The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

はじめての沖縄ドライブ旅行*美ら海水族館を満喫後、古宇利大橋を爆走したおすすめルートを紹介【二日目】

沖縄ドライブ旅行二日目は「美ら海水族館」へ

前回の記事では那覇空港から出発した初日のドライブ旅行についてまとめました。今回の記事では二日目のドライブ旅行に日程と感想をまとめたいと思います。

これから沖縄に出かける方の参考になれば幸いです!

朝8時に那覇のホテルを出発

朝はゆっくりとホテルで朝食をとり、一日目と同様のレンタカーで出発しました。

f:id:eno1081:20170408121853p:plain

一人旅の時は安宿で朝食を済ませることが多いので、何とも贅沢な気持ちに!

f:id:eno1081:20170408121910p:plain

ちなみに今回宿泊したのはアルモントホテル那覇県庁前というところです。このホテルには大浴場があって、入り口にはいつもバーアイスが置いてあるのが楽しみでした。

いつも通りBooking.comを利用して、一泊6000円。お値段の割に素敵なホテルだったと思います。

さて、車を走らせて美ら海水族館を目指します。

事前に調べたところ、こちらの途中の道の駅で安くチケットが購入できると知り、事前にチケットを購入しました。

お買い得チケット | 観光情報 | 「道の駅」許田 やんばる物産センター

チケットは大人一枚250円引きでした。コンビニの割引よりも、得だそうです。少しでも安い値段で同じものを楽しむために、旅行の際は、情報収集が必須ですね!

およそ2時間ほど車を走らせて美ら海水族館へ無事到着。

クリスマスでも美ら海水族館は変わりません。空が青い!

f:id:eno1081:20170408122441p:plainそれはもう十年前。昔、美ら海に来たときはその良さがあまりわかりませんでしたが、色々な水族館に行ってから改めて美ら海水族館に訪れると海と併設されたこの水族館の魅力がよくわかります。

f:id:eno1081:20170408122532p:plain青い空と青い海、そして生き生きと泳ぎ回る魚たち。

f:id:eno1081:20170408122554p:plain

大きな水槽にうんと大きなジンベイザメを眺めることが出来る、とても贅沢な作りですよね。一度訪れたことがありましたが、今回改めてとても楽しむことが得できました。

お昼ご飯は近場の人気店「花人逢 (かじんほう)」さんへ

お昼は美ら海水族館の近くにある人気店「花人逢」さんに行きたいと考えていました。口コミなどをチェックすると非常に混雑するとのこと、車をぶうんと走らせて、向かいます。

f:id:eno1081:20170408123141p:plain

そして無事たどり着いたお店は、やはり少し混雑していましたが、待ち時間の間に外で時間をつぶせるようオセロゲームが準備されていました!

(これは非常に嬉しかったです)。

f:id:eno1081:20170408122728p:plain

のんびりと二人でオセロをしている間に、あっという間に順番が。

少し変わった形のメニューです。

f:id:eno1081:20170408122800p:plain

そして食べ物はピザしかないという斬新さ。

到着したピザはとてもアツアツで美味しかったです。そして何よりも大きくて安い!大きさは二人前ということで(小)にしましたが、おなかいっぱいになりました。

f:id:eno1081:20170408122911p:plain

ピザ一枚1100円、割り勘したら550円という安さ。

非常にコスパが良いなと驚きました。ちなみにジュースもお勧めです。

f:id:eno1081:20170408122948p:plain

店の屠蘇には一応クリスマスツリーが飾られていましたが、その存在感のなさ。

f:id:eno1081:20170319123116p:plain

流石沖縄ですね。

f:id:eno1081:20170408125508p:plain

花もとてもきれいに咲いていました。

昼食の後は「蝶々園」に足を運ぶことに

お昼ご飯を食べたのち「蝶々園」へと足を運びました。

f:id:eno1081:20170408123158p:plain

私は以前、石垣島を旅行した際に「蝶々園」なるものを体験していたのですが、妹は生まれて初めての体験。

あんまり期待しないでね、と言いつつ入り口へと足を運ぶ二人。ばっさばっさと飛び回るおびただしいバタフライはもはや華麗と言葉をかけるにはあまりに数が多すぎる。

いざ中へ入ろうとした瞬間、妹を振り返るとすでに真っ青。

妹「ちょっと、待って」

私「え、なんで?」

妹「この中に入るの!!!?」

私「そうだよ」

妹「無理!!!!!!」

と絶叫して私の背中に隠れる妹。「何だ可愛いやつめ」と彼氏だったら頭をなでるところですが、残念ながら私は血を分けた姉ですので「先に行くよ~」と置いていきました。

半べそでついてくる妹は、何度も「ギャァ」と奇声をあげて園内を猛ダッシュして出口へと向かっていきました。

蝶々というと何やら可愛らしい響きもしますが、所詮は

f:id:eno1081:20170408123237p:plain

ということで女性の方は入園料を支払う前に、虫に耐性があるかどうか自問してみた方が良いかと思われます。参考にしてください。

今帰仁城跡でのんびり一休み

次に訪れたのが今帰仁城跡です。

f:id:eno1081:20170408123300p:plain

なかなか開放的な景色が広がっていました。

f:id:eno1081:20170408123328p:plain

沖縄本島には9つの世界遺産【首里城跡(しゅりじょうあと)、今帰仁城跡(なきじんじょうあと)、座喜味城跡(ざきみじょうあと)、勝連城跡(かつれんじょうあと)、中城城跡(なかぐすくじょうあと)の5つのグスク(城跡)、斎場御嶽(せーふぁうたき)、識名園(しきなえん)、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、玉陵(たまうどぅん)の4つの関連遺跡】があるといわれています。

全てを制覇するのはなかなか大変かもしれませんが、沖縄を観光にする際の一つの指針にしても良いかなと個人的には思いました。

今帰仁城跡は景色もきれいで一日目に訪れた斎場御嶽(せーふぁうたき)よりも純粋に楽しむことが出来たように思います。参考にしてください。

念願の古宇利大橋を爆走

さて今回の旅行で私がどうしても行きたかった場所。それが古宇利大橋(こうりおおはし)です。長さは1960mと2km近く、無料で渡れる橋としては伊良部大橋ができる前までは沖縄県で1番、日本でも2番目の長さを誇っていました。

妹は車を運転できないので、私が運転を担当していたのですが、ぜひ右も左も海が広がる長い橋を爆走したいと考えていました。

そしていよいよ古宇利大橋へ到着!

f:id:eno1081:20170408124539p:plain

ものすごい開放感♡

やっぱりドライブは海沿いを走るのが一番じゃないかと思うのですが、どうでしょう。よく考えると一年ほど前までは自分がペーパードライバーだったことが信じられません。

(私がペーパードライバーを脱したのは石垣島一人旅がきっかけでした)。

脱・ペーパードライバーを目指す人は、石垣島一周ドライブに出かけよう! - The Cat's Pajamas

あれほど運転が怖くて仕方なかった私が、今ではレンタカーなくして国内旅行は考えられないほどに運転が好きになりました。不思議なものです。

f:id:eno1081:20170408125135p:plain

展望台から見える景色もなかなかに絶景でした。

f:id:eno1081:20170408125204p:plain

やっぱり海が綺麗です。良い旅路になりました。

那覇で焼き肉を食す

ドライブを満喫した後は、焼肉屋さんで夕食。

独り暮らしでろくなものを食べていない私たちは、飢えたハイエナのように肉を貪りました。

f:id:eno1081:20170408125238p:plain

うん、美味しい♡

f:id:eno1081:20170408125306p:plain

ご飯もおいしく、景色も素敵な沖縄はやっぱり観光地として魅力的だなと改めて思いました。

まとめ

ということで二日目の沖縄ドライブ旅行の日程をまとめていると

  • 朝8時に出発して「美ら海水族館」へ
  • 「美ら海水族館」のあとは「花人遭」さんでピザランチ
  • 「蝶々園」に立ち寄る
  • 「今帰仁城跡」を観光
  • 「古宇利大橋」を爆走、島めぐり
  • 帰路、那覇へ向かう

という流れになりました。

クリスマスというオフシーズンだったからでしょうか。どこも比較的スムーズに中に入ることが出来ました。

沖縄には夏訪れるという人も多いようですが、空は青いし天気も良く、比較的混雑を避けることができる冬に訪れるというのも良い選択肢ではないかと個人的には思います。

f:id:eno1081:20170408125350p:plain

デートのプランを立てる方は「蝶々園」はパスした方が無難かもしれませんね。参考にしてください。

*沖縄旅行に関する記事はほかにもあります。

 

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net