The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

スリは未然に防ぐ!海外旅行で観光するときオススメの装備(バッグ)は?

SPONSORED LINK

海外旅行の観光時に必要な持ち物は?

今回の記事では、海外旅行先で観光する際のおすすめ装備について記事を書きたいと思います。

特にスリ対策という視点から、説明する予定です。

というのも以前、コメント欄にて

外国を観光される際には45Lのリュックと別に25L位のリュックを持って行っておられますか?

それとも、45Lのリュックを常に背負って観光されていますか?

参考にさせていただきたいので、よろしければ教えていただけると嬉しいです。

という質問を頂いたことがありました。

質問者様には、返信させていただいたのですが後々考えると

  • 他にも同じような疑問を感じている訪問者がいるかもしれない

と気づかされるものがありました。

ということで

  • 観光の際は、どんなバッグを使っているのか?
  • バックパックはどこに置いているのか?
  • 観光の際に貴重品はどのように管理しているのか?

といった疑問にお応えできるような記事を目指しつつ、観光時のスリ対策になる装備について考えてみたいと思います。

宜しければ、今後の旅の参考にしてくださいね。

1、セキュリティポーチで貴重品管理

さて、観光中に必要な持ち物を収納するものとして、私は主に二つのアイテムを利用しています。

最初に紹介するのは「女一人旅のバックパッカー*「絶対に役立つ」旅の持ち物をまとめて紹介」という記事でも紹介している

  • (スキミング防止機能付きの)セキュリティポーチ

です。 

私は旅行の最中、このセキュリティポーチを常に身に着けています。

中には

  • パスポート(一番後ろのポケットに収納)
  • クレジットカード(手前のポケットに収納)
  • 現金(裏の網目のポケットにそのまま)

を入れて持ち歩いています。

パスポートは宿に置くべきか持ち歩くべきか?

パスポートの持ち歩きに関しては、人それぞれかもしれません。

  • 宿の金庫に収納

と考え実行したこともあるのですが

  • 忘れやすい性格なので宿に置き忘れてチェックアウトする可能性
  • 単純に不安

を感じて持ち歩くスタイルにしました。

また、宿にチェックインする際に、身分証明としてすぐ取り出せる位置にあった方がいいという利便性を重視しています。

セキュリティポーチに関しては「海外旅行の神器!セキュリティポーチのおすすめな選び方【使用レビュー】」という記事に使い方や選び方をまとめていますので、合わせて参考にして下さい。

www.nekopajamas.net

財布は一切使わない

ちなみにクレジットカードや現金の管理に関しては

  • 財布は一切使わない

という方針で旅行に行っています。

私が心配性なだけかもしれませんが、財布は「ここにお金が入っているよ」と教えるようなものだ、と個人的には思うのです。

他にも

  • 財布を取り出して、うっかりレジカウンターに置き忘れる
  • 財布を持ち歩いていて、うっかり落とす
  • 財布を鞄に無造作に入れていて、うっかり盗まれる

と色々な想像した結果「財布は持たないようにしよう」と判断した次第です。

なのでクレジットカードもパスポートもセキュリティポーチの中にそのまま入れています。

もう驚くくらいの速さで

  • 使ったらすぐにしまいチャックを閉じ、服で隠す

を徹底しています。

そのままポーチに入れるのに抵抗がある場合は、すぐに取り出せる薄型のパスポートケース&カードケースに収納したうえで、ポーチの中にしまうのがお勧めです。

また現金は、下の写真のようにそのまま小銭とお札を分けています。

f:id:eno1081:20170912182302j:plain

その日の観光で使用するくらいの少額のお札しかいれないと決めており

  • バスに乗る時や列車の切符を買うとき
  • 少額の買い物をするとき
  • 自販機で水やお菓子などを買うとき

などにすぐに取り出せるようにしています。

自分の把握できる範囲の金額しか持ち歩きません。

また、当然ですが

  • ズボンのポケットには、大事なチケットや携帯電話、お金を入れない

のは心がけましょうね。

お金の管理に関しては下の記事にも詳しくまとめていますので、宜しければあわせて参考にして下さい。

海外旅行の安心度を高める「お金(貴重品)の管理方法」5つのコツ

www.nekopajamas.net

海外で持ち歩く現金はどれくらい?

私は海外旅行では、支払いはほぼ全てクレジットカードです。

これも「女一人旅のバックパッカー*「絶対に役立つ」旅の持ち物をまとめて紹介」という記事で書いていることなのですが

  • クレジットカードは紛失・盗難時にすぐに止められる
  • 大量の現金を持ち歩くより遥かに安全

と考えています。

日本では現金しか受け付けないお店も多いと思いますが、例えばヨーロッパにいる間はどの店でもカードが気軽に使えて、正直にユーロ札を持て余すほどでした。

何かあったときは、電話番号をノートなどに控えておけば、カードはすぐに止めることができます。

現金を大量に持ち歩くよりも、クレジットカードを2~3枚持ち歩く方が絶対に安全ですし、使い勝手が良いのは間違いないでしょう。

そのうえ

  • 海外旅行保険に対応しているカード
  • ポイントが貯まるカード

を選ぶことで、旅の費用を浮かすこともできます。

旅行保険を考慮したカードの選び方について

クレジットカードは少なくとも2~3枚は持っていくのが良いと思います。

1枚だとかなり不便が多い(クレジット限度額、紛失の恐れなど)と感じたので、海外旅行に特化しているカードを増やしています。

そのうえでお勧めしたいのは

ですね。

エポスカードは旅ブログなどで必ず紹介されている人気クレカの1つです。

その理由は

  • 無料クレジットカード
  • 海外旅行保険で最も重視しなくてはならない疫病保険の額が高い(270万)

という点が最大の魅力だからです。

旅好きなら皆知っている定番クレジットカードですので、ご存知ないという方はぜひHPをチェックしてみてください。

▶エポスカードのHPをチェック

クレジットカードと保険の繋がりがわからないという人は「絶対に必要な海外旅行保険を安くする!無料クレジットカードの保険節約術とは?」という記事に基本をまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

www.nekopajamas.net

大前提としてカードを1枚も持っていないという方がいましたら、海外旅行に行く前に必ず作っておきましょう。

繰り返しますが、基本的に現金はそれほど必要ではなく

  • 日本でも持ち歩く程度の額(1~多くて3万)

くらいで良いと思います。

さらに、私は現金は分けて管理していますね。

持ち歩くのとは別に、衣服や生活用品を持ち歩くバックパックの奥底に緊急時用にしまっておきます。

ただしこれも大金ではなく、仮に盗難に遭ってもダメージを受けないほどの金額と決めています。

2、小さめのショルダーバッグ

もう一つ私が観光の際に利用するのが

  • ショルダーバッグ

です。

ちなみに観光時にはリュックではなくショルダーバッグを使うのにも防犯上の理由があります。

以下、簡単に説明していきましょう。

私がリュックを観光中は使わない理由

私が観光の際中にリュックサックを利用しない最大の理由は

  • 後ろを見ることができないから

です。

基本的に私たち人間は、自分の背後で行われていることを知ることができません。

とすると

  • こっそりとリュックのチャックを開けられていた
  • 知らない間にスリにあっていた

という可能性がでてきます(実際に多いスリの事例だそうです)

加えて詐欺の中には

  • リュックに張り紙などワザとつけた後「なにか変なのがついているよ」と話しかけ、旅行者が驚きリュックを離した隙に強奪

というパターンもあるそうです。

対策として

  • 地下鉄やスリの多い観光スポットではリュックを前に抱えろ

というアドバイスもありますが

  • 観光スポットで常にリュックを前に抱えるの正直面倒
  • 慣れてきたころに油断して忘れそう

だと思いました。

ただしリュックは利点も多い

ただ、私自身リュックがとても好きな人間です。

スリの心配などをする必要がないなら(例えば日本などでは)好んでリュックを使います。

  • 良いものを選べば、肩への負担は少ない
  • 両肩で背負うので、荷物が軽く感じる
  • 体に固定されるので、ショルダーバッグと比較すると体に反動が伝わらず楽

など利点も多いです。

当たり前かもしれませんが、スイスにハイキングに行った際は、誰もがリュックを背負っていました(ショルダーバッグは私だけでした)

なので

  • 海外でハイキングする必要がある
  • スリの心配を感じるものを持ち歩かない

という人はリュックでも良いかもしれません。

個人的には、以下の超軽量の折りたたみリュックを持っていき、場合によって(ハイキングや自然散策など)ショルダーバッグと使い分けることを検討しています。

実際使っていないものですが、Amazon内でのレビューが非常に高く、気になっています。

宜しければ、参考にしてくださいね。

ショルダーバッグの利点は何か?

対して、ショルダーバッグの魅力とは何でしょうか。

それは、リュックが視界から外れるのに対して

  • ショルダーバッグは常に視界に入る場所にある

という点です。

人で賑わうスリが心配な観光スポットでも、そっと片手をリュックの上に添えておけば安心できます。

また

  • 肩にかけたまま荷物の取り出しができる

のも大きな利点です。

一方で、リュックは一度肩から外さないといけないですよね。

携帯を取り出して、思わずそのままリュックを足元に置き、ちょっと調べ物をしていたら、いつの間にかリュックが盗まれていた…という事態も簡単に想像できます。

よって少しでも海外旅行に不安がある身であれば

  • ショルダーバッグの方がスリ(置き引き)対策としては◎

という判断を個人的にはおすすめします。

3、具体的に持ち歩く荷物は?

ショルダーバッグの中には

  • 観光地でもらったパンフレットやチケット
  • 携帯
  • カメラ
  • 小型のモバイルバッテリー(+充電コード)
  • ハンカチやティッシュ

くらいしか入れません。

繰り返しますが、貴重品(お金)は全部セキュリティーポーチの中です。

カメラも小さなものなので、スナップ写真用に片手にストラップを通して、握っていることが多いです。

携帯は、以前は不安でセキュリティポーチに収納していました。

ただ面倒になってしまい、最近ではショルダーの方に入れています。

ショルダーバッグの選び方は?

観光時に持ち歩くショルダーバッグの選び方に関しては

  • チャックがついている
  • 必要最低限のものが入る小さめサイズ(軽い)

という2点がとても大切だと思います。

チャック付きの方が盗難防止になるというのは言うまでも無いかと思います。

(ガバ飽きは見るからに無防備だと思われますので)

また、前回「海外一人旅ならタブレットを持っていけ!私がPCではなくiPadを勧める理由」という記事にも書いたように、荷物は軽い方が良いです。

あまり重めの素材を利用したバッグは使用しない方が、負担は少ないと思います。

www.nekopajamas.net

加えて

  • 特定の観光地では大きすぎる荷物は持ち込みNG

と厳しく規定している場所があります。

例えばポーランドのアウシュヴィッツ収容所。

ここは 30x20x10cmを超える荷物は持ち込むことができません。

旅先ではたまに、こういった荷物制限がある場所がふっと登場します。

荷物を預ける場所もありますが、やはり面倒ですし、荷物を身から離すのが不安なこともありますよね。

なので大きすぎない必要最低限のものが入るショルダーバッグがおすすめです。

もしくは、いざとなったらサイズを縮小できるような軽めの素材を選ぶと後悔しないと思います。

私は利用していないのですが、条件を満たしたもので次に検討するならレスポートサックかなと思っています。

またこういったチャック付きのバッグの場合でも

  • 表面の小さなポケット部分には盗まれていいものしか入れない
  • 携帯は鞄の一番深い部分の収納スペース(奥底)にいれる

を心がけています。

宜しければ参考にしてくださいね。

 

4、観光中のバックパックの置き場所は?

最後に、衣類や生活用品などを詰めたバックパックを観光中にどこに置いているかを記して終わりにしたいと思います。

バックパッカーというと、何だか常に大きな荷物を背負って歩いているイメージかもしれませんが、基本的に

  • バックパックを背負って移動するのは新しい国や都市に移動するときだけ

です。

詳しく述べると私の場合は

  • 新しい土地に到着したら、すぐに宿泊予定の宿に行く
  • チェックインして荷物を置いた後に観光へ
  • チェックイン前の時間でも荷物を預けることができるか聞く
  • OKと言われたら荷物を預けて、観光へ

という流れです。

宿泊するのは大抵は、バックパッカーになれている宿なので、多くの場合はチェックイン前の荷物預かりに関しても快くOKしてくれます。

チェックアウトした後も

  • 宿に荷物預かりができるか尋ねる
  • OKなら列車やバス、飛行機の予定時間まで外に出て観光
  • 出発場所に向かうときに荷物を引き取って、移動

という流れです。

コインロッカーや荷物預かり所をやむなく使うこともありますが、有料ですし、なかなか見つからなくて焦ることもありますから、私の場合はとにかく宿頼みです。

バックパックを宿に預けるのは不安?

もしかするとバックパックを宿に預けるのは不安という方も多いかもしれません。

(私も最初はそうでした)

絶対に安全とは保障しかねますが、あくまで私自身は今まで被害に遭ったことはないと記しておきます。

先ほども述べたように貴重品は持ち歩くので、預けることへの不安が少ないとはいえます。

ただこのようなスタイルで旅行するのであれば、必ず南京錠を持参しましょう

 実際、私が愛用しているのはワイヤータイプのこちらのものです。

TSA鍵 安心 ワイヤータイプ 2色セット旅行用 3桁ダイヤル式ロック Viane
 

この南京錠の良い処は

  • ワイヤータイプなので凡庸性が高い
  • バックパックに直接つけることもできる
  • 数字ロックなのでカギをなくす心配がない

ということです。

個人的には2つセットという点が魅力で、このように連結させて長さを増やし、柱にバックパックを固定できます。f:id:eno1081:20180823013640j:image

▲このように状況によっては長さをもって使えるという点で、私はワイヤータイプを好んで使用しています。ただ刃物等でバッグを切られたら終わりですから、あくまで同じ旅行者しかいない宿の荷物置き場限定、道端や町の中でこのように置くということは絶対しないです。

個人的にはとても重宝しているトラベルグッズの一つでおすすめです。

宿(ゲストハウス)の荷物置き場は、宿泊場所によって

  • 鍵付きのロッカーがある
  • 鍵なしのロッカーがある
  • ただの棚の場合もある
  • そもそもロッカーがない(倉庫のような場所に保存)

など本当に様々です。

どのような状況でも対応できる、安心感のある南京錠を日本で購入し持っていくことをお勧めします。

バックパックは無暗に肩からおろさない

また、さきほどリュックは置き引きの危険や物を取り出すときに外さないといけないと指摘しました。

バックパックに関しても基本的には

  • 乗り物に乗るとき以外は肩からおろさない
  • 待ち時間などで疲れて肩からおろすときは、両足に必ず挟んだ状態にする

と決めてます。

バスや飛行機に乗る際も

  • 出来るだけ機内に持ち込む

と決めています。

その意味でも荷物はなるべく少なく、小さくするのが◎です。

宜しければ、参考にしてくださいね。

まとめ

ということで今回は、海外旅行で観光する際のおすすめの装備(バッグ選びや注意点)についてまとめてみました。

簡単にまとめると

  • セキュリティポーチで貴重品を管理すると安心度超高め
  • 観光の際はスリ防止のためショルダーバッグ(チャック付き)がおすすめ
  • バックパックは宿預かりをフル活用
  • ただし南京錠は必ず持っていくこと

となるかと思います。

バッグパックの種類や大きさに関しては「女一人旅のバックパッカー*「絶対に役立つ」旅の持ち物をまとめて紹介」という記事に詳しく書いていますので、宜しければ参考にしてください。

簡単に記すと

  • 短期間(一週間未満)小さめ(25㍑くらい)
  • 一週間以上(30~45㍑くらい)

にすると思います。

バックパックの選び方に関しては「海外旅行で使えるバックパックの迷わない選び方【初心者女性バックパッカー向け】」という記事にまとめていますので、宜しければ参考にしてくださいね。

www.nekopajamas.net

色々と書きましたが、私自身考え足らずな点はあるかもしれません。

今まで被害に遭ったことはないとはいえ、今後旅先で絶対に被害者になる可能性がないわけではありません。

  • 自分だけは「特別」ではなく、自分も常に犯罪の被害者になり得る

ということを肝に銘じるのが、何よりの安全対策というのが個人的な意見です。

そのうえで、不安や負担の少ないスタイルを考えながら、自分なりの旅の方法を確立できると、旅行はぐんと楽しくなるかもしれませんね。

当記事が、質問者様や同じような疑問を抱いていた方を含め、これから旅をする方の参考になれば、幸いです。

それでは最後まで記事を読んでくださり、有難うございました。

セキュリポ セキュリティポーチスキミング防止

TSA鍵 安心 ワイヤータイプ 2色セット旅行用

[レスポートサック] LeSportsac ショルダーバッグ

ZOMAKE超軽量 折りたたみ リュック

エポスカード

旅の準備に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net