ダサいタコ足配線を「木目調」に変えただけで部屋のオシャレ度が簡単に上がった話

URLをコピーする
URLをコピーしました!

延長コード(タコ足配線)それは、狭部屋の七つ道具。

ワンルーム一人暮らしを続けてる私も例外ではなく、タコ足配線を今まで当たり前のように使い続けてきた。

そんな私が10年以上使い続けていたタコ足がこちら。

スイッチで個別にOFF / ONの切り替えができるタイプ。

しかし、今では電気が付かず死に絶えたランプもある。

元の色はツヤツヤ真っ白だったが、すっかり黄ばんでしまった、時の流れを感じる。

日常にあまりに溶け込んでいて、部屋に鎮座するこの年季の入ったダサいタコ足の存在を問題視したことがなかった。

けれどもふと

  • おしゃれなタコ足配線ってないの?

と思い、色々と調べてみたところ

木目調のタコ足配線

があるという事実に今更ながら気づく。

ということで試しに購入したのだけれど、これがめちゃくちゃ良かった~という話。

色気のない私の部屋からダサ要素が瞬時に薄れて、むしろ少しオシャレになった。

(なんで今まで気づかなかったんだろう)

もっと早く調べればよかった、とかなり後悔したので今回は、過去の自分に情報を届けるような気持ちで

  • おしゃれな木目調のタコ足配線

について情報をまとめたいと思う。

私と同じように部屋にあるタコ足配線がダサくて手軽にオシャレにしたい人、木目調のタコ足配線の存在を知らなかったという人は、YOチェケラ。

目次

エレコムの木目調タコ足(ECT-0203W)のレビュー

私が実際に購入したのは、こちらアマゾンで売っていた

  • 木目調タコ足配線(エレコムECT-0203W)

理由は、デザインと機能性を考えたときのコスパの良さ。

種類はコンセントの長さごとに

  • 1m
  • 2m
  • 3m

の3種類がある。

あくまで木目調であり「木製」ではないが、パッと見は木に見えるようなデザイン。

選んだのは

  • ウォルナット材

の焦げ茶色のタコ足配線で、床の色と非常に良く馴染むためタコ足が驚くほど目立たなくなった。

(というか今までが酷すぎた)

ウォルナットのほかに、オーク材を模したパターンもある。

床の色や家具の色が明るいという人は、こちら(オーク材ECT-0203O)を検討するといいかもしれない。

あまりに気に入って買い足し、1mと2mのものを両方使ってる。

以下、実際に買ってみてよかったと感じた機能面についてもメモしておくので、参考までに。

コンセント穴は過不足なしの六個口

まず、コンセントをさせる個数は

  • 6個

これがかなり丁度良くて、使いやすい。

例えば、私の場合も周辺ものを繋ぐだけで

  • スマホ(iPhone)
  • スマホ(アンドロイド)
  • プロジェクター
  • PC
  • アレクサ

といった具合に、コンセントを多用しなくてはいけない。

夏は扇風機を使用したり、テレビやDVDデッキなどを繋ぐ時にもタコ足を使う人は多いはず。

6個口というのは、個数としては丁度良く

  • 多すぎず少なすぎない

絶妙な数だと感じる。

※それ以上のコンセント口を求める方は、同じくエレコムから10個口のものが販売されている。おしゃれな黒色もありますので、よろしければ参考までに。

薄くてシンプル!余計なものが一切ない

最初に告白したように、私は個別にスイッチが付いてる黄ばんだタコ足配線を10年近く愛用していた。

しかも面倒で、ほぼスイッチを使っていなかった。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 901700CF-F1B6-43F2-ADAD-B42B551FD2B3-1024x768.jpeg

さらに光るので

  • 寝床周辺

に置くと明かりが気になり、暗闇の中で変に目立つのもマイナス点だった。

スイッチが付いてる分

  • 分厚い
  • 重たい
  • ゴツイ

という点も気に入っておらず、オシャレ度はかなり低かった。

しかしそれがタコ足配線というものなんだろう、と完全に諦めきっていた今までの私。

ところがどうだろう。

このエレコムの木目調のコンセントは

薄い、軽い、シンプル

余計な装飾は一切なく、かなりさっぱりとした見た目になっている。

しかしデザインは丁寧な仕上がりで、横から見るとこんな感じ。

粗がないというか、木製っぽさを追求してるのもわかる。

裏面はこんな感じ。

背面を表に出すことはありませんが、しっかりとデザインされてる。

木製の家具にもなじみやすく、机の上にも置けそう。

よく見たら、木に見えないという指摘もあると思う。

でも、この安さだ。

コスパを考えたら文句のつけようはなく、まさに自分が求めていた「木目調のタコ足配線」これは一目で気に入ってしまった。

コードの色は黒、かつ差し込みやすさ◎

デザインに関して、更にいいなと感じたのが

  • コードの色が黒

という点。

これが白だったり、茶色だったりすると少しダサい気がする。

黒なので床においても目立ちにくいというのは◎

さらにいえば、コンセントもかなり小さめな仕上がりになっている。

さらに言えば、差し込み部分の角度を変えられるのもイイ。

コンセント差込口周辺の

  • スペースが不安

という方にも使いやすくて、併用しやすい。

無駄なスペースを取らない、というコンセプトが徹底してると感じられた。

タップの差込口感覚が58㎜とかなり広め

さらに良いなと思ったのが、差込口の間隔が

  • かなり広い

ACアダプタがぶつからず、かなり余裕をもってコンセントを指すことができる。

この工夫は地味だけど、めちゃくちゃ使い勝手が良くなる工夫だと思う。

かなり使い手のことを考えてる、すごいぞエレコム。

なので幅広の機器を使っていて

  • 充電する際に面倒

と感じてる人にも、デザインだけでなく実用面でおすすめしたい。

「熱」を感じにくく安心感がある

以前使っていたタコ足配線が古すぎたのだろうか。

触ると熱い

と感じることが多くあり、急に爆発しても不思議じゃないぞという不安があった。

今のところこのエレコムのタコ足配線、触っても全然熱くない。

(むしろ冷たい)

購入したばかりだから当然かもしれないが、商品の注意事項としても

・雷サージから電子機器を守る、高性能雷サージ吸収素子を内蔵しています。

・最大サージ電圧12500Vの高性能雷サージ吸収素子(バリスタ)を内蔵していますので、雷によるパソコンやAV機器などの電子機器への被害防止に有効です。※最大サージ電圧12500VはJEC210/212規格に基づく数値です。

差込口に耐熱性に優れたユリア樹脂を使用し、万一の発熱の際にも融解しにくく、電気火災の防止に有効です。

・トラッキング現象による火災の防止に役立つ、絶縁キャップ付きのコンセントプラグを採用しています。

・電源コードには社団法人日本配線器具工業会規格(JWDS0010)に適合した二重被ふくコードを採用しており、断線や被ふく破れによる感電・火災の防止に有効です。

Amazon商品紹介ページ

といった記載がちゃんとある。

なのでデザイン性だけでなく機能面においても、信頼して使える商品だと今のところ感じている。

エレコムの木目調タコ足(ECT-0203W)の欠点

良い点ばかりを紹介されると、逆に購入するのが不安になるという人もいるだろう。

そこで、最後に使って感じたエレコムの木目調タコ足の欠点もまとめておく。

まず、デザインに関して。

概ね満足ではあるが

横から見た時に、継ぎ目の線が真ん中に入ってるので気になる人は絶対に気になる。

(やっっぱり木目”調”であって、木ではない的な)

もう1つは、USBポートはついていない。

最近はUSBポートが付いているタコ足回線もあるが、この商品はコンセント差込口だけ。

この点理解したうえで購入しないと失敗する。

また裏面に

  • フック引っ掛け穴
  • マグネット

もついていない。

非常にシンプルな作りであるので何も求めてない私には良かったが、逆にそういった機能を求める方には適していない。

こちらとしては、とにかくシンプルで床の隅におけるタコ足配線がほしかった。

だから、非常に満足している。

木目に関しても色が深くてチープではなく、少し高級感があるとすら思える。

見える場所においても目立たず、本当にもっと早く買えばよかった。

木目(木製)のおしゃれな延長コード

その他、購入前に調べた木目調(木製)のタコ足配線の情報をまとめておく。

同じように購入を検討されてる人は参考に。

まずは先ほども紹介したエレコムの色違い(オーク材)で、値段も手ごろ。

木目ではないが、同じくエレコムからブラウン色のタコ足配線もある。

こちらは電源タップ付き。

値段も今回紹介した木目調のものより、かなり安くなっている。

木目調4個口の延長コードもあった。

スイッチでの切り替えができるので、節約したい人向け。

USB差込口が二つ付いているおしゃれなインテリア系のタコ足もあった。

これは最後まで、購入しようかすごく悩んだ。

デザインに惹かれるものがあったが、コンセント差込口が縦に連なってる点が気になり購入を見送ることに。

かなり特徴的な見た目で、見えるインテリアとして延長コードを置きたい方向け。

回転するおもしろデザイン。

角度も変えられるのが良く、雑誌やテレビなどでも多く紹介されているのだとか。

値段が高めなのと目立たない場所に置く予定だったのでパスしたが、このコンセントを売ってる

というショップには他にもたくさんおしゃれな木目調の延長コードが売ってあった。

Amazonではなく楽天での購入になるが、頻繁にセールなどもやっているので気になる人はぜひ。

まとめ|タコ足は木目にするとダサくなくなる

ということで今回は、ダサいタコ足配線を10年以上使っていた私が

  • 木目調タコ足配線

を購入して、満足したという話だった。

コスパもよくて複数買いしやすく、スペースを取らないので起き場所にも困らない。

デザインに関しても、個人的には文句なし。

どうしてタコ足配線そのものをオシャレにするって発想が、今までなかったんだろう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 50798612-0B00-49B7-82F9-7D16CE0AC0CD-1024x768.jpeg

木目調なら部屋のインテリアと調和がとれて、雑多な感じもしない。

普通のタコ足配線と値段もほとんど変わらない。

ということで部屋を簡単にオシャレにしたいタコ足配線利用者の参考にしてほしい。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる