読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のタイ・バンコク*本場のタイ古式マッサージが凄すぎて体が骨抜きになった話

 タイ古式マッサージ初体験

今回のタイ旅行の大きな目的の1つ。

それは本場のタイ古式マッサージを経験することでした。

これまでフィリピンやカンボジアに行った際、お洒落なオイルマッサージやエステに行ってきた私。しかし年をとったのでしょうか。切実にこの肩こりをどうにかしたいというと良い思いが年々募っておりました。

そこで今までとは一味違う、女子旅要素を一切排した本格的マッサージを受けるという高い志のもと、お店選びを開始。

宿泊したホテルから歩いていける『ルアンヌアッド・マッサージスタジオ(Ruen Nuad, Massage Studio)』に暇を見つけて訪れることにしました。

f:id:eno1081:20170124162724j:plain

ガイドブックによるとシーロム線、サラ・デーン駅から徒歩7分ということ。ですが実際に歩いてみると、結構距離がありました。途中でどこでもよいから別のマッサージ屋さんに入ろうかしらとも考えましたが、何ともあきらめがつかず歩き続け、無事『ルアンヌアッド・マッサージスタジオ』にたどり着くことができました。

大通りから少し外れていたため女一人では少し不安も強く、そのうえお店の外観は古民家のようであったため、本当にここかなと悩んだほどでした。

だが、しかし

予想を超えたマッサージが、そこには存在あった…。

(下に続く)

 本場のタイ古式マッサージの凄さ

ところで、今回のタイ旅行で私はとても素敵な経験を数多くすることができました。

ときには、一人で象に乗り

f:id:eno1081:20170124164308p:plain

ときには一人ランチで美味しいタイ料理に舌鼓

f:id:eno1081:20160810152712j:plain

世界遺産アユタヤ遺跡をこの目に焼き付け

f:id:eno1081:20170124164830p:plain

たとえ一人でも花の美しさの中にもタイの異国情緒を味わう

f:id:eno1081:20160810184112j:plain

そんな私は

f:id:eno1081:20160811201557j:plain

ツアーで偶然イケメンと出会い、一緒に観光を共にしてトキメキ数値MAXになったんだっははっはっはは!!!

ごめんなさい、

※これは妄想じゃありません。

でも、いいですか、皆さん、耳の穴をかっぽじいて聞いてください。

え?若干、前振りが面倒くさい?黙れ、どうせその辺にいるフツメンだろ?まあ旅先の出会いって素敵フィルターかかるから何とも言えませんけど、まあまあそんなこと言わずに聞いてくださいよ結局何もなかったんだからよ(泣)。

こんなに楽しい、色々な経験をした私がこのタイ旅行で、最も心動かされたもの。

それは旅先で出会ったイケメンとのラブチャンスではなく、ルアン・ヌアッド・マッサージ・スタジオタイ古式マッサージなんです誰がなと言おうともなあああああああ!!!

信じられますか?

嗚呼、にわかに信じがたい。ええ、それが俗人の反応でしょう。

だがこのマッサージを一度でも受けた人であれば、それも納得なんですよ、ふふふ。

まず素晴らしいのは、そのコストパフォーマンス。私は300バーツという破格の値段でタイ古式マッサージを受けました。これは日本円でいうと約900円です。これは信じられない値段だと個人的には思います。

f:id:eno1081:20170124162742j:plain

そしてマッサージの質、とにかく圧倒的というほかない。

このマッサージを1分1秒でも長く受けていたいと心から思いました。正直、このマッサージの5倍、6倍するほどのマッサージを今まで受けてきましたが、そのどれもがこのマッサージに遠く及ばないものであったと気づいてしまい、愕然としました

やん、もう…すごい…♡(咳払い)

いやでも冗談抜きで体がとろけるのではないかという素晴らしさなんですよ。今まで生きてきて、心の底から時間が止まってほしいと思ったのは、これが初めてかもしれませんね(何て侘しい人生)。

とにかくこの気持ちをマッサージ師の方に伝えたかった。

チップをあげようと思ったのですが、受付横のロッカーに荷物をすべて預けてしまったため、それもかなわず。私ができる限りのイージーイングリッシュで必死に、このマッサージが人生でうけたものの中で一番素晴らしいこと、心から感謝していることを伝えました。

すると、そのマッサージ師の方がいきなり私の腕をつかんで、どこか違う小部屋に急いで入れようとしたんです。

「え、何」とちょっとびっくりしながら、恐る恐るその部屋に入ってみるとそこはトイレでした。私があまりに必死の顔で、何かを伝えようとしているので、めっちゃトイレ行きたい女と勘違いされたようでした。

というのも、おそらくそのマッサージ師さんは、英語をそんなに知らない方だったんですね。結構年配のタイ人の女性の方でしたから、ずっとこの仕事をされて生きてきた現地の方なのかしらとも思いました(私の英語が下手過ぎたという可能性は悲しいので、ここでは排除しておきます)。

このとき後悔したのが、今回の旅ではきちんとタイ語で「ありがとう」という準備をしていなかったことです(そのあとで調べましたが、タイ語で「ありがとう」は男性だと「コープクン・クラッ(ขอบคุณ ครับ)」女性だと「コープクン・カー(ขอบคุณ ค่ะ)」だそうです)。

英語圏以外の国に出かけるときは、きちんとその国の言語の「ありがとう」を学んでおくことが、礼儀なのかもしれません。とても反省しました。

大事なのは外見じゃない

驚きのあまりタイのマッサージはすべてこのクオリティなのだろうか、と疑問を抱き、次の日実験で、ルアン・ヌアッド・マッサージスタジオの4倍以上のお値段がするマッサージ屋さんに出かけました。

見ていただけばわかりますが、すごく建物は綺麗でお洒落、部屋も雰囲気があります

f:id:eno1081:20160811215936j:plain

でも、違う

全然違う。もう全然全然ちが

こんなんじゃちっとも満足できない体に私はなってしまったんだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああルアンヌアッドマッサージスタジオおおおおおおおお!!!

という感じで、マッサージを受けている最中でも心中穏やかじゃなかったですね、これで値段4倍ってちょっと待ってと。

ガイドブックにはお洒落で、きれいで、いい匂いがしそうな、日本語対応の、安心感溢れてるお店がたくさん掲載されています。確かに最初は、そういうマッサージを受けたいんです!わかります!だって女の子だもん!!!

けれども、私はあえて問いたい。わざわざタイという異国に来たのであるならば、時にはその資本主義が生み出す素敵女子大量生産計画から脱し、日本語の通じない、地元住民行きつけの、文句のつけようのないタイ古式マッサージとやらを体験してみるべきではないか。特に何度目かの経験である旅好きの方であれば、なおのこと耳を貸してくだされ。

ぜひタイに訪れる機会がある旅行好きには、ぜひ一度訪れてほしいマッサージ屋さんということで『ルアン・ヌアッド・マッサージスタジオ』をプッシュしておきます。

もうほかのマッサージでは満足できなくなるかもしれませんが、保証はしません。

それでは皆さん、良い旅を☆彡

大事なのは外見じゃない、男も、女も、そしてマッサージもな…(フッ)。

www.tripadvisor.jp

*この記事を書いているだけで、もう一度行きたいと心から思う。もう一度タイに行くことがあれば、どうしても行きたいと心から願う。まさに中毒、恐るべしタイの伝統。

*少しわかりにくい場所になりますので、明るいうちに訪問されることをお勧めいたします。