もう迷わない!海外旅行用モバイルバッテリーを選ぶときの注意点

海外旅行用のモバイルバッテリーの選び方

今回の記事では、海外旅行に必須なモバイルバッテリー(モバブ)の選び方について、まとめたいと思います。

  • 容量の違いがわからない
  • 10000mAhは飛行機に持ち込める?

といった海外旅行初心者のモバイルバッテリーに関する疑問点も全てまとめておきたいと思います。

先に答えを言うと、モバイルバッテリーは

  • 手荷物として機内持ち込みはOK

です。

海外旅行ではモバイルバッテリーは必要になる場面が多いので、絶対に持っていきましょう。

以下、具体的な注意点をまとめていきますね

モバイルバッテリーの容量とは?

まずは、モバイルバッテリーの容量についてです。

基本的にモバイルバッテリーの容量は

  • mAh(ミリアンペアアワー)の数字が大きいほど短時間で電が可能

といわれています。

そして、何度もスマホの充電をすることができます。

具体的にスマホ(iphone7)を充電できる回数は

  • 5000mAh   (約1.5回)
  • 10000mAh (約回)
  • 20000mAh (約回)

例えば、20100mAhのAnker社のモバイルバッテリーは

  • iPhone 8を約8回
  • Galaxy S8を約5回
  • iPad mini 4を約3回

充電することが可能で

  • 重さは缶ジュース1個分(350g)

と説明書きにあります。

(8回も充電できるの!?すっごーい♡)

という感じで、とにかくバッテリーの容量は大きい方が良い気がしてきます。

ただ個人的には海外旅行の際は

  • 大きすぎるものはおすすめできない

というのが本音です。

以下、理由を説明していきましょう。

海外旅行用モバイルバッテリーは重さも考慮する

海外旅行の間は、外に出て刊行している時間が長いですよね。

旅行用のカメラがあるのなら、1日フルで使っても

  • スマホの充電が切れるのは1度くらい

です。

つまり1日中観光していて、8回も充電が必要になることはまずありません。

そうすると、こんな大容量のバッテリーを持ち歩く必要はあるのでしょうか?

ここで、容量半分の10000mAhのAnkerのモバイルバッテリーを見てみましょう。

説明書きには

  • iPad Airに約1回
  • Galaxy S8に約2回半
  • iPhone 8に約4回

充電することができ、重さは

  • 重さは卵3つ分(180g)

とあります。

日常生活においても、これくらいの回数、充電できれば満足と思うところがあると思います。

ここで注目したいのが、容量が半分になったことで重量軽くなっているという点です。

さらに容量が少ない5200mAhのAnkerのモバイルバッテリーも加えて重さを比較してみると

  • 5200mAh: 小さなアイスキャンディ分(125g)
  • 10000mAh:卵3つ分(180g)
  • 20100mAh:缶ジュース1個分(350g)

と、重量が変化しているのがよくわかると思います。

(値段も、非常に安価です)

つまりmAhの数字が大きいほど、充電回数も多く短時間で充電ができますが

  • nAhの数字が小さい
  • =小型で軽い
  • =持ち運びやすい
  • +安い

というメリットもあるわけです。

旅行においてモバイルバッテリーは

  • 観光の際に常に持ち歩くもの
  • 携帯の充電に必須

といった具合に、常に持ち歩くアイテムになります。

※私の場合は特に、基本的に携帯のオフラインマップを頼りに観光するので、基本的に鞄の中にはモバイルバッテリーと充電コードをもって出かけています。

無料で使える旅の神アプリ!「Maps.Me」オフラインマップの使い方

このように考えると

  • 300gを超えるバッテリーを持ち歩くのは重い

と思うところがあります。

安易に容量が一番大きいからと言って、20000mAhのものに飛びつくと、持ち運びが面倒になる可能性もあるということです。

実際に使用しているバッテリーの感想

実際、私が海外旅行で利用しているのは一番小さな5000mAhのものです。

軽くて、見た目もカッコよく、日常生活でも重宝しています。

f:id:eno1081:20160808121314j:plain

旅の途中も、困ったことも特にありませんでした。

2年以上使用していますが、まだ充電機能は衰えていません。

▲現在は、スティック型のバッテリーも登場しているみたいですね。

ただ最近は、iPadの充電にも利用したいと考えているので、もう少し容量があればいいなと思っているのが本音です。

もし新たに買いなおすのであれば

  • 10000mAhのモバイルバッテリーを選ぶ(200g以下)

かと思います。

海外旅行の持ち歩きを想定し、モバイルバッテリーは

  • 容量と重さのバランスを考慮して選ぶ

のが一番ということです。

変圧器は必要か否か?

昔は、海外旅行の際

  • 変圧器(電圧を変えるもの)
  • 変換プラグ(コンセントの差込口の形を変えるもの)

の2つ(もしくは2つの機能が合わさっているもの)が必要といわれていました。

しかし現在では

  • スマホやカメラの電圧はほとんど海外対応(100~240V)
  • 変圧器の出番なし

といわれています。

モバイルバッテリーに関しても同様で、充電の際に変圧器は必要ありません。

※気になる方は電化製品のラベルのInputという場所を確認してみましょう。数値が100~240Vでしたら殆どの国で問題なく利用できます。

ただし充電の際は

  • 国によって変換プラグが必要

という点は変わりません。

コンセントの差込口の形が違うからです。

ちなみに私は、こちらの全世界対応のマルチ変換プラグを利用しています。

写真付きのレビューもありますので、海外旅行前に参考にしてください。

【海外旅行に超おすすめ】マルチ変換プラグの魅力を徹底解説【使用レビュー】

飛行機への持ち込みは可能?

ちなみに飛行機に乗る時、モバイルバッテリーは

  • 手荷物として機内への持ち込みは可能◎
  • 受託手荷物として預けることはできない×

となっています。

つまり、自分と一緒に機内へ持ち込むことはできます。

けれどスーツケースなどの大きな荷物に入れて、人の手を離れたところに預けることはできないということです

(不意の衝撃などで発火する恐れがあるからです)

荷物の詰込み時に間違えないように、必ず手元のバッグにいれましょう。

渡航前にチェックすると良いかもしれませんね。

まとめ

ということで今回は海外旅行用のモバイルバッテリーの選び方についてまとめてみました。

内容は

  • 容量が大きいほど充電スピードは速い
  • 充電回数も多い
  • ただし容量が大きいほど重い
  • 200g以下のバッテリーを選ぶのがオススメ
  • 充電に変圧器は要らない
  • ただし変換プラグは必要
  • 機内持ち込み◎
  • (預けるのは×)

といったものでした。

私自身、海外旅行前に詳しいことがわからず、かなり適当にモバイルバッテリーを選んだところがありました。

なので、これから購入する人の参考になれば、と考えています。

また、今回は海外旅行用として記事を書きましたが、最近自然災害も多いです。

非常時用に容量が大きく、手動で発電できるモバイルバッテリーを備えるのもおすすめです。

例えば、このようなソーラーパネルがついたモバイルバッテリーもあります。

懐中電灯機能も付いていて、光るようになっています。

(持ち運びには、重くて適さないと思いますが)

非常用と思えば、持っていて損になるものではないと考えています。

ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 10000mAh LEDライト付き 手回し
CXYP

Amazonにはいろいろなタイプのバッテリーが売っているので、ぜひ自分の用途にあったモバイルバッテリーを探してみてください。

それでは、最後まで記事を読んでくださり、有難うございました!

海外旅行に便利なトラベルグッズ記事

【海外旅行に超おすすめ】マルチ変換プラグの魅力を徹底解説【使用レビュー】 快適なフライトに備える!飛行機内で使えるおすすめグッズ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。