本当に必要?私がレンタルWiFiなしで海外旅行をする4つの理由

レンタルWiFiは海外旅行に必要ない?

今回の記事では、海外旅行で利用できるWiFiルーターの必要性について、まとめておこうと思います。

結論を先に言えば

  • 海外旅行にレンタルWiFiは持っていかなくてOK

です。

旅の必需品って言われるけど、本当にそうなの?

という疑いの視点から、その理由を以下簡単に説明したいと思います。

1、宿(ゲストハウス)の無料WiFiを利用

私が海外旅行にWiFiルーターを持っていかない最初の理由はズバリ

  • 宿(ゲストハウス)の無料WiFiを利用するから

です。

基本的に宿泊施設の多くには、無料のWiFiサービスが備わっています。

実際に海外旅行に出てみるまでは

  • こんなに安い宿で本当にWiFiは無料なのか?
  • 通信速度が遅いのでは?
  • 実は裏でお金を取られるんじゃ?

といった不安がありました。

しかし利用してみると

  • チェックイン時に教えてもらうパスワードを打つ

だけでネットは使い放題。

今までどの宿でもとりわけインターネットが利用できずに困るといったことはありませんでした。

Person Holding Black Android Smartphone

例えば

  • 空港では無料WiFiが完備
  • バンコク|デパート内は無料WiFiが完備
  • ヨーロッパ|高速バスに無料WiFiが完備(制限あり)

など旅行してると、日本以上に無料WiFiを利用できる機会が多いです。

基本的に旅の情報は宿のWiFiで集め、前日にしっかり予定を組んでいました。

荷物になるのでガイドブックも持っていきません。

旅行にガイドブックは必要ない?【旅の情報収集はスマホ1つでOKか否か】

2、観光時はオフラインマップを利用すればOK

WiFiをレンタルする理由の一つに

  • 道に迷った時が怖い(地図検索したい)

という不安があると思います。

日本で知らない土地に行ったときも、Googleマップが手放せませんよね。

なので

(WiFIルーターを持って行かなかったら、地図機能使えないじゃん)

と思う人もいるかもしれません

が!

実は、Googleマップにはオフライン機能があるんです。

意外と知らない?海外旅行で超便利なGoogleマップ「オフライン機能」の使い方

事前に地図をダウンロードしていれば、ネットが通じない環境でも自分の現在地や周りの建物名、道、方角などが確認できるんですよ。

Google マップ - GPS ナビ

Google マップ – GPS ナビ

  • Google, Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

これさえ知っていれば

  • WiFiを持っていかなくても、道に迷う心配は全くない

です。

f:id:eno1081:20190518201429j:plain

▲現在地だけでなく周辺施設も検索できます。レビューは読めませんが、口コミ数と★評価は見れるので、人気の観光スポットやレストランも把握可能です。

「Maps.Me」という無料アプリも、オフラインマップで現在地を確認できます。

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

  • MY COM
  • 旅行
  • 無料

こちらの方が機能性は高いので、合わせてダウンロードしておきましょう。

最強のオフラインマップはどっち!?GoogleマップとMaps.Meを比較検証した結果

3、出国前のひと手間が面倒くさい

次に私が海外旅行にWiFiルーターを持っていかない理由は、

  • 出国前にルーターを手に入れるひと手間が面倒くさい

からです。

出国前は

  • なるべく早くに空港に行って搭乗手続きを済ませたい

です。

なのでWiFiルーターを取りに行くために、サービスカウンターに立ち寄るのが面倒なんです。

もたもた時間が潰れて、飛行機に乗り遅れた…

なんてことになったら本末転倒です。

余計な時間を使いたくないというのが大きな理由の1つになります。

4、レンタル料金が高い

最後の理由がこちら

  • レンタル料金が高い

という身も蓋もない理由です。

旅行前は、とにかく面倒とコストを減らしたいという一心なので

  • 宿の無料WiFiが利用できる
  • =どうにかなる

と楽観的に考えてきました。

WiFiルーターを借りない場合の注意点

とはいうものの!

WiFiルーターをレンタルしないで海外旅行に出かける場合は、いくつか注意が必要です。

具体的には

  1. 宿を予約するとき、必ずWiFi無料と記載があるか確認
  2. オフラインマップの使い方をマスター
  3. 空港~初日の宿までの情報確保

の5つです。

少し説明しておきましょう。

1、宿の予約時のWiFi確認

まず

  • 宿を予約するとき、必ずWiFi無料と記載があるか確認する

のは鉄則です。

たまに部屋での利用は有料(もしくは時間制限あり)と記載している宿もあります。

なので

  • 全室WiFi無料

の宿泊先を選ぶのが大切です。

また

  • 値段の高いホテルはWiFiが有料

のパターンも多いです。

バックパッカー向けの宿の方が、無料WiFiが備わっている可能性が高いです。

また

  • 宿のレビューにWiFiに関する苦情はないか?

チェックしておきます。

たまに評価が微妙な宿だと、WiFiの通信速度が遅すぎるという意見が書かれていることがあります。

なので必ず宿を予約する前に

  • 無料WiFiの有無
  • 通信速度のレビュー

を確認をしましょう。

2、オフラインマップのマスター

それから

  • オフラインマップの使い方をマスターしておく

のは大切です。

地図が利用できないと、本当に知らない土地を歩くのは危険です。

(女性の一人旅ならなおさらです)

オフラインマップの使い方は、絶対に知っておくことをおすすめします。

必ず出国前にWiFiが使える環境下で

  • 旅行する地域の地図データをダウンロードする

のを忘れないようにしてください。

3、初日の予定を完璧にする

もう1つ重要なのが、初日の流れです。

特に

  • 空港~宿までの道のり

でネットが使えないので、必要な情報をすべて記録しておく必要があります。

具体的には

  • 初日の宿の場所
  • 空港から市内(宿)への移動方法

です。

旅の初日はトラブルに巻き込まれやすいものです。

初日の準備はネット環境がある場所できちんとしておかないと最悪、宿にたどり着けないです。

事前に

  • 宿までの道のり・地図をスクショに保存
  • 宿の外観写真を保存

しておきましょう。

「Googlechrome」のダウンロード機能を使う

レンタルWiFiなしで旅行する人は、「Googlechrome」のブラウザのダウンロード機能を知っておきましょう。

  • 役に立つ記事はダウンロード
  • ⇒オフラインでも見れる

これは、とても便利なので簡単に説明しておきます。

まず気に入った記事があれば、右上のメニューバーをタッチします。

f:id:eno1081:20190521002523p:plain

下のボタンを押すとでダウンロードが開始されます。

f:id:eno1081:20190521002348p:plain

こうするとオフラインでも、ダウンロードページから記事を見ることができます。

f:id:eno1081:20190521002455p:plain

観光情報をあらかじめダウンロードして、街歩きすると便利です。

ぜひ知っておきましょう。


 

旅慣れていないのであれば、無理しない

ということで、今回の記事では

  • WiFiルーターをレンタルなしで、海外旅行する方法

をまとめてみました。

しかし、宿に無料WiFiが完備されているとしても

  • WiFIルーターを持って行った方が良いのでは?

という思う気持ちもあります。

特に

  1. 地図を読むのが非常に苦手な場合
  2. 全く旅慣れていない場合

は非常に危険なので、注意喚起もしておきます。

特に初日は、ネットが使えない状況で自力で空港から宿まで移動しなければなりません。

旅の初日は

  • 飛行機に乗っていて疲れている
  • 見知らぬ土地で気分が高揚している

小さなトラブルでパニックになる危険性が高いといえます。

例えば私も、フランスに旅行したときに、予期せぬストライキに見舞われたことがあります。

わけのわからない土地にバスから降ろされ、最寄りの駅を探し空港から宿までたどり着くのに4時間以上かかりました。

当然その間、ネットは一切使えません。

これが初めての海外一人旅だったら…完全にパニックだったと思います。

女一人旅のパリ*絶対に知っておくべき治安情報やパリ北駅周辺・RERの様子

wifiを持たない場合

  • あらかじめきちんと情報収集しないといけない

ので面倒ですし、そのうえ道に迷うことも多くあります。

実際に私も、空港に向かうために、どのバス停に行けばわからず、危うく飛行機を逃しそうになったこともあります。

(偶然、道でゲストハウスの隣のベッドに寝ていた香港人の方に遭遇し、行き先が同じだったので、事なきを得ましたが、彼女に会えていなかったらどうなっていたか)

節約といって危険に巻き込まれては、元も子もありませんからね。

なので最後に

  • WiFiレンタルのおすすめ使い方

をまとめて記事を終えたいと思います。

WiFiレンタルのおすすめの使い方

東南アジアに数泊(短期)の場合でしたら

  • レンタルWiFiするのはアリ

だと思います。

なぜなら近場(東南アジア)でしたら、WIFiレンタル料金も比較的安いからです。

例えばグローバルWiFiの場合、台湾旅行でしたら

  • 最安値(3G|300MB)1日670
  • 最速無制限1日1870

でレンタルできます(早割り込)

今回この記事で説明した

  • 宿の無料WiFi
  • オフラインマップ
  • オフライン記事閲覧

をきちんと利用し、ネット利用するとき以外はマメにWiFiの接続を切れば、4Gの300MB以下(1日1000円未満)で十分でしょう。

複数の国へ訪れるときは、東南アジア周遊プランを選ぶのが〇ですね。


レンタル料金を検索

東南アジア旅行数泊であれば、海外旅行保険が付帯している無料のクレジットカードを数枚もてば、保険分の旅費が浮かせますよね。

その分、節約したと考えてWiFiレンタルするのもありかなと思います。

海外旅行保険を安くする!無料クレジットカードの保険節約術とは?

同様にヨーロッパの場合はグローバルモバイル社の

を選ぶと、コスパはよいと思います。

  • 自宅配送無料
  • 容量無制限
  • 通信料1日980
  • 42か国4G対応

これは、割と破格の値段だと思います。

というのも同じ条件で大手「イモトのWiFi」のヨーロッパ周遊プランを利用すると1日2580円ですからね。

早割を利用すれば、10%OFFにもなります。



WiFiレンタルの料金検索はこちら

割引を利用したり、会社を選ぶだけでも値段は変わってくるので、きちんと情報収集するのがおすすめです。

まとめ

ということで、私が海外旅行にWiFiルーターを持っていかない理由

  1. 宿(ゲストハウス)の無料WiFiで事足りる
  2. オフラインマップを利用すれば、道にも迷わない
  3. 借りるのが面倒
  4. 節約

の4つでした。

ただし

  • 旅慣れていない人

は、とりあえず短期の旅行で安くWiFiレンタルを利用してみて、自分に必要な道具かどうかを検討してみるというのがオススメですね。

フリーSIMのスマホならば、事前にSIM購入するのもアリだと思います。

私の場合は最近、SIMフリーのルーターを購入しました。

初期費用は掛かりますが、どの国でもすぐに使えるので旅行の回数が多い人はおすすめ。

またレンタルWiFiを人気で比較するなら、やはり

  1. イモトのWiFi
  2. グローバルWiFi

の2トップという感じです。

イモトは大手で、保証が厚く、どの空港でも気軽に借りられる印象です。


▶イモトのWiFiの料金を検索

訪れる国や期間、またはキャンペーンによっても値段は異なると思うので、両方のサイトを検索して比較し、安い方を選択すると◎なのではないかなと思いました。

値段は「グローバルWiFi」の方が安いような気がします。

またきちんと比較記事を書く予定なので、ぜひ参考にしてください。


▶グローバルWiFiの料金を検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。