6/16(日)現在~ブログ移転のため工事中

海外旅行で便利な変換プラグの特徴とは?【これだけ持って行けばOK】

海外旅行で必要な変換プラグの選び方

今回の記事では、海外旅行で必要な変換プラグについてまとめたいと思います。

初めて海外旅行に出かけたときは私自身

  • 変換プラグと変圧器は何が違うの?
  • 100均の変換プラグじゃダメかな?

といった具合に色々と悩んだ記憶があります。

なので、これから初めて海外旅行に出かける方が迷わずに済む、便利な変換プラグの選び方についてまとめてみたいと思います。

マルチ変換プラグを選べばOK

まず最初に結論から言ってしまうと、どんな国に海外旅行へ出かけるときも

  • 全タイプ対応のマルチ変換プラグ

を選べばOKです。

といっても

  • マルチ変換プラグって何?

と疑問を持っている方もいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

マルチ変換プラグとは、わかりやすく言えば

  • どんな形のコンセントにも使える変換器

です。

どういう仕組みになっているかというと、こんな感じでやや縦長のキューブ型になっているんです。

f:id:eno1081:20190314150555j:image

で、ボタンを押したり引いたりします。

f:id:eno1081:20190314150642j:image

するとタイプごとに必要な突起部分だけを出すことができます。

このように様々な国のコンセントの形に対応できるプラグに早変わりします。

f:id:eno1081:20190314150735j:image

f:id:eno1081:20190314150749j:image

なのでどんな国に行くときも、これ一つでオッケーなんです。

これさえ持って行けば、どの国でどんなタイプのコンセントが使われているか気にする必要もありません。

私自身、初めてこのマルチ変換プラグを購入したときは「すごい商品があるものだな」と感動してしまいました。

なので前提として

  • 「マルチ」変換プラグを選ぶ
  • できるだけ多くの国で使えるものを選ぶ

と頭に入れておきましょう。

それでは以下、自分の手元にあるマルチ変換プラグの写真を参考にして、商品選びのポイントを解説していきたいと思います。

ポイントは

  1. 軽さ
  2. 大きさ
  3. USBポートの有無

の3点です。

1、軽さ

まず大前提として「軽い」商品を選びましょう。

f:id:eno1081:20190314150933j:image

実際に、現在売られているような最新のマルチ変換プラグは、軽量のものばかりなので心配し過ぎることもないかとは思います。

目安としては

  • 重さ150g以下

のものが良いかなと思います。

商品の重さも購入前に記載があるはずなので、念のためさっと目を通しておくのがおすすめです。

2、大きさ

次に大事なのが変換プラグの大きさです。

これも当然

  • 大き過ぎないものを選ぶ

のが大切です。

大きい変換プラグを持って行くと、やはり荷物として嵩張ります。

それだけではありません。

例えば旅行をしていると、ホテルやゲストハウスでのコンセントの位置が、良そうもしないようなすごく狭い場所にあるというパターンもあります。

このとき変換プラグの形が、大き過ぎたり、デザインに拘り過ぎていて歪な形をしていると使いづらいと思います。

なので

  • なるべくすっきりしたデザイン
  • 形は大き過ぎないもの

を選ぶのがベストだと思います。

3、USBポートの有無

最後に地味に大切な点は

  • USBポートの有無と数

です。

これはどういうことかというと、最近のマルチ変換プラグにはUSBポートが付いているんです。

なのでそのまま直接、スマホのコードやカメラの充電コードを変換プラグに繋ぐことができます。

f:id:eno1081:20190314151003j:image

実際に使ってみるまであまりピンとこなかったのですがコレ、めちゃくちゃ便利なんですよ。

海外旅行で1日観光をしていると、カメラやスマホの充電ってあっという間になくなってしまいますよね。

こういったUSBポートが複数付いていると

  • 一度に複数充電可能

なので、宿に帰ってからすぐに必需品の充電をすることができます。

またプラグに直接コードをさすことができるので、旅行の持ち物もコードだけになり、少なくなります。

100均にも変換プラグはあるけれど…

ちなみに100均にもコンセントの変換プラグは売っています。

けれど

  • Oタイプ、Aタイプといった具合にタイプ別
  • USBポートは付いていない

です。

実際、旅行をしていると充電をしなくてはいけない状況は非常に多くあります。

下の記事にも書きましたが、確かに100均の商品には安くて便利なものも多いです。

けれども正直、質が良いとは言い難いです。

なので、旅の必需品といえる大切な道具は、きちんとお金を払って使えるものを購入するのを強くおすすめいたします。

www.nekopajamas.net

Amazonで探せば、約2000円 でこういったプラグを購入することができます。

  • A/ O /BF/ C 4種類のコンセントに対応
  • ヨーロッパ、ドイツ、スイス、フランス、韓国、イギリス、香港、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、中国、米国、ベトナム 、インドネシア バリ島などの150カ以上の国に適用可能

とあります。

また、私が購入したときはUSBポートは2つでしたが、現在は3つ4つが主流になっているようで羨ましいです。

一度買えば、どの国に行くときもずっと使うことができますので、非常に使い勝手は良いですよ。

変換プラグと変圧器の違いは?

 ちなみに

  • 変換プラグと変圧器は役割が違う

というのも覚えておくと◎です。

変換プラグは、コンセントの形を適したものに変えるものになります。

なので、日本で使っているのとは違うタイプのコンセントを利用している海外の国でも、日本の電化製品を充電できるようになります。

一方で変圧器とは

  • 電圧を変換するための機器

です。まとめると

  • 変換プラグ=コンセントの形を変えるためのもの
  • 変圧器=電圧を変えるためのもの

になります。

全世界対応の電化製品なら、問題なし

調べてみると「変圧器は海外旅行に必要だ」という情報もあります。

けれど私自身の経験を振り返ると

  • 海外旅行で変圧器を利用したことはない

です。

日本製でも全世界対応の機器であれば、変圧器を使う必要はないからです。

見分け方も簡単で

  • 充電器や本体に「100-240V」と記載

されているのであれば、問題ありません。

f:id:eno1081:20190314145119j:image

▲私が使っているソニーのPCの充電器です。基本的に最近では、日本製でもほとんどのスマホやPC、カメラは全世界対応なので、心配する必要はないと思います。

変圧器が必要になるかもしれないと心配すべきなのは

  • ドライヤー
  • ヘアアイロン
  • 電気ポット(ケトル)

などです。

電圧に関して少しまとめておくと

  • 日本:100~110V

になりますが、これほど電圧の低い国は他にほとんどないそうです。

(昔から日本の建築は木造が中心だったので、安全性のために高電圧を避けたというのが理由だそうです)

  • 東南アジア:220V~240V
  • アメリカ:115~120V
  • 欧州:220V~240V

というのが一般的です。f:id:eno1081:20190314145147j:image

▲普段愛用しているシャープのヘアドライヤーの電圧です。PCとは違い100Vと記載がありますので、海外旅行に持って行くなら変圧器が必要となります。

女性はヘアアイロンなどを持参するという旅行者もいると思うので、必ず対応電圧をチェックしていきましょう。

日本と同じAタイプの国は?

繰り返しますがPCやスマホの充電であれば、変圧器を旅行に持って行く機会はそれほど多くないと思います。

一方で、変換プラグは必要になる機会が多いです。

日本と同じAタイプのコンセントが利用されている

  • アメリカ
  • アラスカ
  • ハワイ
  • カナダ

などであれば、変換プラグは必要ありません。

が、それ以外なら持っていた方が○です。

(ちなみにAタイプというのは「American Type」の略です)

※また一部東南アジアでもAタイプが利用されています。

(例えば私がカンボジア旅行に行ったときは変換プラグは利用しませんでした)

が、いちいち調べるのが面倒なら、とりあえずマルチ変換プラグを持って行けばOKです。

まとめ

ということで今回は海外旅行の必需品である変換プラグについてまとめてみました。

ポイントは

  • 全世界タイプのマルチタイプを選ぶ

ことです。

加えて

  • 軽さ
  • 大きさ
  • USBポートの有無

をチェックして商品を選ぶと良いと思います。

私が現在持っているのは古い商品なので、すでにAmazonでは販売されていないのですが、2019年現在なら下の類似商品が人気のようです。

また

  • 変圧器と変換プラグは別

ということも、きちんと理解しておきましょう。

大事なことなので繰り返しますが最近は、日本製でもPCやスマホ、カメラは全世界対応になっているので変圧器は必要ありません。

ただし変圧器は必要なくても、日本と同じAタイプでなければ、変換プラグは必要です。

少しややこしいかもしれませんが

  • 変換プラグと変圧器を混同しないように注意

してくださいね。

それでは、当記事が海外旅行に不慣れな方参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

旅行グッズに関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です