The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

バイク購入して1か月*公道に出た初心者ライダーが抱える2つの悩みと解決策

バイクを購入して1か月が経ちました

早いものでバイクを購入してから1か月以上の時が流れました。

まだまだ毛も生えていないような丸裸ひよっこ初心者ライダーの私。教習所では転びまくりの劣等生、三回卒業試験を受けたこともあり、公道に出てからも苦労がつきません。

今回の記事では同じように公道に出たばかりの初心者ライダーが抱える二つの悩みについて、書きたいとも思います。

その悩みとはズバリ

  • 信号停止と発信時のエンスト
  • カーブが上手く曲がれない

という問題です。

ああ、わかるわかる~!と共感してくださる方も多いと思います。そんな時代もあったよねという遠い目をして微笑んでくださったベテランライダーさんもいらっしゃるかと思います。

1か月バイクに乗ってみて、ようやくこの二つの悩みから解放されつつありますので、同じように悩んでいる初心者ひよっこライダーのひよっこ仲間たちに向けて、今回は記事を書きたいと思います。参考にしてください。

f:id:eno1081:20161016132450j:plain

初心者ライダーの悩み①信号停止・発信時のエンスト

まず最初に私が悩んだのは、信号で停止するたびにエンストしてしまう問題です。

もうエンスト、エンスト、エンスト、エンストの嵐!!!

エンストするためにバイクに乗っているのではないかというくらいのエンスト量。まるでエンストに愛され、エンストを愛した、日本中のエンストを纏うエンストライダーのようなエンスト具合でした。

大げさだと思いますか?

決して誇張じゃないです、本当にそうだったんです!!!(泣)

初めてバイク屋から家に帰ったときは正直、軽く絶望しましたね。

こんなんじゃどこにも行けない、と真っ青。

二回目のバイク乗車で私が向かったのは、最近通い始めた絵画教室。

エンストしすぎて、目的地にたどり着けず30分遅刻です。その旨を先生にお話ししたところ、実はバイク歴20年のベテランバイカーだったことが判明しました。

私があまりにエンストすると伝えたところ、わざわざヘルメットとグローブを持ってきて、バイク指導をしてくださり、こうアドバイスしてくださいました。

「アクセル、もっと回さないと」

そう、原因はわたしの右手にあったのです。

結論*左手だけでなく右手の使い方が大切!

先生は私と比べると右手の使い方が全然違いました。

半クラばかりを意識して、じわじわとクラッチを解放し、か弱く右手でそっとアクセルを捻っていた私。全然進まないバイク、そしてエンスト。

一方で先生は、きちっとアクセルも回し、ぶんっと物凄い速さで発信していました。同じバイクだとは思えないです。

さらに

「アクセル、戻したら発信しないよ」

とアドバイスをくれました。

確かに私は怖がって、アクセルを回さないばかりか、逆方向に戻す癖さえあったように思います。

とにかくアクセルを回さないとダメなんだ。

この意識をしっかり持つことができたおかげで、帰りの道ではエンストの数が激減!

その日以来、エンストとはキッパリお別れし、バイクでちゃんと出かけられるようになりました♡(やったね!)

ということで、もし同じような悩みを抱えている人がいましたら、左手の半クラではなく、右手のアクセルが足りないのではないかと疑ってみてください。私はこれだけで、見違えるようにエンストしなくなりました。

教習者のCB400は馬力があり、それほどエンストに悩むことがないかもしれません。でもこれから購入するバイクが単気筒でだという人は、同じような悩みを抱えることもあるかと思います。

ちなみに淡路島で初めてレンタルバイクをしたエストレヤでもエンストばかりしていました。このエンストをどこかエストレヤのせいにしてましたが、完全に自分に原因がありました(ごめんね、エストレヤ)。

初心者ライダーの悩み②カーブが上手く曲がれない

さて、エンスト地獄からも解放されたし、どこにでも行けるぞ~♡

とノリノリだった私。

そう、次なる関門が待ち受けているとも知らずに。次に私が悩んだもの。

それは、カーブが上手く曲がれない問題です。

というのも調子に乗って、初めて峠に入った私。教習所では体験したことのない急カーブを曲がることになり、曲がり切れず、あれよあれよという間にガードレールに左足をひっかけてしまったのです。

それほどスピードをだしてなかったこともあり、大丈夫かな?と思ってバイクを止めて、左足を見てみると

左足が切断されていて、ありませんでした。

ということはありませんでした(何のブラックジョークだよ)

※不快になった方がいらっしゃたらごめんなさい(そして真面目だよ)。

でも、履いていたジーンズはボロボロ。

どうすることもできず近場の温泉で手当てを受けて、破けたジーンズをヒラヒラとなびかせたまま、自宅に帰りました。

そして自宅に帰り、冷静になってみると

f:id:eno1081:20170521195445p:plain

うわあああ…なんということでしょう。

自慢の美脚は傷だらけの痣だらけに(美脚どころか閲覧注意画像やないかい)。

この後、どんどん足は腫れてあざになりましたが、一週間ほどで何とか治りました。このようなケガをしたのは子供の時以来でしたので、皮膚の再生能力ってすごいなと少し感動しました。

プロテクターは絶対に必要だと最初の一か月で痛感

さて、この出来事で思ったことは、やはりプロテクターの重要性です。

さきほどのブラックジョークは冗談ではなく、スピードが出ていれば、そのような事態も有り得たでしょう。バイクに関する事故については、嫌と言うほど話も聞いています。

これは神様が私に下さっている忠告かもしれない。

そう思い、すぐに膝のプロテクターを購入し、靴もスニーカーではなくライディングシューズに変えました。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ひざプロテクター ニーガード ブラック フリー(左右セット) RR10069

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ひざプロテクター ニーガード ブラック フリー(左右セット) RR10069

 

▲私が買った膝プロテクターです。2000円ほどの簡易的なものですが、ないよりはやはりあった方が安心感が違います。取り外しがしやすく、軽いため、ちょっとしたツーリングには最適です。

エルフ(elf) ライディングシューズ Synthese13【シンテーゼ13】 ブラック/26.5cm
 

▲ライディングブーツはこちらを購入しました。一万円を切る値段で、非常にレビューが良かったため試しに購入。理想は丈の長い皮ブーツですが、これから夏ということ、バイクを降りた後で良く歩くということを考慮し、購入しました。底が厚く、つま先に硬さがありますのでシフトチェンジが楽です。ちなみに普通のスニーカーは紐が引っかかる危険もありますし、踝を守ることはできませんし、やはり避けた方が良いでしょう。

そういえば以前、男友達と話していたとき「俺はかっこよくバイクに乗りたいから、プロテクターとかつけてない」と言っていたのを聞き「かっこ悪いなあ」と思ったのを覚えています。

これから夏になりますが、どれだけ暑くてもきちんと自分の身を守る装備をしようと思います。

結論*バイクは「眼」で走る乗り物

しかしいくらプロテクターで身を守っても、走りが上手くならなければ事故は防げません。それから色々と情報を調べた結果、バイクは「眼」で走る乗り物だということがわかりました。

教習所にいるときも、教習員の方に「必ず自分の行く方向を見るように」と口を酸っぱくして言われました。でも教習所のコースって同じものばかりですし、周りに車もないので、あまり危機感がないんですよね。

でも公道は違います。

カーブなんて対向車とぶつかったら、一発であの世行きです。

絶対に曲がらないといけない。

このカーブを曲がり切れなかったら死ぬかもしれない。

その恐怖心は、私の視線に現れます。

怖い。

そう思った恐怖の対象を思わず見てしまうのです。そしてその瞬間、その恐怖の原因に自分からぶつかっていくことになってしまいます。

これってバイクだけじゃなく、人間の生き方でも同じですよね。

人生の中でも、何かが怖いと思ったり、どうしようと不安になったりすると、そればかりが気になって注目してしまい、その問題を自分で引き起こしてしまったり、困難を大きくしてしまうことがありますよね。

バイクもおなじなんですよね。

怖いって思って、対向車を見ると、激突、そして終わり。

バイクは前だけを見ないといけない。

自分が進む道だけを見て、その先に何があるかだけを見て、進まないといけない乗り物です。絶対に後ろに戻ることはできないし、ビビッてアクセルを捻らないと逆に、エンジンがストップしてそこから動けなくなってしまう。

バイクは正直です。

私の怯えがそのまま運転に現れるのです。

潔いくらい単純、それでいて、すごく深いなと個人的には思います。

人生なんていうと、結構大げさでそれでいて、怖いものからすぐ逃げて、そのままなかったことにだってできてしまいます。

でもバイクは違う。

その一瞬に、自分の生死がかかっているんです。

 

まあ結局、何が言いたいかというと、カーブを曲がるときは、とにかく先を見ることが大事ということがわかってきました。

私もまだまだカーブは課題です。そして怖がりです。

なのでカーブを曲がるときはヘルメットの中で

「あーーーーー!!!!カーブの時は出口を見る!!!」

とめっちゃ叫んでます(本当に)。

急なカーブの時は

「出口を見る、出口しか見ない、出口しか見えない、出口、出口、出口、カーブの出口しか見ない、見ない、見ない、見えない!!!」

と連呼しています(真顔)。

でもこのおかげで大分カーブが上手になりました。

あとはこちらのライディング本を読み、カーブの前で減速、クラッチは握らず、アウトインアウトを心がけると考えています。

ライディング事始め

ライディング事始め

 

▲Amazonで最も評価の高いライディング本。絵柄などもとても古いものですが、内容を見てみると、実に学べることの多いものだとわかります。特にカーブの曲がり方、バイクに乗るときの姿勢の大切さ(重心のかけ方)には、ハッとさせられました。

あとYouTubeにあがっている「ホワイトベース教習所」というチャンネルの動画を見漁っていました。初心者には、なかなか頼りになる動画が多く、重宝しています。

参考にしてください。

まとめ*学ぶことは山ほどあるけれど

ということで今回はバイク初心者の二つの悩みについて

  • エンスト地獄は、右手のアクセルが足りないのではないかと疑う!
  • カーブは、視線を必ず自分の行く方向(カーブの出口)に向ける!

とまとめておきました。

下手くそひよっこライダーのわたしはまだまだ学ぶことが多いですし、これから先も失敗をたくさんしてしまうと思います。

ただこのようにブログに記録を残しておくことで、同じような悩みを抱えている人の参考になれば幸いです。そして私自身も、けがと無縁でいられるように、日々、バイクと仲良くなりたいと思います。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 バイクに関する記事はほかにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net