The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

「キクタン・フランス語」シリーズを三冊大人買いしたのは失敗だった理由【参考書レビュー】

SPONSORED LINK

フランス語独学を決めたとき、最初に買った単語帳

「フランス語を勉強してみよう!」

と決意したものの、いったい何をすればいいのかわからない。

そんな私がとりあえず一番最初に買った3冊の本。

それがアルクの「キクタンフランス語」の3級~5級までの単語帳でした。

手元に持っていた5000円分の図書カードをぱっと使った大人買いです。

キクタンフランス語 入門編―仏検5級レベル 聞いて覚えるフランス語単語帳

キクタンフランス語 入門編―仏検5級レベル 聞いて覚えるフランス語単語帳

 

私がこの単語帳を選んだのは

  • 語学学習では、単語を覚えるのが何より重要

と考えていたからです。

3級から5級までの単語帳にのっている単語を、とりあえず一通り覚えれば、フランス語をなんとなく読むことができるんじゃないかという、かなり前向きな考えのもとに購入しました。

それから2週間くらい、単語帳とにらめっこをしたり、音声をCDで聞いていたことがあったんですが、これが全然頭に入ってこなかったんです。

今更なのですが最近、なんとなくその理由がわかってきたように思います。

ということで、この記事ではフランス語を独学で一から学ぶときに知っておきたい単語の覚え方や参考書の選び方について、まとめてみたいと思います。

「キクタンフランス語」で単語を覚えられなかった理由

1、例文の音声を聞くことができない

「キクタンフランス語」という単語帳は、その名の通り

  • 耳で聞くことで単語を覚えることを推薦する単語帳

です。

でも買ってみてこの単語帳には1つ、大きな欠点があることに気づきました。

それは例文の音声がCDについていないことです。

キクタンに掲載されている例文は、凄く素敵なものばかりなんです。

例えば

Le heures sont faites pour l'homme, et non l'homme pour les heures.
(人のために時間が作られているのであって、時間のために人が作られているのではない)

とか

La parfaite raison fuit toute extrémité.

(完璧な理性は、どんな極端も避ける)モリエール

とか

Le difficile n'est pas d'apprendre ce qu'on ne sait pas, c'est d'apprendre ce qu'on sait.

(難しいのは知らないことを学ぶことではない、知っていることを学ぶことだ

とか。

すごく自分好みな例文のチョイスだったので、ぱっと見て大人買いしたのですが、よく確認してみると、この単語帳は例文の音声を聞くことができなかったんです。

これは個人的に、非常にマイナスポイントだと感じました。

音声が聞けないので、結局単語を単独で暗記します。

しかし、一からすべての単語を学んでいくようなレベルなので、字面だけ眺めていても、非常にイメージが沸きにくい。

語はやはり文脈で覚えるのが一番だと痛感しました。

  • 単語帳を購入するときは必ず例文の音声がCDに収録されているか確認する

という点に、今後気を付けようと思いました。

2、初級(3~5級)のうちは単語帳で覚えるのは効率が悪い

高校生のころ、英語の勉強は単語帳を使った単語暗記に始終していた記憶がありました。

なので、思わず単語帳を買ってしまったのです。

が、よくよく考えてみると

  • 英語を学んだばかりの中学生の頃、単語帳もっていなかった

んですよね。

初学者のレベルでしたら、いざ勉強を始めてみると、単語帳に出てくる単語暗記という覚え方よりも、問題集で見かけた文章の中に入っている単語を自然と覚えていくという流れの方が、効率がいいんだなあと気づかされました。

もしくは

  • イラストと一緒に単語が並んでいるようなわかりやすいもの

の方が視覚的に記憶に残りやすいと思います。

例えば私自身「キクタンフランス語入門編」に出てくる単語は、もう大体覚えてしまっているんですが、キクタン全然活用してません。

単語帳を眺めていなくても、例文を見たり、問題を解いてる間に、出てくる単語をその都度覚えていけば、自然と基礎単語は覚えていくものなんですよね。

何だかとても、勿体ないことをしてしまったなあという気持ちです。

キクタンフランス語 入門編―仏検5級レベル 聞いて覚えるフランス語単語帳

キクタンフランス語 入門編―仏検5級レベル 聞いて覚えるフランス語単語帳

 

3、割と値段が高い

最後にもう1つ失敗だなと思ったのは

  • この単語帳は少しお値段が高い

と感じた点です。

1冊2000円ということを考えると、各級ごとに単語帳を揃えるのはコスパが悪いと思います。

もしどうしても気になるのであれば、5級を買わずに最初から4級を購入した方がお得なのではないかなと思います。

キクタンフランス語【初中級編】仏検3級レベル【CD・赤シート付】

キクタンフランス語【初中級編】仏検3級レベル【CD・赤シート付】

  • 作者: 大阪市立大学フランス語教材研究会
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2013/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
キクタン フランス語【初級編】仏検4級レベル

キクタン フランス語【初級編】仏検4級レベル

 

それぞれ色が異なって、見た目はとてもかわいいのです。

が、私は結局キクタンで満足することができず、そのあとにアテネフランセの3級~5級まで兼用の単語帳を一冊購入してしまいました。

こちらは単語や文法に関する解説も豊富で、例文に音声もついており、いうことなしだと感じました。

(が、先ほども述べたように3級までのレベルであれば、問題に出てくる単語をその都度覚えれば、問題ないように思います)

ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400

ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400

  • 作者: 島崎貴則,松本悦治,アテネフランセ
  • 出版社/メーカー: ジェイ・リサ-チ出版
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

まとめ

ということで購入した「キクタン」シリーズは三冊とも古本屋行きを検討しています。

売ってしまう前に、気に入った例文なども当ブログにメモしておくかもしれません。

本当に一から言語を学ぶときは、何をしたらいいのかわからなくて途方に暮れてしまいますよね。

でも私のように慌てて単語帳を買うのではなく、薄くてわかりやすい文法書を買って、何度も繰り返すのが一番だと思います。

ちなみに私の場合は以前「独学のススメ*フランス語をゼロから学んで1か月で仏検4級に合格した勉強法」という記事にも書いたように、こちらの参考書を購入したおかげで何とか入り口へと足を踏み入れることができたように思っています。

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

 

分かりやすく面白く、自分の経験からも非常にお勧めできる一冊です。

あとはとりあえず仏検を目標にして、参考書を買うと良いと思います。 

私は勉強をさぼりまくって未だ4級の身なのですが、最近もう一度勉強を始めました。

3級まで取得した後、以下のようなテキストを使用して長文読解をしていこうかなと考えています。

対訳 フランス語で読もう「異邦人」

対訳 フランス語で読もう「異邦人」

 

知識を得たいときは焦って、参考書を無暗に買ってしまうことが多いのですが、きちんとレビューなどを参考にして無駄のない学習をしていきたいものですね。

短いレビュー記事ではありますが、独学でフランス語を始める方の参考書選びの参考になれば、幸いです。

フランス語の独学に関する他の記事

www.nekopajamas.net