようです。

以上をまとめると

  • 最上志向
  • 個別化
  • 共感性

この3つの強みが、とりわけ「日本人」に多いとデータから判断できる資質と分析しました。

特に1位の「最上志向」に関しては、世界水準で19位と考えると、非常に日本人的ともいえる素質なのかもしれません。

加えて

  • 達成感
  • 責任感
  • 親密性
  • 戦略性

の4つの強みに関しては、平均的な日本人の数値だと15位、16位、13位、14位と決して多いとは言い難い資質です。

が、世界水準でみたときに上位5位に連ねる資質となっています。

日本ではなく、世界というより大きな枠組みで自己分析をするときの基準になるかもしれません。

さらに日本人が比較的高いといえるのが

  • 8位:着想(14位)
  • 11位:慎重さ(25位)
  • 12位:内省(20位)

です。

特に、世界で25位の「慎重さ」が日本では11位であるというのは、非常に面白いです。

日本人に少ない資質を分析

同様に、世界水準で少ない資質TOP5と日本のTOP5を並べてみました。

※左が世界、右が日本のデータになります。

  1. 自己確信:自己確信
  2. 指令性:指令性
  3. 自我:規律性
  4. 規律性:競争性
  5. 原点思考:信念

となります。

世界でも日本でもランクインしている

  • 自己確信
  • 指令性
  • 規律性

は、極めてレアな資質であることがわかりました。

また世界で3番目に少ない「自我」は、日本では24位と中間を占めています。

このことから世界水準でみると

  • 日本人は「自我」の傾向が高め

と分析できるでしょう。

4、日本人の資質傾向【まとめ】

以上の内容をすべてまとめると、

  • 学習意欲

は世界でも日本でも多く、上位にランクインとしている強みでした。

同様に

  • 自己確信
  • 指令性
  • 規律性

は世界水準でも日本でも、レアな資質でした。

日本人には比較的多いものの、世界水準でみると実はそれほど多くないのが

  • 最上志向
  • 個別化
  • 共感性
  • 着想
  • 慎重さ
  • 内省
  • 自我

です。

「日本的」と簡単にいうのは語弊があるかもしれませんが、特に日本で1位の「最上志向」は、世界水準だと19位であるという点は、特筆すべきでしょう。

逆に日本人には多いと言い難いが、世界水準だと実は上位を占めている資質が

  • 達成感
  • 責任感
  • 親密性
  • 戦略性

と判明しました。

ストレングスファインダーの診断結果を分析するときの参考にしてください。

5、男女別の傾向

せっかくなので、世界の男女別データもすべて表にしてみました。

※左が男性(7307429人)で、右が女性(9447125人)になります。

男性・女性に多い強みを比較検証

以上のデータをまとめると、男性に多い強みは

  1. 達成欲
  2. 学習欲
  3. 親密性
  4. 戦略性
  5. 責任感

でした。

一方で女性に多い強みは

  1. 達成感
  2. 責任感
  3. 親密性
  4. 学習欲
  5. 共感性

でした。

両者に大きな違いはありませんが、男性は女性と比べると

  • 戦略性」が4位(女性は11位)
  • 分析思考」が6位(女性は28位)
  • 着想」が8位(女性は26位)
  • 競争性」が11位(女性は30位)

以上の強みが、明らかに上位にあります。

特に、青(戦略)のカテゴリーに属する強みが上位にきているのが特徴的です。

一方で女性は

  • 共感性」が5位(男性は21位)
  • 成長促進」が8位(男性は24位)
  • コミュニケーション」が14位(男性は22位)
  • 公平性」が15位(男性は25位)

以上の強みが、明らかに高い傾向にあります。

特に、赤(人間関係構築)のカテゴリーに属する強みが高いのが特徴的です。

男性・女性に少ない強みを比較検証

男性に、珍しい強みを順にまとめると

  1. 規律性
  2. 自己確信
  3. 指令性
  4. 自我
  5. 活発性

でした。

一方で女性は

  1. 自己確信
  2. 指令性
  3. 自我
  4. 原点思考
  5. 競争性

でした。

自己確信」「指令性」に関しては、男女関係なくレアな強みだとわかりましたね。

競争性」に関しては

  • 男性が11位で女性が30位という大幅に異なる結果が出ている

ので、非常に男性的な強みといえるでしょう。

また

  • 男性に一番少ない「規律性」が女性は24位

というのも、非常に特徴的だと思います。

また女性に4番目に希少な「原点思考」が男性は17位にあげられるのも、目立つ違いです。

6、男女別の資質傾向【まとめ】

以上をまとめると、男性は女性と比較すると

  • 戦略性
  • 分析思考
  • 着想
  • 競争性
  • 原点思考

を強みとしていることが多いということです。

女性に比べると、赤(人間関係構築)のカテゴリーがやや下位に集まっています。

さらに女性と比較すると「規律性」を強みにしている人が、非常に少ないといえるでしょう。

女性は男性と比較すると

  • 共感性
  • 成長促進
  • コミュニケーション
  • 公平性

を強みにしている人が、多い傾向です。

「規律性」は男性よりも多くが有しています。

が、青色(戦略)カテゴリーの「原点思考」や「着想」「分析思考」を強みとする人が多くないといえるでしょう。

以上の結果を参考にすることで

  • 自分が男性的か女性的か

といった性格診断にも使うことができるかと思います。

日本人のデータと比較したときの傾向

ただし以上の性別データは世界水準のものになります。

そこで先ほどの日本人のデータを横に並べ、より日本人の傾向を判別していきたいと思います。

※左が日本のデータ、右が世界の男性のデータです。

今度は逆に、世界の女性のデータと日本人のデータを並べてみましょう。

このように比較すると、日本人は他国よりも

  • 女性的(関係構築(赤)が多く「競争心」が低い)

な強みをもつ人が多いのかもしれません。

あくまでデータからの推測ですが日本はもしかすると、ガツガツとした男性よりも、中性的な男性の方が多いのかもしれませんね。

まとめ

ということで、以上ストレングスファインダーの診断結果を

  • 日本
  • 世界水準
  • 男性
  • 女性

の4つのデータをまとめることで、自己分析に活用しやすいようにしてみました。

最後に、日本のデータを基準に多い資質ランキングをまとめてみます。

※数字が小さいほど多く、数字が大きいほど珍しい資質です。左から日本、世界、男、女のデータです。

適職診断として、ストレングスファインダーを利用する人も多いと思いますので、当記事が自分の強みについて深く知りたい人の参考になれば幸いです。

ちなみにストレングスファインダーは、以下の書籍を購入し、アクセスコードからネットでウェブの診断テストが受けられます。

※1度使用したコードは再利用できないので、中古本は買わないように気を付けて下さい。

ただし書籍購入でわかるのは、5つの強みだけです。

34すべての強みの序列を把握する場合は、書籍代金に加えて、別途公式HPにて支払いが必要になりますのでご注意ください。

公式HPはこちら


 

補足として以下、一例として当記事を書いた私自身のストレングスファインダー診断結果と、診断結果の活用法をブロガー視点で、まとめたいと思います。

興味がある人だけ、更に下にお進みくださいね。

管理人のストレングスファインダーの結果

私のストレングスファインダーの結果は、以下のようになりました。

めっちゃくっちゃ偏ってます。

  1. 戦略性
  2. 着想
  3. 学習意欲
  4. ポジティブ
  5. 内省

ことごとく真っ青(戦略型)ということが、よくわかりました。

よくわかりませんが、頭ガッチガチという感じがします。

あまりに偏っていたので他が気になり、課金して全部の資質をチェックしたのですが、とても興味深い結果でした。

つまり

  • 女性に少なく男性に多い青の資質が多い

のですが、確かに私は女性的なものに興味が薄く、男性人気な趣味に興味があったり、ハマることが多いんですよね。

あと「調和性(32位)」がめちゃくちゃ低くてビックリしてしまいました。

調和性」は

  • 日本(2位)
  • 女性(7位)
  • 男性(9位)

と多くの人がもっている強みなんですよね。

それが32位って、どれだけ「調和性」に欠けている人間なのでしょうか…。

※以下のように日本人のデータ(右)と、自分のデータを比較すると違いもみえてきます。

思った以上に、自分の気づいていなかった資質がわかったような気がして満足しました。

超絶戦略家(でもポジティブ!)

という感じで、頑張ろうと思います。

お金はかかりましたが、一回きりだと思えば悪くないかもしれませんね。

「最上志向」が多いのは「ブロガー」ではなく「日本人」

ちなみにストレングスファインダーの結果を公開している人がブロガーさんに非常に多いこともあり

  • ブロガーは「最上志向」が多い

という定説を見かけることが、非常に多いです。

これに関しては先ほど

  • 日本人1位の資質が「最上志向」

であると今回、データを提示しました。

なのでブロガーに多い特性ではなく、日本人に多い特性と考えた方がより正確かと思います。

(巷の定説に否を唱えるようで申し訳ありませんが、参考までに)

ブロガーがストレングスファインダーを役立てる方法

あくまで私の個人的な考えですが

  • ブロガーは人によって成功パターンがかなり違う

と感じるものがあります。

一言にトップブロガーといっても

  • カリスマ性がある
  • 文章力が高い
  • データ分析が得意
  • 好感度が高い
  • デザインセンスが良い
  • マーケティングの天才

など、本当に十人十色だと思いませんか?

なので、もしブロガーさんがストレングスファインダーをブログ運営に役立てるのであれば

  • 自分と資質が似てるブロガーさん

の戦略や運営スタイルを参考にし、モデリングすると成果につながりやすいかもしれません。

というのもイケダハヤトさんやヒトデさんなど、多くのトップブロガーさんがすでに自分のブログで

  • ストレングスファインダーの結果

を公表している状態です。

  • 自分の憧れてるブロガーさん
  • スタイルが似てるブロガーさん

の結果を見て、どのトップブロガーさんの性質に近いのか参考にしつつ、自分の強みを育てて、躍進できると良いような気がします。

ということで、当記事が多くの方の参考になれば幸いです。

※引用される際は、必ず当記事を参照リンクとして貼ったうえで、きちんと元データにお目通しくださいね。

それでは当記事がどなたかの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。