読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女性の一人旅にオススメ!石垣島旅行記二日目*石垣島一周ドライブ

はじめに

今後石垣島旅行する機会に恵まれているすべての方に、声を大にして伝えたいのが、レンタカーを制する者は石垣島を制す、ということです(何のこっちゃ)!特に、私のように免許を持っているけどペーパードライバーで運転する機会が全くなく、車に乗れないという人にぜひ、運転の楽しさを知ってほしいと思いました。以下、レンタカーで石垣島を回る際のポイントを簡単にまとめます。

目次

1、石垣島は、反時計回りで一周する!

色々なサイトを調べたところ、石垣島は反時計で回るのが良いとわかりました。何故なら、反時計回りに進むことで、夕方にちょうど西の浜辺に到着し、夕日を拝むことができるからです。私が訪れたのは順に、玉取崎展望台、ウリウリカフェ、平久保崎灯台、川平湾、御神崎、観音崎灯台になります。基本的に一本道ですので、何も考えずに走行することができます。ただし看板を見逃すとたどり着けないスポットも多いので、注意は必要です。

2、まずは、玉取崎展望台⇒早めの昼食へ

最初の目的地、玉取崎展望台は、市街地から車で30分ほどの距離にあります。比較的わかりやすい場所にありました。

f:id:eno1081:20160213122126p:plain

うん、きれいな海!しかし数十分前までペーパードライバーだった私は、心臓がバクバクで正直、海どころじゃありませんでした。そこで玉取崎展望台で海を拝んだ後、近くにあるウリウリカフェでおいしいハンバーガーをいただきました!

f:id:eno1081:20160213122445p:plain

肉汁あふれるハンバーガーは、慣れない運転の疲れを吹っ飛ばしてくれました。有難う、肉汁。若い夫婦やカップルで訪れるのも良いカフェという感じです。

f:id:eno1081:20160213122514p:plain

私のように運転に慣れていない方は、あらかじめ食事をする場所を決めておくとよいです。最初は、口コミで人気の明石食堂というお店に伺いたかったのですが、あいにく定休日でした。市街地はお店が点在しており、こういう情報を事前に調べておかないと、心の余裕をなくし、事故の危険を招いてしまいます。車を降りる目的地を明確にし、そこに一直線に向かうという姿勢が大切です

www.tripadvisor.jp

3、石垣島の最北端、平久保崎灯台へ!

さらに車を走らせ、北上し、石垣島の最北端へと向かいます!対向車はほとんどなく、快適なドライブを楽しむことができます。

f:id:eno1081:20160213123934p:plain

たどり着いた平久保崎灯台。いやはや、絵になる風景とはこのことでしょうか。ここまでくると、運転したという達成感も一入!最北端、行ってよかったです!

f:id:eno1081:20160213124125p:plain

4、川平湾へ向かう!

北上した後、来た道を戻り、西の海を目指します。川平湾にたどり着く間、寄り道をしても良いと思いますが、私は運転に余裕がないため、あまり寄り道をすることができませんでした。ヤエヤマヤシの群生も見ましたが、西表島に行く予定のある方はそこでもっと凄い光景を見ることができるので、わざわざ立ち寄らなくても良いかもしれません。

f:id:eno1081:20160213124810p:plain

そしてたどり着いた川平湾。

f:id:eno1081:20160213124707p:plain

一押しの観光スポットということで、どの雑誌にもプッシュされている場所なのですが、正直、回った中では一番インパクトが薄い場所でした(えー…)。実物よりも写真写りが良いですね。海というよりもきれいな湖という感じで、ほかの観光客も多く小さな駐車場は込み合い、あふれる商業感に、砂浜の範囲も限られているイメージです。川平湾といえば、グラスボート遊覧がメインのイベントになるのですが、シュノーケルをやる予定のある方は、わざわざ乗る必要もなく、これも西表島で立ち寄った星砂の浜が綺麗過ぎて、ボートに乗らなくても魚を見ることができたので何とも…。ただ色々なサンゴ礁の姿を見ることができたのは、楽しかったです。

f:id:eno1081:20160213125133p:plain

この日も快晴に恵まれ、春のようでした。ハイビスカスが至る所に咲いています。

f:id:eno1081:20160213125315p:plain

5、夕日を見に、御神崎へ!

さて、ここから市街地に戻る道中で夕日を拝みに行きます。向かったのは、夕日がきれいな場所として知られる御神崎です。ここで注意したいのは、御神崎は住所や電話番号で検索することができなかったという点です(私が借りた車のカーナビが原因なのでしょうか)。また看板がとっても小さく、お前、看板なのにどんだけ謙虚やねんという突っ込みを入れずにはいられないものでした。

そのため、私はフリーペーパーの地図とカーナビの地図を照らし合わせて、御神崎のあるであろう場所に直接指で触れ、目的地として設定した後、走り出しました。なかなか苦労しましたがたどり着いた御神崎!

f:id:eno1081:20160213125924p:plain

ここは川平湾と反対に、写真よりも直接訪れた方が絶対に良い場所だと感じました。とにかく崖の傾斜が凄くて、ここから落ちたら確実に死ぬと思うと、両足がガクガクふるえて前に勧めなくなるほどでしたまさに火曜サスペンス劇場のクライマックスにふさわしい舞台という感じです。せっかく石垣島を一周するのであれば、アクセスに手間取るかもしれませんがぜひ、訪れてほしい場所だと心から思いました!

ちなみに予想していた通り、夕日には少し早い時間帯にたどり着くことになりました。夕日を見る方はあらかじめ、日没時間を季節ごとに確認しておくとよいです。何故なら、レンタカーは返却時間が決まっています。私は19時返却だったのですが、2月の石垣島の日没は18時半、この時間に御神崎にいては返却に間に合わないのです。

www.ishigaki-kayak.com

そのため、御神崎を後にし、最後に夕日の見える場所に向かうことにしました。

6、偶然たどり着いた穴場の観音崎灯台

ここから私は市街地に近いフサキビーチに向かいました。しかし道に迷って、パニック。行ったり来たりを繰り返した挙句、偶然にたどり着いたのが観音崎灯台。ここはあまりパンフレットなどにはあまりプッシュされていないようですが、夕日が物凄く映える絶景スポットの一つでした!

f:id:eno1081:20160213130954p:plain

一日の締めくくりとして最高の景色を見せてくれた場所です。偶然でしたが、たどり着いてラッキーでした!駐車場が狭く、私のような運転初心者は冷や冷やものでしたが、運転に不安のない方は、夕日が沈む時間帯に合わせ、ぜひ足を運ぶとよいと思います。やはり夕日の威力は素晴らしく、回った中では一番の景色を見ることができました。

f:id:eno1081:20160213131153p:plain

7、夕飯はオリオンビールと郷土料理で〆!

ぎりぎりの時間にレンタカーを返却後、宿まで車で送ってもらい、徒歩数分の場所にある居酒屋「島の居酒屋南風(ぱいかじ)」さんにお邪魔しました。美ら宿に宿泊予定の方は、ぜひ一度足を運んでもらいたいと思うほど、美味しかったです。おひとりさまメニューも充実しており、安く色々な料理を食べることができます。

f:id:eno1081:20160213131639p:plain

安定のゴーヤちゃんぷるも良いですが、個人的に大ヒットしたのがこれ。イラブチャー(アオブダイ)の一口フライです。

f:id:eno1081:20160213131833p:plain

この旅行では、石垣牛をはじめ有名なお店で、かなり贅沢な食事をしていたのですが、この一口フライが私は一番おいしかったかもしれません(ある意味問題発言)。初めてのドライブで疲れていたこともあるのでしょうが、白身魚が柔らかくてほくほくの揚げたての一口フライは食べやすく、量もあり、あつあつで、ビールが進み、そのうえおひとりさまメニューで注文すれば安いという素晴らしいコストパフォーマンスを誇る絶品居酒屋メニューのように思われました。今度石垣島に訪れる機会があっても、再度注文すると思います。

tabelog.com

最後に、石垣島一周ドライブを終えて

繰り返しますが、レンタカーを制する者は石垣島を制す!ペーパードライバーの私でも無事、一周することができた石垣島。ぜひ、免許を生かして車を借りてください!交通量も少なく、その分景色は素晴らしく、お気に入りの音楽を聴いて、風を通して、道を駆け抜ければ気分は爽快で、あらゆるストレスも全部吹っ飛びます

最初の10分は膝が震え、レンタカーを借りてしまったことを後悔していた私、一日を終えると車の運転が楽しすぎて、急きょ西表島でも車を借りることを即決してしまうほどでした!(詳しい話は、こちらからどうぞ ↓ )

kinako18.hatenadiary.com

女性の一人旅の場合も、徒歩で散策するより疲れにくく、自分のペースで観光することができるので、とても良いと思います。超おすすめです!

f:id:eno1081:20160213132740p:plain

一つだけ心残りがあるとすれば、オシャレなサングラスの一つでも持参するべきだった、ということでしょうか。学生旅行のため、お洒落の余裕はなく、寝巻のような格好で毎日観光していたのですが、バリバリ稼ぐようになったら、お洒落な格好で髪をなびかせ、グラサンをかけて、いい車レンタルして走りたいところです。

大人の女性の皆さんは、ぜひ今春に実行してください!