The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

海外旅行の神器*Googleマップの「オフライン機能」の使い方

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

絶対に知っておきたい!Googleマップの「オフライン機能」

旅好きの皆さん、実はGoogleマップに「オフライン機能」があることご存知でしょうか?

この機能を使えば、WIFIを使えない場所でも、周辺地図を確認することができるので、海外旅行の際に非常に便利なのです。
f:id:eno1081:20180408131536j:image

ということで、今回はこれから海外旅行に行かれる方のために、私が大変お世話になっているこの「オフライン機能」の使い方、紹介したいと思います。

参考になれば、幸いです。

Googleマップの「オフライン機能」の凄い処

この「オフラインマップ」の凄い点は、インターネット接続していないのに

  • 自分の現在地が地図上でわかる
  • 周辺にある建物名がわかる

という点にあります。

なので当然

  • 現地で携帯電話やSIMカードを購入
  • 日本でWIFIルーターをレンタル

といったことをせず、携帯電話のインターネット接続が完全に切れていても使えるということです。

この機能さえあれば、紙の地図は必要ないですし、WIFIルーターを持っていなくても或る程度道に迷わず知らない土地を歩くことができるのです。

オフライン機能の使い方

オフライン機能の使い方は簡単です。

①地図をダウンロードする

まずは旅の目的地である地図を、ネット環境のある場所で事前にダウンロードします。

Googleマップを立ち上げて、ダウンロードしたい地域を検索してみましょう。

例えば、フランスのパリ。
f:id:eno1081:20180408130031j:image

検索したら、下に出てくる場所の名前をタップします。上の画面なら「パリ フランス」と大きく書いてある白い部分です。
f:id:eno1081:20180408130129j:image

すると場所の説明と画像がでてきました。

右側に「ダウンロード」という部分があるのでタッチします。
f:id:eno1081:20180408130226j:image

「地図を取得しますか?」と聞かれるので自分の欲しい範囲に地図の大きさを調整して「ダウンロード」をクリックします。

これで完了です!

②ダウンロードした地図の見方

さて地図を見てみます。

地図を見るときは、マップの検索欄の上にある「三」という部分をタップします。
f:id:eno1081:20180408130423j:image

メニューが開くので下にある「オフラインマップ」をタップします。
f:id:eno1081:20180408130536j:image

すると自分が先ほどダウンロードした地図が出てきます。
f:id:eno1081:20180408130738j:image
名前など分かりやすくつけておくと良いです。

これはネットが切れている場所でも、拡大縮小が可能ですし、自分の現在地も表示されます。

有名な建物や公園、道路の名称なども確認できます。

ちなみに有効期限はダウンロード後、1ヶ月となっています。

Google「オフライン機能」の注意点

この機能を使うときには注意点があります。

まず

  • 事前にネットが使える環境で必ず地図をダウンロードしておく

のが必須です。

私は弾丸旅行だったので旅の途中で一度、新しい国へ行くのに地図のダウンロードをし忘れてしまいました。

日本で事前にダウンロードしておくのが一番です。

また旅の途中でも宿の無料WIFIなどが使える環境で、現在いる国の地図や次に訪れる国の地図をダウンロードしても良いです。

それから

  • 経路案内の機能は使えない

ことも記しておきます。

➡がひゅんと伸びて、現在地から目的地までの行き方を音声や図でわかりやすく教えてくれるという機能はありません。

あくまで現在地と、周辺地図のみです。

なので、地図が読めない(非常に苦手)という方は、少し注意が必要かもしれません。

Googleマップの「オフライン機能」が使えない国がある

このオフライン機能は現在、米国や欧州など約100カ国に対応地域があるといわれています。

ヨーロッパのほとんどの国、北米アメリカ、オセアニアなどで使用することができます。

なので

  • ヨーロッパ旅行
  • オーストラリア旅行
  • カナダ、アメリカ、南アメリカ(キューバは×)旅行

の際に役立つ機能です。

しかしこのオフライン機能、日本は未対応になっています。そのためGoogleマップにオフライン機能があると知らない人が多いのです。

他にも

  • 韓国、中国、台湾、香港、マカオ、北朝鮮、タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ネパール、ウズベキスタン

といったアジアの国で多く未対応となっています。

アジア旅行の際は別の「MAPS ME」というアプリが使えるようです。

私自身が使用していないので強く勧められませんが、オフラインでも非常に多機能な地図アプリとして活用できるようです。

宜しければ、参考にしてください。

まとめ

ということで今回はGoogleのオフライン機能について、まとめてみました。

私自身ヨーロッパ周遊をしているとき、非常にお世話になりましたので、もしこういった機能を知らずにいる方がいたら、と思い紹介してみました。

  • 紙の地図がいらない
  • ネット接続していなくても使える
  • 現在地がわかる

というのは本当に凄いことだと思います。

この機能のおかげでパリやベルギーの街歩きも

f:id:eno1081:20180309163349j:plain

スイスで山歩きするときも

f:id:eno1081:20170813192010j:plain

ドイツで雨の中、夜行バスに乗り込むときも
f:id:eno1081:20180408131022j:image

迷わずに済んだように思います…!(たまに迷ったときは通りすがりの方に助けてもらいました)

ぜひこれから旅行に行かれる方は活用してみてくださいね。

どうしても不安だという方

ただどうしてもネット環境のない海外を歩くのが怖いという方もいると思います。

そういう場合は、事前にWIFIルーターをレンタルしておくのが良いと思います。オンラインであれば、当然日本にいるようにネットを利用することができます。

例えば、一度こういったものを借りてみて、1週間海外をひとり旅して、色々と気付きを得るというのも手かもしれませんと。

不安な気持ちが、楽しい気持ちよりも勝ってしまうというのが一番危険な状態だと個人的には思いますので、色々と自分を安心させる工夫をしてみるのは良いことだと思います。

レンタカーもそうですが、こういったものは当日ではなく、前もってレンタルしておかないと料金の面で損をしたり、空港で時間がなくて大変な目に遭うのでそれだけご注意くださいね。

それでは、最後まで読んでくださり、有難うございました!

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net