The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女だけどバイクに乗りたい!普通二輪免許を取得する前に知っておきたい諸々のこと*まとめ

最近、普通二輪の免許を取り始めました

感想を簡潔にまとめると、すごく楽しいです!!!

ということで、今回はこれから普通二輪免許を取得する人たちに何か役立ちそうな情報をまとめてみたいと思います。

特に自分の経験を活かし「女性だけどバイクに乗りたい」「普通二輪免許取得を検討しているけど、女だから無理かも」と二の足を踏んでいる方々を勇気づけられる記事になれば幸いです。

それでは、いってみましょう!

1、二輪免許を取得するために必要なもの

私の場合、車の免許をすでに持っていたため、実技教習のみで普通二輪の免許を取得することができました。教習所は職場に近いところを選び、予めHPでキャンペーン情報などを調べ、できるだけ安い値段で受講できるように手配しました。

何度でも補習を受けられる安心安全パック込みで、ちょうど8万円という感じでした

必要なものは、

  • 軍手(100均でOK)
  • 長袖
  • 長ズボン(靴下をしっかり履いて、踝が出ない丈の長いもの)
  • スニーカー

以上。

ヘルメットは購入も悩みましたが、教習所にあるものを使用しています。臭いという噂を聞いていましたが、個人的にはあまり気にならないです。

すでにバイクを買う気満々ですという人は、グローブとヘルメットを先に購入しておくと教習で使用し、慣れることができるのでお勧めです。

バイク用品に関しては、初心者女性ライダーが「買って良かった♡」と思う必要最低限のバイク用品を6つ紹介 - The Cat's Pajamasも参考にしてください。

バイクを趣味にするとお金がかかるといいますが、とりあえず免許を取得するだけに集中すれば、教習費用のみでバイク習える遊園地に出入りができるようになる、そんなイメージです。

ちなみに、もし車の免許を取得していないのであれば、免許合宿などでバイクと車を合わせて取得するプランに申し込むと楽かなと思います。

いろいろ調べてみると沢山お得なコースがあって、自分が学生をやり直すなら、絶対合宿で免許を取ってしまうなとも思いますね。参考にしてください。

短期間で免許を取りたい方はこちら

2、安心パックは必要か?

教習所に入るとき、たいていの場合、ストレートコース(補習は別途料金必要)or安心パック(補習何度受けても追加料金なし)を選ぶことになると思います。後者の方が少しお値段が高いので、前者を選ぶという方もいると思いますが、私の場合は安心パックにして大正解でした

というのも、初回からすでに補講を宣言されたので…(笑)

運転に自信があるという方もいるので、絶対と言えませんが、少しでもバイクの運転に不安要素を感じている人は、安心パックにすることを強く勧めます

3、教習申し込み日にスカートを履いていくのは✖

初めて教習所に足を運んだとき、お金を支払って、終わりだと思っていたんですよね。

ところがどっこい。

女性の方は「教習を受けれるか判断するために、"引き起こし"をしてもらいます」と告げられ、いきなりバイクと初対面することに。

これからバイクとお見合いするのに、フリフリスカートとパンプスで俄然女子装備の私

これは本当に失敗でした。

教習所にもよるかもしれませんが、女性の方は申し込みのときから油断せず、200kgのバイクを持ち上げる覚悟をもった服装をしていくのをお勧めします。靴は貸してもらえたのですが、やっぱりお洒落スカートだとどうにもという感じでした。

参考にしてください。

4、”引き起こし”とは何ぞや?

問題の”引き起こし”とやら。

一言でいうと、これは倒れたバイクを自分の力で持ち上げるという作業です。

背の低い女性は、脚付きのチェックもあります(私は身長170近いので、パスして下さりました)。

さて、世間一般の常識としては、バイク=男の乗り物という方程式が存在するかもしれません。その理由の一つに挙げられるのが、バイクの重量ではないでしょうか

一般的に教習所で使われる400CCバイクがこちらホンダCB400スーパーフォア、重さは約200kgです。

実際教習所で使われるバイクには、教習に必要なランプなどが沢山ついているので、もっと重いです。

f:id:eno1081:20170529205618p:plain

CB400 SUPER FOUR / CB400 SUPER BOL D’OR | Hondaから引用

ちなみに、私は母親にバイクの免許を取ると宣言したところ

バイクがどれだけ重いか知ってるの?アンタみたいなひょろひょろに、持てるわけないでしょ!

と鼻で笑われました。

逆に煽られ、なにくそやってやると意気込み、教習所に乗り込んだ私でしたが最初にこのバイクの”引き起こし”とやらを求められた瞬間

あ、無理だ

と思いましたね。

もう絶対無理、と。

すると、その瞬間、昔、世界丸見え仰天ニュースか何かで聞いた「事故で車に挟まれたわが子の命を助けるために母親が300kgを超える車を持ち上げた」という話をね、ぱっと思い出したんですよ。

つまり生死を意識するレベルで無理だ、と思ったということですね。

でもこれができないとバイクの教習を受けれない。必死の思いで、腕の力ではなく体全体を使うというアドバイスに従い、どうにか”引き起こし”を成功することができました。

さらにバイクをもって、歩く。

重い、倒れそう。

このとき、体とバイクをくっつけろという指示をいただいたのですが、お洒落スカートのためうまくバランスが取れず(涙)。たった10分、15分のバイクとの初対面でしたが、全身から汗をかいており、このさきやっていけるだろうかと本当に不安になったのを覚えています

そんな私の不安が吹き飛んだ理由を、最後に書いてこの記事を終えたいと思います。

5、バイクで走り出した瞬間、”あっ♡”となる

初回の講習で、バイクの乗り方の説明を受け、いきなり走ってみろと言われる(事前に、教習の本などを見て、バイクの仕組みを知っていた方がいいですよ)。

私は引き起こしが完全にトラウマだったので、バイクに乗ることにビビっていました。

イメージとしては自分に全く慣れていない闘牛にいきなり乗る感じです。

ちなみに私は最初のこの教習で、闘牛を手懐けることができず、3回転びました。

そんな私がなぜ、挫折することなく普通二輪免許取得に励めたのか。

それはバイクに初めて乗り、走り出した瞬間、”あっ♡”となったからです。

発情したというと少し語弊がありますが、しかしそれに近しい感覚。

乗ってるとき、バイクって全然重くないんですよね。

なんていうか、初対面はDV臭漂うくらい危険な男だと思ってたのに、実は隠れジェントルマンだったみたいな♡

真面目に語ると、風を受けて、思った通りの道を、一人で、進んでいく。これは思った以上に、これは楽しいかもしれない

そう直感できたのが、自分にとって幸いだったようです。

今では教習所でバイクに乗るのが、一つの楽しみになっています。不思議なものです。

最後に:女性が二輪免許を取得することは難しい?

教習所に通っている女性、多いですよ。男女比は、7:3というところでしょうか。多いときは、女性の数が男性を上回ってる日もあります。

芸能人でも、フィギュアスケートの荒川静香さんが大型免許を取得していることで有名ですし、ほかにも吉川ひなのさん、眞鍋かをりさん、高岡早紀さん、松雪泰子さんなどがバイク愛好家として知られていますよね。

イメージ的にはこんな感じ♡

f:id:eno1081:20160806195622p:plain別にバイクに乗れるようになったら、美人になれるってわけじゃあーないけれども(真顔)。

一度は髪をなびかして、皮のジャケットとブーツを履いて、峰不二子のように颯爽と道路を走り抜けたいと願ったって悪いことじゃあない。

スパイ映画好きなので、バイクに乗ってる女スパイに子供のころから無性に憧れていたのも原因の一つかもしれません。

私は昔から男趣味なところがあったので、よく「男に生まれたかった」と思う子でした。

けれども最近思うのは「女性だからこそ、スカートもはけて、化粧もできて、そのうえバイクにだって乗れちゃうんだ」ということです。

そんな欲張りな生き方を、年を重ねるごとにどんどん広げていきたいと、最近では思います。

と言いつつも、事故が怖くて、バイクを購入するか否かでは悩んでいる次第なんですけどね。

もし購入することになったときは、必ずプロテクターの入ったジャケットなどを揃えたいと思います。あとお金と相談!

とりあえずバイクに興味があって、免許取得を考えている女性の皆さん。

悩んでいる時間がもったいない!

免許だけでも取ってみませんか?楽しいですよ♡そんなお誘い記事でした。

後日談

その後、無事免許を取得しバイクを購入することになりました!

f:id:eno1081:20170525123741j:plain

購入して感じたことは、もしバイクを買うと教習所に通っているときから決めているのであれば、グローブとヘルメットを事前購入し、教習所で使用することで、慣れておくと得だということです。

というのも教習所では、ジェットヘルメットの使用が基本だと思います。

でも公道では絶対にフルフェイスのヘルメットをかぶった方がいいです。ですので教習所の練習で、フルフェイスのヘルメットに慣れておくと、公道に出たときに安心感があると思います。

特に女性にとってフルフェイスのヘルメットは重さがありますので、慣れと言うのは大切だと思うんですよね。

ちなみに私が買ったのはこのアライのヘルメットです。

詳しい内容は

バイクの購入に悩む女性ライダーに向けて*中古の中型バイクを購入しました! - The Cat's Pajamas

を参考にしてください。女性はバイクのグッズ選びにも一苦労ですね。

バイクに関する過去記事はこちらにもあります

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net