The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

センター試験(英語)で8割を目指す受験生は知っておくべき「95%仮説」について

私は4年間、個別塾でアルバイトをしながら、英語を教えてきました。

今回はその経験談から、今後受験を控える高校生へのアドバイス(勉強法)を簡単にまとめたいと思います。

特に

  • センター試験で8割を超えたい受験生
  • 英語が苦手(嫌い)な受験生
  • TOEICテスト500~600あたりを目指して勉強中の方

の参考になれば幸いです。

受験英語最大の攻略法 

センター英語の最大の攻略法をお教えします。それは

とにかく単語を覚えること

それだけです。

とてもつまらない答えですね。

ありきたりで平凡でがっかりされたかもしれませんね。

もしかすると「そんなこと知っていますけど」と冷ややかな目をした受験生もいるかもしれませんね。

あまい、あまい、甘すぎます。

まずこのページにたどり着いたという時点で、センター試験8割を取ることに不安を感じているのは確実です。

でも、センター試験英語8割って実はすごく簡単なんです。

というのもセンター試験の英語長文に出てくる単語は、ほとんどが英単語帳に記載されているものばかり!

単語帳の単語を覚えていさえすれば、そう困ることはないのです。

もし今、センターレベルの英長文を読めないと感じているのであれば、貴方は実際に理解している数百倍くらい単語を覚えることが大切だと腹をくくる必要があります

95%仮説という言葉を知っていますか?

これは私が授業を受けていた大学教授がよく言っていた仮説です。

それは、知っている英単語の量で、その長文が読めるか読めないかすぐに判断できるという考え方です。

自分が読んでいる英文の95%の単語を知っていた場合、その英文を読む実力をもっている。

しかし逆に5%以上知らない単語がある場合は自力でその英文を読むことは不可能である。

ということでセンター試験の過去問、もしくは最近受けた模試の英語長文を開いてみてください。

知らない単語にチェックを付けて数えたら、その長文に使われている英単語の何割くらいでしたか?

もしチェックばかりつけてしまったならば、その長文は読めません。

この読めないというのは主観的な判断ではなく、客観的な判断です。ダチョウが空を飛べないのと同じレベルで、今の貴方にはその英文は読めないのです。

では何をしなくてはいけないのか?

英単語を覚える、ただそれだけです。

英単語を覚えることは、夢の扉を開くことと同じ

人間はあまりにシンプルでしかも根気がいる作業を避けようとしますし、結果が出るまでそれを行い続けることが出来ません。

もっと簡単な楽な方法があるんじゃないか、と探し続けて時間を無駄にします。

単純でいいんです。

英単語帳に収録されている重要単語を覚えましょう。

もしそのなかに意味の知らない単語があるのにセンター試験を受けに行くのであれば、プールに行くのに水着とタオルをもっていないような状況にあると想像してください。

なんやこいつ、なんでプールに来てんねん

と単純に思いますよね。

塾講師を長年やっていた身から言わせてもらいますと、英単語を覚えていないのに英語ができないと嘆いている受験生は、それと同じようなものに見えます。

繰り返しますが、単語を覚えていなければ、どれだけ難しい英文法を勉強していても、意味がないんです。

頭が悪いから、英語ができない。

理系だから、文系の英語が苦手だ。

英語が全然読めないから、文法の勉強ばかりしている。

違います。

まず、考え方を根本的に変えてください。

センター英語というのは、英単語を覚えるというあまりにも当たり前でつまらない作業をいかに乗り越えられるのかという精神力を測るためのテストと考えてください。

単語カード、派生語、語源、語呂、どんな手段を使ってもかまいません。

繰り返します。

単語を覚えている自信がない場合は、とにかくひたすら単語を覚えてください

この作業は単調でつまらない作業ではありません。

考えてみてください。

単語を覚えることは、英語読解が苦手な貴方の前にある夢の扉でもあるのです。

何故なら単語を覚えるだけで、英語が読めるようになるんです。英文の中で知っていると確信できる単語の数を95%という数値を目指して覚えていくだけでいいんです。

単語を覚えるだけで、今まで100点を取ることもできなかった学生が、いきなり160点を取ることが出来るようになるんですよ。

そんな科目、ほかにないですから!

英単語の効率の良い覚え方

英単語を覚えるときのポイントは、3つあります。

  1. 英単語は10個~20個ではなく50~100個で一気に覚える
  2. 必ず発音を意識する(音声を聞く)
  3. 使い方も意識する

これも受験生やりがちなのですが、少ない数の単語を完璧に覚えるまで、繰り返し学び続ける生徒がいます。これは、あまり薦められません。

効率がいいのはできるだけ大量の単語を1週間と期限を決めて、ざっくり覚えて、次に進みながら、さらに復習を重ねていくという覚え方です。

毎日100個でも200個でも構いません。とにかく一度に大量に、それを何度も繰り返すことが大切です。

それから音声を聞きながら覚えると効率が良いです。CDをいちいち聞くのが面倒な受験生は、アプリを使用するのが一番です。

使用する教材について

私がおすすめする英単語帳は『システム英単語』です。これが一番、例文が見易くて、モチベーションが上がり、成績にも効果が出やすいと思います。

青文字で書かれているミニマルフレーズも必ず覚えるのがポイントです。これ一冊をきちんと覚えていてセンター8割を切るということはまずないでしょう。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

アプリを使用するのであれば『ターゲット1900』がおすすめです。私が受験生のときにも、こういうものがあればよかったのにと心から思えるほど使い勝手が良いです。

さらに覚える単語の個数を増やしたい学生には『DUO3.0』を薦めています。例文で覚える英単語帳で、英単語のレベルは少し上がります(TOEIC700~くらいまで対応できます)。

DUO 3.0

DUO 3.0

 

ただ『DUO3.0』はCDが別売りなのがネックですね。

DUO 3.0 / CD復習用

DUO 3.0 / CD復習用

 

とにかく高みに登りたいという向上心があるのであれば、学生のうちに英検準1級を取得してしまうのが一番良いと思います。取得できなくても『パス単準1級』の単語を覚えてしまえば、怖いと思う長文に出会うことはないと思いますよ。

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

 

参考にしてください。

具体的なセンター英語攻略方法

次に具体的なセンター英語の効率が良い解き方、勉強方法を教えておきます。

長文マスターになること

センターは長文の比重が高いです。第3問から第6問まで続く長文を時間内に解けるスピードがないと高得点を取ることはできません。

8割越えを狙う受験生は、

各長文問題で1ミスまでなら、OK

と思いながら問題を解いてください。

6点×4問=24点までの失点ならば、自分を許すいうモチベーションです。1ミスまでならOKと思うと、気持ちが少し軽くなります。

9割超えたい学生の目標は全問正解です。

センター英語は形式への慣れが重要

必用な教材についても記載しておきます。

赤本やセンター形式と名の付く問題集を手あたり次第そろえてください。

文字通り、解きまくりましょう。

センター形式の問題を大体20回~30回分を解いたころには、センター長文を長いと感じずに問題を解くことができるようになっているでしょう。

上記は赤本と同じくらい必須テキストです。

毎年発売されているので、最新のものを買うことをお勧めします。また下記のような薄い形式別の問題集を多量にやるのもお勧めします。

必ず見直しと分析を繰り返す

私は受験生にセンター形式の問題を大量に解かせます。

しかし長年、見ていて思うのは伸びる生徒と伸びない生徒の差が激しいという点です。

観察した結果その違いは、見直しの有無にありました。

伸びる生徒は、同じ問題を解かせると二度目は必ず解けます。

伸びない生徒は一度目に解いた時と全く同じ点数です。

問題は解くだけでは意味がありません。

必ず見直しをしてください。

そして自分の英文読解を分析してください。

分析ポイントは大きく分けて3つです。

1、知らない単語の数

5%以上知らない単語がある場合は自力でその英文を読むことは不可能です。

センターレベルの英文は、受験用の英単語帳をマスターさえしていれば、ほとんどの単語を知っている状態で、楽々と試験に臨むことができます。

単語を覚えましょう。

2、単語は知っているのに読めない

 

このような場合は原因の追究が大切です。

以下の点を参照してください。

  • 知らない熟語や文法がないか確認➡回答をしっかりと読み込み、新しい情報を入れていく
  • スラッシュリーディングを行う➡文の区切りや構造を理解する
  • SV関係を見抜けているか確認➡単語を覚えているのに読めない学生は、大体これが甘いです。長文読解は、どこが主語(S)でどこが述語(V)かを把握できていなければ、読めません(読める人は、尋ねられるとすぐにどこがSとVか即答できます。自然とそれを見つけながら読んでいるのです)。

これらを見直しても原因がわからない場合は、読解のレベルで躓いている可能性があります。いわゆる国語力が低すぎるという問題です。

その場合は、答えの訳文を読み、日本語でその文章の意味が読み取れるか確認してみてください。

日本語でも意味が分からなければ、英語で読めるはずがありません。その場合は、国語の勉強も併せて、英語長文と向き合っていくことを勧めます。

3、設問の見直し

⇒多くの受験生が見落としているのが、設問の精読です。間違えた問題だけでなく、読めなかった設問があれば、必ず見直しをしましょう。センター英語は設問を正しく読めるか明暗を分けるカギとなります。よくある誤訳のパターンは、

1、勝手に主語と目的語を入れ替えて読む

2、肯定文と否定文(hardlyやrarelyなどの否定語の見落とし)を間違える

3、比較、最上級などの読解ミス

設問を選ぶときは、必ず設問自体を精読すること。そして長文の中から答えの根拠となる部分を必ず見つけ出すことです。英語の場合はパラグラフの頭と最後に要点がまとまっていることが多いです。とにかく、書いていないことは答えになりません。この点は、センター国語と同じですね。

自分の実力を知ることが大切

センター試験対策をする受験生は、赤本を購入しましょう。

安いです。

ちなみに参考書を買うことに渋る学生が多いですが、塾一回行くのお金の3分の1もかかりません。こういうものは躊躇うことなくバンバン買ってください。

購入したら、実際に問題を解いてみましょう。

できれば2000年代以降の問題を解きましょう。ポイントは

  1. 必ず時間をはかってとくこと
  2. 知らない単語にさっと丸をつけながら解くこと

この二点です。

受験生は勉強用にキッチンタイマーを用意するといいです。

終わったら次に、大事なポイントがあります。それは答えを見て採点する前に時間制限なしで、同じ問題を解いてみるということです。

  1. 時間内に解き終わったら、解答を見る前にもう一度「無制限で精読」
  2. 変えたいと思った答えを青ペンで記入します。
  3. 答え合わせ

というプロセスです。

これで、センター試験に必要な精読力と速読力の二つの力を測定できます

このテストを実施することで、受験生は大体以下の5パターンに分類されます

A、時間内に余裕をもって全問解答でき、かつ8割を超える

B、時間はオーバーするが、精読すると8割を超える

C、時間内に余裕をもって全問解答できるが、8割を超えられない

D、時間をオーバーし、かつ精読しても8割超えられない

E、センター試験の問題を、全部解く前に力尽きる。もしくは3桁の点数が出ない。

この5つのタイプのどれに自分が当てはまるか確認してください

  • A, Cタイプの方は、英文法の重視の学習をお勧めします。
  • B.の学生は速読重視の学習をお勧めします。
  • Dのタイプは単語学習をお勧めします。
  • Eのタイプは徹底した単語学習(場合によっては中学英語から復習)もしくは受験へのモチベーションアップをお勧めします。

ちなみにAタイプの受験生には、2パターンいます。

  1. どんなセンター形式の問題でも、余裕で8割を超える受験生
  2. 問題によっては、130~140点代まで点数が下がってしまう受験生

注意すべきは②の受験生です。

問題の相性が悪かったという考えはセンター英語では通用しません

センター英語はある程度のレベルに達している学習者であれば、必ず8割を超えられるようにできているペーパーテストです。

もし8割を取れない(130~140点代まで点数が下がってしまう)ということがあるならば、何か根本的な原因があります。

このタイプはCタイプの学生とほぼ同じレベルと考えて、センター対策を怠らないでください。

①の受験生と②の受験生の違いは、英文法の定着度にあります。

特に国語が得意な学生に多いのですが、英単語の羅列からなんとなく意味を読み取り、なんとなく設問を把握して、なんとなく正解してしまうという学生がいます。

もしあなたが、英文法をきちんと学習している自信がない、もしくはセンターレベルの英文の構造を事細かに説明することができないのであれば、改善の余地があります。文法を復習しましょう。

国立志望の学生であっても、過去問で8割安定してとれていないのであれば、難しい文法書をやる必要はありません。

できるだけ簡易で読みやすい文法書を読んで、もう一度英文法の基本を学びなおしましょう。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

最後に繰り返しますが、すべてのタイプの学生に当てはまるのが、単語の見直しです。

自分が丸を付けた単語は意味を確認し、次に見たときは意味が言えるようにしてください。

最後に、単語を覚えるとは

最後に補足しておきますが、単語を覚えるというのはどういうことなのか、きちんと理解しておいてください。

それは文章中に出てきて、ぱっと意味が浮かんでくるという意味です。

つまり3秒以内に訳が出るという速さがないと意味がありません。

10秒数えてなんとなく答えが出てきて、たまたま当たっているというのは、覚えているとは言いませんからね。

そこら辺を勘違いしている受験生が多い気がします。

 

 

たまに国立志望で英語を苦手としている受験生で、学校ですごく難しい長文を辞書ありで延々と和訳したり、すごく細かな文法問題をやることで「自分は凄く勉強している」と思い込んでいるのに、基本となる単語学習がおろそか(頑張っているけど小テストのために覚えているだけ)で、マーク模試やセンター英語過去問で点を取ることができず、苦しんでいる学生がいます。

私はそんな学生にちょっと待って、と言いたいです。

まずは単語を覚える、それだけで劇的に変わる、すべてはそのあとだ、と。

まずはセンターレベルの英文における95%仮説を乗り越えてください

 

私は昔、英語が大っ嫌いでした。

今でも得意だとは思っていません。

けれども今では制限時間の半分くらいの時間でもセンター8割ならば取れるくらいの自信はあります。何故なら本当に、センター8割というのは難しい数字ではないんです。

まずはそれを知ること、それを知るために、単語を覚えることです。

むしろ単語の暗記で点数を確実に伸ばせるチャンス科目というくらいの意気込みで、頑張ってくださいね。

一人でも多くの受験生に春が訪れることを心から願っています。

*英語学習に興味がある方はこちらの記事もどうぞ

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net