読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅の日帰り有馬温泉*有馬温泉の4つの温泉を一日で湯めぐりした感想まとめ

大阪から日帰りで有馬温泉に行ってきました!

今回の記事では大阪から日帰りで有馬温泉に行ってきた感想をまとめたいと思います。非常に充実した一日を過ごすことが出来ましたので、ぜひこれから有馬温泉に行かれる方は参考にしてください。

まずは早朝出発『金の湯』を目指す

さて、今回は平日休みを利用した有馬温泉日帰り旅行です。折角の貴重な平日休みを利用して有馬温泉に行くのであれば、充実した予定を立てなければならない。そう考えた私は、事前に行きたい温泉や食べたいものをチェックしました。

その結果、有馬温泉のなかでも有名な『金の湯』という温泉施設があると判明。そのうえ『金の湯』は朝の8:00からオープンしていることを確認。さらに『金の湯』とは普段とても混雑しているとの口コミを拝見。

よし…最初の狙いは『金の湯』お前だっ!!!

ということで早朝に家を出て、電車に乗り込み有馬温泉へ出発!

電車に揺られること1時間半、たどり着いた人生初の有馬温泉。よく考えれば、案外すぐに行ける場所にあるのに有馬温泉には来たことがありませんでした。

f:id:eno1081:20170406092525j:plain

駅から少し歩いただけで温泉のにおいが漂ってきます。

平日の朝でも思った以上に観光客でにぎわっていました。

f:id:eno1081:20170406092609j:plain

さて、目指すは『金の湯』じゃ!!!

ということで走る、まだ見えない多くのライバルたちから快適な温泉トリップを守るために全力で走る(貪欲)。というのもレビューを見る限り、非常に混雑するとの情報が多くみられたため、非常に不安だったのです。

しかし私はカンボジアの遺跡で迷子になったほどのドがつく方向音痴。地図は読めるがどこでもらえるかわからず、ひたすらハムスターのように有馬の小道ラビリンスをくるくる走り回ること数十分。

到着しました『金の湯』!!!空いていてホッとしました。

f:id:eno1081:20170406093147j:plain

そしてこの『金の湯』が非常に良かったです。

自分の語彙力の低さが申し訳ないのですが、ちょっと語らせていただくと、有馬温泉に来たならばぜひ『金の湯』に入ってほしいと思いますし、私が地元民でしたら、1週間に1回くらい通いたいと思えるほどの湯でした。

『金の湯』は色が茶色で、一見泥水のような温泉です。

タオルなんか浸したもんなら、すぐに茶色になってしまうでしょう。

そんな泥水のような温泉ですが、体を入れるとジワリと体の内側から温めるようにして、いつまでもこの泥水湯に浸かっていたいと心から思わせる力を放ちます。

あとお湯加減が素晴らしく良い!!!

施設自体はそんなに広くないんです。あつめとぬるめの『金の湯』が二種類、これだけを楽しむ温泉なのですが、このあつめとぬるめを只管に交互に入ると、どんどんと汗が出てきて、幸せな気持ちになることが出来ます。

f:id:eno1081:20170406093425j:plain

まあとにかく、おすすめということですね。

温泉から出た後、カウンターに地図の有無を尋ねると、無料の有馬温泉の地図を下さりました。これでもう迷いません(泣)!

f:id:eno1081:20170406100502j:plain

ちなみに外に出ると足湯もありました。

f:id:eno1081:20170406101158j:plain

ということで訪れたのは9時過ぎとなりましたが、平日朝の『金の湯』は混雑を避けることが出来ました。ただそれでも脱衣所はちょうどよいくらいの人で賑わっていましたので、非常に人気のある温泉施設なんでしょうね。

『銀の湯』に訪れる途中で向かった『天神泉源』

次に『銀の湯』に訪れる前に『天神泉源』に向かうことにしました。道がちょっと分かり辛いのですが『金の湯』と『有馬玩具博物館』の間の道をずっと登っていき、赤いポストを左折するとあります。

f:id:eno1081:20170406101949j:plain

明らかに異様な色の液体が流れている道を登っていくと見えてくる『天神泉源』。

f:id:eno1081:20170406101538j:plain

いやはや妙な迫力があります。

f:id:eno1081:20170406101600j:plain

すごく熱そうです。ゴポゴポしてます

f:id:eno1081:20170406101729j:plain

とてもこじんまりした場所ではありますが、折角有馬温泉に立ち寄るのであれば、足を運びたい観光地ですね。

ちなみに『銀の湯』に行く途中で『炭酸泉源公園』という場所にもたどり着きました。誰も人がいなくて、少し怖かったです。

f:id:eno1081:20170406102608j:plain

ちなみにこの公園では炭酸泉水を飲むことが出来ました。

f:id:eno1081:20170406102731j:plain

「おおお、おおう…」

と一人でいながらも思わず声が漏れるような温泉に炭酸をしっかり加えてシュワシュワさせたようなインパクトのある味でした。

本日、二つ目の温泉『銀の湯』に到着

そんなこんなで本日二つ目の温泉『銀の湯』に到着。

f:id:eno1081:20170406103026j:plain

『金の湯』もなかなかきれいな施設だなと思いましたが『銀の湯』も清潔感のある施設でした。

f:id:eno1081:20170406105311j:plain

ちなみにお湯の感想ですが、正直『金の湯』は地元民なら週1で通いたいと心から思いましたが『銀の湯』は観光客として一度訪れれば、十分といったイメージでした。

おそらく皆さん、同じことを考えるのでしょう。

『銀の湯』、完全に貸切風呂でした。

ということは逆に混雑している時間帯に有馬温泉を訪れてしまった方は『金の湯』ではなく『銀の湯』に足を運んでみればいいのかもしれません。

しかし『銀の湯』は『金の湯』と違い、無色透明なためインパクトもないです。さらに言えば、銀の湯は水風呂のイメージがあるのですが、ここにはサウナがあるのに銀の湯を使用した水風呂がないというのが、何とも残念な気がしました。

ただ『金の湯(650円)』と『銀の湯(550円)』は二館セットのクーポン(850円)で少しお得に入ることが出来ます。参考にしてください。

さてお風呂上りには名物『有馬サイダー』を購入。

f:id:eno1081:20170406105537j:plain

これが本当に美味しかった♡♡♡

温泉上がりだったからでしょうか?

サイダーをこんなに美味しく感じたのは人生で初めてでした。

ちなみにお風呂上りにサイダーを購入しに行ったところカウンターのおばさんに「あなた!まあ!そっくりな女優さん知ってるわ!!!」と嬉しいことを言われました。

「いえいえ、そんなただの庶民です」

と頬を書きながら照れる私を横目に、真剣に悩みだすおばさん。

「あのあれよ!ガリガリの!!!」

(ガリガリ…)

「あー名前が出てこない!!!ほらサスペンスによく出てる!!!」

(サスペンス…)

「多分、まだ三十いってないわ!!!その人!!アー誰だっけ!!!」

(いや、私もまだ三十超えてないですが…)

とさんざん悩まれた挙句、サイダーを半分ほど飲み終えた後

「そう!葉月里緒奈よ!!!!!」と叫ぶおばさん。

(ハヅキリオナ……誰ッ…‼‼⁉)

知らなかったので調べてみたところ、70年生まれの拒食症を心配されている魔性の女であることがわかり、魔性どころか不感症になるのではないかというぐらい色恋沙汰に縁遠い二十代のわたしは何とも言えない気持ちになりました。

とりあえず人間すぐに浮かれてはいけないなと身を引き締めました。

お昼ご飯は近くのお蕎麦屋さん『土山人』で

お昼ご飯は絶対にお蕎麦と決めていたので『銀の湯』の近くのお蕎麦屋さん『土山人』さんに足を運びました。

ここも行列ができるお店と人気のようですが、11時過ぎに訪れたときはまだ席がありました。人気の「すだちそば」を食べたかったのですが、あいにくすだちの値段が高騰しているとのことで今回は食べることができませんでした。

代わりに頼んだ「かも南蛮そば」1800円、うーん高いぞ!!!

f:id:eno1081:20170406113303j:plain

でもお味はおいしかったです。鴨のお肉も分厚くて柔らかくてジューシーでした!

贅沢しちゃったな~という感じですね。

ちなみにのんびりお蕎麦を食べ終えて外に出ると、行列ができていて大変吃驚しました。

このお店に訪れたい方は平日でも11時半前にはお店に入った方が良いかと思われます。参考にしてください。

いよいよ『太閤の湯』へ出発

さて次は有馬温泉最大の温泉施設『太閤の湯』に出発です。

一旦、道を下り駅周辺まで戻ってから、近くの交通整備をしているおじさんに道を聞き、歩いて『太閤の湯』に向かいました。

これが思った以上に急な坂道。

お年寄りは絶対に歩いていけません。

f:id:eno1081:20170406120144j:plain

本当にこの道であっているのかしらと不安になりかけたところで、看板がようやく見えてきました。

f:id:eno1081:20170406120330j:plain

そして入り口に到着。

f:id:eno1081:20170406120432j:plain

予想通り、有馬温泉駅から太閤の湯までの無料送迎バスが出ていたようです。

ちょっと損してしまった気分でした。

f:id:eno1081:20170406120451j:plain

『太閤の湯』はタオルも館内着もすべて貸し出しです。

(館内着は好きな色を選ぶことが出来ます)。

f:id:eno1081:20170406120648j:plain

Wifiもフリーでした。流石です。

f:id:eno1081:20170406120702j:plain

脱衣所は大きく二つに分かれています。入り口を出てすぐにある更衣室で、まずは館内着に着替える。そこから下に降りて、温泉とつながっている更衣室に入り、服を全部脱いで、温泉に向かうという流れです。

f:id:eno1081:20170406120912j:plain

お風呂は大変広く、人気があるというのもよくわかりました。

とにかく温泉の種類が豊富!

金の湯も銀の湯も両方、飽きるほど楽しむことが出来るため、この施設に来れば、一通り満足するくらい温泉に入れると思います。

個人的には露天風呂についている足湯が大変良かったです。足湯につかりながら、ごろりと横になれるという仕組みの温泉は初めてだったので、すごく気持ちが良かったです。

それと銀の湯の水風呂があったのがよかったです。サウナの隣についていたので、水風呂を存分に楽しむことが出来ました。

ちなみに岩盤浴にも入ることが出来ます。

ただ無料の岩盤浴は予約でいっぱいになっていますので、お風呂に入る前に受付で予約をした方が良いです!参考にしてください。また私はクーポン利用で有料の岩盤浴にも半額で入りました。

感想としてはわざわざ有料の岩盤浴に入らなくても、無料の岩盤浴でいいかなというくらいでした。ただ人は全然いませんでした。三十分しっかりと入ることが出来るので、ものすごく汗をかくことが出来ましたし、健康にも良い気がしました。

『太閤の湯』はクーポンを賢く使うのが◎

ちなみに今回の日帰り旅行で私が利用したのは、各沿線の駅と有馬温泉までの電車が乗り放題に加えて『太閤の湯』の入場券がついてくるクーポンでした。

もともと2400円と少しお高い『太閤の湯』。ですが、これを利用すれば交通費込みの実質無料に近いコストパフォーマンスで温泉を楽しむことが出来ます。

2017年度「有馬温泉 太閤の湯クーポン」沿線各駅で4月1日販売スタート! | 太閤の湯

ちなみに2016年は高速バスと入場料がセットになったクーポンが出ていたようなのですが、2017年度のものは見つけることが出来ませんでした。

電車で行くと時間もかかりますので、可能であれば高速バスとセットのクーポンを利用したかったです。またマイカーで太閤の湯に行く予定の方は@nifty温泉さんで事前にクーポンを確認しておくことを強くお勧めします。

クーポン情報 - 有馬温泉 太閤の湯(有馬)|@nifty温泉

とてもお得なクーポンがある場合が多いので、私は温泉に行くとき必ずこのサイトをチェックします。参考にしてください。

最後に訪れた『上大坊』の湯

さて、私の有馬温泉巡りはまだ終わりません。今回どうしても行ってみたかった温泉、それが『上大坊』さんの温泉です。

www.kamiobo.com

色々と調べてみたところ、ここの温泉は何やらすごいという口コミでしたので、どうしても行っておきたかったのです。

日帰り入浴は15:00~18:00限定ということで、15:00ぴったりに宿の方へと訪れました。

f:id:eno1081:20170406101354j:plain

声をかけると貴重品のお預かりとお金の支払い。1000円ということですが@nifty温泉のクーポンで100円のお釣りをいただきました。

中に入ってみると女湯、誰もいませんでした。軽やかに服を脱いで、いざ浴槽へ。

噂に聞いていたココア色の温泉とご対面。

私はこの年の女性にしては珍しいくらい温泉が好きな人間だと思うのですが、こんな色の温泉に入るのは正直初めてでした。『黄金の湯』が泥水のようならここの湯は鉄をとかしたような(どういうこと)湯色です。ちょっと舐めてみると(おい)塩辛い。

いざ、突入。と片足を入れた瞬間

「あ、あ、あ、あ、あ、熱いわ!!!」と一人ツッコみ爆発。

裸のわたしは何度も片足を突っ込んでは「あかんってあかんてあかんって」「どないやねん、どないやねん、どないすんねん」と下手な関西弁と裸踊りを繰り返す。

仕方ないので桶にお湯を組み、水で薄めて、体にかけるを繰り返す。

辛くなった私は仕方がないので、体と頭を洗いました。一応、アメニティとしてシャンプーとコンディショナーとボディーソープがついていました。

このままあがってしまおうかとも悩んだのですが、どうにも諦めきれず、にらみ合う私とココア風呂。

そしてふとお風呂に蛇口がついていることに気づく。

少しひねると、あら、水が出てくる。

ということでちょっと水で薄めました!!!!!!

※やってよかったのか自信ありません!!!ごめんなさい!!!

でもこの暑さのお風呂に入れる人間なんていないだろうということで自分を納得させて、ちょうどいい湯加減でお風呂を楽しむことに成功しました。ほかにお客さんいなくてよかったです。

すっごく気持ちよかったです。

温泉が好きな人であれば、絶対に満足できると思います。ただ今までこういう温泉に入ったことのない人はびっくりしてしまうかもしれませんね。浴槽もカビだらけですし『太閤の湯』とは全くタイプが違いますので、気を付けてください。

ちなみにドライヤーもついていたので、湯上り後はきちんと頭を乾かすこともできました。ちょっと心配していたので、アメニティがしっかりとしていてよかったです。

湯上りには隣のお店で豆乳ソフトクリームをいただきました。これはすっごく美味しかったです。

さらに駅近くにあった三森本舗というところで温泉饅頭を購入しました♡これも非常に美味しかったです♡

f:id:eno1081:20170406162347j:plain

つまり何食べてもおいしかった、ということですね!幸せな食べ歩きでした!

f:id:eno1081:20170406162054j:plain

少し名残惜しくもありますが、夜は雨が降るという予報を聞いていたこともあり、早目に退散。のんびりと電車に乗って、家路につきました。

f:id:eno1081:20170406163019j:plain

有馬温泉日帰り旅行のまとめ

ということで平日の有馬温泉日帰り旅行は非常に充実したものになりました。入りたかった温泉にすべて入ることが出来たのは、やはり平日だっというのが大きいかもしれません。

ちなみにソフトクリーム屋さんで出会ったお店の方に4つ温泉に入ったと伝えたところ「一日で4つも温泉入った人初めて会いましたよ!!!」と驚かれ「それは友達ついていけないね(汗)」と感想をいただきました。

確かに温泉は案外自分のペースがありますし、一人で行った方が気が楽だったりするものですよね。男性と行くと出るときのタイミングを待ち合せなくてはいけないし、女性同士で行っても裸を見られることに躊躇いのある人は、入浴のタイミングなどで悩んでしまう人もいるかと思います。

気ままなひとり旅に興味がある女性は、まずは温泉地を攻めるというのも個人的にはアリだと思います。とてもリラックスできますし、好きな時間だけお風呂を楽しむことが出来ますからね。

ということで一応最後に、私が訪れた各温泉の感想をまとめてみると

  • 『金の湯』は満足度が高い。温泉好きにも普通の観光客にもお勧め!
  • 『金の湯』は混雑が予想されるが、開店時間が早い(8:00)なので朝早くに行くのがオススメ。
  • 『銀の湯』は温泉好きは満足できない可能性大。行くのであれば『金の湯』とセットクーポンで入るのがお得でオススメ。
  • 『太閤の湯』は子供連れからカップルまで幅広い観光客におすすめ。岩盤浴は混雑が予想されるので、早めに予約すること。クーポンの利用を計画的に。
  • 『太閤の湯』は無料送迎バスもあるので、利用すると◎
  • 『上大坊』の湯は温泉好きには非常におすすめ!ただし温泉にそれほど拘りのない方は『金の湯』や『太閤の湯』で十分かも。

となります。

ちなみにこれだけ温泉を楽しんだ後でしたので、やはりその後しばらくはお肌つるつるで嬉しかったです。できれば毎日温泉に入りたいくらいなのですが、なかなか難しい処ですね。

最近バイクの購入を真剣に考えているのも、温泉に行くための足が欲しいという動機が非常に強かったりします。

遠出するのも良いですが、もっと近場でよい場所を探していきたいものですね。

それでは最後までお読みくださり、ありがとうございました!

f:id:eno1081:20170406115125j:plain

*大阪で日帰り旅行した場所はほかにもあります。

www.nekopajamas.net