The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

映画に関するオススメ書籍5選 ―入門編―

映画を「読む」ことのススメ。

今回は管理人がこれまでに読んだことのある映画に関するオススメ書籍をまとめてみたいと思います。映画を見るだけではなく、映画に関することを、もっと知りたいという方に参考にしてもらえたら幸いです。まずは入門編ということで、映画に関する本を読んだことがないという方に最初の一歩として勧めたい本を五冊、紹介いたします。

① 石原陽一郎『タッチで味わう映画の見方』

この本は俗にいうアート系の映画に興味を持ち始めた人に、最初に読んでほしい一冊としてお勧めします。色々な映画のワンシーンを切り取りながら、様々なモチーフを取り上げることで、映画を見るときの解釈の幅を一気に広げてくれる一冊です。

トリュフォーからカウリスマキに至るまで、様々な映画監督の演出を”タッチ”としてわかりやすく紹介しているので、有名どころの映画監督を知るための一冊としても使えます。割と薄くて読みやすいので、とてもお勧めです。

タッチで味わう映画の見方 (ムーヴィー・リテラシー)

タッチで味わう映画の見方 (ムーヴィー・リテラシー)

 

 ②北野圭介『ハリウッド100年史講義―夢の工場から夢の王国へ』

映画史をさらりと学ぶには、非情に密度が濃くかつ読みやすい一冊として、この本はとてもお勧めできます。特にハリウッド映画に興味があるという方は、時代を100年ほどさかのぼり、映画の歴史について学んでみるのも悪くはないでしょう。既に映画に詳しい方にも、そうではない方にもお勧めできる新書です。

ハリウッド100年史講義―夢の工場から夢の王国へ (平凡社新書)

ハリウッド100年史講義―夢の工場から夢の王国へ (平凡社新書)

 

 ③中条省平『フランス映画史の誘惑』

映画といえば、ハリウッドか邦画の二択という方が大半だと思いますが、いやいやフランス映画を忘れてはいけません。というのも、映画の生みの親といわれるリュミエール兄弟はフランス人

フランスにおいて映画というのは日本と比べると文化的地位が高く、百年という短い時間の中に語るべき豊満な歴史に満ちているものと大衆に認められている気がします。フランス映画史の入門本は多くありませんが、その中でも読みやすく、足掛かりとしてお勧めしたい一冊ですね。

フランス映画史の誘惑 (集英社新書)

フランス映画史の誘惑 (集英社新書)

 

④四方田犬彦『日本映画史110年』

海外の映画だけでなく、自国の映画についても知っておきたいという方にお勧めしたい最初の一冊。知識の泉のような四方田犬彦氏の本にハズレはありません。日本映画史に関しては、分厚い本も何冊かありますが、まずはこちらの新書でさっくりと概要を知っておくことをお勧めします。

日本映画史110年 (集英社新書)

日本映画史110年 (集英社新書)

 

 ⑤石岡良治『視覚文化「超」講義』

 映画の歴史を真面目に振り返る本が続いたので、ここでサブカルチャーという枠組みから映画を語った本を紹介しておきます。こちらの『視覚文化「超」講義』は、派手な装丁が目を引く一冊、内容もなかなかパンチが利いていて、楽しく気軽に読める一冊でした。映画だけでなくメディアという広い枠組から、昨今の視覚文化について知りたいという方にお勧めできる一冊です。

視覚文化「超」講義

視覚文化「超」講義

 

その他 +α

映画についてさっぱり詳しくなく、まずはできるだけ多くの映画の題名や概要を知りたいという方には、映画のタイトルを多く紹介している批評スタイルの本がおすすめです。例えば、これ、映画批評家の町山智浩『トラウマ映画館』です。

トラウマ映画館 (集英社文庫)

トラウマ映画館 (集英社文庫)

 

『トラウマ恋愛映画入門』という本もあります。この本は読んでいないので強く勧められないのですが、表紙の映画は『ブルーバレンタイン』でしょうか。確かにあれは、トラウマ恋愛映画かもしれません。私も時間を見つけて、読んでみようと思っている積読本の一冊です。

トラウマ恋愛映画入門

トラウマ恋愛映画入門

 

ホラー映画というジャンルからは、『ジョジョの奇妙な物語』の作者として有名な荒木飛呂彦氏のこちらの本が、発売当初話題になってましたね。気軽に読める一冊でした。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

 

日曜洋画劇場の司会者として有名な淀川長治氏の映画本も勿論、お勧めしたいところではあります。が何せ平成生まれの小娘ですので、リアルタイムで淀川さんの解説を聞いて育った映画好きと肩を並べ手はいけない気がするんです…(恐縮)。

淀川長治 究極の映画ベスト100 (河出文庫)

淀川長治 究極の映画ベスト100 (河出文庫)

 

ちなみに松本敏夫の『薔薇の葬列』というカルト映画をご存知でしょうか?淀川長治氏といえば、私的にはこの映画を思い出してしまうんですよね。興味がある方は見てみてください。

それから映画と別ジャンルを合わせた本としてお勧めしたいのがこちら『建築映画マテリアル・サスペンス』。黒沢清やペドロコスタの映画を見たことがある方ならば、かなり興味深い考察が読めると思いますよ。装丁もなんだかお洒落で、部屋に飾っておきたくなる一冊でもありますね!

建築映画 マテリアル・サスペンス

建築映画 マテリアル・サスペンス

 

ちなみに黒沢清の映画論もなかなか面白いものがありますよ。彼の映画に興味がある方は、ぜひ本も併せて読んでみてくださいね。

黒沢清、21世紀の映画を語る

黒沢清、21世紀の映画を語る

 

以上、映画に関するおすすめ本の紹介でした。

こんなものじゃ物足りませんという、よりディープな映画論をお求めの方は、以下の記事も参考にしてください。お付き合いくださり有難うございました!

kinako18.hatenadiary.com 

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net