「プーシーの丘」おすすめの行き方&2つのルート解説【地図付き】

ルアンパバーンの観光名所「プーシーの丘」の行き方

今回の記事ではラオス旅行記の1つとして

  • ルアンパバーンの観光名所「プーシーの丘」の行き方

についてまとめたいと思います。

プーシーの丘の景色

これからルアンパバーン観光に出かける人の中には、プーシーの丘に関して

  • どのルートがおすすめか?
  • 所要時間はどれくらい?
  • 料金はいくら?

といった疑問があると思います。

なので当記事を読んで、これからプーシーの丘に出かける方の悩みが解決すれば幸いです。

1、「プーシーの丘」入場料金は20000キープ(245円)

最初に知っておきたいのが

  • プーシーの丘の入場料金

です。

丘に登る前に料金所があり、現金で20000キープの支払いを行います。

日本円で約245円と安めな価格。

予め両替所で、現金を用意しておきましょう。

※両替所は観光中心地の至る所にあります。私の場合は、宿・レストラン・その他ツアーはすべてクレジットカードで支払いました。現金は1000円だけ両替して、ナイトマーケットなどでお土産を買いました。

2、プーシーの丘の入り口は2つ

プーシーの丘への入り口は2つ

  1. ルアンパバーン国立博物館の向かい
  2. ナムカン川の向かい

です。

実際に、両方とも利用してみた感想としては

  • 1が表玄関
  • 2は裏道

だなと感じました。

プーシーの丘の地図

ちなみにどちらの道も

  • 観光中心地から徒歩すぐ

の場所にあります。

丘の頂上にあったマップも、参考までにのせておきますね。

プーシーの丘の地図(表門)

▲①表の道(Front Site of Phou Si Mountain)のマップ

プーシーの丘の裏道(地図)

▲②プーシーの丘の裏道の地図(Back Site of Phou Si Mountain)

順路は決まっておらず、どちらの道からのぼってもOKです。

見える風景が異なるので個人的には

  • 1から入って、2から帰るというのがおすすめ

す。

1の道も2の道も中心地から距離は離れておらず、多くの観光客は宿から歩いて訪問することが可能でしょう。

3、行き:ルアンパバーン国立博物館向かいの道

それでは以下、実際に歩いたときの様子を記録しておきます。

まず、宿から歩いて

  • ルアンパバーン国立博物館向かいの道

に訪れました。

こんな感じで、丘をのぼる階段が続いていました。

目立つので道路沿いを歩くと、すぐにわかります。

入って少し歩くと料金所と看板が。

ここで20000キープを支払って、更に丘をのぼります。

この道は

  • 山のど真ん中をひたすら登っていく

というルートでした。

プーシーの丘の道

なので景色は見れませんし、ひたすら緑の中を歩いていきます。

黙々と歩を進めて20分ほどで頂上に着きます。

思ったよりも簡単に上までのぼることができ、時間もあまりかかりませんでした。

4、プーシーの丘の頂上の様子と景色

プーシーの丘の頂上に到着したときの様子。

展望台は思ったよりも小さくて、少し拍子抜けしたのも本音ですね(笑)

プーシーの丘の頂上

ルアンパバーンの街並みを一望することができ、青空が広がっていて、とても良い気分でした。

プーシーの丘の頂上の写真

ちなみに私は

  • 朝9時

に宿を出発して、プーシーの丘に登りました。

プーシーの丘といえば

  • 夕日がとてもきれいに見える

ということで評判なのですが、宿のオーナー曰く「夕方になると中国人で混んでてヤバイ」ということでした。

実際に行ってみて、確かに

  • 狭くて、人がたくさんいたら疲れそう

と感じるスペースでした。

なので、特にこだわりがなければ朝昼に訪問しても良いと思います。

青空の下に広がる街並みも、なかなか素敵でしたよ。

プーシーの丘の頂上の写真

5、帰り:ナムカン川の向かいの道へ

行きと帰りが同じ道だとつまらないので

  • 帰りは裏道(ナムカン川向かい)

を通り、宿に帰ることにしました。

此方の道は

  • 仏像がたくさんある
  • 猫がいる
  • 川沿いの景色がところどころで見れる

見どころが多く、楽しかったです。

ただ此方の道から登ると

  • 頂上に着く前に景色が見えてしまう

ので、登った時の感動が半減しそうだなと思いました。

私が最初に通ったルアンパバーン国立博物館向かいの道は、歩いている途中でワイドビューが何も見えなかったこともあり、登り終えた時の感動が大きかったです。

なのでルートとしては、やはり私が選んだのと同じように

  1. 行きはルアンパバーン国立博物館向かい
  2. 帰りはナムカン川向かい

を選ぶと良いと思います。

ちなみに途中で猫と戯れたり、写真を撮りながらのんびりしていても、全体の観光所要時間は2時間を切っていました。

(1時間半あれば十分、行けると思います)

また裏道は下りた後に見える

  • ナムカン川沿いの景色が素敵

でした。

なので、帰りはのんびり歩きながら写真撮影をしても楽しいと思います。

年齢やその人の体力にもよるかもしれませんが割と、さくっと観光できたのが良かったです。

まとめ|プーシーの丘の観光情報

ということで今回の記事ではルアンパバーンの観光地の1つである

  • プーシーの丘の観光情報

をまとめてみました。

内容としては

  • 料金は20000キープ
  • 場所は観光中心地
  • 所要時間は2時間で余裕

案外にさくっと登れるので、気負わずに足を運んでOKです。

※ただし段差の高い階段もあるので、足腰が弱い人は避けた方が良いと思います。

頂上の様子は

  • かなり狭い

ので、混雑する夕方は避けるか早めに待機するのが無難だと思います。

日の出・日の入の時刻はこちらを参考にしてください。

ルートは2つあり

  • 行き:ルアンパバーン国立博物館向かい
  • 帰り:ナムカン川向かい

という両方の道を使った行き方がおすすめです。

どちらのルートも緩やかな段差もあれば急な段差もあるので、特に難度の差はありません。

夕日鑑賞は、混むことを前提にして訪問してください。

(個人的には昼間の観光で満足でした)

気軽に訪れることができる観光スポットなので、ルアンパバーン訪問時にはぜひ足を運んでみてくださいね。

それでは最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

ラオス旅行のほかの記事
【歩いて後悔】ルアンパバーン空港から市内へ移動するベストな方法 女一人旅のルアンパバーン*のんびり癒されたラオス旅行【感想まとめ】 【ラオスの絶景】念願の「クアンシーの滝」に行ってきた感想&行き方

東南アジア旅行記はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。