The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

【必要最低限】海外旅行に出かける前に確認しておきたい10のポイント

SPONSORED LINK

海外旅行に行く前に知っておきたいこと10

今回の記事では、海外旅行に行く前に事前に調べておいた方が良いことを10個まとめてみたいと思います。

思えば私自身

  • 初めて海外に出かけたときは判らないことだらけ

で、色々と苦労した記憶があります。

すごく基本的なことだと思う人もいるかもしれませんが、海外旅行超初心者の方でも、わかりやすいと思える内容で、まとめていけたら幸いです。

f:id:eno1081:20181115010325p:plain

1、ビザ

まず最初に知っておきたいのが「ビザ(VISA)」が必要か否かです。

  • ビザというのは「査証」のこと

です。

わかりやすく言えば、外国人旅行者が自国に入国しても構わないと許可する「推薦状」みたいなものです。

日本のパスポートは便利なもので、多くの国で

  • 観光目的で入国する際「ビザ」無しでもOK

という決まりになっています。

3か月くらいビザなし滞在できるので普通の旅行の場合、あまり気にしなくて良いです。

が、ビザが必要な国もあります。

  • インド
  • カンボジア
  • スリランカ
  • ミャンマー
  • ネパール
  • ブータン
  • オーストラリア
  • パプアニューギニア
  • ロシア
  • ブラジル
  • ケニア
  • タンザニア
  • エジプト
  • ザンビア
  • ジンバブエ
  • マダガスカル

これらの国は入国の際にビザが必要になります。

ビザの取得方法は国によって大きく異なります。

ですから

  • ビザが必要な国に旅行する際は、必ず事前にビザの取得方法を確認しておくこと

が大切になります。

見落としがないか確認しておきましょう。

2、治安

次に知っておきたいのは、旅行地の治安に関する情報です。

大きく分けて

  1. 国際的に話題になるような事件・災害などの最新情報
  2. 観光中心地の治安(具体的な犯罪事例)
  3. 特に治安の悪いエリアはどこか?

の3点になるかと思います。

まず、出発日の直前などに、国際ニュースにあがるような事件や災害が起きていないか必ず確認しましょう。

ざっくりと国全体の危険レベルを外務省のHPから確認するのも良いと思います。

▶外務省 海外安全ホームページ

次に自分が観光する都市の治安がどの程度のものなのかを調べるのがおすすめです。

単純に

  • 「自分の行く国の名前 治安」

というワードで検索すれば、旅行者の口コミなどもたくさん出てくると思います。

最後に大切なのが

  • 特に治安の悪いエリアはどこかをざっと知っておく

ということです。

例えば「パリ」と言っても、どこの区かによって治安の良し悪しは変わってきます。

  • 同じ都市でも、中心の駅が異なるだけで治安も変わる

ので、そこまで調べられると安心度は高いと思います。

特に、自分が予約した宿の周辺の治安は知っておくと良いと思います。

なぜなら

  • 治安が良くないエリアの宿は安いため、何も知らずにお得だと思って予約してしまっているパターンもある

と思います。

できることなら、宿予約の前にざっくり治安の確認はしておきたいものです。

3、ベストシーズン

次に知っておきたいのは

  • 旅行先の国のベストシーズン

です。

ベストシーズン時は、天候に恵まれやすいですが、一方で旅行の値段が上がりやすというデメリットもあります。

なので

  1. ベストシーズンに旅行することで快適な旅をする
  2. ベストシーズンをあえて外すことで旅費を下げる

の2パターンで、旅行の時期を検討することができます。

4、気温

すでに旅行の日程が決まっているのであれば

  • 気温はどれくらいかを知っておくと良い

と思います。

気温がわからないと、持っていく衣服で悩んでしまうからです。

自分と同じ時期に旅行に出かけた人のブログ記事や、ガイドブックなどの気温表を参考にして、衣服を選ぶと良いと思います。

5、通貨

旅行先の通貨についても、事前に調べておきましょう。

  • 通貨の単位(例:ユーロ)
  • 日本円でいくらか?(例:1ユーロ=約135円)

を頭に入れておくと良いと思います。

加えて

  • クレジットカードがどれほど使えるか?

も知っておくと良いと思います。

例えばヨーロッパ旅行の際、支払いはほとんどクレジットカードで済ませることができました。

しかしカンボジアに旅行に行った際は、露店やトゥクトゥク(現地タクシー)で現金を利用する機会の方が多かったです。

事前にどれくらい現金を使うかと予想しておき

  • 必要最低限の現金を現地通貨に両替する

のがおすすめです。

具体的な金額や、管理方法については以下の記事を参考にしてください。

www.nekopajamas.net

6、物価

旅の予算をざっくりと決めておくと、無駄な出費を抑えることができるかと思います。

可能であれば

  • 現地の物価がどれくらいのものか?

を知っておくと良いと思います。

その中でも特に知っておきたいのがズバリ

です。

日本では水は無料で飲み放題ですが、海外ではまずそういったことはありません。

なので、水は購入する機会が非常に多くなります。

しかし観光地では、この水がぼったくり価格で売られていることが多です。

私自身

  • 水(500ml)が町のスーパーや自販機ではいくらで売られているのか?

という点は、常に新しい街に移動する度に確認していました。

東南アジアなどでは、交渉すると言い値の半額まで下がることもありました。

予めネットの情報で検索して、知っておくと良いかもしれません。

7、交通手段

現地での交通手段も必ず知っておきたい情報の1つです。

大きく分けて

  1. 空港からホテルまでの交通手段
  2. 観光地までの交通手段

を必ずチェックしておきましょう。特に

  • 所要時間
  • 運賃(クレジットカードは使えるか?など)
  • チケットの買い方
  • 駅名(路線)
  • 治安(スリやボッタクリの有無)

といった点は、確認すると良いと思います。

移動の所要時間は、余裕をもって

所要時間に関しては、遅れる可能性も高いと考え

  • 少し余裕をもって計画を立てること

がとても大切です。

実際に、旅行をしていて

  • ストライキで電車が動かない
  • バスが2時間待っても来ない
  • 道に迷ってバスや電車に乗り遅れる

ということも多くありました。

観光途中のミスは、大した問題ではないのですが

  • 帰りの飛行機に間に合わなくなることだけは絶対避ける

のは非常に大切なので、特に最終日は余裕をもって空港に向かいましょうね。

スリやぼったくりのパターンを知っておくと◎

また先ほど治安の項目でも少し書きましたが

  • スリやぼったくりの犯罪事例を知っておく

と対策が立てやすくなると思います。

ネットで調べると

  • 電車や地下鉄でスリに遭った
  • タクシーやトゥクトゥクでボッタクリに遭った

といった情報が出てきますので、どのような状況でそういった被害に遭ってしまったのかを知っておくのがおすすめです。

8、宗教・文化(マナー)

最低限、旅行先の宗教や文化に関するマナーは守れるようにしましょう。

特に女性の場合は

  • 肌の露出に注意が必要な国(観光スポット)も多い
  • 性犯罪の事例を知っておくと良い

です。

またどの国に訪れる際もですが、夏であっても

  • 薄手のカーディガンは1枚あると便利

ですよ。

9、トイレ

地味に大切なのが

  • トイレに紙はあるかどうか

という点です。

紙がないという情報がある場合は、必ずポケットティッシュを持参していきましょう。

エリエール ポケットティッシュ 水に流せる 10組×16個 パルプ100% オーデュス

エリエール ポケットティッシュ 水に流せる 10組×16個 パルプ100% オーデュス

 

10、「ありがとう」の現地語

最後に知っておきたいこととして紹介したいのは

  • 「ありがとう」の現地語

です。

これは知らなくてもいいことなのかもしれません、がやはり

  • 「ありがとう」とその国の言葉で伝えると、嬉しそうな顔をしてもらえる

ことが多いです。

旅行の際は英語に頼ってしまうことが多いと思いますが、できればその国で生活している人が普段使っている言葉で、お礼を述べられると旅行がうんと楽しくなると思います。

まとめ

ということで今回の記事では、海外旅行の前に知っておきたいことを10のポイント別にまとめてみました。

内容としては

  1. ビザ
  2. 治安
  3. 通貨
  4. 物価
  5. 気温
  6. ベストシーズン
  7. 交通手段
  8. 宗教・マナー
  9. トイレ
  10. 「ありがとう」の現地語

といったものでした。

最近では、ネットで情報を調べるとガイドブック以上の知識を得られることも多いです。

情報に振り回されるのも考え物ですが、今回挙げたポイントは重要度の高いものばかりだと思いますので、ぜひ見落としがないかチェックしてみてください。

また旅に必要な持ち物に関しては、以下の記事にまとめていますので、宜しければ参考にしてくださいね。

www.nekopajamas.net

それでは、最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!