The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

短期留学ならフィリピン(セブ)で決まり?実際に二週間語学留学して気づいたこと

はじめに

今回は、私が以前経験したフィリピン留学についての記録をまとめたいと思います。私にとってこのフィリピン留学は初めての語学留学でした。本音を言えば、カナダやイギリスに行きたいという気持ちでしたが、金額と相談した結果の妥協という形でフィリピン留学を選んだ次第です。2週間で航空券、宿代、食費、授業料すべて込で20万かかりませんでした。今後、語学のスキルアップのためにフィリピンへの留学を考えている方は参考にしてみてください。

1、フィリピンはどんな国?

フィリピンは日本から飛行機で約2~3時間ほどの距離にある国です。なぜ、語学留学にフィリピン?と思う方もいるかもしれませんが、多民族国家のため使用言語もとても多く母語として使われる言語は147にも及ぶと言われています。そのため公用語としては、フィリピン語(タガログ語)と英語が公教育で使用されています。民族や言語だけではなくフィリピンは、ほかにも色々な顔を持つ国です。セブやマニラの有名なリゾート地周辺では、ものすごく大きなホテルや綺麗なビーチがあります。しかし一歩、街を外れれば、とても人の住めそうにない家屋に、小さな子供を抱えた母親の姿を見止めたりもします。華々しいヨーロッパや派手なアメリカという街ではなく、発展途上にあるフィリピンいう国に訪れることで、貧富の格差というのはあまりに単純かもしれませんが、グローバル化と声高に叫ばれている社会の波に対して、それでも指摘せずにはいられない何かを知ることができました。

2、フィリピン旅行に関するアドバイス

飛行機の遅延

私は女一人での初プチ留学という感じでしたが、特にトラブルに巻き込まれることもなく、無事に日本に帰ってくることができました。しかし実際、行きのマニラ~セブ区間の乗り換えで飛行機の遅延を喰らい、大変な目にも遭いました。フィリピンの国内線は遅延がものすごく多いです。私は4時間待ちました。また連絡も雑なので掲示板に何も表示されず、危うく乗り過ごすところでした。留学する方は、必ずお世話になる学校の連絡先をメモして、持ち歩いてください。wifiは使えるので、迷わず連絡しましょう。

スリ、恐喝などの危険性

私は幸い、このような危険に遭遇しませんでした。しかしルームメイトが夜道を歩いていて、ナイフを持った男性に脅されて学内に警告が入りました。日中は大丈夫ですが、夜道は出歩かないようにするのが大切だと思います。また笑顔の子供がわらわらと近づいてきたらスリ目的のストリートチルドレンである可能性が高いとも念を押されました。必ず鞄はチャックの付いた肩から下げれるものをセレクトしてください。移動手段には主にタクシーかジプシー、トライシンクルという乗り物を使います。これも、なかなか面白い体験でしたが、スリや恐喝などもあるようです。必ず複数人で乗るようにと言われました。

フィリピンでの食事について

一言で表すと、フィリピンの食事はあまり美味しくありません。正確にいえば、フィリピンの語学学校で出される食事はあまり美味しくありません。外食は割と美味で、逆によく外に出歩き出費がかさみました。語学学校の食事だけでは、確実に耐えられなくなると思いますので、周辺の食事処を事前に調べておくとよいかもしれません。胃薬やカップラーメン、インスタントのお味噌汁などを持って行った方がいいです。しかし、フルーツは安くてとても美味しいです。美味しいマンゴーを一つ100円台で買えます。ぜひ、ご賞味ください。

フィリピン語学留学の息抜きに楽しむのであれば

近場にリゾートホテルがある場合は、ぜひ訪れてみてください。とてもゴージャスで、楽しめると思います。勉強しに来たという気持ちがあっても、せっかくの機会ですから念のために水着を持っていくとよいでしょう。個人的には、マッサージがとても安くて気持ちよかったです。行かない理由はありませんので、ぜひ利用してみてください。

3、フィリピンでの語学留学についてのアドバイス

フィリピン講師の英語力について

私はフリートークのときに、フィリピンの方はどのように英語を学んだのかを英語教育に関して質問しました。彼らの答えによると、フィリピンでは5歳のころ(elementary school の1grade) から英語教育が始まるそうです。また、フィリピンでは化学、数学、音楽など国語と自国の歴史以外は英語で授業を行うそうです。つまり、英語の授業ではなくとも、ほぼ英語で授業しているということです。よって、彼らは当たり前のように日常言語として英語を喋れるのが当たり前というわけです。すべてのフィリピン人が英語を喋れるわけではありません(識字率も100%ではありません)。しかしほとんどのフィリピン人にとって英語を話すということは、フィリピンを出て海外で働くための”切符”、仕事を得るための重要なスキルとなります。ちなみに最近では日本の英語力のなさを嘆く風潮もありますが、このような他国の現状と比較して、国内(日本)で仕事をする前提で教育を受ける(ことができる)というのは、日本の経済的な豊かさを意味するとも私は考えています。グローバル化や英語教育改善がやたらと叫ばれ始めた今は、逆ともいえるわけですが…。

フィリピン留学で文法指導は期待しない

先ほど述べたような教育を受けているため、フィリピン講師陣は皆、英語ペラペラです。でも講師の質は様々です。特に文法に関しては、絶対に日本で勉強してから、留学してください。一見英語がペラペラだけれども「a」と「the」の違いについて説明しようとし、少し混乱されていた方もいらっしゃいました。英語で説明されるので、わかっているこちらも混乱します。最近はオールイングリッシュの英語教育が支持されますが、すべてを英語でやればいいというのは暴論でしかないと私は思います。日本人の英語教育は悪いところばかりが指摘されることが多いですが、英語という全く異なる言語体系を学ぼうとする学習者たちが、沢山の良書を残して文法を日本語で解説してくれています。大金を払う前に文法に関しては、自国でできることを最大限にしたうえで留学に臨むという姿勢が、大切です。個人的に以下のような参考書を全く読まずに外国へ飛ぶことはお金をどぶに捨てるようなものだとも思います。参考にしてください。

 

こちらの参考書は今まで読んだ中で一番わかりやすいものでした。イラストもお洒落で、英文もユニークなものが多いので、誰でもとっつきやすいです。中学英語にも自信がないという人でも十分に理解が進むと思います。お勧めです。

 

大学受験を控えた高校生にお勧めする参考書です。高校英語をきちんとやり直しいという方にお勧めできます。良書です。

  フィリピン人講師の発音について

「フィリピン人講師は訛りがあるからよくない」という意見を留学する前によく耳にしました。私の言った学校には発音矯正の授業もありました。実際、フィリピン人講師に発音矯正を受けて感じた答えとしては「鉛を気にするレベルに達しているのならば、フィリピンには語学留学に来る必要はない」と思いました。当時の私の英語力はTOEICでようやく700点は取れるレベルでした。正直、沢山ある母音の違いも、LとRの発音も、uとWの違いも、あやふやです。また文法に関してはヲタクといえるほど学んできましたが、スピーキングになると英語が全く口から飛び出してこない自分にコンプレックスを持っていました。だからこそ、訛りも気にせず文法も気にせず一つの共通言語として英語に親しむフィリピン人の姿勢は、とても学ぶものがありました。フィリピン人はネイティブではありません。けれども彼らは子供のころから、自国の歴史と、国語以外はすべて英語で教育を受けてきた人たちです。非ネイティブではありますが、普通の日本人とスピーキングレベルを比べれば、その実力には雲泥の差があります。つまり、英検1級やTOEIC900点以上に達しているくらいのレベル(⇒このような場合は、ネイティブがいる国に行くべき)でなければ、安心してフィリピン留学してください。

フィリピンでマンツーマンレッスンを受けた感想

マンツーマンレッスンの長所は、スピーキングが苦手な場合、周りを見て緊張したりすることなく、自分のペースで英語を喋ることができるという点です。発話の機会も多いため、場数も踏めます。しかし個人的には、すべての授業がマンツーマンレッスンだとマンネリ化すると思いました。グループレッスンにはグループレッスンなりの良さがあります。ディベートは色々な意見が聞けますし、友達も作れます。何より、同じ日本人の学習者がどのような表現を使用しているのかを知り、真似することができます。そのため、費用も安いグループレッスンの選択が可能であれば、すべてマンツーマンではなくいくつかグループレッスンを混ぜることを私はお勧めします。

マンツーマンレッスンの短所は、聞き手話し手の一対一の関係づくりになってしまうということです。この場合、英語があまり喋れない生徒は、知らず知らず聞き手に回りがちになります。聞くのは案外簡単です。really?oh?I see...などと感心している間にフィリピン人が恋バナなど夢中になって話し始めて授業が終わったりします。また、こちらの言っていることがわかっていなかったり、下手な英語だと思っていても、そのような生徒に慣れている先生は何となく意味を読み取ってくれます。なので、英語が喋れていると自信を持つことはできますが、この場合、英語力はあまり伸びません。第三者という目を置くことで、できる学びもあるのだということを私はこの機会に知ることができました。

フィリピン人講師の性格

マンツーマンレッスンになってくると会話が増えるため、授業というよりも人と人のつながりという側面が強くなってきます。性格は勿論人それぞれですが、基本的に根明な人が多い印象でした。印象的だったのは、女性のファッションと恋愛観です。日本と違い、欧米の価値観に寄り添っている印象が強く、色っぽい格好や高いヒールを好んで履く方が大勢いらっしゃいました。日本では「痩せていますね」は褒め言葉のように聞こえますが、フィリピン人はショックを受けます。褒め言葉は、sexyやbeautifulを使ってください。また私が見た限り全員の女性講師が自分の顔写真を携帯の待ち受けにしていたことです。自分の顔写真をキーホルダーにしている人もいました。とにかく写真が好きで、どんなときにも自撮りします。自己主張も強いです。けれどもあまりに堂々としているので全然いやな感じじゃなく、むしろ日本人女性にはない魅力を感じました。昔「フェイスブックに顔を出してる女は自分がかわいいと思ってるからそういうことする」と言う女性に会いましたが、彼らに言わせれば「それの何が悪いの?」という感じです。日本人はよく言えば、奥ゆかしい。ですが、悪く言えば卑屈なのかもしれませんね。

4、フィリピン留学で学んだことを日本で一人でやる方法

ここでは実際に私が受けた授業内容をもとに、日本で独学できる学習方法を考えたいと思います。

実際に受けた授業内容

1,  シチュエーション別英会話

電話対応、買い物など場面にあった台詞を学べる授業でした。日本の学校でも馴染みあるものかと思いますが、フィリピン講師がいることでメリハリがあります。自宅で一人で学習する場合は、場面別のダイアローグを暗記し、録音機の前で暗唱するのが良いと思いました。

2,  発音矯正

私の担当についてくださった先生は特に指導が熱心で、個人的には有益な時間を過ごすことができました。最初に受けたテストに基づいて、順に苦手な発音からトレーニングしてくれました。しかしここでも日本にいる間に絶対に『 英語耳』などの教本を使って自分で勉強してから授業を受けることを勧めます。これらの本を何週か予め日本語で学習しておくことで、英語の発音の見取り図を持ち、自分の苦手とする発音をある程度理解することが可能です。発音記号を知らないでフィリピン留学に行くというのは、箸の持ち方を知らないのにすし屋に行くようなものだと考えてください。或る程度の壁を知ったうえで、アドバイスをもらうことがフィリピンでの留学をより豊かなものにしてくれると思います。

 

この本は、英語の発音に対する知識が全くない人にも、ある程度の知識を持っている人にもお勧めできます。私は英語の発音をほとんど知らない状態からこの本を初めました。そのおかげで今では周りの人に「英語の発音が上手」と言われるようになりました。ひとえにこの本のおかげだと思っていますので、心から推薦できます。

 

3,  瞬間英作文

渡された紙に書いてある日本語の短文を英語にする練習です。瞬間英作文は、巷で話題の森沢洋介さんの著書で、独学することが可能です。こちらです。

 

ちなみに私は今まで英語を使うという機会がなかったため、日本ではこの勉強を一番疎かにしていました。同じフレーズを繰り返すのはつまらないし、中学英語なんて今更という気持ちが拭えなかったからです。しかし実際に留学して、英会話において一番大事なのはどれだけ速く、正確な文法で、シンプルな英語を、相手に返せるかどうかだと感じました。必要なのは高校英語ではありません。超スピードで中学英語を喋れることなのです。この練習は、日本でもできるものなので帰国後力を入れたいと感じました。

4,  イディオム

英語特有のイディオムについて学ぶ授業もありました。個人的には、この授業が一番物足りなかったです。時間の割に学べる内容が少ない気がします。イディオムは「なぜ、このイディオムがこの意味になるのか?」という理由が気になりますよね。こういう情報は、日本語で学んで詳しく知った方が効率が良いです。情報の説明や解釈などが求められる学びは、日本語で確実に得るという道が速いと私は思います。英語における単語のニュアンスや意味を掴みたいのであれば、googleでいくらでも例文も見れますしね。

5,  VOA(Voice of America)
アメリカ国外にすんている方に向けた英語学習方法のことらしいのですが、正直よくわからなままに終わってしまいました。リスニングを行い、語彙の穴埋めをするという流れです。また内容のサマライズも求められました。フィリピン人は英語で教育を受けます。つまり当てられた生徒は先生の質問に返し、内容を英語で答えます。つまり自分の得た英語情報を、英語でサマライズ(要約)する学習が当たり前ということです。これは日本でも英語長文を読み、それを英語でまとめるという学習をすることで身に付く力とも感じました。

 

6、プレゼンテーション

グループレッスンで受講したこの授業が、一番面白かったです。先生がクジを用意してくださり、各自が引いたお題について、数分考える時間がもらえます。そして順番にみんなの前で英語で意見を発表します。その発表について、先生が皆に疑問を投げかけて、話を発展させていきます。発言の場が多く頭を使う内容なので、とても刺激になりました。また一緒に受けているメンバーの英語表現を盗むこともできました。このような学びは、自分でするのが難しいですね。個人的には、英検1級(準一級)などの二次試験対策を使用し、お題に沿って自分でスピーチを考えるのが良いかと考えています。またライティングで自分の意見を書く練習をするのも良いと思います。

7,  ディベート

一つのトピックについて賛成反対と各々の立場を表明して意見を述べるクラスでした。先生やメンバーによって充実度が変わると思います。上記同様、独学での経験を積むのが難しいものです。日本の英語教育を変革するのであれば、文法重視を止めるというよりも、ディベートやプレゼンテーションの回数量を増やすのが良いのではと個人的には思います。

8,  イディオム

英語特有のイディオムについて学ぶ授業もありました。個人的には、この授業が一番物足りなかったです。時間の割に学べる内容が少ない気がします。イディオムは「なぜ、このイディオムがこの意味になるのか?」という理由が気になりますよね。こういう情報は、日本語で学んで詳しく知った方が効率が良いです。情報の説明や解釈などが求められる学びは、日本語で確実に得るという道が速いと私は思います。英語における単語のニュアンスや意味を掴みたいのであれば、googleでいくらでも例文も見れますしね。

5、最後に

私にとって2週間のフィリピン留学は、素直に言ってよかった!と思える経験でした。しかし2週間でよかったという気持ちもあります。何故なら、3週間以上いてしまえば、メリハリやモチベーションが下がっていた気がするからです。1週間目は、新しいことばかり。2週間目に、ようやく慣れてきた。この期間、異国に滞在し語学を学ぶことで、語学留学がどういうものなのかという材料を得ながら、一つのバカンスとしてフィリピンを楽しむことができたのだと思います。語学留学というよりも、それを兼ねた旅行でした。

むしろこの経験から私が得たのは、或る程度のことは日本でやろうと思ったら自分でできるという自信です。次に語学留学なるものをするときは、日本での独学で英検1級とTOEIC900以上を必ず取得してからにしようと決めています。むしろ、語学留学ではなく、次は学問を学ぶ目的で海外に飛びたいです。英語は、英語を話すことを目的にするのではなく、何か別のやりたいことをこなすための英語を使うのだとも改めて思いました。ネイティブでない限り「英語ができる」といえるほどのスキルを身に着けることは不可能です。どこまで行っても、上には上があるのです。だからこそ自分のレベルと、目指せるステップを知り、着実に何かを積み重ねていけたらと思うばかりです。

色々と当時を思い出して書きましたが、百聞は一見に如かず。迷っているならばぜひ、フィリピン留学お試しください。

D27 地球の歩き方 フィリピン 2015~2016

D27 地球の歩き方 フィリピン 2015~2016

 

ちなみに私は↓のサイトで口コミを見て、学校を決めました。参考にしてください。

フィリピン留学・セブ留学なら口コミNo1|留学ドットコム

schoolwith.me