The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

人間関係に悩みやすい人が心を軽くするための5つの法則(理論)を紹介

人間関係という悩み

f:id:eno1081:20160213114816j:plain

私たちが生きていくうえで悩むこと。

そのほとんどは、人間関係に起因するものだそうです。

解決法を探すために、ネットを頼りにする方も多いと思います。いろいろな意見がありますが、なかなか実践的な方法について書かれている記事は少ないものです。

そこで今回はより実践的に使うことのできる、人間関係を円滑にするために知っておきたい5つの理論(法則)を紹介したいと思います。

これらの法則の真偽は別として、1つの考え方としてご参考ください。

1、人に嫌われても気にするな「2:6:2の好悪法則」

あなたは「2:6:2の法則」というものを知っていますか?

人間の諸集団における能力値のバランスは2:6:2が最適であるというものです。例えば、それがどんなに優秀な人間ばかりを集めた組織でも、優秀、標準、不良とより分けると自然とその比率が2:6:2になります。この法則はビジネス書などでもよく見られるものです。

これを人間関係に援用したものが、以下の考え方になります。

世界中の2割の人はあなたがどんな行動をとってもあなたの事を嫌いになる。

6割の人は行動によって好き嫌いが分かれる。

でも残りの2割の人はあなたがどんなヘマをしてもあなたの事を好いてくれる。世界はそういう比率でできている。

これは、とても気が楽になる考え方です。

人に嫌われた時も、そもそも相性が悪い2割の人間なのだと考えて、割り切ることができます。

人から嫌われることが怖くなくなるだけでなく、人を信頼すること、さらには残りの6割を信頼させることの大切さを自覚することができます。

せっかくの人生、どうせならばたった2割の自分のことを嫌いな人間に悩まされるのではなく、好きになってくれる2割を大切にしたうえで、残りの6割のハートをがっちりと掴める人間を目指したいところですね。

2、他人という名の自分「鏡の法則(他者投影理論)」

この理論を知らないという方は、試しに自分の嫌いな人間の特徴を挙げてみてください

  • 時間にルーズな人
  • 怒ってばかりいる人
  • 人の悪口ばかりをいう人
  • 偉そうな人

など沢山あげられるかもしれませんね。より具体的に考えてくださって結構です。

同じように、好ましいと思う人間の特徴も挙げてみてください

浮かびましたか?

さて「鏡の法則」とは、今挙げた好きな特徴、嫌いな特徴はすべて自分自身の好きな部分嫌いな部分であるという考え方のことです。

これは自分という人間の特徴を知るために、とても便利な理論です。例えば、他人に対してイライラしやすい、いつも怒っている自分を直したいときに、この理論は援用できます。

例えば、最近誰かに対してイライラした出来事があれば、挙げてみてください

  • 相手が1時間遅刻をしてきた
  • 仕事ができない部下にイライラする
  • 夫が自分の話を聞いてくれない

色々あるかもしれませんね。では、なぜ自分が、その人に腹を立ててしまうのかを考えてみましょう。それは、もし自分が同じことをしたときに、自分で自分を許すことができない行為だからです。 

相手の遅刻が許せない場合は、自分の遅刻を許すことができません。だからいつも遅刻をしないように、とても気を付けている場合が多いです。

仕事のできない部下にイライラする場合は、自分のミスを許せません。つまり普段から、自分自身もミスをしないように最善の注意を払っている場合が多いです。

つまり自分に完璧を求めすぎるがゆえに、他人のちょっとしたミスが許せないという傾向が見えてきます。

この傾向が強いと、自分の失敗が許せずに自己嫌悪に陥りやすくなります。また自分と同じように、相手もミスを許さない、必ず自分を責めるだろうと思い込み、相手に対して攻撃的になったり、被害者意識に囚われやすくなります。

改善方法は、自分に対して許しを与えることです。

たまには遅刻をしてもいい、ミスをしてもいい。もしあなたが何かをしても、他人はそうあなたを責めたりはしないものです。

さまざまな状況に応じて、この理論は役立ちます。いろいろと援用してみることをおすすめします。

3、自分を育てる「インナーチャイルド」理論

これは、自己嫌悪に苦しんでいる方にはとても便利な考え方です。

とくに「自分を愛したい」「自分をもっと大切にしたい」と考えているけれど、どうしたらよいかわからなくて混乱しているという人に、ぜひ知ってもらいたい考え方です。

やり方は、簡単です。

「インナーチャイルド」とは、内なる自分という意味です。

まずは眼を閉じて、深呼吸してみましょう。

そして自分の心の中に、1~3歳くらいの赤ちゃんがいると想像してみてください。

その赤ちゃんは、とても繊細で、傷つきやすく、弱い存在です。自分の欲望に忠実で、哀しいことがあるとすぐ泣きます。でも嬉しいことがあれば、幸せそうに笑います。

さて突然ですが、普段の生活の中で無意識に、自分に対し、他人にはしないような酷い扱いをしていることはありませんか?

例えば、「ブス」や「デブ」といった酷い言葉を、自分自身には平気で使っていたり、食生活を疎かにしていたりしていないでしょうか?

もしこれが自分の大切な赤ちゃんだったらと想像してみてください。

傷ついたり、健康を害したりしてします。そんな育てられ方をしては、自分に自信が持てないのは当然ですし、いつも怯えてびくびくとした子供になるでしょう。

自分がどんな子育てをしたいか。

大切な赤ちゃんにどんな言葉をかけてあげたいかを想像する。

そしてこれを、まずは自分にしてあげる。

この自己療養方法は、日常生活全般に応用できます。試しに、お風呂に入って自分の体を洗ってみましょう。このとき自分の体を丁寧に、まるで他人の体を洗っているようなつもりで、大切に洗ってみてください

タオルで体をふくときも、髪を乾かす時も、自分の大切な子供を扱っているような気持で、触れてみてください。仕上げに鏡を見ながら、よしよしと頭を撫でてみてもいいかもしれません。

この内なる赤ん坊を大切に育てるか、それとも邪魔なものとし粗雑に扱うかは、すべてあなた次第です。

誰よりも長く一生を共にしていかないといけない他人こそが自分。自分を育てることから、まずは初めて見るという考え方は、とても大切だと思います。

4、侮れない自己催眠「アファメーション」

アファメーション(affirmation)は普段、私たちが自然と行っている脳内の独り言を指します。やり方は簡単です。

日常に使う言葉をよい言葉に変えるだけです。

どんなときも必ず肯定的な言葉を口にする(脳内で繰り返す)だけで、人間関係もしくは人生が楽しくなります。

とても安上がりで効果は抜群な方法としてお勧めします。ちなみにアファメーションを題材にしたコメディ映画に『YESMAN』という作品があります。なんでも否定する悲観的な主人公のジム・キャリーが、どんな出来事に対しても「YES」と答えはじめることで人生が変わっていくという話です。

 一見単純に思われるこのアファメーション。

言語の力を侮ってはいけません。

言語学者のソシュールを知っていますか?

ソシュールは我々が物質の存在ではなく、言葉の差異によってそれを認識していると説きました。

例えば、雪の種類です。

我々にとってはどれも同じようにみえる雪ですが、雪の多い国に住むエスキモーは、なんと52の呼び名を雪につけています。つまり雪を52種類に区別することができるのです。つまり実際に存在するものというより、名を与え、区分をし、意味を与えることで、物事の認知をしているという考え方です。

同じように我々は無意識的に日常体験に色々な意味を与えています。

その体験に、どのような言葉を与えるかというプロセスで、良い出来事か悪い出来事かを判断しています。

言葉の力については、以下の本も自己啓発本として良書であると考えています(私が人生で初めて読んだ自己啓発本です。自己啓発本を軽んじていたと反省するきっかけとなりました)。おすすめです。

今すぐ「言葉」を変えましょう (Nanaブックス)

今すぐ「言葉」を変えましょう (Nanaブックス)

 

5、「好意の返報性」の法則

最後に紹介するのは、恋愛心理学などでおなじみの「好意の返報性」です。これは自分が相手に好意を示すと、相手からも行為が返ってくるという法則です。

個人的に、この法則は理にかなったものだと考えています。

しかし注意点があります。

  • あまり法則を意識しすぎないこと
  • 他人からの好意や見返りを期待しないこと

好意をもってもらいたいという自分の欲望が前面に出てしまうと、相手はそれを重荷に捉えることがあります。また「私はこんなに尽くしているのに、好いているのに、あっちはそれに答えてくれない」と不満が膨らめば、元も子もありません。

大切なのは好意の返報性」に期待することではなく好意の返報性」を信頼することだと私は考えています。

自分が何かを相手にしてあげたい、好意を示したいと感じたときに、相手が嫌がるかもしれないと考えるのではなく

好意の返報性」があるから、少なくとも嫌がられることはないだろう

と考えて、心配せず相手に好意を向けるという考え方です。

相手を喜ばせたり助けたりすること、それが相手に対する「好意」の示し方。

手助けされたり、笑顔を向けられて、嫌な気持ちになる人などそうはいません。

人間関係に悩んでいるとき、多くの人は外ではなく内に意識が向きがちで、他人への感謝や関心を忘れがちになります。そんなときこそ一日一回で良いので、他人を喜ばせること、ありがとうと言ってもらえることをしてみるといいでしょう。

それは見返りを求めるような重苦しいものではありません。

小川にふと花を流すような気楽なものでよいのです。

目の前の景色が自分の流した花によって、一瞬でも美しくなります。そこに楽しみを見出せるようになったころには、きっといつの間にか自分の周りにも綺麗な花で満ちている。

それこそが「好意の返報性」の法則の真理なのではないでしょうか。

まとめ

今回は、人間関係に悩みやすい人が知っておきたい5つの実践的な考え方を紹介いたしました。人間関係というのは、捉え方によっては、人を幸福にも不幸にもします。

家族関係、恋愛、友人、職場などさまざまな状況で、くじけそうになってしまう時もあるでしょう。

それでもやはり前に進まなければいけません。

そんなとき自分の思い込みや考え方を変えるためのきっかけがほしいと強く感じる時があると思います。そのためにこの記事が、少しでも多くの人の手掛かりになれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*悩みを抱えている方に向けたそのほかの記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net