The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

映画好きがAmazonで1万円未満のプロジェクターを購入したら、生活が一転した話

SPONSORED LINK

まるで倦怠期の夫婦のようだった映画との関係

私は映画が大好きです

大好きと言い切ってしまえるほどの情熱の対象があるというのは、本当に恐ろしいことだと思います。

何故って、恋というものは本当に恐ろしいもので、一旦心を奪われると、もう他のことなど考えることができないから…!

学生時代はTSUTAYAでアルバイトをしながら、それこそ朝から晩まで映画を見る生活を送っていました。 青春のすべてを捧げるように年間何百本ものDVDを鑑賞。気が狂ったようにレンタルショップの棚を漁っていた青い日々。

あの頃は本当に若く、お盛んでした。

けれども、恋は幻、儚い情熱、今思えばまるで夢のような蜜月。

一体いつからでしょうか。

映画の途中で寝てしまったり、携帯電話を触ってラインをしたり、DVDを借りても見ることなく返してしまったり、そんな無作法を映画の前で繰り返すようになったのは。

極貧学生一人暮らしの侘しいDVD鑑賞

枕ほどの大きさしかない22型テレビの画面に映る過去の名作は色鮮やか。

しかし、いつしか今一つ迫力に欠け、最後までこちらの心を奪うことができないまま、幕を閉じるものになりました。

かつてはあれほど興奮したのが嘘のように、いつしか部屋でDVDを見ることに気乗りしなくなった私のDVDの鑑賞数は激減しました。

そう、まるで互いに対する性欲を失った倦怠期の夫婦のような関係、それが最近までの私と映画でした。

そんな日々に終止符が打たれるとは、一週間前まで思いもしませんでした。

Amazonで見つけた1万円未満のプロジェクター

十代のころから、何度ホームシアターに憧れたことか!!!

けれども、お値段に手が届かない。

定職に就き、定住を決め、ふかふかのソファと映画に関する本に囲まれたホームシアターを三十代で手に入れるのが夢。

この春初めてお給料というものをもらい、プロジェクターの購入を思い立ちましたが、電気屋さんに並んでいるそれらはやはり悲しいため息が零れるほどのお値段。

一人暮らしの部屋にはあまりに似つかわしくないと当然のように背を向け、すごすごと帰宅吸う始末。

そんな私が、ひょんとしたことで見つけたのが、Amazonの格安プロジェクターでした。

そのお値段、なんと

9599円!!!

Quarice® LEDプロジェクター【WiFi接続機能搭載 ミニ 家庭用 1080P】※私が買った時の価格です)。

( ゚Д゚)!!!?

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

「そんなの騙されないからwww」

「メイドイン日本じゃないでしょwwwwってか、どこ産www」

「プロジェクターとか言って所詮おもちゃでしょwww」

というニコ動に流れるテロップ並みのノリで調べてみると、案外レビューが高い

高まる期待値。私としては映画館のような映像は全く期待しておらず、とにかく大画面のスクリーンで字幕入りの映像が見れればよい。

もしかすると、アリかもしれない。

学生時代ならば、やめていたでしょう。ちょっとお金入った似非社会人の余裕、凄い。

感想?そりゃ勿論…

f:id:eno1081:20160619175239p:plain

買ってよかったです!!!

密林さん、本当に有難うございます!!!

ということで前置きがとても長くはありましたが、以下購入したプロジェクターの魅力を語らせてください。

一万円未満のプロジェクターの感想

何が凄いってまず安い!!!

だって一万円もしないんですよ!!!一回美容院でカラーとカットするくらいのお値段ですよ!!!(女子的目線)

そして尚且つ、軽い!!!

f:id:eno1081:20160619173220j:plain

この通り、女性でも片手で持てるくらいの大きさなんです!!!

男性なら人差し指と中指に乗せられますね!!!(本当かよ)

置き場所にも困らず、引っ越しする際にも嵩張りません。これはとても嬉しいです!説明書は英語でしたが、問題なし。ボタンも少なく、操作性もしやすい。後ろにコード接続がないので、天井に投射可能。起動音は多少しますが、映画を見ていたら全然気にならないレベルで、安いからと許せます。

音響はこれまたAmazonで一番評価の高い約1500円のスピーカー(LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWを購入

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

 

 このスピーカーもとても安かったので、ちょっと豪華なランチを食べるくらいのノリでぽちっとしたんですが、良い仕事をしてくれます。

f:id:eno1081:20160619162543j:plain

外観も安っぽいというレビューがありましたが、質感もあり、私としてはとても気に入るものでした。

ちなみに最初の一本は壁にそのまま投射。けれども、どうしてもスクリーンの代わりになるものがほしくなり、100均へ行き、以下のカラーボードを三枚購入。

f:id:eno1081:20160619184829p:plain

壁に貼り付けて、300円で自作スクリーンを制作

もはや部屋の内装とか完全に無視。

f:id:eno1081:20160619162954j:plain

完成、激安ホームシアター!!!

f:id:eno1081:20160616174432j:plain

問題の映りはこんな感じ。勿論、映画館と同じとはとても言えませんが、肝心な部分はきちんとピントを合わせることができるので、字幕鑑賞も問題ありません。

f:id:eno1081:20160616212235j:plain

ちなみに一番人気は下のプロジェクターでしたが、ルーメンの数値と値段、否定的なレビューを考慮し、最初に載せた方のプロジェクターを選びました。

購入を検討する方は、色々と見てみることを勧めます。wifi機能やSD、USBはほぼ使っていないので、何とも言えないところです(私はPCとつないで、DVDをPC上で再生し、PC画面をプロジェクターに反映させています。この要領でAmazonプライムビデオなどもホームシアターで見ています)。

将来的にはもっといいものを購入したい思いですが、あと数年はこれで満足です。とりあえず今は、

最高に幸せです。

 

倦怠期が終わり、生活の中心が再び映画に…。

プロジェクターが届いて、今日で4日目。

部屋で映画を見ることが、楽しくて、楽しくて、仕方ありません

そう、私はかつて映画に抱いていた愛情を取り戻しました。生まれた子供が可愛すぎて直帰するパパってきっとこんな感じなんでしょうね。

仕事の合間も今日見る映画のことを考え、仕事が終わると自宅に直帰。

部屋に入るや否や激しい勢いでプロジェクターのスイッチを押して、映画を見つめ、明け暮れ、映画とともに眠りにつく。

今まで知らなかった新しい自分を発見するってこんな感じなんですね。

壁に映し出された光を見てるだけで、こんなにドキドキできちゃうなんて…(照)

もっと早く、貴方と出会いたかった。

恋というものは本当に恐ろしいもので、一旦心を奪われると、もう他のことなど考えることができません。

もう心も体(主に眼)も乱されまくりです

ということであともう一本、日が変わるまでに映画と激しく抱き合いたいと思います

映画好きの皆さん、学生でも一万円未満でプロジェクター買えるなら、安いものですよ。

折角の休日をコンビニ弁当とともに暗闇の中でDVD6本連続で延々と見続けた私が保証します。

プロジェクター買ったら、本当に、生活が一変します!!!(寝不足の充血眼)

 

映画好きの方はこちらの記事もどうぞ

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

*後日談

その後、スクリーンが欲しくなり、こちらのものをAmazonで2000円ほどで購入しました。事前にサイズを測って、自宅の壁に合うものを選ぶことをお勧めします。

6つ穴がついていて、下の写真のように100均で買った留め具(裏に両面テープのようなものがついているもの)で固定しました。

 f:id:eno1081:20180405135511j:plain

何とか一人で取り付けることも可能でした。丸まって届くので、床に広げて、来るんとなっている癖を伸ばしてから取り付けることをお勧めします。

また使い方についても質問がありましたので、補足しておくと、私は常にPCに接続して、その画面を壁に投影する形で使っています。

ノートパソコンなので外付けのDVDドライブを使用しています。

それからAmazonのプライム会員なのでAmazonプライムビデオを見たりしています。

月額300円ほどでTSUTAYAで平置きしているような有名作品は大体見れますし、Amazonのお急ぎ便を利用できるので、とてもおすすめです。

www.nekopajamas.net

ただ、まだ会員になったことがない方に断然お勧めなのはですね。

このサービスは1か月無料で動画が見放題で、作品数も非常に多いです。プロジェクター購入に合わせて1か月利用すれば、めちゃくちゃ楽しい日々を暫く過ごせると思います。

宜しければ、参考にしてください。

U-NEXTのHPをチェック

*こちらで紹介したプロジェクターとスクリーンは以下の記事でも紹介しています。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

映画に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net