The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

氷河が見たい!ゴルナグラートにノリで行って、うっかり遭難しかけた話

SPONSORED LINK

ゴルナグラート鉄道に行く前に

今回の記事では、スイスのゴルナグラート鉄道に乗ったときの旅記事をまとめたいと思います。

ちなみにゴルナグラートというのは

  • 最高点の標高は3,130m
  • 絶景&氷河が見れる

という場所で、ツェルマットの街から山頂まで鉄道に乗ることができます。

f:id:eno1081:20170814180505j:plain

※ツェルマット旅行記に関しては、下の記事にまとめています。

www.nekopajamas.net

ゴルナグラートでは、今までの人生の中で、五本指に確実に入る絶景を見ることができたのですが

  • 何も下調べや準備をせずノリだけで行った
  • ➡道に迷って半ば遭難の危機に陥った

場所でもあります(汗)

需要は少ないかもしれませんし、私みたいな馬鹿野郎はいないかもしれませんが、この体験記を書くことで、これからゴルナグラートに行く人が私のような目に遭わないよう注意喚起ができれば幸いです。

 [:contents]

1、山頂はめちゃくちゃ寒い

まず、当たり前のことかもしれませんが

  • 最高点の標高は3,130m
  • (=寒い)

です。

私が訪れたのは8月の夏真っ盛りの時期でした。

山登り経験がほとんどない私は

「寒いといっても肌寒い程度だろう」

と完全に夏の格好で鉄道に乗車。

列車はぐんぐんと山を登っていきます。

f:id:eno1081:20170814093744j:plain

(わぁ~!すごい~♡)

とノリノリだったのですが、山頂で下車した途端に

f:id:eno1081:20170814164659j:plain

寒っ

f:id:eno1081:20170814165715j:plain

思ったより氷河との距離が近くて、思わず生唾をごくり。

(凄い景色…今まで見たことない…!)

と感動もの、だったのですが

f:id:eno1081:20170814165744j:plain

(寒すぎて全然ゆっくり見てられない)

とガクガク震えながら、さっと身を隠すように展望台の中に引きこもることに。

f:id:eno1081:20170814095850j:plain

ちなみに周りを見ると、みんな完全に防寒対策をされていました。

寒すぎて、せっかくの景色に集中できなくなるので

  • ゴルナグラート鉄道に乗るときは暖かい恰好で

というのは、ぜひ覚えておくと良いと思います。

2、山頂に行くだけで景色は十分堪能できる

さて、ゴルナグラート鉄道に乗って山頂まで行くと

  • ゴルナグラート展望台

いう場所があって、そこから氷河を見たり、景色を堪能することができます。

鉄道の写真も撮れるので、カメラ好きの人は楽しいと思います。

f:id:eno1081:20170814170915j:plain

ただ私の場合は、山歩きがしたかったので

  • ツェルマット⇒ゴルナグラート(往路)

の片道だけ購入しました。

帰りの切符はゴルナグラート展望台から、少し下山した先にある

  • Riffelberg

という駅からの切符を買い、そこから列車に乗って下山するというルートにしました。

なのでゴルナグラートの山頂から、Riffelberg駅まで歩いて、自力で下山しなくてはならなかったんです。

ですが、これが

  • 思った以上に険しい道のり

で、すごく反省しました。

まず展望台から下るのに、急こう配の砂利道を下らなくてはいけません。

(写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり急です)

f:id:eno1081:20170814101158j:plain

このような道がずっと続いています。

f:id:eno1081:20170814101437j:plain

たまに自転車乗りの方が軽やかに上から下ってきて、すごいなと吃驚しました。

f:id:eno1081:20170814101405j:plain

さて当然、おりてくる人たちは皆

  • 登山用のステッキ(トレッキングポール)

を片手に持っているのですが、ノリで来てしまった私にはそんなものはありません。

※展望台の中に登山グッズ売り場もありましたが、どうにかなるかと思い、購入もしませんでした。

しかもこの時点で道を間違えていて、あっという間に行きどまりに。

この時、嫌な汗が、すっと背中を伝いました。

来た道を戻り、別の道へ。

でも、また道が無くなってしまう。

気づけば周りには他の登山者もおらず、独りぼっちでした。

え、どうしよう。

しかも、何だか、頭が痛い気が

呼吸も荒い気が

(ゼイゼイ)

これは、まさか、こんなところで

遭難

の不吉な2文字が脳裏を過り、だぁっと一気に焦ります。

今思うと大げさかもしれませんが、この時は本当にどうしようかと途方にくれました。

すると、目の前に団体の登山者を発見。

(しかも、日本人だ…!)

ということで、ちゃっかりさりげなく後ろからついて行き、難所を乗り切ることができました。

f:id:eno1081:20170814110136j:plain

ということで

  • あまり山歩きに詳しくない人は自力で下山は止めた方がいい

と注意喚起しておきます。

ゴルナグラート展望台からでも、十分素晴らしい景色が見れます。

また、展望台から歩くときは

  • しっかりと装備をしたうえで下山

しましょう!

ちなみに私はグーグルマップのオフライン機能を頼りに下山しましたが、山ではあんまり当てにならないと感じました。

マップよりも

  • 人のいる方に歩いていく

のが大切かと思います。自分の勘だけで歩くのは駄目だなと反省しました。

3、荒涼とした景色と、湖と、マッターホルンと

道を見つけてからは比較的スムーズに、人の流れに倣って下山を行ことができました。

ちなみに先ほどから写真に所々写っている、先端の尖った山がマッターホルンです。

f:id:eno1081:20170814110020j:plain

ただしばらく足場が良いとはいえない道も続きました。

振り返って「この道を良く下りてきたな」と思いながら撮影した1枚。

f:id:eno1081:20170814110239j:plain

高山植物が咲いていたりと景色が少し変わってきます。

f:id:eno1081:20170814111600j:plain

下へ下へと歩を進めるにつれて、白よりも、緑が視界に入ってくるようになります。

f:id:eno1081:20170814111458j:plain

道に迷った際、さりげなく後ろについていった日本人旅行客の方と、少しお話をしたのですが、その中の一人の御老人が

「夢の世界みたいやなぁ…」

ってため息交じりに言ってたんですね。

それが、何だかすごく記憶に残りました。

f:id:eno1081:20170814181305j:plain

夢の世界という響きに、自分もまた良い経験をしてるなぁとホクホクした気持ちで下山しました。

さて、似たような景色が続くのですが、しばらく歩くと湖が!

f:id:eno1081:20170814112458j:plain

これが見たかったんだよ、と近づいて撮影開始です。

雲や風が全くない日には、湖にキレイな逆さマッターホルンが映るそうなのです。

が、条件がそろうのはなかなか厳しいだろうなと感じました。

f:id:eno1081:20170814183109j:plain

水辺には小さな白い花が沢山咲いていて、可愛らしかったです。

f:id:eno1081:20170814113151j:plain
さて、その後も道は続く。

黙々と歩を進めて、ゴールの駅へと向かいます。

f:id:eno1081:20170814113946j:plain

特に何かがあるというわけではありませんが、私はこういう景色が好きなので、満足度が高かったです。

ただ一本道をずぅっとまっすぐに歩いていきます。

f:id:eno1081:20170814185758j:plain

余談ですが、私の好きな映画監督にアッバス・キアロスタミという方がいて「ジグザグ小路三部作」と呼ばれる映画を撮っているんです。

桜桃の味 ニューマスター版 [DVD]

桜桃の味 ニューマスター版 [DVD]

 

その映画に出てくる景色(はイランなのですが)何だか似てるな、と思えるのが楽しかったのかもしれません。

自分の歩いてきた道が遠く、細い線のようになって、ずっと先の方に見える景色が好きなんですよね。

f:id:eno1081:20170814191223j:plain

最初は道に迷って冷や汗ものでしたが、結果としては良い時間を過ごすことができたなとも思いました。

f:id:eno1081:20170814192513j:plain

ようやく目的地のReffelberg駅が見えてきました。

f:id:eno1081:20170814122746j:plain

この先もずっと下山を続ける人も多くいるようでした。

が、素人の私にはここまでで精いっぱいだったと思います。

f:id:eno1081:20170814124516j:plain

まとめ

ということでスイスのツェルマットから乗れるゴルナグラート鉄道に関してまとめると

  • 山頂は寒いので防寒対策をする
  • 展望台から十分氷河は見れる
  • 山に慣れていない人が自力で下山するのはオススメしない
  • 急こう配+砂利道で負担大
  • トレッキングポールがあると◎

とまとめておきます。

ゴルナグラート鉄道の切符の買い方

ゴルナグラート鉄道の切符に関しては

  • 当日購入

しました。

購入した切符の内容は

  • ツェルマット⇒ゴルナグラート(往路):23.5CHF
  • Reffelberg⇒Reffelalp:9CHF

です。

f:id:eno1081:20170814090537j:plain

そう、私はこの後、さらにReffelalpという駅で下車。

ツェルマットまで歩いて帰ったのです。

f:id:eno1081:20170814131002j:plain

  • Reffelalpからツェルマットまでの道に、外国人登山者はほとんどいなかった

です。

イメージとしては地元の方の愛用する林道(トレッキングコース)という感じでした。

f:id:eno1081:20170814131729j:plain

途中険しい道もありましたし、あまりおすすめはしませんね。

ただツェルマットの町はずれの景色を見ることができて、楽しくはありました。

f:id:eno1081:20170814203055j:plain

ツェルマットでおすすめの山歩きコース

個人的にツェルマットで一番お勧めなのは

  • スネガの散策コース

だと思います。

  • 軽装備でも負担が軽かった
  • 湖も多い
  • 展望台が素敵

で、最高に楽しかったので週に1度歩いてもいいなと思いました。

f:id:eno1081:20170813231307j:plain

スネガパラダイスに関しては、すでに記事に書きましたので、これからツェルマットに行く人は参考にしてください。

www.nekopajamas.net

またスイスでの山歩きは

  • 簡易的なリュックを持っていくと◎

だと思います。

この点もまた別記事にまとめておきたいと思います。

何にせよスイスは本当に満足度の高い国でしたので、ぜひ多くの方に足を運んでもらいたいです。

写真の何百倍も壮大な景色が見れますからね!

f:id:eno1081:20170814191010j:plain

それでは、最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

スイスに関する別の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net