The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

元レンタルショップ店員おすすめ*どんでん返し映画10選【最高に予想を裏切られろ!】

SPONSORED LINK

本当に面白いどんでん返し映画はこれだ

世の中には色々なジャンルの映画があります。

その中でも特に人気があるのが、結末が最後まで読めないオチが用意された、いわゆる「どんでん返し」映画かと思います。

ということで今回の記事は、大学時代に某レンタルショップでアルバイトをしながら、青春の全てを映画鑑賞に捧げていた管理人が

  • 超おすすめのどんでん返し映画を熱く語る記事

をお届けしたいと思います。

皆さんの知っている作品も多いかもしれませんが、言葉を尽くして紹介致しますので、それらの作品も含めて、映画の魅力を振り返って頂けたら幸いです。

※流血シーンが多い作品が含まれていますので、そういったものが苦手な方はご注意ください。

1、バタフライ・エフェクト

最初に紹介するのはこちら、どんでん返し映画の大本命『バタフライエフェクト』です。

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

 

この映画の魅力は、主人公が超絶イケメンのタイムトラベルものというところです。

過去に戻れる能力をもつ主人公が、幼馴染の女の子を救うためにタイムトラベルを繰り返します。

けれどもトラベルを繰り返すたびに、その結果はどんどんと悲惨なものになっていく…という鳥肌もののサスペンス仕立てになっています。

蝶が羽を動かすだけで、遠くの気象が変化する。

そんな具合に、私たちが普段行うほんの些細な選択が、計り知れない意味をもち、誰かの人生を大きく変えてしまうかもしれない。

そう思うと、あまりの恐怖に動けなくなりそうですよね。

脚本も良く練られており、安易なハッピーエンドに終わらないラストシーンも個人的には非常に良かったです。

恋愛映画としてもお勧めできますし、誰が見ても面白いと思える内容ではないかと思います。

また比較的どのレンタルショップにも在庫がある作品なので、気軽に見ることができると思います。おすすめです。

2、オープン・ユア・アイズ

次に紹介するのがこちら『オープン・ユア・アイズ』です。

アレハンドロ・アメナーバルという監督のスペイン映画になります。

オープン・ユア・アイズ [DVD]

オープン・ユア・アイズ [DVD]

 

実はこの作品はトム・クルーズ主演の『バニラ・スカイ』というタイトルでハリウッドリメイクもされています。

此方の作品を見たことがあるという人の方が多いかもしれませんね。

バニラ・スカイ (字幕版)

バニラ・スカイ (字幕版)

 

ただ個人的にはオリジナルである『オープン・ユア・アイズ』の方が断然面白いと思います。

ゾクゾクする鳥肌ものの1シーンが多く、非常に怖い、それでいて続きが気になって最後まで見てしまう鳥肌展開になっています。

また何がいいかって、ヒロイン演じる若かりし頃のペネロペ・クルス

超大胆に色っぽい

んです(ヒソヒソ)

今ではスペインを代表する大女優であるペネロペ・クルス。

ですが、この作品は彼女が注目される前に(アルモドバル『オールアバウトマイマザー』で注目される前年)に発表された作品なんです。

なんかもう、初々しい色気全開で役者として攻めてるって感じです。

(男子諸君必見)

オール・アバウト・マイ・マザー [DVD]

オール・アバウト・マイ・マザー [DVD]

 

ちなみにリメイク版の『バニラ・スカイ』でもペネロペはヒロインを演じてるんですが、どう考えてもオリジナルの方がいいんですよね。

ちなみにアメナバール監督は次作『アザーズ』も、どんでん返し映画として紹介されることが多いです。

アザーズ [DVD]

アザーズ [DVD]

 

個人的にはオチが読めてしまったこともあり『オープン・ユア・アイズ』ほどは楽しめなかったのですが「こっちの方が好き」という方もいらっしゃると思います。

併せて鑑賞すると、より映画を楽しめるかもしれませんね。

3、ファイト・クラブ

次に紹介するのはこちら『ファイト・クラブ』です。

ブラッド・ピットとエドワード・ノートンのW主演というだけでも、ニヤニヤものなのですが、まぁ文句なしに面白い、何度も見てます。

ちなみに私はこの映画を見る前、タイトルから勝手に

互いに殺し合うボクサーの話

と思い込んでいたのですが、全然違いました。

しかも十代の頃は

(なんか有名過ぎて、見る気失せるわぁ)

なんて生意気に見るのを避けていた映画なんです。

もしタイムトラベルできて、十代の自分に会えるなら

「映画好きいうて自分『ファイト・クラブ』見いひんて、そら、ビートルズ好きや言うてるのに「イエスタデイ」聞いたことない言うようなもんやで?ジョン・レノンも浮かばれへんわ」

と一方的にごり押しするかと思います。

また、ネタバレ避けのためにも、あまり内容知らずにとっと鑑賞するのがおすすめです。

ちなみにどんでん返し映画を紹介する記事で、デヴィッド・フィンチャー監督の映画を挙げていない記事って存在しないように思います。

『セブン』も面白くはありましたが、私の中ではどんでん返し映画というよりも悲しい映画でした。

セブン (字幕版)

セブン (字幕版)

 

『ゲーム』は全く面白いと思えず(むしろ何故か腹が立って仕方がなかった)人によってやはり好みがあるのかなと思う部分もありました。

ゲーム [DVD]

ゲーム [DVD]

 

個人的に『ファイト・クラブ』の次点を挙げるなら『ゴーン・ガール』がおすすめなのですが、どうでしょうか?

結婚生活に抱く乙女の甘い期待を

すべて駆逐する悪夢映画

という感じでした。

見る人を選ぶかと思いますが、非常に脚本の完成度は高いと思いました。

ちなみにどんでん返し映画ではないですが、フィンチャー監督は『ベンジャミン・バトン数奇な人生』も非常に良かったですよね。

作品数の少ない監督ですし、年代順にコンプしても楽しいかもしれませんよ。

4、女神の見えざる手

次におすすめするのは『女神の見えざる手』という映画です。

2016年に公開された映画ですので、まだ見たことがないという人も多いのではないでしょうか?

ここ数年、映画館で見たものの中でも文句なしで面白かったです。

女神の見えざる手(字幕版)
 

この映画の主役は、裏で政界を操る超凄腕の女性ロビイスト。

ロビイストとは、政治家などに根回しをして、依頼人である特定の企業や団体に、有利な政策を実行するようにさせるよう画策するのを仕事としています。

そんなロビイストの主人公が全キャリアをかけて、銃規制に挑むという頭脳戦がメインのどんでん返し映画になります。

なので、先ほど紹介したフィンチャー作品のような

血がどばぁっぐえっ

ナイフでざく、ぐざ

といった視覚的スリルはありません。

けれども、かなり痛快でかつ手堅く丁寧に作られており、映画のお手本のような作品だなと思いました。

ちなみにこの映画を見ながら一冊の本のことを思い出しました。

ドキュメント戦争広告代理店」という本です。

なぜ、ボスニア戦争で世界中の非難がセルビア人に集まったのか?

すべてはボスニア側についたアメリカ凄腕PR企業の戦略だったという衝撃のドキュメンタリー本です。

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

 

この本は冗談抜きに、滅茶苦茶面白いですよ。

一国の明暗を分けるのが、大衆を先導するマスメディアであるという事実に、人間ってこんなに単純なのかと目を見張り、背筋が凍るものがありました。

ロビイスト、興味深い職業です。

5、フォロウィング

次に紹介するのは『フォロウィング』という作品です。

70分という比較的短めの作品。

フォロウィング [DVD]

フォロウィング [DVD]

 

見たことないという人も多そうですが、実はこれクリストファー・ノーラン監督のデビュー作になります。

制作費わずか6000$の超低予算映画。

しかも若かりしノーラン監督が監督・脚本・製作・撮影・編集の5役をこなしているという点も魅力で、シンプルではありますが、かなり見どころは多い作品だと思います。

もしかすると

(クリストファー・ノーランって誰?)

という人もいるかもしれません。

けれど、彼の監督作である『プレステージ』『インセプション』『ダークナイト』『ダンケルク』いずれかの作品のタイトルは聞いたことがあるのではないでしょうか?

インセプション (字幕版)

インセプション (字幕版)

 

また、どんでん返し映画の大本命として紹介されることが多い『メメント』という作品はご存じでしょうか?

実はこれもノーラン監督の作品です。

どんでん返し映画を探しているなら、超必見の1本でもあります。

メメント (字幕版)

メメント (字幕版)

 

この作品は『フォロウィング』の次に撮られた作品で、見る者の度肝を抜いてやろうというノーランの野心が伺える意欲作。

時系列がパズルのようにシャッフルされていて、鑑賞者を混乱させるという構成になっています。

そして、このアイディアの原型になっているのがデビュー作『フォロウィング』なのではないかなと思うところがあるんですよね。

紹介されることの少ない映画ですが、ぜひ他のノーラン作品と合わせて、映画好きの方には見てほしいなと思い、紹介させていただきました。

6、運命じゃない人

次に紹介するのはこちら『運命じゃない人』という日本映画です。

有名な俳優が出ているわけでもない、低予算映画、これじゃ見る気しないな…という人も多いかもしれません。

運命じゃない人 [DVD]

運命じゃない人 [DVD]

 

それではこちらの『鍵泥棒のメソッド』という映画はどうでしょうか?

堺雅人、香川照之、広末涼子が出演している、2012年第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した作品です。

非常に脚本がよく練られている典型的などんでん返し映画の1つで、まだ見ていないという方は、必見の作品になります。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 

で、この映画の監督を務めている内田けんじさんの初期作。

それが今回紹介する『運命じゃない人』という映画なのです。

先ほど紹介したノーラン監督と同じですが、やはり最初は、映画を撮ろうにもお金がないわけです。

でも低予算という制限の中で脚本にとことん拘ることで

いくらでも面白い映画は撮れるんだぜ

と、宣戦布告しているような映画もあるわけです。

『運命じゃない人』もそんな映画の1つで非常に脚本が練られており、思わず舌を巻いてしまうどんでん返し

最初にこの映画を見たとき

(この監督の映画は、今後も絶対に見よう)

と心に決めたのを今でも覚えています。

ちなみに低予算映画と言えば、最近ヒットを飛ばした『カメラを止めるな!』という日本映画は、もうご覧になられましたか?

こちらも低予算という制限を逆手に取った野心作でしたね。

ただ『カメラを止めるな!』脚本優位というよりも映像優位の衝撃作で、脚本は副次的なものに過ぎず、どんでん返しとは別の土俵で勝負していますよね。

(語り始めると1万字位かかりそうなので止めておきますが)

大げさかもしれませんが、日本の映画史に名を残すのではないかと思う、傑作ですので見ていない方はぜひ、おすすめです。

7、幸福(しあわせ)

次に紹介するのが『幸福(しあわせ)』というフランス映画です。

パッケージもタイトルも何だか可愛らしい作品です。

幸福 [DVD]

幸福 [DVD]

 

この映画を「どんでん返し映画」として紹介している記事は、他に1つもないのではないかと思います。

でも見た人なら、思わず選んでしまった理由も判って下さるそんな気がする1本です。

個人的にこの映画は、変なホラー映画より怖かったです。

いやでも実際そうなのかもな、とも顔を引きつらせて思う。

一体アニエス・ヴァルダはどんな動機から、この映画を撮り『幸福(しあわせ)』というタイトルをつけたのでしょうか。

個人的には凄く気になるところでもあります。

結末で「人間とはしかしこういう生き物か」と心を掴まれるフランス映画に関しては「フランス映画おすすめ10選*映画監督別に初心者向けから難解な作品まで紹介」という記事で紹介もしているベッケルの『』という映画もおすすめです。

穴 LE TROU Blu-ray

穴 LE TROU Blu-ray

 

両方ともレンタルショップには並んでいないかもしれないですが、TSUTAYAの宅配レンタルなら在庫はあると思います。

フランス映画を見てみたいという方にも、お勧めです。

8、オールド・ボーイ

次に紹介するのはこちら『オールド・ボーイ』という韓国映画です。

見終わった後、ものすごく気分が滅入る一本ですが、どんでん返し映画としては、確かにラストで放心してしまうような勢いがあります。

ごく平凡な生活を送ってい主人公が、ある日突然、誘拐されて15年も監禁されてしまうんです。

そして、いきなり解放される。

自分が監禁された理由を解き明かすために主人公が奔走する5日間を描いた作品になります。

クエンティン・タランティーノ監督が絶賛したこともあり、流血シーンは多いですし、もう見ていて目を塞ぎたくなるような場面もありますね。

でもやっぱりお勧めにあげたくなってしまう、そんな映画です。

ちなみにパク・チャヌク監督といえば『JSA』という映画でも知られていますよね。

JSA(字幕版)

JSA(字幕版)

 

韓国映画といえば「韓流」というイメージかもしれませんが、凄まじいバイオレンスサスペンス映画が沢山あります。

例えば、最近話題になった『22年目の告白』という日本映画をご覧になった方はおおいのではないでしょうか?

22年目の告白?私が殺人犯です?
 

この作品もネタバレ厳禁のどんでん返し映画なのですが、原作は『殺人の告白』という韓国映画になりますよね。

殺人の告白(字幕版)

殺人の告白(字幕版)

 

気になる方は、ぜひ色々と見てみてください。

9、ミッション:8ミニッツ

次に紹介するのはこちら『ミッション:8ミニッツ』という作品です。

仮に今まで色々な映画を沢山見ていたとしても『ミッション:8ミニッツ』に関しては、非常にストーリーが練られた作品になっているので、既視感を覚えたり、オチが読めてしまったりということも少ないように思います。

あらすじを読んでも変に混乱し、変なネタバレになってしまうと思うので、とりあえず見てみるというのがおすすめです。

ちなみに監督のダンカン・ジョーンズのデビュー作は『月に囚われた男』という作品なのですが、こちらも鑑賞者の意表をつく作品としておすすめです。

月に囚われた男 (字幕版)

月に囚われた男 (字幕版)

 

 10、12モンキーズ

最後に紹介するのはこちら『12モンキーズ』です。

「どんでん返し映画」と言えるのかはわかりませんが、単に脚本の面白さだけではなく何かこう記憶の中に、奇妙にこびりつく様な中毒性がある映画です。

12モンキーズ(字幕版)

12モンキーズ(字幕版)

 

人間の記憶と感情をテーマにした映画とだけあって、この映画自体、もう一度見たいと強く思うのですが、記憶に残っている映画の断片を手繰り寄せると、見終えたときの何とも切ない感情がまざまざと蘇ってきて、やっぱり見るのが辛くなるような、そんな映画です。

監督のテリー・ギリアムといえば『未来世紀ブラジル』という不条理な未来世界を舞台にしたディストピア映画を撮ったことでも知られていますよね。

未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]

未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]

 

 映画って面白いと思っても、すぐに忘れてしまうものもある。

一方で何だかよくわからないけれど、映像断片がそれを見たときの感情と共に、ずっと忘れられない作品もある。

12モンキーズ』は私にとって圧倒的に後者で、やはりいつまでも好きな作品の1つであり続けるのだろうなと思います。

まとめ

ということで、今回の記事ではおすすめの「どんでん返し映画」を10本選んで紹介してみました。 

ちなみに、どんでん返しの金字塔ともいえる『シックス・センス』はもうみんなオチ知ってるという勝手な前提で外しました。

というのも私が子供の頃から金曜ロードショーで何度もやっていたので、全部見たことないけどオチだけはずっと知ってた映画なんですよね。

勿論、見たことがないという方は一見の価値あります。

また同じような理由で「ユージュアル・サスペクツ」も外しました。

紹介され尽くしている作品ですからね。

犯人が気になるミステリー本を読むような面白さがあると思います。

実際、どんでん返しの王道ともいえるような内容ですので、ぜひ何も知らないまま映画を鑑賞してほしいなと思います。 

あとは、よく紹介される『アイデンデンティティ』。

これは、最初から全部オチが読めてしまったという勝手な都合で外しました。

勿論、オチが読めても面白い映画はあるんです。でもこれは自分にとっては、あまりそういう類の映画ではなかったです。

アイデンティティー (字幕版)
 

他によく挙げられる『マッチスティック・メン』も同じ理由で今回外しました。

ただどちらの映画も「面白い!」と思う人もいると思うので、見たことない方はぜひ見てみてください。

 『真実の行方』もよく紹介されていますよね。

個人的にあまりどんでん返しという感じではなかったので、10選に入れませんでした。

真実の行方 (字幕版)

真実の行方 (字幕版)

 

でも、一見の価値ありです!

とりあえず鑑賞してエドワード・ノートン、デビュー作からすげぇってなりましょう。

そして『ファイト・クラブ』を観て、更には『アメリカン・ヒストリーX』も観ましょう、お勧めです(ごり押し)

 他には『エスター』も、紹介しようか悩みました。

 ホラー映画っぽいパッケージですが、案外よく練られたサスペンス映画です。

エスター (字幕版)

エスター (字幕版)

 

でもなんか「どんでん返し」というよりも、個人的にはエスターの人生に思いを馳せたら色々と考えてしまう映画でした。

あまり驚きはなく、なるほどなぁ…なんてしみじみする気持ちの方が強かったです。

セッション』も人気がありますよね。

 確かにこの映画も、どんでん返しと言えるのかもしれません。

セッション(字幕版)
 

そのように広く考えていくなら、インド映画の『きっとうまくいく』もどんでん返し映画といえるかもしれませんね。

最後は思わずにやにやしてしまうような展開を用意してくれている、控えめに言って、この映画は最高だと思っています。

きっと、うまくいく(字幕版)
 

ということで…

全く10本に絞り切れていない10選

でしたが、最後まで当記事を読んでくださり有難うございました。

ヒッチコックも1本いれておくのが礼儀(?)のような気もしましたが、長くなるので止めておきます。

サイコ (字幕版)

サイコ (字幕版)

 

何か1つでも、見たくなる映画や知らなかった映画に出会うきっかけになっていれば、幸いです。

ちなみに当記事で紹介してる作品は有名な人気作品が多いので、大半は「Amazonプライムビデオ」で見れます。

既に加入されている方がほとんどだと思うので、ぜひ映画の方をチェックしてみてほしいです。

ラインナップは有名作が多いので、見たことある映画がほとんどになるのですが、好きな映画を見直すとき、とても重宝しています。

▶Amazonプライムビデオをチェック

またレンタルショップに並んでない作品の探し方は「近くのレンタルショップにない映画を鑑賞する方法5つ」という記事にまとめました。

www.nekopajamas.net

結論としては、今回紹介している幾つかの作品を含めTSUTAYA宅配レンタルがオススメというものです。

初月無料ですので、まだ試したことがない人はぜひ使ってみてくださいね。

▶入会日から30日間無料でお試し!宅配DVD&CDレンタル!

それでは、皆さんの映画鑑賞がより充実したものになることを心から願っています。

映画に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net