The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

大阪から日帰りで行ける*念願の鳥取砂丘を見てきました!

大阪から鳥取砂丘へ日帰りで!

以前書いた街コンに関する記事の中で私は、人生でやりたいことリスト100なるものをつくっているという話を書いたことがあります。

www.nekopajamas.net

この人生でやりたことリストには、私の行きたい旅行先が多く記されているのですが、そのうちの一つに「鳥取砂丘で素敵な写真を撮る」というものがありました。

今春は夏の海外旅行のために資金をためて、国内旅行に行こうと決めていたこともあり、念願の鳥取へ日帰り旅行に行くことに決めました。

感想を一言でまとめると、大変良かった!!!

f:id:eno1081:20170327124813j:plain

ということで、感想をまとめていきたいと思います。同じように関西圏に住んでいて、鳥取に行きたいと考えている人の参考になる記事が書ければ、幸いです。

初めての鳥取砂丘は想像以上に広大だった

現在は関西に身を置いているものの、元はもっと東にある田舎町からやってきた私。十代のころ、四国と九州は一通りまわったものの、山陰地方はほとんど旅行に出かけたことがありませんでした。

良縁を願う気持ちから出雲大社に行ってみたい!という気持ちもかなり強いのですが、何よりずっと行きたかったのが鳥取砂丘。盆地育ちだったこともあり、とにかく広く、開けた、水平線の見える景色に惹かれるんですね。

鳥取の街は、とても小さいのですが(といっても故郷とは比較にならないほど栄えていますが)車を少し走らすだけで綺麗な海沿いの道を一直線に前進することができます。バイクで走ったら、爽快だろうなあなどと思いながら、いざゆかん鳥取砂丘。

初めにたどり着いた入り口は、人気が全くなく、まるでこの世から取り残された場所のようでした。

f:id:eno1081:20170327124525j:plain

ここは本当に日本なのでしょうか。

ただ残るは孤独な歩行者の足跡のみです。

f:id:eno1081:20170327124858j:plain

エンニオ・モリコーネの音楽が流れてきそうな景色が延々と続く。

うーん、ウエスタン…!

f:id:eno1081:20170327124718j:plain

とか言っている余裕がなくなるくらい不安になるほど

本当に誰もいない。

鳥取砂丘ってもっと人影とかなかった!?

噂のラクダは!?

というか売店はどこ!???

と激しい違和感を感じ、車に戻る。

f:id:eno1081:20170327125655j:plain

入り口の看板を見直すと、どうやら鳥取砂丘の入り口は複数あるということがわかったため、人気のありそうな入口へと移動することにしました。

車を暫く走らせると、まるで別の観光地のように景色が変わり、車の往来が増えていきます。ちょっと一安心でした。

f:id:eno1081:20170327145118j:plain

近場のお店で海鮮丼(1000円)を完食。三日ほど前に白浜に日帰りで出かけて海鮮丼を食べていたこともあり、お味に関してはノーコメントとしておきましょう。平日でしたが、やはり混んでいました。

f:id:eno1081:20170327134716j:plain

お腹もいっぱいになったところで、念願の鳥取砂丘アゲイン!

ざっくざくと砂を踏んで、砂丘の入り口へ入っていくと…。

f:id:eno1081:20170327140231j:plain

「お………お…おお……」

f:id:eno1081:20170327144043j:plain

「人がまるで……ゴミのようだ…ッ……」

と中二病満載で言いたくなるほど圧巻の景色が広がっていました。

鳥取砂丘、想像していた以上にスケールがでかい。

広い。どこまでも砂。

ということで必死に砂山を登ってみる。

f:id:eno1081:20170327140928j:plain

これが案外、重労働。砂に足を取られて、なかなか丘に上がれない。

f:id:eno1081:20170327141037j:plain

その横を、ちいさな子どもたち(に混ざった若者たち)が「うわああああ」と楽しそうな悲鳴を上げながらよじ登ってはアリ地獄に吸い込まれるように転がり落ちていく。

凄いバイタリティ、もはやその若さは私には残っていない。

f:id:eno1081:20170327141107j:plain

ようやく到着した丘の景色は本当に素晴らしかった!

これを上手く写真で伝えられないのは残念です。カメラは高さを表現するのに、本当に向いていないですね。

f:id:eno1081:20170327142647j:plain

ちなみに丘の麓には、湧水がたまっていて、写真を撮ってくださったレスキューの方のお話ですと、3月~6月といった決まった時期にしか見ることが出来ず、夏は枯れているのだそうです。

f:id:eno1081:20170327143251j:plain

写真におさめてみたところ、どうでしょう。なかなか幻想的な風景かもしれません。

f:id:eno1081:20170327140748j:plain

子ども連れの方などもたくさんいらっしゃいましたが、私ももし自分に子供が出来たら、小さなうちに鳥取砂丘に連れて行って、思いっきり遊ばせてあげたいなあと感じました。

それくらい子供たちが、本当に楽しそうに砂丘を転がっていました。

f:id:eno1081:20170327140810j:plain

ちなみにラクダもいました。

1000円はちょっとお高いなあと今回はパスしました。いつかエジプトでラクダに乗りたいものですが、あれもなかなかぼったくりだと噂を聞きますね。

f:id:eno1081:20170327144212j:plain

大阪~鳥取はバスで片道三時間

今回の日帰り旅行のため鳥取に行く手段を調べてみたところ、大阪から鳥取までは高速バスが出ており、三時間で鳥取駅にたどり着けることがわかりました。

片道のお値段は、3700円。

出発地からレンタカーを借りることも考えましたが、高速代とレンタカー代を考慮して、今回は鳥取からレンタカーを借りることにしました。

ちなみに朝9時に出発し、12時に到着。18時の便で大阪に帰るという予定でしたので、鳥取での滞在時間はわずか6時間。滞在時間があまりに短いのではないかと不安になりましたが、個人的には正解でした。

というのも、この時期(1月~3月)は、お目当ての一つだった『砂の美術館』が閉館しているという事実に後々、気づいたからです(これから旅行に行かれる方は、くれぐれもお気を付けください!)。

f:id:eno1081:20170327131458j:plain

それにも関わらず、のんびりと砂丘を見て回り、ゆっくりとご飯を食べてしまえば、あっという間に時間が過ぎてしまいました。正直、レンタカーを借りたのは、お金が勿体なかったかもしれません。

鳥取砂丘周辺の観光

せっかく車を借りたこともあり、少し足を延ばして『白兎神社』というなんとも愛らしい名前の神社に出向きました。

f:id:eno1081:20170327154303j:plain

何てことないただの神社なのですが、ところどころに兎がいて可愛い。

f:id:eno1081:20170327154524j:plain

縁結びの御利益があるということで、生まれて初めて恋みくじなる商業臭さ満載の箱に手を伸ばしました。こういうものには屈しないと心に決めていたはずなのですが、人間というものは何とも弱い生き物です。

f:id:eno1081:20170327154857j:plain

結果は末吉でした。

f:id:eno1081:20170327155232j:plain

哀しかったのでおみくじの内容はインターネット上にばらまいて、おみくじの本体は木に結ぶことにしました。巳生まれの人を探して、予定が合えば自然の美しいリゾート地で待ち合わせしたいと思います。

そのあと、車を飛ばして砂丘近くの『わらべ館』へ。しかしここも16時半閉館という情報を知らず、開館時間に間に合うことが出来ませんでした。

入っていないのに入り口で写真を撮る。

f:id:eno1081:20170327164119j:plain

次回はぜひここにも足を運びたいなあと思いました。

最後に砂丘に戻り、展望台から砂丘を見る。うん、砂丘で見た方がいいな。

f:id:eno1081:20170327170640j:plain

ただここは『砂の美術館』の入り口付近にある展望台なのです。

本来ならば砂丘入り口にあるリフトに乗って、展望台に来て、合わせて『砂の美術館』を見て、『わらべ館』に車で行くというのが日帰りのベストコースかもしれません(『白兎神社』にわざわざ足を運ぶのは少し時間が勿体ない気がしました)。

大阪から日帰りで鳥取砂丘に行こうか悩んでいる人は、参考にしてください。

まとめ

ということで大阪から日帰りで鳥取砂丘は十分に楽しめるというのが、今回の旅行でよくわかりました。

実際に行くまでは時間があまりないのでは、といった不安がありましたが旅の目的を欲張り過ぎず、鳥取砂丘に行くと1つに絞れば、十分な旅行が楽しめるのではないかと思います。ちなみに夏になると砂の温度が70度まで上がり、はだしではとても丘に登れないのだとか。青空広がる春と秋がちょうどよい季節なのかもしれませんね。

f:id:eno1081:20170327142914j:plain

次回、鳥取砂丘に訪れるときは、今回行けなかった場所も含めて、夕日と砂丘がセットになった美しい写真を撮りたいなあと思いました。

そして広角レンズを買おうと決心(追記*後日、ワイドコンバージョンレンズを購入しました。カメラ初心者とGRⅡ*念願のワイドコンバージョンレンズを購入した感想 - The Cat's Pajamas

今回も、とても良い旅行になりました。ぜひ、鳥取砂丘に行ったことがないという方、足を運んでみてください。日本でもこんな風景が見られるのだなあと感嘆するほどの景色でしたよ。おすすめです。

るるぶ鳥取 大山 蒜山高原 水木しげるロード'18 (国内シリーズ)

るるぶ鳥取 大山 蒜山高原 水木しげるロード'18 (国内シリーズ)