The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

外国語大好きおじさんと語学の神様から学ぶ「最強の語学独学法」について

独学で外国語を次々と習得していく「外国語大好きおじさん」

皆さんは「外国語大好きおじさん」をご存知でしょうか?

別に芸能人の名であるわけでもないので、知らない人の方が多いと思われます。

「外国語大好きおじさん」

それは、語学学習をこよなく愛するとあるブロガーさんのペンネームです。

先日、偶然このブログを発見したのですが、この方の語学学習に対する熱量に圧倒されて、思わずこのような記事を書くことになりました。

とにかくこの方、すごいです。

【リンク:シンガポールより! 外国語大好きおじさんのブログ - Yahoo!ブログ

何が凄いかってこの方、

英検1級を取得

してるだけではなく

フランス語検定も

中国語検定も

独学で1級取得

しちゃっているんです!これはすごいと言わざるを得ない。

ブログを拝見しつつ「世の中にはすごい人がいるものだなあ」と非常に驚かされる一方、私もまた語学を頑張りたいという気持ちにさせていただきました。

模範的な独学語学学習者

外国語大好きおじさんは私にとって、模範的な独学語学学習者です。

ブログを見れば、彼がどれほど地道に語学学習に時間を割いているかもよくわかります。

例えば、フランス語

過去記事を拝見するに「外国語大好きおじさん」はシンガポール在住ですので、自然と英語(ときに中国語)がうまくなる環境に身を置いていると判断できます。

しかしフランス語は違います

どうやら「外国語大好きおじさん」がフランス語を勉強し始めたのは30歳を超えてから。そこからブログをたどると1級取得は、一からフランス語を勉強し始めてから約5年後ということがわかります。

これはすごいことだ、と個人的には思います。

留学経験なしで、独学、知識ゼロ、そこから5年で1級取得

この「外国語おじさん」の実績は当時、英語の勉強に合わせて一からフランス語を勉強し始めた自分にとっては、とても励みになる数字に感じました。

気になる「外国語大好きおじさん」の勉強法

外国語大好きおじさんの学習法を見るに、気になった点がいくつかありました。ただ継続するだけでなく、きっとなにか効果的な語学学習方法を身に着けているはずだと。

まず気になったのは、絵本を活用していたこと。

「外国語大好きおじさん」は、全然単語や文法を覚えていない段階から絵本を大量に買い込み、地道ひたすら読むという作業を、語学学習の初期段階で徹底して行っていました。

フランス語を実際に勉強してみて思うのが、独学だとなかなかモチベーションも上がらず、良い参考書を見つけるだけでも一苦労します。それならばいっそ自分が読みたい本や絵本を、一気に買い込み、辞書を引いて手当たり次第に読んでみる方がよいのかもしれません。

この学習法を見て、私はとある人物のことを思い出しました。

かの有名なドイツ語学者・関口存男(せきぐちつぐお)さんの語学学習方法です。

この方、ご存知ですか?

もし知らなかったら、ぜひ知ってもらいたいです。

この関口さん、実はドイツ留学の経験は皆無なんです。でもドイツ語学者として名をはせ、人々は尊敬の念を込めて彼を「語学の神様」と呼びました。

では、そんな”神様”がどのようにしてドイツ語をマスターしたのか。

この逸話が、これまた面白いんですよね。

当時、関口存男は14歳。

少年は、新しく学ぶ科目”ドイツ語”に興味津々。それを誰よりもマスターしてやろうと意気込んでいたそうです(子供のころ、進級したばかりで意気揚々としていた可愛らしい春の日を思い出します)。少年はとにかく何かドイツ語の本を買おうと丸善の本棚を眺めていた。そこで見つけたのが、ドストエフスキーの『罪と罰』のドイツ語訳でした(ドストエフスキーなので、元はロシア語です)。

それは1000ページ以上の文庫だったようなのですが、少年はその場で購入し、いきなり読み始めた。凄いですね、14歳のころからドイツ語が読めたんでしょうか?

いえ、まったく。

少年は最初の1行から意味が分からなかったんです。

いやいやいや当たり前ですよね。

そのころ彼は14歳、語学レベルでいえば初めて英語を習った中学一年生(今では小学生も英語を授業で習うんでしたっけ?まあABCを覚えてisとかareとかほんの少しの単語を知っている程度です)。

ドストエフスキーなんて無理に決まってるじゃないですか。

でも、すごいのはここからなんです。

最初の1行の意味も分からないのに、関口少年はめげずにそれから2年かけて繰り返し繰り返し読み続け、なんと数百ページにわたり辞書を片手に必死でその作業を繰り返し、そのなかの多くの文章をまるっと覚えてしまったんです

それはもう異常なほどで、意味は分からなくても関口少年はその本が大好きになってしまい、ぼろぼろの本に自分で手作りの装丁を付けていたそうです。

可愛いですね。

面白いのは、そのうち関口少年は、なんだかしらないけど少しずつ話の意味が分かるようになってきたという具合にコツをつむ。

そして『罪と罰』を三分の二ほど読み終えたある日、ふと言葉の一つ一つに意味があることに気づき、一語一語を大切に読むようになったところ、スっとドイツ語が読めるようになり、そこから一気に1000ページの大書を読んでしまったというんです(おおおほんとかよ)!!!

噓か真かと気になる話なのですが、個人的にこの話は非常に興味深いと思います。

つまり最初のわかるなという段階では単語の意味から想像するように物語を追っていた(塾で受験生の英語を指導していても、同じようなことが言えます。国語が得意な子は単語を覚えてしまえば、推測で長文を読むようになるのですが、精読性に欠けて点数の変動も激しかったりするのです)、それから文法の重要性に気づき精読ができるようになったということでしょう。

全く読めない言語で書かれた本を2年間もかけて暗記する

いやはや、これができるという点が、先ほどの継続の話と同じように、やはりこの人の才そのものなのかなとも思います。

ちなみに関口存男さんの凄い処は、ドイツ語にあわせて英語、フランス語、ラテン語、ギリシャ語もマスターしていたところなんですよね。フランス語に関してはわずか一年で習得し、アテネフランスの教壇に立ってしまいました。

そもそもドイツ語に関しても留学していないって凄い。

ちなみにその実力も確かなもので、こんな逸話があります。ヒトラー政権時代にナチを逃れて来日したカール・レーヴィットという哲学者が関口存男のドイツ語の文章を読み、それがあまりに日本人離れしていたために、ナチス党員の誰かが書いたものではないかと恐怖を感じたほどなのです。

「外国語大好きおじさん」の話をしようとして、関口存男の話になってしまいまいた。気になる方はこちらのブログで『関口存男著作集〈ドイツ語学篇〉』のpdfが読めますので、参考にしてください(2017.1確認)。

「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~ | Chem-Station (ケムステ)

最強の語学学習法

さてここまで長々と話してきましたが、結局何が一番言いたいのか。

それは「外国語大好きおじさん」も、この関口存男の学習法と同じ『長文暗記学習法』をものすごく推薦されているということです

以下、引用させていただきます。

そもそも僕が外国語の勉強で長文暗記を始めたのは、実は大人になってからで、大学4年の終わりで社会人になる間際の頃でした。

その頃は英語の勉強に夢中だったのですが、まず『TIME』などの雑誌からかっこいい英語の広告コピーを切り抜いて丸暗記したのが始まりです。なかでも素晴らしいと思ったのはメルセデス・ベンツやパテック・フィリップの広告の英語でした。それから新聞や雑誌の記事を暗記するようになったのですが、特に気に入ったのはイギリスの『The Economist』の英文で、ちょっとシニカルで気取った感じの文体をどんどん暗記しました。僕が英語を書く時は、気が付くと単純過去よりも現在完了を使っていることが多いのですが、この時に暗記したイギリス英語の影響のせいだと思います。そしてシンガポールに来てからは、アメリカのベストセラー作家Danielle Steelの小説の暗記に挑戦しました。

その頃の僕の持論で「300ページ英語を暗記すれば、アメリカに3年留学したのと同じ効果がある」と考えていたので、小説『Journey』を丸300ページに到達するまで暗記しました。

「300ページ英語を暗記すれば、アメリカに3年留学したのと同じ効果がある」

そんなこと言われたらやるしかないだろ。

一番大切なことは、語学を〇〇する気持ち

「外国語大好きおじさん」と関口存男さんの語学に対する姿勢について、言及してきましたが結局のところ一番大切なことは、”外国語大好きおじさん”のネーミングそのままに、語学を愛する気持ちなのかもしれませんね。

正直、私にとって英語学習は少し義務的なものでもあるのですが、フランス語に関しては、純粋に好奇心から楽しみたいと考えています。

今からじゃ遅いというのはただの言い訳

今が一番、自分にとって若い瞬間であるということを忘れず、新しいものを学ぼうとする姿勢を失わない、そんな大人に自分もなりたいと思いました。

私自身まだ二十代前半だということを強みに、英検1級もTOEIC900点も取得したいです。その二つを手に入れてから、長期で海外留学するのが私の夢です。

 突然ですが、わたしのすきな名言にこんなものがあります。

途中であきらめちゃいけない。 途中であきらめてしまったら、 得るものより失うもののほうが、ずっと多くなってしまう。

ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングの言葉なのですが、これは語学学習の核心をついているように私には感じられます。

とにかく”毎日””継続”するということが、語学学習においては非常に重要。

何か必要な才能があるとすれば、

それは熱意を持続させたまま続けられる才能ではないか、と私は思うのです。

知り合いには、語学に秀でているとともに楽器の演奏もかなりの腕前という人が凄く沢山いるんですよね。

やはり耳がいいことが語学学習に関係があるのかとも考えたのですが、それ以上に毎日コツコツ継続的に練習(学習)を積み重ねなければ、上達しないという前提を、子供のころからきちんと体で覚えてきた人たちが多いからなのかもしれません。

でも私、継続が何よりも苦手なんですよね。

この悪癖を改善するために最近、ピアノの練習をはじめました。ピアノを数分でもいいので毎日1回弾いた後、必ずフランス語を勉強するというルーティンをつくるためです。

ちなみにこのルーティンで現在二週間ほど、以下の文法書でフランス語を学ぶことに成功しています。

この本、革命的にわかりやすいのでフランス語を独学で学ぼうとされている方に超オススメですよ♡

とりあえず8月は、上記の本を一冊やりこみます。文法事項の把握と基本単語の暗記が目標です。赤シートで語句を隠せる緑のペンを使用し、とにかく例文暗記に努めています。動詞の活用で挫折しないことを祈るばかりです。

たった2週間。

けれども毎日続いているというのは、私にとってはすごいことなんです。独学でどこまでできるかわかりませんが、とりあえず仏検をコツコツ受けていきたいと考えています。

*この後、仏検4級を取得することができました。関連記事は下からどうぞ!

www.nekopajamas.net

しかしそこに、できればフランス語もという新たな夢を加えたいと思いました。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 *英語に関する過去記事はこちらからどうぞ!

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

 f:id:eno1081:20170213191640p:plain