The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

梅田校はない?大阪のテックエキスパート(TECH::EXPERT)カウンセリングでわかったこと

SPONSORED LINK

テックエキスパート(TECH::EXPERT)無料カウンセリングに行ってみた感想

今回の記事では、テックエキスパート(TECH::EXPERT)無料カウンセリングに実際に行って分かった情報をまとめてみたいと思います。

というのも、私も色々とネットで情報を集めたのですが

  • ネットにあるのは昔の情報ばかり
  • 東京と大阪は事情が異なる

と強く感じたからです。

結論としては

  • 少しでも興味があるならカウンセリング申し込んだ方が〇

で間違いないです。

▶テックエキスパート無料カウンセリング

また私の性格上、かなり事細かに質問をしてきました。

結果として、ネットの情報だけでは判らなかったことが沢山あったと思いました。

ということで実際に訪れた無料カウンセリングの内容をまとめることで

  • 大阪で「テックエキスパート」を受講しようか悩んでいる方

に向けて情報を提供したいと考えています。

2019年2月までの最新情報も含め、他の記事には書かれていないことも多いと思うので、悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1、大阪の教室は、現在「梅田校」ではない

まず一点、ネットで調べても判らなかったことなのが

  • 大阪のテックエキスパートの校舎はどこなの?

という疑問の答えです。

お尋ねしてみると

と仰られていました。

以前は、梅田だったんです。

昔のネットの情報だとすべて梅田になっています。

けれども現在は、受講者が増えたことで梅田は同じ系列のテックキャンプのみの教室となっています。

なので現在の大阪の教室は

  • 心斎橋校

です。

ちなみに、梅田校よりも心斎橋校の方が綺麗なんだとか。

f:id:eno1081:20190222235010j:plain

ちなみに宣伝によく使用されている後者は渋谷校になります。

f:id:eno1081:20190222235139j:plain

あれですね。

東と西の格差を感じますね(真顔)

2、選好で落ちる可能性も高い

「テックエキスパート」の特徴としては

  • 未経験からプログラマーへ転職をサポート
  • 転職できなければ全額返済
  • 30代からでも受講可能

といった点でしょう。

このような強気な宣伝から今、非常に注目を浴びているプログラミングスクールになります。

コースは大きく分けて、以下2つになります。

f:id:eno1081:20190222235312j:plain

ただし

  • 転職保証付きは選考がある

というのも一つの特徴になります。

詳しくお聞きしたところ、最近はかなり人気が出てきたこともあり、受講を希望してる人が非常に多くなっているそうです。

(実際に無料カウンセリングの予約もいっぱいという感じでした)

※選考は無料カウンセリング後、希望者のみに行われます。なので、無料カウンセリングに行ったから必ず受けなければならないというわけでもないです。

選考の基準としては

  • 年齢
  • 経歴

を重視するそうで、やはり若ければ若いほど有利になるようでした。

さらに言えば

  • 関西はプログラマーの募集が東京より少ない
  • ➡関西勤務希望=選考厳しくなる

という傾向もあるそうです。

なので関西の方でも選考の際は「東京勤務可」という点を伝えた方が良いともアドバイスいただきました。

3、フリーランスコースが案外オススメ(?)

もう1点、ポイントとしてお聞きした点ですが

  • 選考で落ちてもフリーランスコースは受けられる
  • このコースが案外おすすめ

と仰っていました。

  • フリーランスコースでも学べる内容は同じ
  • 転職活動は自分ですればOK
  • そのうえフリーランスのスキルも身に付く

ということでおすすめだ、と仰っていました。

調べてみたところ、テックエキスパートの卒業生としてインタビューに答えているこちらの方も、フリーランスコース受講だったようです。

f:id:eno1081:20190223000144j:plain

▶正社員経験なし28歳、TECH::EXPERTでWebエンジニアとして転職!副業も手に入れ収入と市場価値を一気に高める | TECH::NOTE

私個人としても、ブログと合わせてプログラミングで稼げる力を付けたいという気持ちが強いので、このコースにはかなり興味があります。

ちなみにフリーランスコースは選考を受ける必要もないので

  • 年齢に不安がある方
  • 選考に落ちてしまった方

にもチャンスがあると考えてOKになります。

▶テックエキスパート(フリーランスコース)の詳細はこちら

4、授業時間は固定制?短期集中コースとは?

もう1つ個人的に気になっていたのは、カリキュラムの進め方です。

テックエキスパートには

  • 短期集中スタイル
  • 夜間・休日スタイル

の2つがあります。

退職した方はこちら。

f:id:eno1081:20190223000451j:plain

働きながら受講する方は此方の時間割で受講するという選択になります。

f:id:eno1081:20190223000502j:plain

また受講開始機関の2週間前から、オンライン学習が可能だそうです。

※オンラインスタイルもありますが、それなら他のスクールに行った方が得なような気がしたので、あまり詳しく聞きませんでした。

ちなみに短期集中に関しては

  • 教室に行く時間が固定されてるわけではない
  • が、ノルマがある

ので、ハードスケジュールを余儀なくされるそうです。

ちなみに働いている方は、半年かけて休日・夜に通うこともできます。

途中で離職した場合は

  • 夜間・休日➡短期集中

という変更も可能だそうです。

※ただし短期集中➡夜間・休日はNGだそうです。参考までに。

5、最大のネックは値段

最後に、気になるお値段に関しても聞いてきました。

テックエキスパートは強気なだけあって、受講料が高いんです。

2019年2月現在までは

  • 498,000円(税込53784円)

という値段になっています。

(ちなみにオンライン受講だと10万円値段が安くなります)

ちなみに分割払いもありますよ。ただ注意した方がいいなと感じたのは

  • 6回分割から分割手数料がかかる

という点です。

2回分割だけは分割手数料がかからないので、もし一括払いができない場合は2回分割にした方が〇ですね。

また同系列の「テックキャンプ」を受講したことがある方は

  • 10万円割引になる

というのもポイントだなと感じました。

さらにもう1点、受講料に関してすごく重要な点があります。

それは

2019年3月から10万円値上げする

という点です。

とにかく今、プログラマーは需要があり転職もしやすいということで、スクール人気が出てきているのが原因だと思います。

f:id:eno1081:20190223224443j:image

3月1日以前の申し込みであれば値上げ前(10万円安く)受講できるということです。

なので、迷っている場合は今すぐにカウンセリングを受けて申し込むのが〇だと思います。

またカウンセリング自体も人気があり、枠が埋まっている可能性が高いので、注意してください。

▶無料カウンセリング申し込みはこちら

無料カウンセリングを受けると受講料も2万円オフになるので、知っておくと良いと思います。

加えてもう1点

  • 受講の際にはMacのPCが必要

なので持っていない場合は、新しく買わないといけない点も頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

まとめ

ということで今回はテックエキスパートの無料カウンセリングに行った話をまとめてみました。

特に大阪に住んでいる方のための情報がネットには少ないので、参考になることがあれば幸いです。

ちなみに大阪はプログラミングスクールがすごく少ないんですよね。

「おすすめ プログラミングスクール」と検索すると出てくるのは、大体東京のスクールばかりです。

個人的には同系列の

の無料体験会もお試し受講もするので、また内容をまとめてみたいと思います。

▼テックキャンプの無料体験会詳細はこちら▼

▲テックキャンプは未経験者に優しいコース内容で、値段も10万円台から始められるのが〇です。

また「テックエキスパート」の無料カウンセリングに関しては「行ってよかった」と強く感じました。

  • どの質問にも適切に回答してくださった
  • プログラミング業界のことがざっくり分かった

と感じました。

満足度が非常に高かったですし、変な押し売りも全くされませんでした。

むしろ色々と情報を教えてもらえるので、結果的に受講しないという選択でも無駄にならないと感じました。

カウンセリングに関しては

  • 1時間も時間をとってもらえる

ので、ちゃんと質問を用意していけばかなり勉強になります。

とてもおすすめです。

▶テックエキスパート無料カウンセリング

 

プログラミングスクールは今非常に需要が高く、ますます人気が出て倍率が上がるのは確実なので、気になる方は早めに行動を移すことをお勧めします。

▼無料カウンセリングはこちらから▼

▶テックエキスパートの詳細はこちら

それでは最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!