The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

関西日帰りソロツーリング*三重県の青山高原にバイクで行ってきた感想

青い空の下、くるくると回る風車を目指して

先日、三重県の青山高原という場所に、日帰りツーリングに出かけました。

青山高原と言うのは、発電量が国内最大規模の風車が乱立している高原です。以前、写真で見かけてから、どうしても行ってみたいツーリング場所の1つでした。

今回の記事では、これから青山高原に行く初心者ライダーさんのために参考になるような情報を少しでも加えられたらと考えています。

f:id:eno1081:20170611114605j:plain

それでは、青山高原ツーリングの感想、いってみましょう!

1、青山高原に向かう道のりが楽しい♡

今回、青山高原に行ってみて抱いたのは、高原に向かう道のりが随分と楽しいものだったなという雑感です。

私は関西方面から向かいましたので、163号線を西から東へと走るルートで目的地に向かいました。走りやすかったです。

割と交通量も少なく、景色がぱぁっとひらける田舎道に、そよそよと稲が心地よく揺れ、真っ青な空が美しく、何度も速度を落としては「今日はツーリング日和だ~♡」と浮かれ気分になりました。

f:id:eno1081:20170611114431j:plain高原に入る道は、やはり山道となりますが急なカーブも少なく、ベテランライダーに抜かされても気にせず、自分のペースで走れば大丈夫かなと思います。

途中、とても雰囲気の良い「みなみやましろ村」という道の駅があったので、昼食を取りました。

f:id:eno1081:20170611115812j:plain

焼き豚丼、美味しかったです。

f:id:eno1081:20170611115716j:plain

 腹ごしらえはばっちり♡ということで、今回のツーリングは快適でしたね。

2、風車だけでなく、景色も美しい

さて、バイクをさらに走らせてたどり着いた目的地!

風車が見えてくると、くぅ~♡テンションが上がっていきます♡

青山高原は、高原ですので高台から景色を堪能することができました。

f:id:eno1081:20170604140120j:plain

真っ白な風車は、写真のアクセントにもなりますね。

「青山高原風力発電所」という地点まで行くと、トイレがあったり、広い駐車場(無料)があります。

そこでバイクを降りて、ぼんやりと景色を眺めるのがおすすめです。

f:id:eno1081:20170604135808j:plain

今回私が訪れたのは日曜日、ということで少し混雑していました。

もう一度、平日にゆっくり足を運んでも良いかなと思えるくらい、景色が良かったです。参考にしてください。

3、「青山高原」へのアクセスについて

ちなみにGoogleマップを使って、目的地に出かける方は、最初から「青山高原」ではなく「青山高原風力発電所」と検索することをお勧めします。

というのも青山高原にはいくつも駐車場があります。

高原に入ると、どこまで風車が続いているかわからず、どこにバイクを止めたらよいのかと悩んでしまいます。

ですので、高原の一番奥にあり、風車が乱立している「青山高原風力発電所」を最初から目指して走るのがおすすめです。

f:id:eno1081:20170611115509j:plain

▲上から駐車場を見た図、木で隠れていますがもっとスペースが広がっていて、かなり広い。バイクが物凄い数、停車していて吃驚しました。勿論、駐車は無料です。

そこでゆっくり風車を堪能し「目的の風車も見れたし、帰ろうかな♡」

と思ったら、元来た道を引き返すことを強くお勧めします。

というのも見てください。

「青山高原風力発電所」とGoogleマップで検索すると…

f:id:eno1081:20170611105101p:plain

ビックリしてるんですよ、あのGoogleマップが!

目的地に設定している「青山高原風力発電所」までは、何の問題もなく、初心者ライダーでも行くことができます。

でもそこからさらに512号線を突き進み、Bと書いてある青山高原道路の反対側の出入り口へ向かうと、対向車がいつどこで出てくるのかわからない山道で一生分のカーブを曲がる羽目にあいます。

f:id:eno1081:20170611110503p:plain

勿論、運転の上手なバイク乗りの方ならあえて楽しめるのかもしれませんが、ひよっこライダーからすると、とても難儀でしたし、体力を消耗しました。

4、名湯・榊原温泉の誘惑

という説明をしたうえで、こんなことを書くのも気が引けるんですが

実は青山高原の近くには「榊原温泉」という名湯があります。私は温泉が大好きで、バイクに乗ったら絶対に温泉に入るのを習慣にしている女です。

今回、青山高原をツーリング場所に選んだのも「榊原温泉の日帰り湯に行きたかった」というのが、理由の一つだったんですよね。

そして、この榊原温泉に行くには、先ほど進むのを反対した山道を進んでいくのが最短ルートなんですよね。

ここで引き返すわけにはいかねぇ…

ということで途中何度も後悔したのですが、どうにか山道を超える。たどり着いた温泉は本当に素晴らしいものでした。

榊原温泉のホームページへようこそ

この温泉は、日帰り入浴1000円で少しお高め。

しかも最初に「日帰り入浴は2時間でお願いします」とはっきり言われます。ちなみに2時間までと言いつつ、なんだかんだで4時間くらい居座れる居酒屋とか多いですが、この温泉は入館時間が記入されたカードを帰りに受付に渡さないといけないので、徹底していました。

さらに一度服を抜いで、館内着に着替え、そして温泉の脱衣所に向かい、裸になるという二段脱ぎ脱ぎシステムを採用しています(岩盤浴みたいな感じです)。

私は延々と続く山道を抜け、ぐったりしていましたので

「そこまでして、一体どれほどの湯だってんだ(ぶつぶつ)」

という感じだったのですが、湯につかった途端

その呟きがまろやかに解けていくようなあまりの心地よさに、うっとり♡

湯の色は無色透明で、派手さはない。そこまで硫黄臭もしない。

でもすごく気持ちがいい。

浴室は内風呂が2つ。露天が1つ。

源泉かけ流しと書かれているのは水風呂。

このたった3つの風呂を何度も何度も何度も行き来する私。

いつまでもこの湯に浸かっていたいと心の底から思っていた私は、受付で2時間と言われたことにハッとします。きっと沢山の方が、同じように感じて、思わぬ長風呂をしてしまうのでしょう。

例えるなら、見た目はそんなに美人でもないし、派手さもないけど、話してみるとすごく会話が心地よくて品があって、一緒にいて飽きない。

ふと気づけば付き合った誰もが「あ、俺、この子と結婚で来たら、一生幸せになれるかもしれない」と自然に思い、プロポーズの言葉を考えてしまう、そんな天性のモテ女って感じの温泉でした。羨ましいですね、榊原さん。

ということで、とてもいいお湯でした♡

5、最後に「ドテ焼き」を食べて、帰宅

ゆっくり温泉に浸かった後、近場に美味しいドテ焼きが食べられる「味のお福」という店があると聞いていたので、行きました。

定食の値段は1200円、ちょっとお高めでした。

あとからあとからお客さんが持ち帰るのドテ焼きを注文していたので、人気があるんだなと思いました。

とろとろのドテ焼き、美味しかったです!

f:id:eno1081:20170611121146j:plain

ただ店の雰囲気的には、もし初デートで連れてこられたら「この人、私のこと落とす気ないんだな」って思ってしまうような、かなり大衆的なものですね。

若い女性一人だと、ちょっと目立つかな。あと「中」だと量がちょっと多かったので、女性は「小」でもよいと思いますよ。

のんびり走って完全に日が暮れる前に帰ることができました。

まとめ

ということで青山高原日帰りツーリング、無事終えることができました。

まとめると

  • 関西方面から163号線で向かうと快適
  • 山道もあるが、初心者でも比較的ツーリングしやすい
  • 青山高原ではなく「青山高原風力発電所」で検索すると◎
  • 風力発電所からさらに512号線を直進し続けると、走りにくい山道へ
  • ただしその先に名湯・榊原温泉がある

といったところでしょう。

本当は高原に着くまでに見た素晴らしい景色などの写真も撮りたいところなのですが、バイクに乗っていると、なかなかカメラを構える気になれないんですよね。あとバイクと風車の写真も撮りたかったのですが、なかなか良い撮影スポットが見つけられませんでした。今回は、あまり素敵な写真、取れなかったです。

平日に足を運べれば、もっと人通りもなく、写真の撮影はしやすいのかもしれません。リベンジしたいですね。

写真と言えば、バイクに乗っていると、写真って撮影しにくいなと思います。

一旦、バイクを止めて、携帯のカメラ機能をオンにして…と考えると、撮影がしづらい。この点、ドライブだと道の風景を着替えるに写真に撮ることができるなと最近思います。ただバイクだと風を切って走れるので爽快感がありますし、車より飽きないですね。

f:id:eno1081:20170611115410j:plain

ちなみに実は先日、琵琶湖一周ツーリングも出かけたのですが、お天気に恵まれなかったこともあって、すごくテンションが低かったんですよね。

琵琶湖一周は日帰りだと距離が長すぎて、大変でした。

関西といっても住む地域が違うので、一概には言えませんが、やはり日帰りツーリングは往復200㌔くらいの距離で走るのが一番良いのかなとも思いました。大阪済みの方でしたら、青山高原は日帰りでほどよい距離にあるオススメのツーリング場所です。

ということで、これから青山高原にツーリングに出かける方は、参考にしてください。最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

 

▲最近気になっているAmazonで評価の高いスロットルアシスト。信号のない道を延々と走るときに使えるとよいかもしれないなあと思うツーリングでした!

*ツーリングに関する記事はほかにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net